スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイト更新情報(10/28)

 こんばんは、星野です。
 …昨日、やっと10/7放映分の「聖闘士星矢Ω」を見たら、アテナとして覚醒したと思ったアリアちゃんが速攻でマルスに殺されてびっくりでした。…ポルナレフのAA付きで語りたい展開です(苦笑)
 実はシャイナさん辺りが助けていて…と思いたいですが、明らかにヤバイ傷だった…(涙)
 凄く健気で可愛いし、沙織さんの存在感がちょっと微妙になる位、良いヒロインだったので相当ショックな展開でした。…もっと、これから楽しい事とか知って欲しかったよ…。バイト回とか、正直どーでもいいエピソードでしたが、ああいうちょっとギャグっぽい回もあったからこそ、アリアの「ありがとう」という言葉が泣けるんだと思うと、あの回が今となっては懐かしい…。
 …やっぱりエピソードの積み重ねって大事だなあ、と改めて思います。
 閑話休題。
 本日の更新情報です。
・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第318話「打ち止め」のレビューをアップ。
 取り敢えず、合従軍(笑)な展開になって万々歳!!! スカッと爽やか! な気分です。
 しかし、李牧は何かしようとする気満々なので気になります。来週休載なのは残念ですが、一応15日目の決戦の山場は終わった訳ですし、仕切り直しには丁度良いかも…?
 ただ、正直、出来ればここから先はそんなに話数は描けずに一気にクライマックスに持って行って決着にして欲しい……。(流石にちょっとダレて来ました…)
 以下、ちょっと続きからKY☆ポコニャン先生のその後についで語ってみたいと思います。
■WxY
 堕ちたエロ漫画界のプリンス…。
 編集さんのアオリがGJ過ぎます。ここまで秀逸なアオリ・ハシラは「夜王」「華と修羅」以来だと思います(笑)アオリも一緒に単行本に収録されるなら単行本買いたい…と地味に思いました。
 ポコニャン先生やっちまった…。
 しかも転んだ拍子にお祝いの言葉のメモまで失くすとか…最悪だ……。
 なんかこう…。この人、文字通りKYな所はあるわ、プライドは小さくてせせこましいわ、見た目以上に内面的に色々ダメな人なんですけど、何故か嫌えません。凄く人間臭くて(笑)
 自分の抱える様々なコンプレックスも、それを虚勢張ってごまかしてる事も良く自覚していて、その虚勢に綻びが生じた時に冷静じゃいられないって辺りが、なんか生々しいです。
 でも。
 風俗王に…俺は成る!!
 はヤバいでしょ(笑)
 ホントに地に堕ちたよ…エロ漫画界のプリンス……。

 結局、トンズラした友人の代わりにギターを持って壇上に立つ事になった横田氏。
 その手にはギターと、ポコニャン先生が落としたメモが一つ。
 果たして、ポコニャン先生の汚名返上&ここまで最悪な空気にしてしまった結婚式場の空気を立て直す事は出来るのか!?
 頑張れ、横田氏!

 …どうでもいいですが、地味に「あいみのつぼみ」とポコニャン先生の漫画は読んでみたいなー…と思いました。

■極黒のブリュンヒルデ
 毎週、一応気になって読んではいるんですが…今回気になったのは、奈波ちゃんが千円をゲットした後で出会った子供達の1シーン。
「何おれのレアカード水たまりに落としてくれてんだよ!?」
 ……この子の持ってる「レアカード」、どう見ても遊戯王カードだと思いました。
 うん、それがちょっと気になっただけです。今時レアカードでも1000円は結構なお値段だと思いますが、果たして何のカードなのか…!? 実は作者の人、何気にデュエリストだったりするのか!?
 と、若干気になりました。…すみません、ほんとにそれだけです(^^;)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんというカタルシス

こんばんわ。更新お疲れ様です。

>隆国さんが誇る元王騎軍の精鋭でさえ寄せ付けなかったカ燐軍精鋭部隊5千を瞬殺って何気に凄いと思いました
>>王翦軍は間に合わんのでは?と思ったがまさかの瞬殺www楚でも一、二を争うとまで評価していたから期待していたんだが(笑。これを見たときは思わず「い・・・いかん、忘れていた。キングダム世界では高確率で「精兵」は「かませ」に早変わりすること(例:巨暴や太呉隊など)。」と思いましたね。しかし最前列にいるのに矛を振らず手綱すらピクリとも動かさない王翦には驚いた。いやぁ凄まじかった。カ燐軍の倍いたうえで一点集中とはいえこの速さ、大将軍補正というやつですかな?しかしあの8千を殲滅させた時には送っていたとは驚いた。これって自分が攻め側ならどうやるかを想定して作戦たてたとしかいいようがない。

>お互いに「ケッお高くとまりやがって」「元・野盗風情が」とか思い合ってるものとばかり思っていました。「…息子の王賁が(多少丸くなったとは言え)エリート意識の塊みたいな子なので、随分対照的だなあと
>>確かに私もなれあうというほど仲は良くないとは思っていたけど自分の場合お頭側が勝手に思っているだけで王翦は実力を認める程度の関係だと思っていました。多分じぃの教育のせいではないんですかね?おそらく王翦は王賁なんてほったらかしでスカウトに明け暮れていたに違いない。

>YJ39ページ最終コマの姿が無駄にカッコイイのが本当に無駄だ!!!
>>んで、肝心のオルドでしたが次登場したときは首だけになっても別に驚かなかったんですがさすがにそこまで優しい相手ではなかった(笑
しかしオルドは決して無能ではないのに王翦に振り回されっぱなしで実に哀れだ。

>カ燐様がベヘリットみたいな顔芸を魅せていました。
 何この汚い顔芸。…血の涙を流せばそのままバミュウと項翼とついでに白麗を捧げて触が始まりそうなノリです。
>>?そんでもっておそらく全国のキングダムファンが待ち望んだ楚軍へのカメラでしたが私が見たときは「すっげぇキモいデザインだな!」というほどでした。あと速攻で逃亡したバミュウに爆笑wwwしかしこれで芝居がかった演説なんぞせずあっさり撤退したカ燐軍はやはり楚で一番の強敵だと思いましたね。

>しかも久々に登場したってのに、例の作戦が空振りって。久々の登場シーンがこんなカッコ悪い所から始まって良いのか主人公!?
>>久しぶりの登場に胸が躍ったが反応は「ですよねー」と言わざるを得ない。馮忌じゃあるまいし、わたしでも同じことする。

>未だ「いもしない」伏兵に惑わされて動けないオルドォオオォォオオ!!
>>あ~~、確か合従軍て全戦場に互いの密偵派遣してるんですよね?だったら動かなかった理由も北西の軍が何らかの行動に移って動けなかったからな気もしないでもないですがね。それかさすがに大本陣が知らせるでしょう。ここまできたら

最後に久しぶりですよね。生殺しではない状態で休載が起きるのが。これでもやもやせず待てそうです(そりゃあったほうが嬉しいが。
んで次なんですが合従軍はもはやぎりぎりの15日は過ぎようとしているし、トチ狂って夜戦でも仕掛けん勢いですな。ちなみに来週は李牧がなんかやりそうですが自分の予想は
①実質孤立した燕軍を王翦が夜襲で殲滅。
②函谷関をあきらめて残存合従軍でその左右両方から攻め入る。
③あの武神バカ登場。
④李牧「手ぶらで帰るわけにはいきませんから大将軍の首を1つか2つほどもらいましょうか」と秦軍の戦力低下を狙って作戦変更
⑤時間の無駄だから撤退
の5つです。。最初のほうでも夜戦は相当な準備をしないと攻める側のほうが被害が大きいって出てたから逆にいえば成功すれば多大な戦果が得れるに等しいのでそう予想してみます。

では失礼いたします。お返事お待ちしております。

更新お疲れ様です!

 更新お疲れ様です!
 星野さんと同じく、王翦の旦那、がツボにはまりました。
 今週は王翦と桓騎かっこよかったですね。主人公よりもモウゴウ副将コンビ大好きです!訳あり同士ですね。
 王翦軍入口付近の敵を制圧!、の報告が現代の軍や警察の対テロ特殊部隊みたいと思ったり。
 ネットでは、お頭がふっとかクククとか笑うときは何かやらかす時という書き込みもありました。激しく同意(笑)。
 王翦も桓騎も、実は兵法の理にかなったまともな戦いかたをしてると思います。モウブやヒョウコウさんよりも(笑)。
 オルドさんは実際に午前に伏兵にあってますから同じ日の午後は慎重になったんでしょうね。
 王翦、黒野望100でもかっこいい!

 王ホンの槍術?ふっその王ホンを作ったのは私の夜の槍術だby王翦(笑)←ネットで見つけた書き込み。 

Re: なんというカタルシス

紅蓮さま、こんばんは。

>これを見たときは思わず「い・・・いかん、忘れていた。キングダム世界では高確率で「精兵」は「かませ」に早変わりすること(例:巨暴や太呉隊など)。」

確かに……(笑)
私も忘れていました。カ燐精鋭兵もやっぱり例外ではなかったのですね……。
王翦、最前線にいるにも関わらず確かに全く矛振ったり自分の武を見せるシーンがありませんでしたね。普通に部下が周りをしっかり固めていて、敵兵の刃なんて受けないって感じがいいです。
でも普通に一騎討ちしても強そうなので、一度位は自分で戦うシーンも見たいですね。

> おそらく王翦は王賁なんてほったらかしでスカウトに明け暮れていたに違いない。

なんかそれはそれで切ないですね…(^^;)
王賁が躍起になってるのは、スカウトする前に自分を見てくれ!! という気持ちもあってのこととか…!?
王家の親子関係はとても気になります。

> 久しぶりの登場に胸が躍ったが反応は「ですよねー」と言わざるを得ない。馮忌じゃあるまいし、わたしでも同じことする。

本当にそうですね。。(^^;)
あの作戦を真面目に採用しちゃったヒョウ公さん…。やっぱり下手に小細工に走らず、本能のままに戦った方が却って強い武将なんだなぁと改めて思いました。(信の作戦がダメ過ぎというのもあるでしょうけど)

> あ~~、確か合従軍て全戦場に互いの密偵派遣してるんですよね?だったら動かなかった理由も北西の軍が何らかの行動に移って動けなかったからな気もしないでもないですがね。それかさすがに大本陣が知らせるでしょう。ここまできたら

普通に見捨てられたか、大本営から指示は届いたけど動くに動けなくて…かどちらかかと思いました(笑)
春申君は自分の楚の事は棚に上げて、王翦の援軍を許したオルドに対して結構キレてましたし、「あんな奴知らね」とか言い出しかねない気がします(笑)…流石にそれは参謀の李牧が許さないかも知れませんが…。

> ①実質孤立した燕軍を王翦が夜襲で殲滅。
> ②函谷関をあきらめて残存合従軍でその左右両方から攻め入る。
> ③あの武神バカ登場。
> ④李牧「手ぶらで帰るわけにはいきませんから大将軍の首を1つか2つほどもらいましょうか」と秦軍の戦力低下を狙って作戦変更
> ⑤時間の無駄だから撤退

予想の中では、2と3の合わせ技とかがありそうですね。…流石に何かしらの形で武神は出て来ると思いますから、3は普通にアリかと。楚軍の扱いをどうするのか、も地味に気になります。
本当に、丁度キリの良い所のお陰で、休載も少しだけ気が楽です(^^;)

李牧さん、一言!

紅葉が美しく染まってきた今日この頃、私は朝は布団からなかなか出られませんが、星野様はいかがおすごしでしょうか?

ほとんど勝負つきましたね、VS合従軍。
ハg…じゃなくて臨武君の討ち死にの際には春申君に「どんな気持ち?(AA略」だったわけですが、今回は李牧に聞いてみたいです。
でも、星野様の指摘するとおり、まだ何かやる気ですよね。
または、すでに何か仕掛けてる?


それにしても王翦将軍すごいですよね。
心理戦で完全に燕総大将で山にはめっぽう強いオルドを完全に手玉に取っちゃってるし。
息子さんのほうはすましてはいても、割と熱くなりやすい性格みたいなんで、お父さんと似たようなことは出来ないんでしょうね(今後はわかりませんけど)

あと、カリンのあの表情は原先生が満を持して出してきたとしか思えなかったです(笑)
最寄りの項翼、白麗が冷や汗たらしてるのは奇襲が失敗に終わったことなのか、カリンの顔芸にドン引きしたのか…
ついでにバミュウさん、戻ってきますかね…

Re: 更新お疲れ様です!

キートン様、こんばんは!
王翦のダンナ、キートン様もツボにハマりましたか!(笑)あの呼び方、地味に良いですよね。
「ダンナ」という呼び名がぴったりな位、風格ありますし♪

>  王翦も桓騎も、実は兵法の理にかなったまともな戦いかたをしてると思います。モウブやヒョウコウさんよりも(笑)。

桓騎も確かに何の理屈も無い只の「奇策」ではなく、そこにちゃんと成功するだけの根拠はあるんですよね。そういう意味では、確かに兵法の理に適っている、と言えるかも知れません。その性質上、どうしてもトリッキーな感じに見えてしまうのですが…。王翦は正に兵法の理通りって感じです。
蒙武将軍は、意外と練兵の例からしてもスタンダードな兵法で戦っているような…。ヒョウ公将軍に関しては言わずもがな、ですが(笑)

>  王ホンの槍術?ふっその王ホンを作ったのは私の夜の槍術だby王翦(笑)

王翦将軍、下ネタもイケる口でしたか(笑)
成る程……では父上に倣って王賁本人も夜の槍術に関してもご立派なんですかねぇ…(ドキドキ)
オマケ漫画で良いので、たまにはこんなコミカルな王翦将軍も見てみたいものです。
…なにより、仮面を外した素顔も見たい……(^^;)

打ち止め

こんにちは、更新お疲れ様です。

王翦の活躍により無事国門函谷関を死守した秦軍。
いや~、王翦のダンナ素晴らしいですね。

白老・お頭・ダンナと白老軍は皆さん素晴らしい呼称が出来ましたね(笑)
やはり歴史に名を残す大将軍には異名があるのが定番なのですが
王騎の「秦の怪鳥」のようにいつかは正式なあだ名が欲しいですね。
白老はともかくお頭・ダンナが正式なあだ名だとさすがに(笑)

オルドはやはり動きたくても動けない状態でしたね。
そしてダンナのこの1万の軍勢が再び姿を消すのでしょう・・・。
オルドは(山岳戦では特に)十分有能な指揮官なのでダンナの有能さと
オルドとの器の差がまざまざと見せつけられた攻防戦でした。
オルド有能なはずなのに可哀想だなとちょっと思います(笑)

カ燐様は十分に役目は果たしたと思います。
精鋭部隊が半減しちゃったのが痛いですね。
やはり精鋭部隊は大将軍自らが先頭で率いることによって
真の力を発揮するものですね…王騎軍の太呉隊もやはり王騎や騰が
先頭に立つことにより真価を発揮するのでしょう…と太呉さんを擁護したい。

春申君はホント駄目人間まっしぐらなんですが・・・。
この状況でヤケ酒って…原先生は春申君に何か恨みがあるんでしょうか?(笑)

あと1つ気になっているのが仁凹さんの生死なんですが…
「仁凹の本陣壊滅」ってからにはやはりお亡くなりなんでしょうかね?
いや、別に生存して欲しいわけではないんですが気にはなるという(笑)

更新お疲れ様です☆

いぁや、今回は中々スッキリ!な回でした^^
ほんま、春申君と違い、王翦は戦ごとに株上げまくりですね☆
しかしそんな王翦の活躍も、まさか後半ヒロイン戦争に持ってかれるとは(笑)

閑話休題

函谷関攻防も一息ついた訳ですが、ここから合従軍の反攻となると。。。
正直、楚軍が壊滅に近いですし長期戦に入りつつあるので、正面からの突破は難しい、、、

となると、やはり狙うはゲリラ戦での秦将軍の首ってことで、いよいよ自称武神の投入でしょうか^^;

夜中に祝杯上げてるヒョウ公軍陣営とかに、フォンフォン言いながら現れそうで嫌だなぁ(><

この扱いは…

いつも楽しい更新ありがとうございます!
皆さんのコメントもいつも楽しく拝見させていただいております!

秦軍の優勢が揺るがないものになりスッキリする週になりましたね。5つのうち2つの国の総大将を撃破したのってに何気にすごい事ですよね。

この戦でまとめて有能な武将を減らせた事が後々に役立って来るんですかね~。

それにしても…我らが壁のあんちゃんの扱いが相変わらずで切なくなりました(涙)

戦わなくても十分だとか言ってないで早く武功をたてないと!
信を助ける為にやっぱり文官になるって流れになるんじゃないかと心配になります…。

最後に、全軍が撤退したって事でしたが函谷関を自力で登った兵達はどうやって帰ったんですかね??

仲良く一列で井闌車で?ロープを使って自力で?どっちにしてもお頭の残虐ファイトの標的になりそうですよね↓↓

末端の兵たちのモチベーションもかなり下がったでしょうし李牧がどう仕掛けてくるか見ものですね!

次回の更新も楽しみにしております♪



どう見てもベヘリットです

本当にありがとうございました(´・ω・`)

しかし桓騎と王翦は副将としてじっちゃんの軍でそれなりに長く戦ってきたと思われますが、今のところ絡みが無いのでお互いどう思ってるのか気になっていたところですね( ´・ω・)
少なくともあの反応では、桓騎軍の中では結構好感ありそうですねw

それにしても桓騎といい王翦といい、強い将に大事なのはやはり度胸ですね!
桓騎は言わずもがな、10万を超える敵の海に少数で潜り込み平然と渡るどころか味方面して魏兵を煽る始末wwww
王翦も、もしオルドが読み勝っていたら背後を取られて終わりですからね(´・ω・`)
成功する確信と根拠があるとはいえ、一見綱渡りのような作戦を遂行するにはやはり並外れた胆力が必要なはずです(´・ω・`;;)

両者とも新世代を担う実力を充分に示してくれましたな( ^ω^)

Re: 打ち止め

ふぃる様、こんばんは。

> 王騎の「秦の怪鳥」のようにいつかは正式なあだ名が欲しいですね。
> 白老はともかくお頭・ダンナが正式なあだ名だとさすがに(笑)

そうですね、いつかはかっこいいあだ名は欲しいです。
上の二人だけでなく、蒙武や騰など、次の世代を担う将軍たちにも欲しいですね。

> オルド有能なはずなのに可哀想だなとちょっと思います(笑)

オルドは相手が悪かった、の一言ですね…(^^;)
有能であるが王翦の策にかかってしまった、というのが本当に切ないです。
笑いの解る、良いキャラしてたんですが……。今後、どう動くのでしょうね。

> 王騎軍の太呉隊もやはり王騎や騰が
> 先頭に立つことにより真価を発揮するのでしょう…と太呉さんを擁護したい。

成る程!! それです…。太呉隊がカ燐兵に寄せつけられなかったのは、きっとそれです!(断言)
…しかし、王騎将軍の精鋭隊だったと知ると、やっぱりちょっと哀しいのですが(^^;)

仁凹さんは……どうでしょう、壊滅となっていただけなので、流石に何とか仁凹さん本人は退却出来たと思いたいです。(流石に討ち死にならそういう風に表記くらいはされる…と思いますし)
まあ、多分、今更あの三軍師が出て来る事は無さそうですよね(苦笑)

Re: 更新お疲れ様です☆

うえでん様、こんばんは!
本当にスッキリしましたね。王翦は出番自体はちょろっと! なくせに、本当に出て来る度にその将としての器の大きさ・才能の輝きが増していく気がします。
…ええ、貂の可愛さ&「ぴとっ」には負けてしまいましたが(笑)

> 夜中に祝杯上げてるヒョウ公軍陣営とかに、フォンフォン言いながら現れそうで嫌だなぁ(><

実は凄く心配しています…(苦笑)本当に、上のような事態がありえそうで…。
流石に勘弁して欲しいのですが。
李牧もあんな表情をしておいて、まさか普通に撤退して終わる事はないでしょうし、武神をどういうタイミングで投入して来るか、気になりますね。
武神が出て来ると若干どころじゃなくテンションが下がりますので、この局面で出すからには上手い事盛り上げて欲しいと願っています。

Re: どう見てもベヘリットです

螢一さま、こんばんは!
…やっぱりベヘリットに見えますよね(笑)

> しかし桓騎と王翦は副将としてじっちゃんの軍でそれなりに長く戦ってきたと思われますが、今のところ絡みが無いのでお互いどう思ってるのか気になっていたところですね( ´・ω・)
> 少なくともあの反応では、桓騎軍の中では結構好感ありそうですねw

そうですね、「さすが王翦のダンナ!」なんて結構敬意ある言い方してましたし。
あの二人が一緒に連携して戦う所とか、ちょっと見てみたいです…!!

> それにしても桓騎といい王翦といい、強い将に大事なのはやはり度胸ですね!

確かに…! 桓騎も王翦も、相当な胆力が無いと確かにあんな事出来ないですよね。
如何に心理戦で勝っていたとは言え、相手が「人間」である以上、必ず読み通りに動くとは限らず、「万が一」にも自分の読みと違う行動をしたら…と考えてしまうのが人間というものだと思うのですが、王翦は「無い」と読み切って、迷いなく行動していましたよね。
桓騎の度胸、王翦の度胸、少し違う系統のモノだとは思いますが、いずれにせよ、次代を担う将軍に相応しい胆力ですね…!!
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。