今週のYJ感想(9/2発売・40号)

今週……というか、あと二時間経たずして次号の発売日になってしまうのですが(苦笑)
「キングダム」以外のYJ漫画感想行ってみたいと思います。。
……なんかこう…「キングダム」並みに「引っ張り」がイラつく漫画が結構多いような……?(^^;)

■キャプテン翼 海外激闘変 EN LA LIGA 第26話「高まるチーム力!!」長かった前半(考えてみたら、かれこれ26話も一つの試合の前半を描いていたのですね…イラッと来るなァ)が終わり、レアルのロッカールームでは、監督がナトゥレーザをベンチへ下げるという衝撃の発言。
……しかし先週の時点で、「どうせまた、チームメイトが『待って下さい監督!! ナトゥレーザはチームに必要な選手です!!』とか何とか言って、ベンチ下げるのは無しになるんだろ」とか思っていたら。
ホントにそうだったよ。orz
監督の「なーんちゃってな」に、軽く殺意を覚えました。
……ぶっちゃけますとね。……この数ページ、丸々いらないじゃないですか……。
てっきり、例の神父様(名前が明らかになりましたね)のフード男が代わりに出るものとばかり思っていたのですが。
ていうか、結局彼は一体何者なんでしょうね。26話にもなるのに、ひたすら試合を見ーてーるーだーけー♪
結構凄いと思います(笑)

なんででしょうね…。無印の頃はスカッとした翼くん大活躍が、いつからこんなにウザくてたまらなくなってしまったのか。WY編まではちゃんと単行本そろえていた私ですが、もうこうなったらメインキャラなのに彼女がいない(作る気配も見せない)若林くんを応援し続ける事にしようと思います(苦笑)

輪虎が討ち取られるのが先か?
小須田が本懐を遂げるのが先か?
神父様がフィールドに出張って来るのが先か?

…何でしょう、この引っ張り合戦は(苦笑)
■ヘタコイ 第44話 「アキラメ」とにかく、今回の話は、ツインテールの可愛い子の「…紫ちゃん、事情も知らずに他人の恋愛に首を突っ込むのはやめた方がいいと思う………よ?」が全てだと思いました(苦笑)何という読者の気持ちの代弁者!!!
その後も、表面上はケロッとした様子を取り繕うご隠居様にイラつく紫ちゃんですが、私から見ると……あの、アンタの方が百倍はイラッと来るんですけど? の一言です…(^^;)
いや、元々あなたが余計な事しなけりゃ、もうちょい上手く行ってたかも知れんのよ? と。
全然、反省の色ゼロですね。……としか、言いようがありません……。

一方、ご隠居様の「恋愛対象じゃない」発言にショックを受ける流香。しかし、だったら「仲間として」見守っていられるならいいよ…とか、またまたそういうイラッと来るモノローグをかまし、挙句に海で遊び疲れ、家まで送ってくれたご隠居に「私達、友達としてなら上手くやっていけるよね」的な発言を。
……何だこの振り出しに戻るよりもっと酷い展開は。
島津さんに土下座までして別れたのは一体何だったのかと。…島津さんも島津さんで。
「私を言い訳にしないで、もう一回流香さんにアタックしなさいよ!!」
くらい、率直に言えば良かったんですよ。ご隠居の性格を知っているなら、尚更です。
正直、もういい加減流香さんとくっついてハッピーエンドで…と思っているのですが、どうやらまだまだもうひと山ふた山ありそうです……。(^^;)

■華と修羅 第十一話 「下野」 
 しょっぱなからいきなり女中相手に昂りを鎮めている美彦にウケました。
 ……なんなんだこいつは。今のところ、こいつと新兄が誰も求めてないエロシーンを提供し続けています。

 百合子お嬢様、このひと月慎太郎様に全然会えないし電話も取り次いで貰えず手紙も返事が来ない…で、とうとう自ら会いに来てしまいました。そんな百合子お嬢様に、美彦は「あいつは女中と逃げたYO!」だの「あいつの女中好きは問題になってまして…」とか、そりゃお前だろ!! と言いたくなる話を連発。…挙句に、最初のページで伽の相手をさせていた喬子さんという女中に嘘の証言をさせようとしますが、百合子お嬢様は一言「ご機嫌よう」と言い残し、その場を去ってしまいました。……ぶっちゃけ「それ、オメーの話だろ」って内心思ってるんでしょうね……(^^;)
 さて、その慎太郎は、女中の真智子さんの口利きで荷物運びの仕事をしつつ、長屋に住んで華族について独学で勉強したりしていました。…真智子曰く、唐房家の使用人皆が慎太郎の身を案じて力を貸してくれた、との事。でも実際は、きっと真智子さん慎太郎の為に相当色々と駆けずり回ったのでしょうね…。
 しかし、鈍感の極みにある慎太郎は、(彼女の身を案じての事もありますが)身の回りの事は自分で出来るから「もう私の世話をせずとも良い」などと真智子の想いを全く分かってない発言をかまします。
 なんかもう、この子ヒロインでもよい気がしてきました(^^;)
 あの…、新兄相手に「が!!」とかやってましたが、……心根は慎太郎を一途に慕う良い娘だなぁと思いますし……。
 どうかこのままおそばに、と頼む真智子に、結局慎太郎は「では無理のない範囲で宜しく頼む」と言いましたが……既に今だって十二分に無理してるんだよこの娘は!!(涙)
 しかもその直後に百合子お嬢様宛ての手紙を渡すという、これまた鈍感の極みっぷりを披露。
 ……昼ドラ的に考えると、絶対この手紙、真智子は捨てる気がします……。
 そして、
 捨てる所を見た新兄ィが手紙の中味を知り、その後何食わぬ顔で百合子に手紙を届ける⇒手紙に書かれた待ち合わせ場所に、何も知らず来た百合子お嬢様を待ち伏せし(以下略)⇒「もう慎太郎様には会えない…」と悲観した百合子お嬢様は崖から身投げ⇒しかし偶然通りがかった人に助けられ、記憶をなくしそこの家で暮らす⇒そして数年後、記憶を失ったまま慎太郎と運命の再会を……とか、そんなベッタベタな昼メロドラマの展開が頭の中をぐるんぐるん回っています。
 妄想はこの辺にして。
 慎太郎が先週言っていた「調べたいこと」というのは、どうやら父に毒をもった犯人の事みたいですね。
 附子(トリカブト)を扱う店を探し出し、それを購入した者を探そうとする慎太郎。何かいわくつきのお店っぽいそこの店主は、ナイフを持ち出し「怪我しないうちに帰れ」と脅しますが……。
「私は怪我など恐れていない!」
 慎太郎は自らナイフをのど元に食い込ませる勢いで店主に詰め寄ります。
「私の大切な方の命が狙われたのだ!」
 ……その迫力は、店主を動かすか……!?
 百合子お嬢様への手紙が果たして無事に届くのか!? も気にしつつ、次号まで待機します。。

■士道 第二百五十八 「遥かなる磐梯山」
 宿敵を葬ったものの、その代償に重傷を負った翔太郎。
 傷付いた兄を連れて会津へ戻る源ですが、兄の命は確実に尽きようとしていました……。

 雪の中、磐梯山まであと少しという所で、翔太郎は源に告げます。
「この先、会津は負ける」と。
 この世には抗えない流れがあると――。
 彼は故郷の大切な家族のことを託し、そして。
 何があっても生きろと源に言います。
 危なくなったら逃げてでも生きろ。恥ずかしくても人に笑われても生き続けろ、と。
「お前が傍にいてくれてオレは幸せだ」
 兄弟二人、共に大切な女性が出来て家族を持っても、二人の絆というのはまた特別なものなのでしょう。
 その夜遅く「もう一度だけ、磐梯が見たい」と翔太郎に頼まれ、源は兄を連れて雪の積もる山道を歩いていきます。
「兄ちゃん、もうすぐそこだぜ」
「そうだな」
 
 歩かせっぱなしで疲れた馬をもう少しだけと励まし、斜面を登り切ったその先に、磐梯山がその雄大な姿を現しました。
 着いたぜ、と振り向いた源。
 しかし返事はなく。白い雪の上には、馬上から落ちた兄の血が紅色の染みを広げています。

 源の目の前には、静かに目を閉じる翔太郎の姿。
 磐梯山に抱かれる様に、兄・翔太郎は安らかに眠りにつきました………。

 いや、実は正直、そんなに熱心に読んでいた漫画ではなかったのですが(⇒!?)そろそろ展開的にまとめかなぁ…と思い、ここ数週間は結構ちゃんと読んでいたんです。そうしたら、遂に兄が……!!!
 その瞳に、磐梯山は映ったのか? たとえ映っていなかったとしても、その魂はきっと懐かしい故郷へ還ったんだろうなぁ…と思わせるシーンでしたね。しかし、百舌さんは不憫じゃ……(涙)強い女ですから、きっと子供も気丈に育てるんでしょうけど……。やっと子供が出来たばかりだというのに。
 次号は、百舌さんとの対面になるのでしょうか。
 恐らくあと少しで纏めになると思いますが、見守っていこうと思います。

 ――色々書いている内に、次号の発売日まであと一時間を切りましたが。
「タフ」ではなんか主人公と尊鷹が幽体離脱合戦を展開したり、「馬鹿者のすべて」では、なんかあの、体育館に来た生徒達が明らかにあの女子高生の差し金(?)で集まったっぽい感じだったりと、目が離せません。
 明日もヤンジャンを糧に、頑張って出勤しようと思います(^^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR