尾道・高知旅行~猫と龍馬伝ゆかりの地を巡る~二日目・桂浜&安芸

 一日中歩き通しだった為か、いつも寝付きの悪い私にしては珍しくぐっすり眠った……と思ったら、もう朝です(苦笑)
 忙しなく身支度を整え、6:20にはホテル前に待機していたタクシーへ。
 …出かける時、フロントの人には「こんな朝早くから何処行くんだ?」って目で見られてた気がします。

 そんなこんなでタクシーで約5分、二泊目の旅館「三翠園」へ。タクシーの運ちゃんにも「何でこんな時間に?」って不思議がられました(笑)「いや…荷物だけでも預けておきたいんで」と言うと、なんか苦笑いしてました。
 二泊目の旅館は、旧山内家のお屋敷跡に建てられたらしく、有名どころみたいですね。
 なかなか良い料金でした(と言っても、月曜宿泊の為多少お安くなりましたが…)。
 夕飯は「8:00頃までに済ませて頂ければ…」なんて言われたのですが、この日もがっつり回る気満々の我々は、「で、では夜の7:30頃には帰ります…」おずおずとそんな風に答え、いそいそと朝食を取るべくホテルへ。
 こんな朝早くから呼び出されて何かと思えば、往復約710円の運賃でホテル間を行き来しただけ
 タクシーの運ちゃん、すんません……。m(__)m
 朝食後、ばたばたと出かけて路面電車で「はりまやばし」へ。
 桂浜行のバスを待つ間、「はりまや橋」の写真もパシャリと。

2010-7-26-1.jpg

 意外と小さい橋でした。悲恋話で有名みたいですね……。
 そしてこの日も天気が良い! 雨女二人の旅にしては珍しくカンカン照りです。
 写真を撮った後、さささっとバス停へ。しかし路面電車がある影響か? 信号が非常に渡り辛かったです。スクランブル交差点みたいになっていないので、斜めに渡れない!! これがこんなに不便とは。しかも待ち時間も長い!! 斜め向かいのバス停はすぐそこに見えているのに、あのバス停は近くに見えて実は遠い……!!!
 そんなこんなで「桂浜」行きのバスに乗り込み、約30分。
 大河ドラマの影響で桂浜は凄く混んでいる…という情報でしたが、まだ平日でお盆休みでもない為か、幸い道も混んでおらず、すんなり行けました。
 そして遂に、坂本龍馬の銅像とご対面!!

2010-7-26-2.jpg

 日本の夜明けは近いぜよ!!

 銅像付近は朝早くから意外と人がいました。団体旅行で来ている方々が記念撮影をしていたので少し待って、写真を一枚。
 近くで見ると凄い迫力です。
 折角なのでそのまま桂浜への階段を降りて、しばし桂浜を散策。
 ここで福山さんが全力疾走していたんだね…と話しつつ、やっぱり暑い(苦笑)ので早々に木陰の連絡歩道を通って「坂本龍馬記念館」へ。

2010-7-26-3.jpg

 桂浜の景色は雄大でした!! 砂浜の砂はあまり細かくなく砂利のようで、ここを全力疾走はちょっと大変だったんじゃないかなぁ……と思います。(普通に歩くだけで足が取られる感じで、結構難儀でした)
 坂本龍馬記念館は、少し坂道を上った高台に建っていて、見ごたえありました。
 暗殺された時の近江屋の状況がそのまま再現されていたり、手書きの手紙が展示されていたり。…しかしその手紙の数、そして文字数を見ると、結構まめな人だったんだなぁ…と思います。
 ここもじっくり見ると1時間は所要時間見ておいた方が良いです。

 その後再びバスではりまやばしへ。
 11時過ぎでしたが、少々早めの昼食を…ということで、はりまやばし付近のちょっとお洒落な喫茶店でトーストセットを注文。

2010-7-26-4.jpg

 向こう側に見えているのは、友人が注文した「パングラタン」。…昨日の夕食に続き、私のトーストセットはまたしても約450円と格安です(笑)。
 しかしこれ、よくよく見ると…アレ? ヨーグルトを食べるスプーンが無い…? と思って聞いてみると……。
「あ、そこのティーカップに付いてるのを使って下さい」
 ………え??
 そ、……そうですか……。確かに使えますもんね……。へ、へええー……。
 路面電車に続き、これもちょっと新鮮でした(笑)

 ばたばたとお昼を食べ、12:19高知発のごめん・なはり線直通の電車に乗って一路安芸へ。
 約一時間。一両編成という素晴らし過ぎるローカル線!! しかも中にはなかなか立派なトイレ付き。
 のんびりまったり約一時間の旅情を満喫。

2010-7-26-5.jpg

 車窓から見た風景。
 何処までも真っ直ぐ続くこの線路。途中ですれ違い待ちもあったり。これぞローカル線の旅浪漫!!
 また、この辺りは「アンパンマン」の作者ゆかりの地らしく、駅ごとにアンパンマンの作者がデザインした可愛いキャラクターがいました。

2010-7-26-10.jpg


 車窓の外に広がる田園風景を見つめつつ時を過ごし、遂に「安芸」へ到着。
 駅からは観光タクシーを利用。本来のコースにはない中岡慎太郎の生家も入れて貰い、話好きの運転手さんの話に耳を傾けつつ、先ずは岩崎弥太郎の生家へ。

2010-7-26-6.jpg

 ……思っていたより、かなり立派でした。
 大河ドラマの、あの貧しさ全開なイメージは!? と思いつつタクシーに戻ると、運転手さんも苦笑いしながら「実際あんな貧しかったって事は無いと思うんですがね~」との事。……三●が文句を言ったらしいという話も、何となく分かる気がしました(笑)
 次は、観光タクシーのコースである歴史資料館へ。
 丁度大河ドラマをやっているからか、岩崎弥太郎関係の展示が充実していました。また、本宮ひろ志先生の「猛き黄金の国」という岩崎弥太郎を主人公にした漫画の原稿も展示されていました。「サラリーマン金太郎」と同じようなノリですが、こちらは結構面白そうだったので、機会があれば漫画喫茶で読んでみたいと思います。
 小さな資料館でしたがこちらもなかなか見ごたえがありました。
 岩崎弥太郎の母親が貯めていたという「へそくり」の壺&小銭の展示が印象的。ドラマと同じで、矢張りしっかりした人だったのでしょうね。

 そしてここから先はコースにはない中岡慎太郎の家へ。
 本当に「山道」な道を行く事約30分。意外と思ったより小じんまりとした家でした。(タクシーの運転手さんの話で知ったのですが、中岡慎太郎は、そもそも"武士"ではなかったみたいですね。庄屋さんの家の生まれとか…)岩崎弥太郎の家よりも小さかったです。

2010-7-26-7.jpg

長閑な山間の風景の中に立つ、中岡慎太郎の像もパシャリと。

2010-7-26-8.jpg

この後、本来の観光タクシーのコース「野良時計」は飛ばしました。(どうも、現在は動いていないとの事で…)
この時タクシーのメーターはえらい事になっており、適当な所で運転手さんがメーターを止めてくれたんですね~。……この上「いや、やっぱり行って下さい」とも言えず(運転手さんありがとうございましたm(__)m)、「高知であい博・安芸サテライト会場」前で降ろして貰い、観光タクシーでの安芸巡りは終了。
運転手さん、約二時間半、楽しい時間をありがとうでした!!

その後、であい博の安芸サテライト会場へ。矢張り岩崎弥太郎の生家がある地だけあり、主に弥太郎についての展示がありました。
衣装の展示や年表、メイキング映像、インタビュー等々……。
会場内には勿論、「龍馬伝」のオープニングテーマが!!(笑)

2010-7-26-9.jpg

安芸のサテライト会場。
意外とすんなり回れて、所要時間はそれ程かかりませんでした。(30分程度)
展示を全部見終わると、勿論お土産屋さんもあります(笑)

……が、ここで。
タクシーの料金を払い終わった辺りで、何となく嫌な予感がしたのですが。
お土産屋さんでチラッとお財布の中身を確認した所……。

………。
………。
………。

…ゆ…諭吉がねぇ……ッ!!!
………アレ………おかしーな……(汗)
み…見間違いだよね。気のせいだよね。

思いつつ、もう一度財布を見直してみましたが。
……やっぱ無ぇ――ッ!!!

し、しかもお札……あと……数枚しか無ぇっ……。
安芸でのお土産を諦め、そそくさと安芸を後にした私がここに……。

この後高知へ戻り、19:00まで開場している「高知であい博」のメイン会場へ。
ここでも「龍馬伝」のオープニングテーマを聞きつつ、時間ぎりぎりまでお土産屋さんを回り……。
万一の保険にと持ってきたクレジットカードが使えないという絶望的な状況の中、一応職場にもお土産を買い。
(旅館へ戻る途中に寄った、はりまや橋近くのお土産屋さん「はりま家」さんでは使えたので、ここで地酒やその他のお土産をしこたま購入)、19:30近い為タクシーを使って二泊目の旅館へ。

ものっそいバタバタとチェックインを済ませて部屋へ。二人で泊まるには勿体ない程の広い部屋!!
場所が配膳室のすぐ近くの部屋だったためか、バタバタしている様子が伝わって来ました(苦笑)
すみませんね……こんな遅くて……(汗)

元々のプランで、海洋深層水&やまももワインが一本、それに龍馬ストラップが付いていました。
友人はワインはあまり…との事で、私がやまももワインをゲット! 夕食にも食前酒で出ましたが、すごく甘くてジュースみたいです(しかし無論、ワインなのでアルコール度数はバッチリ…!)

そして待ちに待った夕食!!!
前日が380円のおにぎり弁当とわびしかったのですが……今回はこんな感じです!!!

2010-7-26-11.jpg

名物の「皿鉢(さわち)料理」を始めとして、これでもかと豪華絢爛な夕食!!
これぞ旅!!! 高知のカツオのタタキは本当に美味しかったです。絶妙な焼き加減、そして鮮度!!!
「どろめ」という何かの稚魚? みたいな珍味も美味しかったです。

……後は3日目の工程を綿密に確認。
ここで私の所持金が僅か4000円程度という驚異的な事実が判明(しかも、旅館のお土産やや前述の"はりま家"さん等、ごく限られた所でしかクレジットカードは使えない…!)次の日は主にバスと路面電車なので、では500円で買える一日乗り放題の路面電車の切符を買おうとか、色々と計算した所。
三日目の夜食代を考慮しても、辛うじて間に合いそうな事が判明。
何だこのギリギリの旅。

無論、この手の旅行では毎回余裕を持って予算編成をしてますし、今回も相当散財する事が予想された為いつもより寧ろ多めに持って行った位なんですよ。なのに何故こうなった…!?

あれこれ検証してみた所、やっぱり尾道での散財が予想外だった事が最大の理由でした(汗)
……お土産は確かに色々買いましたが、個数としてはそんなに買って無いじゃん?? とか思ってたのですがね。
香水とかお酒とか。……とにかく、買った猫グッズ等々、ことごとく単価の高いモンばっかだったんですよ。
計算しろよ自分。と思いました。
後で計算してみて、一日目だけでエラい額になってました。更に二日目の観光タクシーの割増料金もなかなかいい感じに効いてました。
次からはもっと余裕をもった予算編成をします。

なんだかんだで、三日目の工程を色々考えていたら、大浴場が閉まる0:00近くになってしまい、慌ててバタバタと大浴場へ。
なんかもう、係の人が掃除を始めてました(苦笑)完全に閉めるモード入ってます。
余りに慌ててた為か、露天風呂に行き忘れ(ギャアアアァァァ!)たりしてショックを受けつつ部屋へ。
翌朝は多少まともな時間まで寝ていられる(と言っても6時起き…)なぁと思いつつ寝床へ入ったのが1時過ぎ。
ギッシリ詰まった高知の旅も、いよいよあと一日です……。
スポンサーサイト

テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR