次回はいよいよ、Z旗掲揚…!!! +αでちょっと遊戯王関連も語ります。。

こんばんは、星野です。
本日、やっと録画していた「坂の上の雲」を見ました…。
旅順要塞への三度の総攻撃に失敗し、遂に二〇三高地の奪取に動き出す陸軍。…しかし、折角奪取した二〇三高地を速攻でロシア軍に奪取し返されたのは泣くしか…(補給も援軍もままならず、たった40人で奪取した高地を守れとか、どんな無理ゲーですか!?)

その他、今週は「BRABING!」のCD発売や高橋和希先生の画集「DUEL ART」の発売など、色々と遊戯王でお金がかっとビングした週でもありました(^^;)

以下、徒然に叫びます。。
…児玉参謀長が遂に旅順に赴き、自分に指揮権を預けてくれと言いに行ってましたが…。
あの、このやりとり、正直、もっと早くやってくれませんか!?(涙)
第七師団の隊長さんに、児玉参謀長が「北海道の兵は、強いそうだな」と聞いた時。「強い兵でした」と思いっきり過去形になっていたのが泣けました。1万5000もいた兵が、1000人に減るって何ぞ!? 殆ど全…滅めつめつ…状態じゃねーかぁぁぁ!!!

児玉参謀長の「味方を誤射するリスクを払ってでも大砲で援護射撃し続けろ」も相当無茶な作戦だと思いましたが、それでも今までのやり方よりはマシっていうのが、正直、今までどんだけ無策で突撃してたんだ!? と思わずにはいられませんでした…。
なんかこう…凄く皆さんの演技も迫真で良いんですけど。
これで散った数多の兵の事を考えると、「もっと早く指揮権交代を…」という感想しか抱けない自分がここにいます……。

――数多の屍山血河を超え、遂に奪取した二〇三高地。
たった標高203mの丘が、死闘の勝敗を左右する鍵になろうとは…!!
「そこから、旅順港は見えるか!!」「見えます!!」
…この流れは鳥肌立つ熱さでした。…ここまでやって「見えません」なんて結果は絶望を超えた絶望だ…としか思えないですよね…。
結果、二〇三高地からの砲撃により、旅順港のロシア艦隊は甚大な被害を受け、海軍も、ようやくバルチック艦隊との戦いに専念出来るようになったようです。
来週は遂に「Z旗掲揚!!」ですね。…果たして無敵を謳われるバルチック艦隊とどう対峙するのか?
そして、今のところ、ぶっちゃけ顔見せ以外殆ど出番が無い兄さんのコサック騎士団との戦いはあるのでしょうか…? と思いつつ。明日の「坂の上の雲」も楽しみにしたいと思います。


――さて、ここからはガラッと話題が変わって、遊戯王関連を二つ。

■「BRAVING!」CDについて
何回も聴きまくってます。。
カップリングの曲も何気に好きです。…凄く美しい旋律&少し切なくて、でも温かくて。
挿入歌とかに使われて欲しいなぁ…と思ってしまいます。。

さて、TV版の1番の歌詞は勿論ですが、特に燃えるのは2番の歌詞…!
1番は、どちらかというとやっぱり遊馬だな…! というイメージなのですが、2番は遊馬、カイト、シャークさん、皆それぞれの心情・状況が現れているな、という気がしています。

「折れそうになる心を抱えながら」
の部分は、遊馬もそうですし、弟を救う為に敢えて修羅の道を行くカイトの心情も描いている気がします。
「暗がりから光る意思を探し当てるように 僕らの物語から証見つけたい」
は、遊馬…ですかね。復讐に駆られてデュエルを復讐の為に使おうとうするシャークさんの姿や、デュエルで人を傷つけて楽しむⅣのような、デュエルの「暗闇」の側面を見つつも、それでも尚「デュエルは楽しんでやるものだ」と信じたい遊馬の気持ちそのものなのかな、と。

「独りきりだと 思ってた過去なんて 明日を作る為の道でしかない」
は思いっきりシャークさんだぁぁぁ!!! と。。
オープニングの映像でも、独り薄暗い場所にいるのが似合う彼ですが、いつかきっと、ちゃんと仲間という絆を得てもう少し明るい場所に浮上して欲しいものです…。

2番の歌詞はどれも好きですが、その中でも特にかっとビングして好きなのが
「差し伸べて 掴み取った 形のない 大切なもの
 何度も失って 何度も取り戻す」

これは、遊馬がデュエルで得て来た多くの仲間・絆そのものですよね。
…やっぱりこれ、ちゃんとストーリーに合わせて作ってくれた歌なのかな…? と思いました。

何度も失って、何度も取り戻す

ここは、失ったものを色々な形で取り戻そうと足掻く姿そのもので、カイトや、遊馬の心を表しているように思います。そしてここもやっぱり、シャークさんも被ってる気がしてなりません。
彼は多くのものを失いましたが、その反面、遊馬との出会いで得たものもありました。今またそれを失うかも…? という状態ですが、失っては、また何かを得る。そんなイメージが似合うというか…。
やっとちょっと前へ進めたと思ったらまた後退して。…それでもまた前へ進んで欲しい、そんな私の願望も入っていますが(^^;)

そして、「幼さを弱さとして 逃げていた僕自身を 貫いた言葉が心を動かした」
ここは、もう思いっきり12話の「笑うなあああああああああああ!!!」のシーンが脳内ぐるぐる再生されてました。あの言葉で、どれだけ彼が救われたのか…? 授業は相変わらずサボっているものの、ちゃんと学校へも来るようになりましたし。遊馬、正に君は太陽だ!!!(涙)

「近づいて 遠のいてく 真実を掴むために 見えない未来から 希望を探し出す」
ここはやっぱり、色んな人に当てはまる歌詞だなぁと。
今なお見えないフェイカー陣営の本当の目的。トロン一味とフェイカーの間に、過去何があったのか? の真実。
アストラルの「使命」。そして、遊馬自身に秘められた「謎」。
…視聴者も見えない未来から予想や妄想という手段で、一生懸命真実を探そうとしています(笑)

とにかくもう、この歌は嬉しかったです。。
さあ、また寝る前に聴いて明日もかっとビングだぜ、俺!!(笑)

■「DUEL ART」について
…正直、この手の画集なので、絶対「どっかで見た事あるイラスト」の再録かなあ…と、実はあまり期待せずに買ってみたのですが。
すみませんでした―――!!! m(__)m
自分的には大・満・足!!!

描き下ろしが予想以上に多い&連載当時と大分画風は変わってしまったものの、やっぱり美麗なイラストの数々は見惚れるクオリティ。収録されていたインタビューも凄く読み応えありましたし、このお値段では寧ろお釣りがくる位に完成度高ぇなオイ!!! と思いました。

やっぱり、表紙&裏表紙になった王サマ&遊戯の図は素敵…!! ホレます。
それと、立っている遊戯&座っている王サマの構図。王サマは、敢えて手で表情が隠れているのが凄く深いなぁ…と思いました。…アテムがパズルを外して手に持っているのは、別れの時が近い事を示しているのでしょう、という高橋先生のコメントがまた切ないです。

杏子がバイトをしているバーガー屋さんの一コマも、高橋先生のコメントを見ると本当に泣けます。
イラストを見た時から、もしかして、遊戯はパズルを付けてないんじゃ…? と思っていたのですが、やっぱりそうでした…(涙)アテムと別れた後の、何気ない日常の一コマ。彼が去った後も遊戯達の物語は続いていて、遊戯達もしっかりそれを歩んでいる。一抹の寂しさは拭えないものの、ほんわかするイラストだと思いました。個人的に、この画集ではベスト5に入る好きな一枚です。

…そして、ゼアルのイラストもあるかなぁ…? と思っていたら。
あったぁぁぁぁぁああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
遊馬&アストラルを中心に、左右の脇をカイト、シャークさんが固め、背後には超ゼアル人まで!!!(狂喜)
何ぞこのサービスの大盤振る舞いッ!!!

ゼアル体遊馬、遊馬&アストラルは勿論ですが、…すみませんシャークさんイケメン過ぎてもう、右の方にばっかり目が行っちゃってスミマセン(笑)
まさか高橋先生描き下ろし&カラーでシャークさんが拝めるなんて……!! 遊馬やアストラルは色んな所で見ていましたが、まさかカイトやシャークさんも拝めるなんて……!(大事な事なので二回叫んでしまいました^^;)
シャークさん、唇の辺りが色っぽいなぁ…と思いました。
あと、三人とも、「目」が好きです。

カイト・遊馬・シャークと、基本的に皆強気な顔立ちなのですが、それぞれにちゃんとキャラの違いが出てるなぁ…というのが良く分かります。
その瞳に、健やかな「強さ」と諦めない「かっとビング!」の心の光を宿す遊馬。
強靭な決意を持って人ならざる力を操るカイトの、どこか頑なで、けれど強い決意を宿す瞳。
多くを語らず、その胸の内には多くの複雑な思いを抱えるシャークさんの、深海のような瞳。
……みんなそれぞれにそれぞれの事情を抱える三人の心の内やらかっこよさやらが凝縮された珠玉の一枚です…!!
ぶっちゃけこの一枚だけで、2400円出した価値がありました。。

そして、カイトがなんかこう…思いっきりアメコミの悪役っぽい感じなのが好対照だと思いました。
弟の為に、どんな手でも使わんとばかりにフォトンチェンジしてしまうカイト。憎しみと哀しみを胸に、影のある道を往くシャーク。高橋先生はインタビューで「鉄男は遊馬をいじめる嫌な奴で、徳之助はその手下」というイメージだったと語っていましたが、この二人に関してはどんな設定を考えていたのか? というのも、ちょっと知りたいです(笑)
そしてやっぱり「髪型」は遊戯王にとって大事だったのだ、と改めて高橋先生のコメントで分かりました(笑)

ところであの…今週発売のVジャンプが見当たらなかったのは、あの、まさか……。
付録の「オシリスの天空竜」その他諸々目当てであの…売り切れちゃったとか、そんな事ではない…ですよね。。
たまたま、見かけなかっただけですよね……。そうだと言ってくれ、集英社!!!

…他にも色々語りたいのですが、いい加減この辺で。。
それでは。今週は「キングダム」で色々と語りたい事もありますが、ちょっと力尽きましたのでこの辺で…。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「坂の上の雲」の「二○三高地」は良い回でした。というよりあれはドラマにし易いのでしょうね。映画「二百三高地」でも「そこから旅順港は見えるか?」「見えます! 旅順港が一望できます!」は名シーンです。
 これでロシア最強を誇った第一太平洋艦隊は壊滅し、俄然日本側が有利になってきました。
 第七師団長大迫中将の言葉も印象的な言葉でした。もっとも1000人というのは負傷や再編成中で直ぐに戦線に投入できない兵も除いての1000人だと思いたいのですが。
 

DUEL ART良かったですよね!

臨時収入があったので私も買っちゃいました!の画集、本当に素敵な一冊でしたよね!!
感想に書いてらっしゃる通り切なくて温かいイラストや美麗なモンスター達にメロメロです。
文庫版で見ていた表紙イラストも大きく掲載されるとまた違った感じで美しい…。
まだまだ遊戯王愛します!!
色々語り続けられると良いなと思います。

それでは、また!
TF6の感想など楽しみにしています♪

二〇三高地は熱かったですね…!

銀さま、こんばんは。

> 「坂の上の雲」の「二○三高地」は良い回でした。というよりあれはドラマにし易いのでしょうね。映画「二百三高地」でも「そこから旅順港は見えるか?」「見えます! 旅順港が一望できます!」は名シーンです。

二〇三高地の戦い、映画化もしていたのですね。
やっぱりあのシーンは熱いですよね…。文字通り、血と血と血で分捕ったというか……。
旅順要塞戦も、二〇三高地の戦いも、あまりにもロシア側の圧倒的な近代的な戦いの前に無力な日本兵を見ていただけに、何かこう、勝利の高揚感というより、僅かの切なさというか、ほっとした気持ちの方が強かったです。
ただ、そこに静かな熱さがあるというか……。。

>  第七師団長大迫中将の言葉も印象的な言葉でした。もっとも1000人というのは負傷や再編成中で直ぐに戦線に投入できない兵も除いての1000人だと思いたいのですが。

そう思いたい……ですが、ドラマ内の描写を見る限り、明らかに「その辺りも含んでの1000人」な気がしてなりません(汗)
先週はいよいよバルチック艦隊との戦い。正直あのラストを見た時は、私も「ええ!? 正気ですか!?」と思ってしまったのですが…あの作戦は、海戦史に残る作戦だったみたいですね。(T字戦法? というらしいですが…)
失敗したらただやられ放題で終わってしまう気がしてならないあの戦法ですが、どのように成功させたのか? その結末を見届けたいと思います。

Re: DUEL ART良かったですよね!

真珠林さま、こんばんは! いつもお世話になっております~!!
先日も熱く語り合ってしまいましたね(笑)素敵な一冊でした……!!!

> 感想に書いてらっしゃる通り切なくて温かいイラストや美麗なモンスター達にメロメロです。
> 文庫版で見ていた表紙イラストも大きく掲載されるとまた違った感じで美しい…。
> まだまだ遊戯王愛します!!

ハイ、画集の美しさ、そして今週のゼアルではガラスをぶち破って突入したカイト様を見て、まだまだ遊戯王は遊戯王だと思いました(笑)
ゼアルは是非是非、年明けの放送では「謹賀新年!」「一富士二鷹、三なすび!!」並みのファンサービスをして欲しいですね(笑)
今後も色々と語りましょう♪♪
宜しくお願いします。m(__)m
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR