大河ドラマ「江」最終回「希望」レビュー

こんばんは、星野です。
…何だかんだ突っ込みつつも、結局最後まで見届けた大河ドラマ「江」
本日、遂にグランドフィナーレを迎えました。結構いいラストだったなぁ…と終わってみれば思いますので、ちょっと色々と。。
秀忠の隠し子が発覚してみたり、大奥創設がお江の発案になっていたり、なんかやっぱり色々ありましたが。
何が良かったって、最後の乗馬のシーンです!!!

秀忠と二人、どっかのススキ野を野駆けして、しみじみ今までの事を語りあって。
最後、もう少し走って参りますと言ったお江に、秀忠が「私の所に帰って来るのだぞ」と一言。
「他に帰る所などありませぬ」
笑顔で馬を走らせる江。
……一体何のドラマだとか、きっとこの外側で部下達が「ちょっ…御台所様、マジ勘弁だよ…」とか言いつつ万一の事が無いように一生懸命目を光らせてたんだろうなぁとか色々ありましたが。

単純に、シーンとして凄く良いなぁ…と。
お市の方の締めのナレーションも凄く良かったですし、最後、お江を見守るように馬で並走、娘の姿をしっかり見届けて満足したように微笑む姿が本当に凛として美しい!! 鈴木保奈美さんと言えば、遥か昔「カーンチ!!」とか言ってた姿が未だに記憶に新しい(すみません)自分としては、こんな味のある演技も出来るんだなぁ…と改めて思いました。

そして最後、お江のモノローグが凄く胸を打つものがあったなぁ…と思いました。
「母上は、女にとって、生きる事は日々戦だと仰せでした。しかし私にとっては戦ではなく、日々、喜びで御座いました」
よくよく考えてみれば、二度の城攻めを経験し、三度にわたる結婚、姉とは敵同士。結構波乱万丈な人生だった…と思います。
しかしそれも振り返ってみれば全て「喜びで御座いました」と言い切れる人生を送れたのは、一重に江というこのヒロインの強い生き様にあったのかなぁ…と。
なんだかんだ、最後まで突っ込みまくりだった大河ドラマでしたが、最後は凄く穏やかにそのエンドロールを見届ける事が出来ました。
…音楽も凄く良かった…!!
「そなたは、私の希望だ」
最後、秀忠が江にそう呟いたシーンから最後まで流れた、冒頭のオープニングテーマ。
あの曲、CDとかあったら欲しいなぁ…と、ちょっと思いました。。

そしてやっぱり江で出て来た様々な衣装は是非展示して欲しい…! 次にはもう「坂の上の雲」が待っているとは言え、頼むぜNHK!!

そして12月から始まる「坂の上の雲」
旅順攻略戦、そしてバルチック艦隊との戦い。「Z旗掲揚!!」のシーンが今から楽しみです……!!
三年に渡って放送して来た訳ですが、胸が熱い…!!! 今から待ち遠しくてなりません。。

――取り敢えず、いきなり叫んでみました(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR