サイト更新情報(10/20)

 こんばんは、星野です。
 キンモクセイの匂いが漂う季節となりました。この匂いがすると「秋だなあ…」って感じがします。
 流石に夏服は仕舞って、そろそろ秋の服に衣替えです。

 さて、本日の更新情報です。
・「我的王国感想日記」に、第317話「函谷関の裏」のレビューをアップ。
⇒絶頂のカ燐様ですが…。きっと、今がピークなんでしょうね…人生の…。せめて今位は高笑いさせてあげても良いかも知れません。後でどんな顔芸が待っているかと思うと、来週の展開が楽しみでなりません。

・「童実野ウォーカー」別館に、「ナンバーズ75」のレビューをアップ。
シャークさん男前過ぎだあああああ!! カイトとのナイス連携と言い、兄ちゃん二人が今週はバッチリ魅せてくれました。ただ、次回予告を見る限り、また暫く日常編っぽいのでここで魅せてくれた二人は暫く潜っちゃいそうですね。……シャークさん欠乏症になった時はこの75話を見返して凌ごうと思います。

 今回の更新は、以上です。
 それでは、初めましての方も常連の皆さまも、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに大きいけど。。。

こんにちは、更新お疲れ様です。

全てが大きい(wカ燐様の策により、士気上昇から一転最大の窮地に
立たされた秦国門函谷関。
楚はカ燐様以外はホント株価が絶賛大暴落中ですね。

臨武君→武を誇るが騰に歯が立たず真っ向から力を受け止められてファルファル死。
汗明→中華最強を謳いながら蒙武に力負けし真向から頭部粉砕。
春申君→ちゃぶ台返し炸裂。

特に春申君の小物っぷりがやばい気が…ホントに中華一の大物なの?っていう。
春申君はホントに昌平君の山陽攻略の真意を見抜いていたのか?と
疑いたくなります。「中華で見抜いていたのは俺と李牧くらいだろう」
なんて偉そうに語っていましたけど。
李牧も側で春申君の醜態を見て楚を見る目が多少変わるでしょうね。

さて、函谷関裏門を封鎖していた大岩をどけにかかる楚軍。
そこに現れたのは…予想が多かった王翦っ!!
しかも自ら精鋭部隊と思われる兵を率いての登場です。
王翦軍は数万の兵がいるはずなので燕軍を砦に封じ込める兵を
除いても十分この場を何とか出来るだけの兵数なはずです。
これは最後に王翦が美味しいところをかっさらっていきそう?

今後の展開としては白老が表側の魏・韓軍を函谷関前から追い払う。
お頭は函谷関上の魏・韓軍を王翦軍と挟み撃ちで殲滅って感じ?
少なくても函谷関裏の魏・楚軍はもう逃げ場が無いような。
李牧もカ燐様の策に驚いてましたし、現状打破の手はもってなさそう。
燕軍はそもそも王翦軍がどこにいるか分からず、主戦力8千は全滅したし
砦からは出たくても出られない状態だと思います。
王翦軍が函谷関で戦ってるって知った時にはもう戦が終わってそう…。
オルドも猪武者ではないですし楚軍の敗北とかを知ったら
もう無理をせずに国に退却するのを考えても不思議じゃないかな、と。

となるとあと大きな動きが残るのはヒョウ公&信VS趙軍の戦場のみでしょうか。
我武神の動きだけが気がかりです…頼むからヒョウ公将軍に刃を
振り下ろさないで欲しいのですが……あぁ心配(汗)
王騎亡き今、ヒョウ公将軍程味のある武将はいないので
頼むから退場という展開だけはやめてほしいと切に願います。
本能型の先輩武将としてまだまだ信はヒョウ公将軍から学ぶことが
たくさんあるはずですし…武神さん空気を読んでくださいませ~。

ではでは。

No title

こんにちは
得意絶頂のカリン様。
来週は顔芸どころかお命も心配。
精鋭五千が抜けた陣で頭大爆発の
ファルファル無双を止められるのか。

ちょっと心配なのが白老爺さん
いまのところいいところないけど
門を抑えていた岩のかわりとなりそうそうな予感が・・・

Re: 確かに大きいけど。。。

ふぃる様、こんばんは。

> 楚はカ燐様以外はホント株価が絶賛大暴落中ですね。

そのカ燐様の株も、もうすぐきっと絶賛大暴落するのでしょうね……。
うっかり買っちゃった人は、大暴落が確定しない今の内に売りに出しとくのが良いかも(笑)

> 臨武君→武を誇るが騰に歯が立たず真っ向から力を受け止められてファルファル死。
> 汗明→中華最強を謳いながら蒙武に力負けし真向から頭部粉砕。
> 春申君→ちゃぶ台返し炸裂。

こうして並べると、清々しい程の小物っぷりですね(^^;)
特に一番下の人。「現在、中華で一番の大物?」…誰でしたっけ? と聞き返したくなります。
正直、机だの椅子だの蹴飛ばした時点で、李牧も内心半分以上見限ってるんじゃ…と思いたくなります。「敗戦の地で~」みたいな、結構キッツイ言い方するようになりましたし。

今後の展開は色々考えると楽しいですね。
王翦の事ですから、背後を燕に突かれるようなリスクが残っている状態で函谷関に駆け付けるとは考えにくいので、恐らく何かしらの手は打ってあると思います。燕についてはまず考えなくても良さそうですね。幾らなんでも、「実は李牧も函谷関に我武神率いる精鋭兵をひっそり向かわせていて突入のタイミングを計っていた…(カイネを呼んだのは突入の合図を出させる為)」なんて展開は無いと思いますので、そうなれば函谷関裏手の魏・楚軍も壊滅させられるのは明らかです。
もうそろそろ燕も他の国も、上手い事被害を最小限に抑えて帰る手立てを考えておいた方が良いんじゃ…と思いたくなりますね。

後は、矢張り趙の戦場。…我武神がヒョウ公将軍と刃を交える事が心配です。
私もヒョウ公将軍大好きですし、もうちょっとヒョウ公将軍と信のやり取りも見たいので、まだまだ戦場で活躍して欲しいのです。
もう、楚軍の汗明がやられた時点で8割方位勝負は付いてる気がしますし…今回は武神さんは自重して欲しいですね。来ないなら、それはそれでもう…って気持ちになりつつあります(苦笑)

コメントありがとうございます! >KEIさま

こんばんは。…そう言えば、安全地帯に兵を引いたとは言え、別に騰がこのまま攻めて来ないとは限らないんでしたね…。
「精鋭隊五千が壊滅のお知らせ」と共に、騰のファルファルが来る可能性もあるのでした。
確かに、お命も心配ですね。

> 門を抑えていた岩のかわりとなりそうそうな予感が・・・

いやいやいやいやいや、流石にそれは……! それはない…と思いたいのですが…。
今回「何が老将の重みか…」なんて言ってましたので、「若者に次を託すぞ!」と捨て身で…って展開も若干ありそうで心配ではあります。
今回、蒙武は汗明軍を倒しましたが重傷を負ってますし、孫の蒙恬も大怪我してしまいましたし、せめておじいちゃんは無事でいて欲しいですが…どうなるのでしょうね。まさか、手甲の罅は蒙恬の事ではなく、自分の事を暗示していた、なんてオチは無いと思いたいです。

オルドさんどうしたんだろう・・・

死んだのかな?(´・ω・`)←

開戦当初7万対12万で実はさりげなくかなりの兵力差で、主力が葬られたとはいえ人数はまだ揃ってるはずなんですがね(´・ω・)

・すでに叩き潰された
・王翦が怖くて出られない
・包囲されてる
・勝ち目無いしどこの戦場もアレっぽいので実家に帰った
・スカウトされた

辺りでしょうかねえ(。´-ω・)
いずれにしてもなんか笑える結末になってそうな気がします・・・w

こんにちは☆

更新お疲れ様です^^

カ燐様、いいところまで行ったんですが(笑)
同じく策士の李牧が常に徹底的に敵将を分してたのに対し、カ燐様の敗因は策は一流でも相手の情報法収集が足りなかったってことでしょうか。

しかし、以前に臨武君が「無駄を嫌う我らの宰相がわざわざ俺達をここに送ったのには理由がある」などと白麗と話してましたが、今や天下の小者・春申君は秦の何を見て何を情報収集してたんだか^^;

さて、ここにきてまさか王翦が敗れる!?とかって展開は無いでしょうから(笑)次回はいかに王翦が本領を発揮するのか?王翦の武も見てみたいですよね。

その後の王翦への評価は
白老じいちゃん:「もうワシ等の時代は終わった」→引退
昌文君:「奴はいったい何者だ?」
昌平君:「有能だが、危険すぎる」
みたいな感じでしょうか?

先の蒙武、お頭の活躍と言い、今回の戦では「新旧交代」が秦の裏テーマ―になりつつある雰囲気。となると、ますますヒョウ公将軍の戦場が心配です(><

Re: オルドさんどうしたんだろう・・・

螢一さま、こんばんは!
……どうしたのでしょうね……ほんとに(^^;)
開戦したばかりの頃はあんなにイイ笑顔で楽しそうだったのに。。

> ・すでに叩き潰された
> ・王翦が怖くて出られない
> ・包囲されてる
> ・勝ち目無いしどこの戦場もアレっぽいので実家に帰った
> ・スカウトされた

オルドさん的にマシなのは、下二つでしょうか……。
ただ、スカウトしに来た人を一度ぶった斬ってしまいましたので、一番下の線は薄そうですね。
来週、冒頭1コマ目で壊滅したオルド軍が出て来ても驚きません(^^;)

オルドさんは笑いの分かる人ですから、きっと我々読者の期待を裏切らない筈!!
…と信じています。木曜日が待ち遠しいですね。

Re: こんにちは☆

うえでん様、こんばんは。
カ燐様は確かに脅威だったと思います。正直、「大国のメンツ」だの、身の程も弁えず「一騎討ちで勝負」とかやっていたバカ二人よりは、遥かに手強い武将だった…と。
だが! しかし!! まるで全然!!
王翦には及びませんでした、というだけの事で……(^^;)

> 同じく策士の李牧が常に徹底的に敵将を分してたのに対し、カ燐様の敗因は策は一流でも相手の情報法収集が足りなかったってことでしょうか。

そうですね、楚の武将全般に言える事ですが、「自分が凄い」がどうしても先に来て、相手の凄さ・強さを分析するという所が著しく欠けている感じが否めませんね(^^;)
李牧の徹底した情報収集・分析の姿勢は必要だなあと改めて思います。

> しかし、以前に臨武君が「無駄を嫌う我らの宰相がわざわざ俺達をここに送ったのには理由がある」などと白麗と話してましたが、今や天下の小者・春申君は秦の何を見て何を情報収集してたんだか^^;

……そう言えば、そんな台詞がありましたね…。
今となってはちゃぶ台をひっくり返すという、意味が無く無駄な行為を平然としている御方になり下がってしまいましたが、本当に何を見て何を情報収集していたのでしょう。
春申君も、偉人というのは過去の話…という事なのかも知れませんね。

王翦の今後の評価については私も気になります。
人材コレクター・呂不韋もどんな手のひら返しを見せてくれるでしょうね(笑)
そして、政の反応も気になります。

函谷関は一先ず大丈夫…と思われますし、やはり一番気になるのはヒョウ公将軍の戦場です。
……遂に李牧が発動しますかね…切り札・武神を……。
とにかく、まずは木曜日が楽しみです…!!

拍手コメントレスです >akaさま

こんばんは、星野です。
朝晩は大分肌寒くなって来ましたね。私は元気に過ごせております。
aka様も、お身体良くなって来たようで、本当に良かった…! 風邪などひかないよう、ご自愛くださいませ。

明日、いよいよ王翦将軍の大活躍!! が見られるのですよね、楽しみです。カ燐様もきっとさぞや素敵な顔芸を見せてくれると期待しまくリングです(笑)十分、戦場に「ひと添えの可愛らしさ」は魅せてくれたと思いますので、後はもう1軍・3軍の将に負けず劣らずな顔芸を見せて退場頂ければ、と思います。
アニメ、なんだかんだで私も見ております。動くヒョウ公将軍が見られたのはやはり嬉しいです…! OPの迫力ある絵も素敵ですし。

ロンジコーン、勿論見ましたよ! シノ君が……! そして花井先輩のデレ最高でした。また後程、語りたいです(^^)

それでは、拍手コメントありがとうございました。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR