スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイト更新情報(8/12)

こんばんは、星野です。
世間はお盆休みの時期に突入でしょうか。…この時期は、いつもより少し通勤電車が空くので若干嬉しいですが、一足早い夏休みを取ってしまった自分が少し切ないです。(特に、いかにも「旅行に行きまーす♪」と言う感じで大きい荷物を持っている人達を見ると、余計に切ない気持になります)

そんなこんなで、本日の更新情報です。
・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第308話「カ燐軍の突撃」のレビューをアップ。
 少し楚軍相手に後手になりすぎな感じなので…ちょっと頑張って欲しいですね。

本日の更新は、以上です。
そして、Webで見たら意外と面白い感じになっている「ロンジコーン」について、少し続きからで語ってみたいと思います。
■ロンジコーン
 ぶっちゃけますと、最初の第一話時点で読み飛ばしていた作品でした。
 美容師目指すって設定の主人公が、何で毛刈り隊やってんの…? という不快感がどうしても拭えず。美容院に入ってからは業界の蘊蓄話も面白いと思うので、最初の展開をあそこまでおかしくしなくても良かったのに…と少し勿体ない感じがします。
 何となく、Webに入る前のシノ君のシャンプーテストの行方だけ気になっていたので見てみたんですが…。
 なんかこう、シノ君は凄く気持ちは分かるだけに放っておけない感じがしますね。
 取り敢えず彼のエピソードを通して、あすなろも何かを学び取って行くことになりそうなのでもう少し見守っていきたいと思います。

 同期でシャンプーテストの為の練習に付き合ってくれていた子とも喧嘩になってしまい、以降はウィッグを使ってひたすらシャンプーの練習をしていたシノ。
 それを見ていたあすなろが、最初馬鹿にしていたけれど必死に練習する姿を見てすぐにそんな自分に拳を入れるシーンには少しうんうんと頷きました。…君は人を馬鹿に出来るような立場じゃねーよ…。
 ブロッキングとかも凄く参考になりました。…コーミングが大事なんですね。うん、今度自分の髪でやる時試してみよう…(^^;)
 あすなろが言っていましたが、彼は人にものを教える時とかは実にすらすらと分かりやすく良く喋りますし、実際技術的なモノはしっかりしっているのでしょうね。
 にも関わらず、シャンプーテストには受からない。
 そして今回も、なんか色々回想シーン入りましたが、結果はやはり「不合格」。(そう言えば、彼は結局「どんな美容師」になりたいんでしょうね。あの回想に出て来た美容師が何か関係しているのでしょうけど)
 最初から最後まで、見た感じ殆ど完璧にやれていた筈。
 シャワーの水温とかその辺に至るまでしっかりこなしていたのに「不合格」。
 先輩美容師が「シャンプーテストは、美容師に必要なものが問われる試験だ」みたいな事を言っていたので、それが何かしらの鍵になるのでしょう。
 一方、あすなろは相変わらず厳しい言葉を浴びせる花井先輩に対して食ってかかります。
「シノのシャンプーの何が悪いんだ」と。
 毎日朝5時から、ウィッグを使って一生懸命練習していたのも知っている。一生懸命努力もしていた。そこはバカにしてはいけないと思う。
 …花井先輩はそんなあすなろには答えず、シノに対してこう言います。
「今、あすなろが言った事は、本来なら真っ先にお前が聞いて来る事じゃないのか」
 ――と。
 まあ、ここまでやっといて、実は花井先輩がシノが気に入らないから嫌がらせでシャンプーテストを落としまくってただけでした、とかいうオチだったらもう笑う他ありませんが(苦笑)、それは無さそうですね。
 教えて貰えるのが当たり前だとでも思っているのか、その程度だから駄目なんだ、とキツい言い方をする人ですが、ただ正直、これは全くその通りだなー…と。
 毎日、お客さんの好みの話題とかそういうのをちゃんとメモ帳に残していたり、
 毎朝5時にシャンプーの練習をしていたり、
 凄く頑張っているのは間違いないですし、その努力は本物でしょう。
 ただ、これは「仕事」であって趣味でやってる事とは違います。仕事である以上そこにはお金が発生しますし、それに見合うだけの結果は要求されます。
 その為に必要なら努力するのは当たり前。あすなろの気持ちは分かりますが、そこはちょっと「甘えるな」の一言だなぁ…と。皆そうやって頑張った結果、一人前の仕事が出来るようになってるんだと思いますので。
 なんかこう、私が新人の頃に職場で教わった事をフッと思い出しました。
「真面目に一生懸命やるっていうのは大事だけど、仕事である以上、納期や結果を求められるのは当たり前だからね」と。
 そう考えた時、彼の「努力」は本当の意味で「ちゃんと結果を出せる(=お客さんの満足に結び付く)」努力なのかなぁ…と疑問に思います。
 作中でも触れていましたが「美容師の仕事は技術ばかり見られがちだけど、接客業でもある以上、接客も大事」。人を相手にする仕事っていうのは、どれだけ相手に「気持ち良くなって貰えるか」は大事な所ですよね。
 シノの場合、シャワーの水温まで細かくチェックしたり、確かに見た目はしっかりやれているように見えても、相手をするのはウィッグではなく生身の人なんだという事がちょっと抜け落ちている気がしてなりません。
 だから、「完璧にやろう」と言う事に意識が行き過ぎて、肝心の「相手が気持良いか」という部分が抜けてしまっているのかなぁ…と。その辺が、彼が落ちてしまう理由なのかも知れないと思いました。
 教科書通りの事はキッチリやれていても、人によって「気持ち良く感じる力加減」は違うのでは…? と思いますし。テスト中、彼がシャンプーではお約束の「おかゆい所はないですか?」とか「力加減は如何ですか?」とか「すすぎ足りない所はありませんか?」とかその手の質問を一切していないのが、少し気になりましたが、その辺も関係しているのかも…?
 どうでもいいですが「シャンプー一回に1000円は今の時代、『安い』とは思われない」という台詞は凄く共感しました(笑)私も最初、美容院でシャンプーの値段を知ってびっくりした覚えがあります。
「え? そんなにするの??」と。(大体、どこも1000円前後ですね)
 しかしそれでも、何故かプラス1000円してでも頼んでしまうシャンプー。
 その理由は、勿論「気持ち良いから」です。…うん、なんかここは凄い説得力あるなーと思いました。

 ただ、「技術90%、接客10%の美容師さんより、技術30%、接客70%の美容師さんの方が売れる」というのは若干同意出来ませんね…。
 あまりに高飛車な態度とかならそれは問題ですが、正直、元々「雑談とか別に要らない派」な私としては、黙々と手を動かして必要最低限の事しか言わない(それこそ、「薬付けまーす」とか「シャンプー台で流しますねー」とかそういう、「今何をやってます」レベルの話)感じの方が寧ろ嬉しいので、必要最低限の社会人としての礼儀が出来ていれば十分。作中で言われているように、そもそも美容院に行くって、その時点で決して安い出費ではありません。なので、とにかくしっかり満足いく仕上がりにして欲しいので、技術90%の方が嬉しいのですが…少数派なんですかねえ(^^;)
 理想は、喋って欲しいお客さん相手には普通に話相手になり、私みたく黙ってやって欲しそうな客には黙ってやってくれる、みたいな感じでお客さんによって切り分けられる感じなんでしょうけど…それも難しい話ですしね。
 接客業はホントに難しいと感じました。
 そしてこんな話を読んでいたら、美容院にシャンプーだけして貰いに行きたくなりました(笑)

 Web連載ってどんな感じなのかなーと思いながら読んでみたら意外と面白かった「ロンジコーン」。
 もうちょっと見守ってみたいと思います。
 田舎のおっ母さんの為にも、頑張ってシャンプーテスト受かるんだぞ、シノ君……。
 そして、あの花井先輩がデレる所を私に見せてくれ…!! (笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

軍長が生きてて良かった(*´ω`)

やはりあの二人は強い・・・(・∀・)
軍長の生存はかなり大きいですからね。これで若手二人にも多少余裕が生まれます。

騰隊は千しかいなかったんですねえ。五千の軍に普通に当たって押してるあたりさすがと言うかw
項翼君もタイマンの愚行を避けてかなり粘ってますね。
歯車が徐々に狂っていくような、嫌な感じのする戦線です(;´Д`)


しかしカリンが戦場を離れるなら騰軍は逆に安定ですよね( ´・ω・)
一番厄介な奴が勝手にどっか行くんですから。
しかもあそこから気づかれずに大軍を動かすことは無理なはず・・・象さん目くらましも二度は通じないと思われるし。
寡兵で蒙武の戦場に行っても戦況は大して変わらんし。どうする気なんだろう。お頭みたいにメタルギアできる状況とも思えないですし。
騰軍を打ち崩さずにどうやって移動する気なのか?といったところで。



まあ蒙武のところに行ったら行ったで別に・・・w
騰はハゲ戦でかなり暴れたので、そろそろ蒙武さんに爆発して欲しいですね。
それこそ王翦ばりの圧倒で、かつ蒙武らしい豪快な戦で!

拍手コメントありがとうございました>akaさま

こんにちは! お盆が終わったものの、まだまだ暑さが続きますね…。
軍長達参上! のシーンは本当に燃えました…! 流石は録鳴未&干央軍長です。
ロンジコーンは本格的に美容師目指す話になってからは、意外と面白いなぁと。シノ君には、本当に今の試練を乗り越えて欲しいですよね。
美容師さんと仲良くなれるの、羨ましいです…! 私の場合、いいなと思っていたので次に指名する→「すみません、もう別のお店に行ってしまいまして…」というパターンが多く、一期一会の出会いなので仲良くなる時間すらありません(苦笑)なので、決まったお店に行くよりも、より安く&より満足するサービスを求めて美容院を色々と渡り歩くようになってしまいました。そろそろ行きつけの場所を決めたいのですが、難しい所です……。(^^;)

まだまだ暑い日々が続きますので、お体ご自愛してお過ごし下さいませ。

Re: 軍長が生きてて良かった(*´ω`)

螢一さま、こんばんは…!!
やっぱり強いですよね。あの二人がカ燐軍の後ろから突撃したシーンは熱くなりました…!!!

> 騰隊は千しかいなかったんですねえ。五千の軍に普通に当たって押してるあたりさすがと言うかw
> 項翼君もタイマンの愚行を避けてかなり粘ってますね。
> 歯車が徐々に狂っていくような、嫌な感じのする戦線です(;´Д`)

そうなんですよね、確か5000の軍で囲ってボコる筈だったのに…何故かボコられている感じになっているのが何とも(^^;)
しかし、カ燐様にやりたい放題されている感じが否めないので、現在色々と心配な戦線ですね。
蒙恬の部隊も疲弊してきていますし、王賁の部隊もそれ程余裕は無いと思いますので、ここからどう戦局を変えて行くか、ここは「王騎将軍を支えて来た男」の凄さに期待したいです。

> まあ蒙武のところに行ったら行ったで別に・・・w
> 騰はハゲ戦でかなり暴れたので、そろそろ蒙武さんに爆発して欲しいですね。
> それこそ王翦ばりの圧倒で、かつ蒙武らしい豪快な戦で!

はい、蒙武将軍にもそろそろ魅せ場が欲しいですね。
斜陣駆けという高等戦術も披露してくれましたが、やっぱり圧倒的な「武」の方もしっかり見せて欲しいです。突然現れた第二軍の将軍にどう反応するかが楽しみです♪ 先週は単行本&ガイドブックがあったから随分マシだったものの、次号が待ち遠しいですね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。