サイト更新情報(12/4)

こんばんは、星野です。やっと風邪が良くなって来ました……。。

今日は「坂の上の雲」の続編を見ました。やっぱり、正直大河ドラマよりはるかに使っている人員・音楽・映像諸々、全然クオリティが違う、と思いました。(^^;)

今年の大河ドラマ「江」も何だかなんだで良かった…だがっ! しかしっ!! まるで全然っ!! 「坂の上の雲」には及ばないんだよねぇぇ!!!

…Ⅳの口調で思わず叫びたい位のクオリティの差。
正直、3年越しで4話ずつ、とかじゃなくて一気に12話分放映して欲しかった……。そしてその代わり、普通にいつもの大河ドラマを頑張って欲しかった……。
すみません、ちょっと熱く語り過ぎになりそうなので、先に本題をば。。

・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第278話「父子の情」レビューをアップ。
 蒙武・蒙恬親子の温かい繋がりが先週とは違った熱さを感じさせる良回…だったのに!!
 何故に来週休載なんだァ――ッ!!! ・゚・(ノД`)・゚・

・「童実野ウォーカー」別館に「ナンバーズ33」のレビューをアップ。
 下の記事でも叫んでしまいましたが、とにかくシャークさんかっこ良過ぎです。持ってった! 最後に全部持ってったァァ!!

本日の更新は、以上です。
初めましての方も常連の皆様も、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。。

――では、続きでちょこっと今週の「坂の上の雲」についてお話してみます。
 二度に亘る旅順総攻撃の失敗(というか、あの要塞攻略はぶっちゃけ無理ゲーだと思いました)。そして遂にロシアでからは無敵と謳われるバルチック艦隊が出撃。
 未だ旅順に釘付けにされた状態の日本の艦隊、そして陸軍達に希望はあるのか…!?
 秋山兄弟の貫禄っぷりが凄いです。コサック騎士団VS.兄の騎兵隊の戦いも見れるんですかねぇ……。
 次回はいよいよ203高地攻略戦。傍から見れば「只の小高い丘」に過ぎないその場所が、旅順攻略の鍵となるか…!?
 来週も気になります。
 そしてあのエンディングに流れる歌がいいなぁと思いました。サントラとかは多分出ていると思うので、これはちょっと聞いてみたいかも……。。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どこの戦場も

気になりますねえ(・∀・)
韓のハニワがどう動いてくるか気になります( ^ω^)中々手強そうですね。

俺も登場時から女幹部さんの名前知りたくて仕方ないんですよねw
結構セリフもあるしわざと焦らしてるのかしら(*´ω`)笑


VS楚軍もようやく描写ですね!
何気に騰が将軍としての戦は初めてなので気になります(*´ω`)
来週休載今知りました・・・待機じゃあorz

No title

更新お疲れさまです。
歳の瀬が迫り、合併号も近々くるであろうというのにこのタイミングで休載とは・・・精神的にクるものがありますね。

今週は何よりも、蒙武さんがちゃんと成長しているということに驚愕させられました。王騎将軍の最期の言葉をしっかりと胸に刻み込んでいるようですね。
蒙恬に対して父としてかけた激励に、星野さん同様思わず胸が熱くなりました。

調子に乗り過ぎ&どうにも品がないので個人的には武神さんより不快な項翼を、蒙恬には是非自身の大事フラグごと叩き切って欲しいものです。

それではこれからもお体に気をつけて更新もろもろ頑張って下さいね。ではでは。

No title

初コメ失礼します~

これまでサイトと共に拝見してたのですが休載のショックで思わず書き込んでしまいました・・・
待機・・・じゃぁ・・・


あと、アニメの声優陣も発表されてましたね!
貂で釘宮病が発症しないよう気を付けます(笑)

No title

 坂の上の雲はドラマとしては潔い位でしたが、日露戦争を齧ったものとしてはロシアの名将マカロフが旗艦ペトロパブロフスクと共に機雷により失われたものの、日本側も機雷により最新鋭戦艦「初瀬」と「八島」といきなり三分の一の保有戦艦を失い、ウラジオストックのロシア艦隊も日本第二艦隊の探索をかわして通商破壊を行う危機的な状況に。
 そんな状況で敵艦隊が出撃してきた黄海海戦。
 決戦を挑んでくるかと思われたロシア艦隊はウラジオストックへの遁走をただ謀り、その為に逃げられそうになるもなんとか追いつき、東郷提督の顎鬚が被弾した兵の返り血で真っ赤に染まるほどの苦戦の末、敵提督ウィトゲトフが戦死したことにより指揮系統を失ったロシア艦隊は壊乱状態に。しかし結果的には一隻も主力を沈める事無く旅順に取り逃がすという海軍の絶望が描かれていなかったのが残念です。
 出来ればもう一話足して後で付け加えて貰いたいものです。


 キングダムの韓の埴輪さんは私も気になります。というか人間にすら見えません。鳳明が「よりにもよって……」と言う発言に最初、もしかして韓非とか思った愚かな私がいました。星野様の仰るように戦場での危険人物のようですね。

 今回は録鳴未が臨武君の元に辿り着いた折のコマが素敵でした。

 あとこちらのサイトを最近拝見してなかったので知りませんでしたが、御病気が良性で何よりでした。

Re: どこの戦場も

こんばんは! 今週は、長い休載明け…と思いきや、またも衝撃の(?)展開でしたね。。

> 俺も登場時から女幹部さんの名前知りたくて仕方ないんですよねw
> 結構セリフもあるしわざと焦らしてるのかしら(*´ω`)笑

やっぱりそうですよね…!?
桓騎将軍と一緒に単行本の表紙まで飾ったのに、未だに名前も桓騎との関係も良く分かっていないので、気になって仕方が無いです(お揃いの襟元のファー&マントとか、桓騎と一緒に玄峰を討った時の作戦にもいたのを見ると、桓騎軍の中では相当の地位なのは間違いないと思いますが…)

> VS楚軍もようやく描写ですね!
> 何気に騰が将軍としての戦は初めてなので気になります(*´ω`)

騰の出番がいつ頃になるか、気になりますね。
ただ、やっぱり騰軍の役目が「第一軍を討ち、第二軍、三軍を引きずり出す」事からすると、臨武君は騰がファルっと瞬殺して欲しいな…と思います。


それでは、コメントありがとうございました(^^)

コメントありがとうございます! >エレン様

こんばんは。本当にこのタイミングの休載は辛かったですね…。
(来週も合併号ですから、また待機期間が長くなってしまいますし)

> 今週は何よりも、蒙武さんがちゃんと成長しているということに驚愕させられました。王騎将軍の最期の言葉をしっかりと胸に刻み込んでいるようですね。
> 蒙恬に対して父としてかけた激励に、星野さん同様思わず胸が熱くなりました。

そうですよね。…蒙恬の副官のじィにまで「いの一番に突撃していくものとばかり…」なんて言われてしまっていましたが、しっかり全体の状況を見て動く事が出来るようになっているなぁ…と。
後は、兵数でも負けていますが、楚軍をどう討ち砕くか? 肝明軍との対峙のシーンが今から待ち遠しいです。

> 調子に乗り過ぎ&どうにも品がないので個人的には武神さんより不快な項翼を、蒙恬には是非自身の大事フラグごと叩き切って欲しいものです。

本当ですね…。何というか、項翼は、正直どうにもあまり好きになれません…(^^;)
まさに「品が無い」ですよね。何故でしょう、信も性格的には似ている気がしますが、あそこまで「お調子者」で「下品」な感じはしないですよね。そのせいか、随分と違った印象を受けます。
ただ、白麗との絆を見る限り、項翼も普通に仲間は大切にする子なのでしょうね。しかし、どうも好きになれないです…。

例え自慢の「愛剣」とやらを持ち出して来たとしても、こいつに苦戦する蒙恬は、何か見たくないというか…。互角以上に戦って欲しい、と思ってしまいます。

エレン様も、寒い季節ですのでお体に気を付けてお過ごし下さいませ。

コメントありがとうございます! >ペペロン様

こんばんは、初めまして。
…やっぱりこのタイミングでの休載はショックでしたよね…(^^;)私もそうでしたので、お気持ちお察しします。

> あと、アニメの声優陣も発表されてましたね!
> 貂で釘宮病が発症しないよう気を付けます(笑)

はい、声優陣発表されましたね。
ゲーム版とは随分違うな、という印象でした。貂の声が釘宮さんなのはびっくりでしたが。
出演作等を見る限り、どの声優さんもメインキャラの声は有名どころの方が多いみたいで、流石NHK…と思いますね。(ただ、肝心の信の声がちょっと不安なのですが…^^; FF10のティーダ役もなさっていたみたいですが、ティーダの声は正直、棒演技だったな…という印象が強いので…)

今後はアニメ情報の方も要チェックですね。

それでは、コメントありがとうございました(^^)

「坂の上の雲」詳しいですね…! >銀さま

銀さま、こんばんは。
「坂の上の雲」に反応頂けて嬉しいです…(^^) 未だ原作も読んだ事はなく、日露戦争もそれ程詳しくない自分なので、色々と詳しいお話が聞けてためになりました…!

>  結果的には一隻も主力を沈める事無く旅順に取り逃がすという海軍の絶望が描かれていなかったのが残念です。

この辺はあまり詳細に描かれていませんでしたね。
…そんな背景があったとは…。。何となく、海軍はロシア艦隊を旅順港に閉じ込めてはいるものの次の手を打てず、ひたすら陸軍に「とにかく203高地を取ってー!!」状態な感じが否めませんでした。
陸軍が陸軍で地獄だったように、海軍もやっぱり海軍で、地獄を潜っていたのですね…。
いよいよ次回はZ旗掲揚!! ですね。先程、やっと録画を見たのですが…「そこから、旅順港は見えるか!!」「見えます!!」のやり取りは思わず拳を握る熱さでした…!(しかし、そこに至るまでに一体何人犠牲を払ったのか? を考えると…。何というか、上層部の人達はもうちょっと早く動いてよ…と思わずにはいられません)

>  キングダムの韓の埴輪さんは私も気になります。というか人間にすら見えません。鳳明が「よりにもよって……」と言う発言に最初、もしかして韓非とか思った愚かな私がいました。星野様の仰るように戦場での危険人物のようですね。

「よりにもよって…」は、やっぱり桓騎将軍も真っ青なエグい事を平然とやるタイプの人…という意味合いですよね、きっと。(李牧のコメントからしても…)
成恢将軍=漢非の発想はありませんでした(^^;) ただ、韓非も何処かでは出てくる筈ですよね。どちらかというと政治パートの方なので、あまり重きを置いて描かれないかも知れませんが、登場の仕方や、彼のエピソードがどういう風に描かれるのか、は気になります。

>  今回は録鳴未が臨武君の元に辿り着いた折のコマが素敵でした。

ハイ、私もあの録鳴未には痺れました…! 流石に「残党」呼ばわりしている蒙恬君はちょっと廊下に立ってなさいと思いました(苦笑)
臨武君とも普通に互角以上に戦っていて、尚更かっこよかっただけに……。
今週のあの展開は色々と衝撃的でした(苦笑)
録鳴未も心配ですね。

体調の事、お気づかい頂きありがとうございました。
まだ二カ月以上待機じゃあ状態なので落ち着きませんが、あまり無理しないようにしようと思います。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR