福井-金沢観光記(8/1~3)・一日目

こんにちは、星野です。
夏休みもいよいよ終了…(涙)休みの終わりに、今回の休みのハイライト・福井-金沢二泊三日の旅日記を付けようと思います。
ああ、来るまでは楽しみだったのに……。
本当に、来たらあっという間だ(--;) 今回は、福井(東尋坊)~加賀温泉、金沢と旅して参りました!
(写真はサムネイルにしていますので、宜しければクリックして拡大表示してお楽しみ下さいませ♪)

■一日目:東尋坊~加賀温泉
例によって東尋坊周辺はそれ程交通の便が良くない(特にバスが…!! 電車は30分に一本と、そんなに悪くはないのですが)為、若干朝早めになりました。
8:09小田原発のひかりに乗り、まずは米原へ。…豪雪地帯で有名&1月の大阪旅行の時も、ここの大雪でかなり足止めを喰らって、結局三時間以上新幹線にいる羽目になった駅…ですが、降りたのは初めてです。
折角なので記念に一枚。

2011-8-1-1.jpg
米原から特急「しらさぎ」で福井へ。…大体二時間程度乗りました。
しかし米原、駅自体はそれ程大きくないのに、何故か乗り換え口やら出口が分かりづらい…(汗)
出口へ行きそうになって「乗り換え口はあちらです」の立て看板を見た時は「もうちょっと分かりやすい表示にしろやあ!」と思いました。乗り換え時間は10分ありましたが、若干焦りました。

さて、のんびりまったり山やひたすら続く田んぼの景色を楽しみながら福井へ着くと、旅の目的の一つでもあるローカル線・えちぜん鉄道へ!

2011-8-1-4.jpg

ワンマン。無人駅あり。単線。整理券あり!!! 1両or2両編成。
素晴らしいいいいい!!! ローカル線の醍醐味を全て兼ね備えているううう!! 駅の間隔は短いですが、当然急行など無い為のんびりまったり、約50分程度かけて三国駅へ。

2011-8-1-7.jpg

東尋坊へのバスの待ち時間が約30分程度ありましたので、その間に駅近くの酒まんじゅう屋さん「にしさか」へ。残念ながらあまり日持ちがしない(3日程度)為家へのお土産は諦めましたが、おやつ用にバラ売りのおまんじゅうを一つ購入。(126円)結構一個が大きいです。
お酒の効いたふわふわの皮に、若干塩味の効いた程良い甘さのこしあんがたっぷり。小腹が空いた時用にオススメです。東尋坊へのバス(約15分程度)の中で友人と分け合って食べました♪

さて、時間は丁度お昼を過ぎた頃になりましたので、東尋坊に着いて早速お昼です。
ここは海の幸しか無いでしょう!!! ――という訳で、早速近くのお店へ。「お姉さん達、ちょうど今空いた所だよ~」おばちゃんの威勢のよい客引きにつられるまま、ふらふらと(笑)こういうのも観光の楽しみです。
さて、私はいかと炙りサーモンの二色丼を注文。晩御飯が豪勢なので、お昼は控えめに、ミニ丼にしました。

2011-8-1-2.jpg

味は言うに及ばず。。……やっぱこっちへ来たら海の幸は楽しまなきゃ嘘だ!!!
因みに、私達が入って間もなく再び混み出して、席はほぼ満席に。……丁度良い時に入ったものです。
お昼も楽しんだ所で、お土産屋さんの並ぶ道をぶらぶらしつつ、東尋坊周辺を散策。火曜サスペンスの世界だと思いきや、上から見る分には、正直思った程凄い断崖…という感じではありませんでした。
しかしそれでも、この景観美!

2011-8-1-5.jpg

遊覧船は特に時刻等は決まっておらず、その日の天候に応じて随時出ているみたいです。この日は天気も良く海も凪いでいた為、10~15分間隔で遊覧船が出ていました。船は苦手な私でしたが、30分程度との事でしたし海も凪いでいるとの事でしたので、折角なので乗って海から東尋坊の景色を取ってみました♪
しかし遊覧船のおっちゃんがお客さん達に色々と生々しい話をしているのを聞くと、やっぱりそっち方面の名所でもあるのだなぁ…という事実をひしひしと感じます。(どうも国立指定公園の為、柵やフェンス等は付けられないらしいですね)

2011-8-1-6.jpg

こちらは船から見た東尋坊の断崖。海は凪いでいるとのことですが、私からすると十二分に揺れました(汗)
右側に見えるのは「東尋坊タワー」です。上は展望台になっていて、良い眺めでした。
ぶっちゃけ、あれ以上揺れたら酔います。…あれで凪いでるとか、日本海の厳しさパネェ!!!
尚、船では間近まで行けましたが、やっぱり下から見上げるとその高さが良く分かります。多くの映画・ドラマのロケにも使われたとの事ですが、ダントツトップはやはり「火曜サスペンス劇場」だそうです(笑)
因みに、船の中ではテープで「東尋坊」の名の由来も聞けましたが……。その内容たるや。

今から約800年程前、「東尋坊」という名のお坊さんが、盗賊団を率いて悪さをしていました。
思い余った人々は、東尋坊を言葉巧みに酒宴に誘い、酔った所を崖から突き落としたのです。
これが、「東尋坊」の名の由来です。


三行でまとめると、ざっとこんな感じです。
………伝説に至るまで火曜サスペンスの世界じゃねーかァァ!!!
そして現代でも、殺人事件の現場のロケに使われている……不思議なものを感じます(^^;)
景色は凄く良かったのですが、……実は、「他のモノ」も写るのが怖かった事もあり、東尋坊はあまり沢山写真を撮っておりません(幸いにも一枚も何かが映っている写真はありませんでした)

遊覧船から降りた後、暫し周辺を散策し、バスの時間まで東尋坊タワーからの眺めを楽しんだり、お土産屋さんをまわったり。どうでもよいですが、お土産屋にあった「猫田係長(課長もいました)」なるぬいぐるみが妙に印象に残りました。すごく可愛い猫のぬいぐるみなのですが、近くで音を鳴らすと笑い出すのです。その笑い方が尋常ではなく、若干イラッと来ました(笑)しかし転げまわって笑う様は(見た目は)可愛い……。一瞬購入を迷いましたが踏み留まりました。

東尋坊限定のキティちゃんストラップやら何やらを見つつ歩いていましたが、この辺りは酒どころでもありますので、お土産屋さんには数々のお酒が…!!
これまた、お土産屋さんのおばちゃんに勧められるまま、「北の庄(純米吟醸)」を一本。現在飲んでおりますが、すっきりした辛口で美味しいです♪ くいくい行けます。

さて、観光地にはエサに事欠かない為か、猫も多くいるものですが…、いました!!!
酒を買っている間にも実は何匹か見かけたと友人が(涙)しまった……つい酒に気を取られている間に!!!
しかし一匹、ものっそい無防備な猫を撮影に成功!!!

2011-8-1-3.jpg

見よ、このすやすやと眠る姿を!!
何と愛らしい…!! 他の観光客も何名か写真を撮ったりしていましたが、まるで動じる様子も無くお休み中です。起こすのは可哀相なので一枚撮らせて頂いて、少し眺めるにとどめましたが、……可愛いですねぇ。
人慣れしているのでしょうか。

さて、東尋坊を堪能した後は再びバスに乗り、みくに駅へ。
再びえちぜん鉄道にのんびり乗って福井駅まで帰ったのですが……。福井駅のホームで面白いモノを発見。

2011-8-1-8.jpg

まるで意味が分からんぞ!!!

どうも近くに恐竜のテーマパーク的なモノがあるらしいのですが…。福井って何か有名なのでしょうか(化石が発掘されたとか…?)うーん。それにしても駅のホームにこんなんが鎮座してるって何か素敵です。福井駅。
さて、宿のある加賀温泉駅行きの特急の待ち時間に、近くにある「北の庄城址・柴田神社」へ立ち寄りました。
大河ドラマ「江」のお江のゆかりの地でもありますね(実際にお江が滞在していた期間は短かったですが…)
しかしもう少し位、折角なので大々的にアピールすればよいものを、恐ろしくひっそりした感じでした(申し訳程度に旗が立ってる程度でした…。「龍馬伝」の時の高知とはエラい違いです^^;)

2011-8-1-9.jpg

三姉妹の像。すぐ傍には「三姉妹神社」がひっそり佇んでいます。近くにはお市の方の像もありました。
北の庄城址の入って正面には柴田勝家の像も。。

2011-8-1-10.jpg

……これは幾らなんでも、ひっそり過ぎなアピールだと思いました(苦笑)
そりゃ、そこまで「ゆかりの地」アピール出来る程でもない…かも知れませんが…(^^;)
因みに大河ドラマ「江」は、最近なんか超展開が多過ぎて逆に楽しみになって来ました。(あと、宮沢りえの茶々がなかなか好演だなぁと。ぶっちゃけ肝心のヒロイン・江やその夫、秀忠の演技がまんま現代ドラマっぽいので私的には受付ないのですが……北大路欣也の家康は渋すぎる!!!)

先週までのあらすじ:
なんやかんやで秀忠と結婚するものの、秀忠は年上&二回もの既婚歴のあるお江との結婚を嫌がる⇒初夜の時でさえ「無理に夫婦にならなくてもよいでしょう」と同衾を断った挙句「先に夫婦になりたいと思った方が負けです」(⇒自ら敗北フラグを立てやがった…!)などと意味不明な事を言ってさっさと先に寝てしまう

今週分の次回予告:
なんか火事(?)の館に取り残されたお江をものっそい勢いで「お江ー!!」などと助けに行く

一話の間に一体何があったんだァ!! まるで意味が(以下略)
…デレるまでの間位、せめて二~三話費やそうぜ(苦笑)シャークさんも真っ青な速攻魔法デレ発動だよ!!(笑)
そんな訳で、今夜も「北の庄」の残りわずかなお酒を飲みつつ秀忠が如何にデレるかを楽しみに見ようと思います。

――閑話休題。

そんなこんなで特急で約20分程度でついた加賀温泉駅。宿からの送迎バスの時間はとっくに終了していましたのでタクシーでのんびり宿へ。約20分程度で「吉祥やまなか」へ到着。
何が嬉しいって、
好きな柄の色浴衣が選べて、足湯は使い放題、ラウンジではちょっとしたソフトドリンクや夜食のサービス、到着した時は冷たく仄かに甘いお抹茶のサービス、寝巻用の浴衣も若干あり、大浴場にはタオルから化粧水から洗顔フォームから何からバッチリ揃っていて、着替えだけ持てばOK状態
素晴らしいいい!!!
折角なので夕ご飯の時間は一番遅い19:00~にしてもらい、まずは温泉で汗を流して色浴衣に着替え、食事処へ。個室のように区切られていたので、落ち付いて寛げました♪
食事は加賀懐石+幾つかの御惣菜&天ぷらのバイキング。…流石にバイキングまで行く余裕はありませんでしたが、量も丁度良く、美味しかったです♪

2011-8-1-12.jpg

先付け。どじょうの串焼きが美味しかったです。滅多に食べるものではないので貴重な体験でした。
夕食は地酒「加賀満月」と共に頂きました♪

2011-8-1-11.jpg

ちょい分かりづらいアングルですが…(汗)御造りの舟盛りです♪
海の幸どっさり! お昼に続き、しっかり頂きました。 どれも至高の美味でしたが、中でも海老の甘さ&ぷりぷり感はたまらなかったです。

2011-8-1-13.jpg

こちらはデザートの豆乳プリン。
甘さ控えめの黒蜜と共に。お上品な一品でした♪ 左側のお茶は、この辺りの名物「加賀棒茶」。ほうじ茶に似た香ばしい風味で、客室のお茶受けセットもこのお茶でした。
この旅では、そこここでこの加賀棒茶が出て、飲みまくりでした♪ 美味しいです。

夕食を堪能した後は、貸し切りのお風呂で今度はゆったり温泉を愉しみ、フロントでお風呂上がりに冷えた加賀棒茶を頂いて、のんびり過ごしました。無料で使い放題のマッサージチェアがまた良かったです。
途中、蛍光灯が切れて取り替えてもらったり、地震があったり(関東ではかなり揺れが強くて心配しました…)もありましたが、なんだかんだで一日歩いた疲れ&枕やシーツの心地よさもあって朝までぐっすり眠れました(そばがらの枕かテンピュールか、好きな方を選べます♪)

尚、翌朝は男女のお湯を入れ替えたので、朝も温泉を楽しみました。
夜は急いで入った為、大浴場の露天風呂は楽しめなかったので、その分朝にリベンジ。温泉三昧でした~。


――それでは、二日目へと続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お帰りなさいませ!旅行記、楽しみにしてました^^

管理人さん、加賀温泉から金沢へ抜けたんですね!
僕が行った片山津温泉は加賀温泉の近く、少し北へ行ったところです。

北陸といえば、やっぱり海の幸ですよね!僕も初日のお昼は海鮮丼でした(笑)

初日から食・呑・浴と満喫されたみたいで、旅行記読んでるだけで楽しまれてる様子が眼に浮かびます^^

閑話休題。

日本で発掘された恐竜の化石って、大半が福井・石川なんですよね。なんで、福井は恐竜王国として有名です(笑)

なるほど…! だから「恐竜王国」なのですね(笑)

うえでん様、こんばんは!
旅行記も楽しみにして頂けて嬉しいです。

> 僕が行った片山津温泉は加賀温泉の近く、少し北へ行ったところです。

北陸はまた行きたいなぁ…と思っています。
片山津温泉もちょっと気になりますねぇ。。次回の候補にするかも…!?

> 日本で発掘された恐竜の化石って、大半が福井・石川なんですよね。なんで、福井は恐竜王国として有名です(笑)

ああ、なるほど……!! それで「恐竜王国福井」だったのですね。。
まるで意味がわからんぞ!! と思った駅のホームの恐竜博士でしたが、合点が行きました。ありがとうございます(^^)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR