本日のサイト更新情報(4/29)

 こんばんは、星野です。いよいよGWに入りましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。良い連休になりますように…!
 しかし連休と言えば、矢張り来るのは「合併号」。
 そして恐怖の合併号+休載のマジックコンボ。今週の「キングダム」の展開で三週間待機はキツイ……(苦笑)

 さて、そんな私はお休みの機会にと、ずっと以前に録画したっきり見ていなかった「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見てみました。…色々と突っ込みたい事がありますので(苦笑)、続きからでちょっと語りたいと思います。
 まずは本日の更新情報から。
・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第296話「第二軍動く」のレビューをアップ。
 蒙武将軍&来輝さんの「ビキィ」コンタクトとカ燐将軍の「ひとそえのかわいらしさ」に戦慄した(笑)回でした。

・「童実野ウォーカー」別館の
 -「神代凌牙君の人生の軌跡」&「観察日記」をアップ。

 シャークさん、やっぱりイラッとして来た…(苦笑)しかし彼のデュエリストナンバー(4696581)を見るに、遊戯王世界のデュエリストって一体何人いるのでしょう(^^;)

 本日の更新は、以上です。
 それでは、初めましての方も常連の皆様も、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。

 続いて、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の感想をちょこっと語りたいと思います。
 まず、相当大きな改変がされてるなぁ…と感じたのは、ヒロイン・森雪佐渡先生
 そして敵側ではガミラスとイスカンダルの設定。デスラー総統もアレでしたが、スターシャ女王に至っては…(泣)
 
 雪さんってあんな凄腕の戦闘機パイロットだったっけ…? 看護師さん的なアレじゃなかったっけ…??
 あの、戦闘とかは直接しないけど、縁の下の力持ち的な感じで皆を支えてる母性的な感じが良かったのに……。ううん。…それじゃ目立たないから…? 主要キャラや世界観、ストーリーに関わるような改変は基本的に好きではないので、ちょっとこれは、微妙でした。…いや、普通にかっこよかったですけどね…。美人でしたし。
 それと、佐渡先生。
 …アレ…? 不細工で太っていて身長が低い…典型的な、松本零士作品の男性キャラの95%位を占めている容姿じゃなかったでしたっけ?
 なんでこんな美人な女医さんに…!? どういう…事だ…!?
 ただ、佐渡先生の愛猫&酒好き&一升瓶のセットは頑張ってたな…と思いますので、こちらは許せました(笑)
 猫…可愛過ぎるぜ、猫…!!

 そして「宇宙戦艦ヤマト」と言えば、何となく番組のポスター等でも描かれているのが多いせいか、イスカンダルの女王・スターシャは結構重要だと思っているんですよ。
 なのに、名前さえ出て来なかったのが切ない……(涙)
 あの、果てなく続く宇宙、星々の輝きの中を往く戦艦・ヤマト。その背景に、彼らの到着を慈愛に満ちた眼差しで待つ、儚くも美しい女王・スターシャ。
 この構図が好きなのに…!!! そりゃ、登場した出番なんて殆ど無きに等しい位少ない人ではありますが。
 …なんかこれが、残念でなりません……。
 
 そもそも、ガミラスとイスカンダルの設定そのものが随分違ってましたよね。
 ガイラスとイスカンダルは、コインの表と裏のような関係で、既に星は滅び、意識体みたいな存在になっているけれど、自らの滅びを受け入れない「ガミラス」の面は地球を自分達に住みやすく改造する事で生き延びようとし、滅びを受け入れようとする「イスカンダル」の面を、小さな惑星の奥深くに封印してしまった。「イスカンダル」の面には放射能を除去する力がある為、彼(彼女?)らを連れ帰れば地球の放射能を除去する事が可能…。
 確かに原作でもガミラスとイスカンダルは双子星であり、どちらか一方の滅亡はもう片方の滅亡も意味していた…という設定があったと思いますので、そこと上手く絡めたのかな…とは思ったのですが。
 魅力的な敵役であるデスラーや、麗しい女王スターシャさんがこういう形で大きく姿を変えてしまったのは、正直残念でした。

 ただ、沖田艦長の涙の名台詞「…地球か…何もかも、………懐かしい…」これがバッチリ再現されていたのは嬉しかった……!! ここだけは、凄く良かったなぁと。

 ところが。
 ラストのアレは、正直、蛇足も蛇足…というか、あんなん要らねーだろ!!! の一言でした。

 宇宙戦艦ヤマトって、ちょこっと劇場版を見ただけではありますが、あれって決して「悲壮な特攻」の物語ではなく、「生きて帰る」事も一つのテーマだと思うんです。
 主題歌でも「必ずここへ 帰って来ると 手を振る人に 笑顔で答え」って歌詞があります。
 あれは、確かに悲壮な戦いに赴くけれど、それでも「放射能除去装置」を持って、必ず「生きて帰る」事が目的の旅でもあるって事を物語ってると思うので、好きな部分なんです。
 単にガミラスを倒す、だけなら必ずしも「生きて帰る」はテーマじゃないかも知れません。
 けれど、彼らには持ち帰るべきものがあり、帰りを待つ人達があり、それぞれに守りたい何かがある。
 だからこそ、ラストは昔の最初の劇場版と同じように、「ヤマトで」、「生き残った皆と一緒に」地球へ帰るラストで良かったと思うんですよ。
 アニメ版も劇場版は色々出てますし、結構鬱なラストになるのもあったみたいですが……。(^^;)

 それが、デスラー(ガミラス)の最期の足掻き→「地球も道連れだーフハハハハー! 悔しいでしょうねえ」→「波動砲は使えません!(注:イスカンダル到着時の戦闘で、砲口を塞がれている為)使えばヤマトは木端微塵です!」→古代艦長代理「俺が残る。総員待避」→皆を脱出させ、最後の波動砲の輝きで地球を道連れにしようとするガミラス艦を撃破→地球は救われ、緑の大地に雪が子供と戯れる→エンディングへ。
 とか。……えええええー…って感じで……。('・ω・`)
 え、あの、真田技師長や斎藤さん達の犠牲の意味は!?(汗)
 別に、ここまでしなくてもいいじゃん…というのが正直な所です。
 そして総員待避の時、古代君&森雪さんの別れの間ずっと外で待っててくれた島航海班班長は、マジ男前だと思いました(笑)

 あと、EDは色々大人の事情もあったのかも知れませんが、やっぱり>「宇宙戦艦ヤマト」にして欲しかった…。
(BGMではしっかり要所要所で使われていて、感動させてくれましたが)

 ただ、ヤマト発進! のシーンや戦闘シーン、波動砲発射の辺りは、結構気合入ってておおお!! と思いました。正直、実写版で一番心配していた所だったので…(^^;)思った以上に迫力あって、ここは胸が熱かった!! そして皆さん熱演で、「ヤマト」への愛が感じられました。しかしキムタクの演じる古代進は、ちょっとイケメン過ぎますね(^^;)

 以上、ちょっと語ってみました。…ほんとに大分、今更な話題ですが(笑)
 しかし、ヤマト好きな皆様にはこの映画、どうだったんだろうなー…と、気になる所です(^^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ポッ///

なんだか最近凄いことになってるかりんさんですが・・・
ここに来てまさかの女らしさアピールwww戦象さんよりも恐ろしry:(;゙゚'ω゚'):

しかし騰は博識ですね~。あの時代象さんは珍しいでしょうに( ´・ω・)
しかし一般兵は存在も知らないだろうし、ましてや戦場に持ち込まれるのは騰も考えていなかったはず。
あれは手強そうですね。数も大きく負けてるし苦しい戦いになりそうです(´・ω・`)

蒙武はなんだかんだ、乱戦から最終的には自分が突撃してぶち抜く展開に持っていきたいのだと思います(*´ω`)
やっぱ彼の一番の強みはそれですからねww

そして三週間の待機・・・長すぎる(´;lω;`)

No title

いやぁ、今週も何気に見どころ満載(笑)

蒙武さん、思いもよらじの「高等戦術」で周辺を驚かせてますが、ここで「ビキィ」コンタクトって^^;

ほんとに練り込んだ策なのか、しんがり来輝さんで大丈夫なのか、不安を感じたのは僕だけでしょうか^^;?

そして、カ燐女王様まさかの「ポッ」

この後
・大激戦の末、騰に敗戦⇒騰の強さに「ポッ」
ってな展開期待してしまったのも、僕だけ^^;?(笑)

うーん、ほんとこの先の展開どうなるか、楽しみですね!なのに3週間待機とは(泣)・・・って、え?次号は5月10日、2週間の待機ですよね??

P.S.戦像さん、時代的には、ハンニバルが戦像引き連れたアルプス越えでローマを攻めた第二次ポエニ戦争の少し前くらいですかね。三国志の頃には戦像の記載あるみたいですが、さて、この時代の楚にほんとにいたのでしょうか。。。

じィ

更新お疲れ様です。

「失礼ですが本当にあれは蒙武様ですか?」
「ハハ じィ 本当に失礼」
蒙恬&じィ最高(笑)

かませ三人衆は今週もしっかり名前を記載されての紹介という
いかにも「名前がまだ浸透してないよね」っていう扱いです。
本当に色々残念な方々です。

カ燐軍は戦象部隊ですか…あの時代の中国ではまさに珍獣ですね。
象のパワー&頭上からの弓矢のコンボは手強そうです。
でも録鳴未&干央はいまいち死兆星が輝く気がしないのは
私だけでしょうか…何故か今後もしぶとくレギュラーな気が。

副官・バミュウは…もうオギコのライバルにしか見えない…(笑)

Re: ポッ///

螢一さま、こんばんは!
…ええ、私もあの「ポッ//」は、戦象さんより怖かっ…(ぼはァッ)

やっぱり、象が戦にまで投入…って、珍しい事ですよね。
しかも、初見なら間違いなくあんなのが迫って来たら兵士達は混乱するでしょうし…。
ここでクールに対策してみせたら凄いですが、流石に騰一人しか知らないような感じでは厳しいですよね。だからこそ、この状況で騰が打つ必殺の一手に注目ですね。

> 蒙武はなんだかんだ、乱戦から最終的には自分が突撃してぶち抜く展開に持っていきたいのだと思います(*´ω`)
> やっぱ彼の一番の強みはそれですからねww

やっぱり最終的にはそれでしょうか…(^^;)
私も蒙武の最大の強みはそこだと思いますし、斜陣がけも結局はその「強み」を最大限に活かす為の準備みたいなものなのでしょうね。流石にこの戦力差では闇雲に突撃しても削られてしまうだけですし…。
しかし昌平君が言っていた通り、どうはら本当に「最も多く血が流れる」戦場になりそうですね。目が離せない展開なのに、三週間の待機は厳しいです(泣)

コメントありがとうございました! >うえでん様

うえでん様、こんばんは。(^^)

> ほんとに練り込んだ策なのか、しんがり来輝さんで大丈夫なのか、不安を感じたのは僕だけでしょうか^^;?

考えてみれば、そもそも来輝さんの実力自体が不明ですしね…。
ここは貝満さん曰く「右端が最も強い」をしっかり証明する「主攻」を任された実力をしっかり見せて欲しいです。

> この後
> ・大激戦の末、騰に敗戦⇒騰の強さに「ポッ」
> ってな展開期待してしまったのも、僕だけ^^;?(笑)

そ、そんな超展開が……あっても良いかも知れません(笑)
カリン様、ああ見えて意外と乙女心も持ち合わせてそう(?)ですし…。何しろ「ひとそえのかわいらしさ」を大事にするお人ですから。

> うーん、ほんとこの先の展開どうなるか、楽しみですね!なのに3週間待機とは(泣)・・・って、え?次号は5月10日、2週間の待機ですよね??

………ウソみたいだろ…? 三週間の待機なんだぜ…?
と、タッチの達也君の口調で思わず……(泣)
「次回、休載。次回いは5/17発売号で」……と、予告に………。

戦象さん、実際に使われていたのですね。
象を連れてアルプス越えって…それが正直びっくりなのですが…どうやってやったのでしょう。
三国志でも出て来るのですか。しかしこの時代に、あれだけの量を「ひとそえのかわいらしさ」で出して来たカ燐女王様、流石の一言です(笑)
騰がどんな対応をするか、ちょっと楽しみです。

Re: じィ

ふぃる様、こんばんは。

> 「失礼ですが本当にあれは蒙武様ですか?」
> 「ハハ じィ 本当に失礼」
> 蒙恬&じィ最高(笑)

今はもう戦の最中なのだという緊張感を忘れさせてくれる和みの一コマですよね(笑)

> かませ三人衆は今週もしっかり名前を記載されての紹介という
> いかにも「名前がまだ浸透してないよね」っていう扱いです。
> 本当に色々残念な方々です。

しかし、正直毎週やって頂けると助かります…ちゃんと名前を紹介して貰わないと、未だに誰が誰だか……。。
残念が服を着て歩いているような三人組ですが、せめて「我々に戦術勝負を挑む気か!」などと自信満々に言えるくらいの知略は…と思いますが、今週号を見る限り、それもあまり期待出来そうにありませんね(^^;)

> 象のパワー&頭上からの弓矢のコンボは手強そうです。
> でも録鳴未&干央はいまいち死兆星が輝く気がしないのは
> 私だけでしょうか…何故か今後もしぶとくレギュラーな気が。

大丈夫でしょうかね…。。輝いてないと私も信じたいですが、いきなりあんなのが来たら、そもそも兵たちも馬も驚いてまともな戦闘にならない気がします。
でも、死闘が大好きな干央さん&あの臨武君戦を生き残った録鳴未さんです。このまま象部隊にやられる…では哀し過ぎますし、ここは騰が何とかしてくれる&二人も何とか持ち堪えると信じてみようと思います…!
二人とも、今後もしぶとくレギュラー化を希望です。。

両翼(脇役?)

いつも更新ありがとうございます♪
3週間はなかなか堪えますね↓↓

両サイドの壁さんと来輝将軍が奮闘することで真ん中を蒙武将軍がぶち抜きやすくなるはず!

楚軍はすでに両方に五千ずつ援軍を出してますし…

それにしても…
今回も壁さんは超重要な『脇役』のポジションをがっちりキープで終わってしまうのか(涙)

せめてかませ三人組の一人くらい討ち取って欲しいです。
矛の切れ良し!

次の更新も楽しみにしています!

No title

ビキィ、は笑いましたね
でも来輝さん頑張ってほしいです。援軍送られてますしね。
蒙武無双はいつ来るのか…中華最強の実力、早く見たいですね
象さんの攻略もどうなるのか…気になりますが、ここで3週間待機とか原先生、ドS過ぎます…
まだ、あと2週間…待機じゃぁ…

拍手コメントレスです>akaさま

こんばんは、拍手コメントありがとうございました!
可愛い目をして踏みつぶす気満々、な象さんにはもはや戦慄の一言しか……(汗)
戦場の中でも最も「男くさい」と言える蒙武さんを前にした時、カ燐さんがどんな反応するかは見物です(もしかしたら、騰が何とかしてしまうかも知れませんが)
あのお方、実は意外と未だに男を知らない的な、極度な男嫌いだったりするかもなぁ…なんて思ってもみたり。乳を強調するような衣装を着てたり身長を気にしてたりと女っぽい所も出しているので、寧ろそっちの戦も天才だったりするかも知れませんが…なかなか味わいのある方です。

私も、女には男には無い「怖さ」があるなぁと思います…場合によっては男より「怖い」と言えるかも知れませんよ(笑)太后様もやっぱり「女の怖さ」全開の御仁でしたし…(^^;)

それでは!
aka様も、お体ご自愛して良いGWをお過ごしくださいませ。

Re: 両翼(脇役?)

さきと様、こんばんは! コメントありがとうございます。
三週間の待機は辛いですよね……。。

> 両サイドの壁さんと来輝将軍が奮闘することで真ん中を蒙武将軍がぶち抜きやすくなるはず!
> 楚軍はすでに両方に五千ずつ援軍を出してますし…

そうですね、この二人が頑張れば、それだけ中央が薄くなる→蒙武さん中央突破がしやすくなる、って感じですよね。頑張って欲しいです…!!

> せめてかませ三人組の一人くらい討ち取って欲しいです。
> 矛の切れ良し!

そうなんです、やっぱりあの軍師が三人いるのは、王賁、蒙恬、壁さんと仲良く手柄を山分け出来るようにする為…と信じておりますので!(笑)矛術のキレもしっかり魅せて欲しいですよね。

コメントありがとうございました>鯉さま

ビキィ、はほんとに笑わせて貰いました(笑)
もう一人の副官・丁之さんも、やっぱりビキィコンタクトが可能なのでしょうか…。

> 蒙武無双はいつ来るのか…中華最強の実力、早く見たいですね
> 象さんの攻略もどうなるのか…気になりますが、ここで3週間待機とか原先生、ドS過ぎます…
> まだ、あと2週間…待機じゃぁ…

今の展開で、長い待機は辛いですよね…。ちょっと前線の様子を見に行きたいです(^^;)
三週間待つ分、騰には象さんを鮮やかに撃破&蒙武無双開始、くらいのスカッ!!! とする展開が欲しいです。
あと二週間、頑張って待機しましょう(^^;)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR