スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和仁くんの顔芸があまりに凄かったので、少し語ってみました。

こんばんは、星野です。
今週は、今まで殆ど飛ばし読みだった「廃屋の住人」についてちょこっと語ってみようと思います。
通勤電車内でボーッとページをめくっていたらあのページ。……インパクト大でした(苦笑)
正に、寝ぼけ眼にダイレクト・アタック!!

第二話掲載分からYJを取ってあったので読み返してみたのですが…。
正直、まるで意味がわからんぞ!!
……色々と解釈とか間違っているかも知れませんが、それも全ては和仁くんの顔芸の成せる業だと思って笑って見てやって下さい(^^;)
大まかな流れとしては、

1)酔っぱらった二人組(健太&沢村)が、とある廃屋に入り込み、変な「アレ」(和仁くんの幽霊)を見る。
2)その頃、健太の従姉・まどかさん(この人が一応ヒロイン)は、幼稚園に通う息子の晃くんが、卒園式の横断幕に「和仁くん」という事故死した園児の絵を描いている、という話を園長から聞かされる。
3)健太がまどかさんを訪れ、まどかさんが子供の頃、健太に話した「廃屋のお化けの話」を尋ねて来る。何か普通ではない様子。
4)そこで健太は「かけいかずひと」という園児の幽霊を見た、と語る。
 ※「かけいかずひと」というのは、まどかさんの息子・晃くんと同じ幼稚園に通っていた園児。しかし彼は事故死している。
5)その後、健太の友人・沢村から、健太が失踪したと聞かされるまどかさん。不穏な予感が強まる中、晃の卒園式の日、和仁くんの母親から「息子も描いてくれたお礼に」と家に招かれ、絵を描くのが好きだったという和仁くんの為にと買っていた新品のパステルをプレゼントに渡される。しかし晃くんは、実は和仁くんと話をした覚えも無いと言う。
6)まどかさんはそこで、子供の頃、祖父に聞いた「廃屋の怖い話」を母親に電話をして聞く。一方その頃、晃くんの元には和仁くんの幽霊らしきモノが現れ、パステルを持っていってしまう。晃くんの手元には、(恐らく白色の)パステル一本のみが残される。
7)まどかさんは母親に聞いた「廃屋の話」の内容、そして晃の所に和仁くんが現れたという話でますます「和仁くん」の事が気になり、和仁くんの家へ。しかし既に引っ越しが終わったのか(和仁くんの母親曰く、夫が上海に転勤となった為それに付いて行くとの事)家はもぬけの殻状態。
8)ここで思い出す「廃屋の怖い話」の内容。
 まどかさんの祖父は霊感が強く、色々とお化け的なモノが見えていた。
 廃屋の怖い話は、そんな祖父が子供の頃に体験した話。近くにあった空家の中に人が何人かいて暮らしているのを目撃、近所の人に聞いてみた所、「そんな筈はない。あそこはずっと空家の筈だ」という返答が返って来る。祖父は気になってもう一度確かめようとその空家へ行こうとしたが、何故か場所等がはっきり思い出せない。「この辺にある筈じゃ…」という場所へ行ってみても、全くそれらしき家が見当たらない。再度近所の人に聞いてみると、「そんな家はある筈が無い」という返答が来た。
……その時、祖父は思った。「あの家の中にいた人達だけではなく、家そのものがお化けだったのだ」と……。
9)沢村も「あの家へ行こうとしたけど思い出せない」といった話をしていた事、健太がまどかさんを訪れた日、慌てて飛び出して行った健太に傘を貸した事を義母が忘れていた事等を思い出し、ゾッとするまどかさん。その瞬間、後ろに和仁くんが現れる。しかしその時、まどかさんを呼ぶ声が聞こえる。「あんまし見ると連れて行かれるぞ」祖父の声にはっと後ろを振り向くとそこには晃くんが。手を引かれ、気が付くと彼女は和仁くんの家の外にいた。
10)その後、義母から電話があり、晃くんが熱を出して寝込んでいて、救急車を呼んだという話を聞く。慌てて車を飛ばし、家へ帰ろうとするまどかさん。しかしその行く手に和仁くんが……。
11)車が勝手に進み出し、晃くんの御絵描きノートに書かれていた謎の絵(晃くん自身は描いた覚えが無い、と言っている)「車に轢き殺される和仁くん」があと少しで再現される寸前に。そのときまどかさんは、和仁くんの家の中で見た「逆さになっている人影」を想起する。
12)出たー!! 和仁くんの顔芸コンボだ!!!
13)あの「逆さになった人影のような何か」は、実はのどちんこ。…廃屋そのものが巨大な口のようなモノだった…というのが読者にもやっと飲み込めた所で、晃くんは「和仁くん、ママも飲み込んじゃった」と泣きじゃくる。
…いやいやいや、ママは飲み込まれちゃダメだろ!! と思いつつ見ていると、晃くんは手元に残ったパステルで御絵描きノートの和仁くんの絵を消す。そのお陰か、和仁くんは自らを飲み込んでそのまま姿を消し、まどかさんはギリギリ助かる。
14)目の前の超展開に慄然とするまどかさんに義母から電話が入り、晃くんの熱が下がったという事を知る。念の為そのまま救急車で病院へ…という話になり、まどかさんは一度家へ戻ろうとするが、家に誰もいない、という事実に何か怖くなったのか、自分も病院へ行く事を選ぶ。
15)「廃屋の怖い話」は、そこの空家でもあり得るかも…? という感じの編集のハシラで終了。


………なんか全然簡潔にまとめきれていませんが、つまりこんな話です。

更にものっそい単純にまとめると
1)「廃屋に偽装して、うっかり中に入り込んだ人間を喰らう化け物」がいて、それに健太は食べられました。
2)廃屋に一緒に入った沢村は、その後どうなったか不明。
 ※ただ、この人は、あくまで「健太が消えた」という事を伝える事と、「廃屋にもう一度行こうとしてもどこにあったか思い出せない」という、まどかさんの祖父が話していた「廃屋の怖い話」との共通点を伝える以上の役割は無いと思っているので、特に話的に重要ではないのでしょう。(まどかさんの祖父の例を考えると、彼は助かったのかも…? と思っています)
3)次にまどかさん(&晃くん?)も狙われるが、まどかさんは間一髪、祖父の守護(?)や、恐らく祖父から受け継いだと思われる霊感の強さを持つ晃くんによって、ギリギリで助かりました。

冒頭で健太&沢村が入り込んでしまった「廃屋のお化け」と、まどかさん(&晃くん?)を狙った「廃屋のお化け」は、恐らく同一ではないかと思っています。(和仁くんとは何の縁も無い健太が「和仁くん」を見ている事から。健太が「和仁くん」を見たのは、そこから繋げて、まどかさんや晃くんも獲物にしよう…という、廃屋のお化けの作戦なのかな? と思いました)

では何故、健太に続いてまどかさんまで狙われたのか? と考えてみたのですが、もしかしたらまどかさんの祖父が見たという「廃屋のお化け」も、今回の「廃屋のお化け」と同一…というのがその理由なのかも、と思いました。
まどかさんの祖父はたまたま難を逃れましたが、それで食い損ねた…と思って実はずっと根に持って付け狙っていたのではないでしょうか。。
結局祖父はダメで、その祖父の子供は霊感が強くなくてそもそも「廃屋」の存在自体認識出来ない感じだったからダメだった。しかしその孫のまどかさん&息子の晃くんには若干祖父譲りの霊感があり、こいつは狙えるぜ! と思っていた所、まどかさんの従兄弟の健太がのこのこと迷い込んで来た。そこで、健太に晃くんと同じ幼稚園に通っていた「和仁くん」の姿を見せ、その繋がりでまどかさんにも興味を抱かせてみた。(健太は勿論そのまま食べてしまった)その結果、まんまと誘い込む事に成功したが、その後晃くんの力&祖父の守護もあって、結局取り逃してしまった…とか、そんな流れなのかな? と。
どんだけ執念深いんだ。という話ですね(苦笑)
流石にそれは無い……かなぁ……ううん。考える程、まるで意味がわからんぞ(--;)

そして、「和仁くん」もその母親も、勿論和仁くんの家も、最初っから化け物だったのかなぁ…と思いました。和仁くんの事故死も含め、全ては人を誘いこむ為の作戦なのかなぁとか……。。
あの「廃屋」そのものがお化けなので、それを認識出来る程度の霊感があり、且つその廃屋に入らずに済むような強運(守護の力?)の持ち主ではない人間が、あの「廃屋の化け物」の餌食なのかなぁ…と。
晃くんが頻繁に熱を出して寝込んでいたのは、もしかしたらまどかさんを守る為の力を無意識に発動させていたからなのかな…? と思ってみたりします。(熱を出せば、晃くんの看病の為にまどかさんは晃くんの近くにいようとするでしょうし、近くにいればまどかさんを守れる、的な…)

こう、話をもう少しすっきりさせると、「世にも奇妙な物語」辺りでもやりそうな内容だ、と思いました。

細かい話ですが、義母の「いい加減、もうすぐ小学校一年生になるんだからママって呼ばせるのはやめなさい」とか、「嫁姑の、それなりに仲良くはやれているけど微妙な間柄」が妙に上手く描けているなぁ…と思いました(笑)

以上、和仁くんの顔芸コンボに触発され、なんか変な考察を秋の夜長にたらたら書いてみました(^^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大まかな流れを書いて下さってありがとうございます(笑)
毎回、読んではいたんですが…私も正直意味が分からず…
作者はぶっちゃけ何が書きたかったんだ…あの顔芸?

世にも奇妙な物語でやりそう、というのは凄く共感します
奇妙すぎて視聴者ついて来れないみたいな(笑)

最近のYJはグロい(GANTZグロ過ぎ…)のとかホラー系とかが多いですね
そんな中、グランドスラムが何とも微妙…内容的に少年ジャンプで良くね?とか思ってますが(笑)
試合展開の超絶的な遅さが、ちょっと前までやってたキャプテン翼を彷彿とさせます
もしくはアニメ版のドカベンとか(1打席の対決で1話30分消費とか)

顔芸……かも知れません(笑)

「廃屋の住人」、読み返しても今一意味が分からない感じでしたね。これで合ってるのかも謎です(苦笑)

> 作者はぶっちゃけ何が書きたかったんだ…あの顔芸?

この考えに清き一票を投じたいと思います(笑)いや、正直私も和仁くんの顔芸で、わざわざ第一話から読み返したいなー、と思ってしまったもので。第一話が掲載されたYJは既に捨ててしまっていたのですが、Webの方でまだ読めたので、読んでしまいました。

> 最近のYJはグロい(GANTZグロ過ぎ…)のとかホラー系とかが多いですね
> そんな中、グランドスラムが何とも微妙…内容的に少年ジャンプで良くね?とか思ってますが(笑)
> 試合展開の超絶的な遅さが、ちょっと前までやってたキャプテン翼を彷彿とさせます
> もしくはアニメ版のドカベンとか(1打席の対決で1話30分消費とか)

グランドスラムは、絵柄は爽やかで好感持てるのですけどね…。
練習試合で終わってしまうのでは? と思わずにはいられません(WJなら、確実に練習試合で終了になる気がします…)もう、野球モノというのは過去の様々な作品でネタが出尽くしてしまっているのか、今更面白いと感じられるものを作るのはなかなか難しいのかも知れませんね。
アニメ版のドカベン、そんな凄い引き延ばしありましたっけ?(笑)でもアニメも結構長かったですから、確かにあったかも……。。

――それでは、コメントありがとうございました!
暫く和仁くんの顔芸は脳裏に残っていそうです…(笑)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。