サイト更新情報(1/20)

こんばんは、星野です。
二週間待った「キングダム」ですが…、あまりに期待を裏切らな過ぎる展開に、思わず金曜日の内にレビューを叫んでしまいました(笑)ハイ、騰将軍最高です!!!

・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第282話「王騎が認めた男」のレビューをアップ。

二週間待った甲斐がありましたぁ~、と思わせる熱い展開です。
このまま一気に第一軍突破…と行きたい所ですね。(案外その前に、第二軍が動き出すとかそんな展開もあるかも知れませんが)

ところで、今週載っていた読み切り漫画ですが、アレはエロというよりギャグにしか見えなかったのは私だけでしょうか?(苦笑)
「受精したいよぉ…」とかって、あそこまでやられたら、正直引く&あの台詞は原作の岡本さんのノリだろうか、と思いました(笑)「ノノノノ」でも、何か「受精してください」とか凄い事言ってるシーンがあったよーな……。

本日の更新は、以上です。
拍手コメントetc、ありがとうございます。m(__)m
土日で返信させて頂きます(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新お疲れ様です。

2週間の間にたまった我々の鬱憤を、騰が見事に切り裂いてくれましたね。
蒙武さんとのやり取りなどは、コンビニで読んでて思わず噴き出しそうになってまい、危うく不審者になるところでした。
このまま項翼共々かませ犬という役目を全うしてほしいものです。
しかし賁様に手も足も出てない項翼をみるに、項翼が身の程知らずにも馬鹿にしていた輪虎は本当に強かったんですねぇ。

No title

いやー、騰将軍来ましたね!
ほんと、こんな人が陰に回って副官務めてたんだから、オウキ軍そら強いわ(笑)

レビューも待ちかねてました!
早速読みに行ってきます^^

コメントありがとうございます! >エレン様

こんばんは!
本当に、二週間分の鬱憤を纏めて吹き飛ばしてくれるファルでしたね(笑)

> しかし賁様に手も足も出てない項翼をみるに、項翼が身の程知らずにも馬鹿にしていた輪虎は本当に強かったんですねぇ。

正直、私もそう思います(苦笑)
「間合いに入れねえ!」って……。輪虎も曲刀使いでしたが、全然普通に槍使いの賁様と戦ってましたよね、そういえば……。寧ろ、二対一だったのに押してたくらいですし。リーチの差など全然感じさせない戦いぶりでした。
項翼もこれくらいはしてみせてから「過去の遺物」発言をして欲しいものです。
来週の展開が楽しみですね。(若干臨武君のターンが来そうで不安なのですが…そんな事にはならないだろうと信じたいと思います)

コメントありがとうございます! >うえでん様

うえでん様、こんばんは。

> いやー、騰将軍来ましたね!
> ほんと、こんな人が陰に回って副官務めてたんだから、オウキ軍そら強いわ(笑)

本当ですね。よくよく考えると、一人で十分将軍やれるような人が副官の地位に甘んじてたって事ですから…、王騎将軍の偉大さが分かるというものです。
しかし、その偉大な主の全てを自分が受け継ぐとなった時、何のプレッシャーも無くごく自然にそれが出来るものなのでしょうか…。(出来ると見込んだ人だから、王騎将軍も騰に自分の軍を託したのだと思いますが)騰は自分の本心を晒さないタイプのキャラですが、今回の「私は元々強い」発言は何となく気になりました。あまり自分の実力を誇示するような事は言わないタイプの人だと思っていたので…。

そして今週号を見て、矢張りこれほどの人が「王騎将軍の副官」を務めるに至ったその背景や経緯も知りたくなって来ました。桓騎将軍が白老将軍の下に付くエピソードと同様、いつか外伝として描いて欲しいです。

意外とお喋り

ちょっと驚きました(*´ω`)
王騎将軍の下では常に敬語&口数も少なかったので・・・w
新しい一面が見えた感じですね( ´∀`)
不遜な物言いの騰も悪くない・・・

しかし期待を裏切らない展開ですね。このままハゲには沈んでもらいましょう(・∀・)
勝てるビジョンも見えなくなってきてるし・・・

録鳴未さんの突っ込みはナイスでしたね!ww
しかしさっさと手当てして2軍、3軍との戦に備えて欲しいものですヾ(・ω・`*)ノ

Re: 意外とお喋り

螢一さま、こんばんは!

> ちょっと驚きました(*´ω`)
> 王騎将軍の下では常に敬語&口数も少なかったので・・・w
> 新しい一面が見えた感じですね( ´∀`)

今週は、騰の色々な一面も見れて、騰の魅力アップ! な回でしたね。
正直、又何か回想シーンが入って臨武君の反撃…とかそういう展開はもう要らない(項翼の、南の蛮族を相手に頑張っていた…というので十分かと)ので、さっさと終了、で良いかなあと私も思います。

> 録鳴未さんの突っ込みはナイスでしたね!ww
> しかしさっさと手当てして2軍、3軍との戦に備えて欲しいものですヾ(・ω・`*)ノ

一軍を撃破するのがその役目とは言え、別に二軍・三軍の戦いでは後に下がって休んでていいですよー、という訳にはいかないでしょうし、まだまだ録鳴未さんの戦闘力は必要ですよね。
…私も、早い所突っ込み役から戦闘要員に戻って欲しいです。
信の今までの負傷を考えれば、あれくらいの傷なら気合でどうにかなります、きっと!!(笑)

No title

今回は騰の独壇場でしたね
実力は間違いないが、王騎とは別の意味でとらえどころのない…
素敵キャラです
王騎のマネをしてみたり、自分で天下の大将軍を名乗ったり
お茶目です
蒙武も全然似ておらぬ、とか言いながら最初驚いてたし、実は結構似てるのかとも思いました

臨武君は見せ場十分にあったので、もう次号でサヨナラでもいいですよねぇ(髪型とか大声とか金剛石(笑)とかしゃべり過ぎとか髪型…)
天下の大将軍、騰は僕らの期待を裏切らないと信じてます

No title

感想ページ読みました^^

騰の「私は元々強い」発言ですが、僕はプレッシャーというより、これからは「やっと自分を出せる・出していくぞ」という騰の意思の表れかな、と。

副官時代の騰があまり喋らなかったのは、自分の実力を自覚していればこそ、敬愛する殿のためにも2頭政治にならないよう、あえて自分を押しとどめていたのではないかと。。。

当時から、内心は蒙武ごときには負けないと思ってたでしょうから(笑)

個人的には、今後、楚軍と因縁ができた?騰軍に信が編入→騰将軍の「副官」に駆け上がる、みたいな展開見てみたい気もしますが。

生き残った干央軍長あたりがお目付け役で信を鍛え上げる、って感じで^^

 臨武君は天下の大将軍が瞬殺するとして、そろそろオルドをがっつりはめ殺す王翦見たいですね。
 武神さんはお頭に油かけられて火矢でいいです。

コメントありがとうございます! >鯉さま

本当に、独壇場の一言でした!!
常にぱっちりお目目の無表情、胸の内には熱い物を持っているのは間違いないと思いますが、王騎や王翦とはまた違った「掴みどころのない」感じが魅力でもありますよね。

> 蒙武も全然似ておらぬ、とか言いながら最初驚いてたし、実は結構似てるのかとも思いました

私も思いました(笑)
最初の、あの「ギョッ!」とした感じの顔は、間違いなく騙されてましたよね…と(笑)
王騎軍の副官には、モノマネスキルの高さも求められているのかも…!? 今は半ば騰の側近(?)状態となっている隆国さんも、その内ぱっちりおめめで騰のモノマネをするようになるのでしょうか(笑)

そして今週。
本当に、期待を裏切りませんでしたね。今回の活躍で、騰の名が各国に轟くかと思うと楽しみです。
……ドヤ顔して楚軍の活躍に期待していたであろう春申君は…ちょっと、涙目かも知れませんが(^^;)

コメントありがとうございました! >うえでん様

うえでん様、こんばんは!

> 騰の「私は元々強い」発言ですが、僕はプレッシャーというより、これからは「やっと自分を出せる・出していくぞ」という騰の意思の表れかな、と。

もう、本当に今週の話を見てしまったらDOGEZAものだと思いました(^^;)
王騎将軍が全幅の信頼を置く程の男に、プレッシャーなぞ皆無でしたね。

> 副官時代の騰があまり喋らなかったのは、自分の実力を自覚していればこそ、敬愛する殿のためにも2頭政治にならないよう、あえて自分を押しとどめていたのではないかと。。。

なるほど…!! そう考えれば、何故か傍からは「ハ! ○○です」と言うだけの簡単なお仕事…? と思われた騰の副官ぶりにも納得が行きますね。。
そして、王騎将軍という武将は、本来なら将軍として独り立ちしてもおかしくない実力の持ち主だった騰が、そこまでして「支えよう」と思う程魅せられた「天下の大将軍」だったのですね…。

干央軍長は、最初に飛信隊の名を高らかに知らしめてくれたり、信とも縁のある良いアニキですから、騰軍の下で鍛えられる信というのも確かに面白いかも知れません…!
今後も何かと仲良くして欲しい二人です。
本能型の才能に目覚めたので、ヒョウ公将軍を師として…というのも捨てがたいのですが…!!
…かれこれ何カ月も出番のない主人公の戦線ですが、ここで騰がしっかり魅せてくれた所で、ヒョウ公将軍の無事も祈りたいです(^^;)

コメントありがとうございます! >キートン様

……今週、見事に瞬ファルされましたね(合掌)
次は恐らく、順番として王翦の戦線に移動するかな…? と思っています。
王翦も、前回の山陽攻略翦では引きこもりで終わってしまいましたので、そろそろ実力の片鱗が見たいです。
壁さんは相変わらず王翦の下にいるのでしょうか…そこも気になります。

>  武神さんはお頭に油かけられて火矢でいいです。

ああ、それならば流石の武神も防げないかも…!?
しかしお頭、井闌車を焼き尽くすのに咸陽からかっぱらった油を使いはたしてしまった気もしますね。
どうせならホウ煖さんの分まで残しておいてくれれば…(ゴホゴホッ)
函谷関の方も、まだまだ韓将・成恢が残っていますし、今回の合従軍編は本当に色々と気になる戦場が多くて、多元中継して欲しい…! と思ってしまいます。

拍手コメントレスです>akaさま

こんばんは!
まさに、待機した甲斐あって、読者の心に大炎を巻き起こしてくれましたね!!
蒙武将軍、よくよく考えると王騎将軍との約束を破って深追い⇒結果、ある意味王騎将軍が討たれる遠因ともなってしまった人なので、騰も内心色々あるのでは…なんてつい思ってしまいますが、このクラスの人は、そんな事はイチイチ根には持たない…のでしょうか(ただ、王騎のモノマネを敢えてしたのは、若干根に持ってたりしたから? とも勘繰ってしまいました^^;)
なんだかんだで真面目な蒙武将軍と、茶目ッ気たっぷりな騰将軍というのも、面白いコンビだな、と思います。
またこの二人のやり取りは見てみたいですね。

akaさまも、お体に気を付けてお過ごし下さいませ。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR