今週のYJ感想(9/9発売・41号)

なんか……YJが一体何処へ行こうとしているのか、非常に心配になってしまいます。
サラリーマン金太郎が出版社で社長やることになっちゃって色々話してましたが、正直大手出版社の集英社の雑誌にしてこんなんやっちゃって、大丈夫なの?? と思わずにいられません…(汗)

■まゆゆ漫画家計画 第1回
色んな意味で、ちょ、これホントにやっちゃったんだ……って感じでした。
同人作家さんでも、これより上手い人なんて幾らでもいるこのご時世に……。
しかも、続くの!? 「光の速さだお」のコマに、特に何かもう、殺意どころかもう諦めというか救えねえっていうか……何とも言えない思いがしました。
この2ページも、確実にYJのお値段320円に入ってるんだ……。と思うと、なんかもう涙出そうです。
正直、これは流石にやめてほしいなぁ…の一言です……。
以下、続きが気になる漫画を幾つか。。
■乙女のホゾシタ 21限目「みんなの夏休み」
先週があの引きで終わって、なんか一瞬、「アレ? 読み飛ばした…?」って思っちゃうくらい、何事も無かったかの如く夏休み編がスタートしちゃいましたね。
南田さんを好きな大地少年と、彼を(スイーツと引き換えに)サポートする南田さんのお友達。
「意外な人が来る」の一言でホゾシタ先生と勘違いして思いっきり可愛くおめかしして出かける南田さんは可愛いなぁと思いました。(しかも張り切り過ぎて思いっきり裏目に出てる感がハンパじゃないのがまた何とも…)
結局大地くんだったので少しがっかりするも楽しく歩いてたら、なんか配布中(笑)なホゾシタ先生と遭遇。更に前のエピソードでも出て来た女医さんが面白がって「セフレよ」とか言って南田さんが「汚い!」と怒ってみたり、すんごいあの、微笑ましいエピソードだなぁと思ったのですが。
……あの……気のせいですかね。
南田さん、ちょっと太く描き過ぎじゃないですかね…?(汗)いっくら家の中でだらだら過ごしてたからって、ちょいやり過ぎな感じがその………。
特に大地くんとアイスクリーム食べてる辺りはちょっと、ハンパなく酷いと思いました。
「今日の服間違っちゃったみたい」って言ってるシーンも……可愛いんだけど、ちょい太いなぁとか……。
いや、ほんとに可愛いんですが。羌小姐にこの女子力をもそっと分けて欲しいなぁ……。(ボソッ)
しかし今週はともかく。
「女の子がやたら口元を隠す時は、今夜OKの合図」
…本当にその先輩を連れて来い。の一言です。編集さん、ナイス煽り!!!(笑)
だだ、大地くん、勘違いして先走っちゃダメだからね!?

■華と修羅 第十二話「母への想い」
ナイフを突き付けられても怯まず、必死に附子を買った者を突き止めようとする慎太郎。しかし店主も簡単に顧客の情報を漏らしたら命取り、と教えようとしません。挙句にさっさと帰れと言い残してどっかへ出かけてしまいました。
いい気分で酔っぱらって帰って来てみたら、何と慎太郎が母親の看病をしています。
どういうつもりだと問い詰めると、
「下着を汚しておられたので取り替えたのだ…更に空腹の御様子だったので汁物を」
…どうやらこの店主・響作さんの母親は病気で寝たきりで、響作さんが看病をしていたみたいです。

華族のお前に何が分かる、使用人たちに世話をされ、病気になれば即大病院にも入院出来る。寝たきりの母親を抱えて、附子でも売っていかなきゃ生きていけない自分の苦しみが分かるか…と叫ぶ響作さん。
そんな響作に対し、慎太郎の「みな自分の居場所で必死に生きています…華族だからと苦しみが無いわけではありません」この答えが印象的です。
慎太郎もまた、華族でありながら多くの苦しみを抱えて家を飛び出した身ですしね……。

しかし、事が唐房家侯爵・毅さんが倒れた件に及ぶと響作さんの態度は一変。
華族の事情になど関わりたくないと怒鳴り散らします。しかしここは、ぶっちゃけ慎太郎の言うとおり「附子を売っていたのがあなたなら、既に関わっているのです!」と突っ込まずにはいられない…(^^;) 下手をすると響作さん、口封じにとどっかの海に浮かぶ羽目になりますよ……。(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
その会話を聞きつけた響作さんの母親は、病の身を押して「なんという事を…」と息子の仕出かした事を責めます。…ていうかあの、すみません…お母さん怖いです(汗)
何故もっとこういう姿を普通に描けないんですか井上先生!!!
タエさんの吐血の件といい……。
普通にシリアスなシーンが何故かギャグシーンに変貌してしまう、恐るべし井上先生マジック。

そんなこんなで、慎太郎に「母親に恥じない生き方をしなければなりません」と諭された響作さんは、突如綺麗な涙を流して附子を買った人間を教えてくれました。
しかし、写真に付けられたその印を見た瞬間、慎太郎の表情が変わります。
「何故…父上を殺める動機が…彼には動機が無い!!」
そこに映っていたのは、何か全然知らないキャラなんですが!!!(笑)
氷野さんて誰だ!!!
犯人がそのまま買いに来るとは限らず、それこそ子飼いの部下とかに買わせる…というのはよくある話かなぁとは思うのですが。このおっさんには、そういう事に加担するような動機すらない、という事なのでしょうかね。
ともあれ、清音さんでも新兄ィでもなかったという衝撃の事実が分かった所で、次号へ。。

■へ~せい ポリスメン!! 第31話「昨日の敵は今日のペットっス!」
前回、民家で捕獲したアオダイショウを持ち帰る事になたゴウ。…しかし、大の蛇嫌いだった彼が、なんやかんやで今やアオダイショウに「アオ」とか名前を付けて可愛がっている始末。(本人曰く、こうもなつかれると愛着湧いてくる…とのこと)家で猫や犬を飼っている所を見ても、多分元々動物好きなんだろうなぁと思いました。
しかし交番に来る人は蛇が苦手な人もいるわけで…最初は飼うのに反対していた木梨さんも、「交番の裏の人目に付かない所なら」と飼うのを許してくれました。
パトロールの時間にアオの家の材料探しに奔走⇒「いっそ舌もひっこ抜いてやろうか?」の流れが素敵です。木梨さんがキレるとマジパネェです…(笑)「私今けっこうギリギリだから」とか、キレると黒澤部長よりこの人のが怖そうなイメージです。しかも結構汎用性がありそうな台詞だなぁと思いました(笑)
取り敢えず移し替えるだけ…とアオを置いてた所へ行ってみると、そこにアオはいません。
木梨さんが逃がしてしまったわけでもなく、では一体何処へ…と探していると、お隣のリンリンのお店から悲鳴が!!

駆け付けてみると、そこにはスープと化したアオがいました……。
どうやら、リンリンが蛇をさばいた事があるという話を聞いた大将が、試しに食べてみようとスープにしちゃったみたいです。
「食用じゃないだから多分おいしくないてリンリン言ったテスよ!!」
そんな抗議も耳に入らず、家を用意してあげたと思ったら速攻でスープになってしまったアオを想い、嘆くゴウ。
……その日、彼の昼ごはんはアオになりました。
もはや合掌……の一言しかありません(--;)
………アオ………。(涙)

■孤高の人 第131登「文太郎の選択」
建村の誘いを一度は断った筈の文太郎。
しかし、次から次へと届く代引の宅急便。そして、一体どこに振り込んでいるのか謎の25万円。それらが語るものに不吉な足音が聞こえてくるなぁと思っていると、六花を腕に抱きながら文太郎が電話している相手は、例によって建村でした。
お金の件について「また黙って持ち出してるんじゃ…」と心配する文太郎に、彼は「金の問題はクリアしました」と語ります。なんか、7220円もタクシー代かけて一体何処へ来てるんだ建村(汗)
もう誰にも迷惑はかけません、とか言ってますが……。彼に付いたスポンサーは果たして誰なのか??
ものっそい気になります。

一方、花は、職場復帰したところで教授から恐ろしい話を聞きます。
彼は海外での調査終了後、有給も含めた早めの夏休みを取得していました。…8月末まで。
8月は、花の実家へ行く約束をしていた筈だったのに……。

家へ帰った彼女が見た夫の姿は、彼女が望んでいたそれとはかけ離れていました。
夏の海で六花と戯れる文太郎の姿ではなく。
一体何処へ行くんだという重装備に身を包み、「山男」と化した文太郎がそこにいたのです。

その姿を見つめる花の目から涙が溢れました。
「嘘つき…」
既に決意を固めてしまった夫の腕を掴み、俯いて呟くその姿が哀しみを更に増して…。

せめて話くらいしておけや
……なんでこういう時だけまた無口になってしまうんだ、文太郎。
と、思ったのは私だけでしょうか……。
だって帰って来れる気がしないんですよ、どう考えても……。・゚・(ノД‘)・゚・

■馬鹿者のすべて 第18話「文化祭の異物」
嫌な予感がしつつの文化祭当日。例によって、来る予定だった男子生徒全員がバックレててんてこ舞い、という予想通りの展開が待っていました(苦笑)
せめて、あの女の子二人と気弱そうな男の子だけは本心から共感して来てくれたんだというのが一抹の救いです。ていうかあの本社のイケメンの人、なんか手伝いに来てますけど……結局あの企画、このイケメンの人の企画って事で通したんですかね??

一方、南の一件で悪い意味での有名人になってしまった宇治田が店を出しているのを快く思わないオバサン達もいます。しかし、校長先生はそんなオバハン達に彼はあなた方が思っているような人ではない、信頼して任せましょうと諭していました。悪意がある裏で、こういう真っ直ぐな大人の善意もある。
…この校長先生も、なかなかの器だなぁと思いました…。

不慣れな生徒達にてきぱきと指示を出し、なんとかお店を回している宇治田。
しかしそこにエリカ嬢が登場。フランクフルト100本注文という無茶フリに始まり、数々の嫌がらせじみた言動にも「店員」として真摯に接する姿に、教頭先生も「この企画が滞りなく成功しないと困るのは私達なんですよ」とかツンデレっぽい事を言って参戦。しかし、そんな姿はエリカの苛立ちを募らせるだけでした……。

やがて、教室へフランクフルト100本を持ち帰ったエリカは、まだ例の男子生徒達に何かをやらかせようとしています。そう、やっぱりというか本当に予想通りですが、バックレた男子生徒達は彼女の差し金でやっちゃってました。
何を頼んだのかは不明ですが、流石にそれはと断る男子生徒A。
「じゃあいくらならやってくれんの? 五千? 一万?」
尋ねる彼女に、「何イライラしてんだよ、最近 お前おかしいぞ」と尋ねる男子生徒A。
ていうか君が今することはそんな生ぬるいことじゃない。
このお嬢さんのツラを思い切りぶん殴って根性を修正する事です

彼女は、「何か必死になった挙句自分を好きとかいってるあいつがキモいしイライラする」そう語りますが、…なんか彼氏(それもお金目当てとかじゃなく、意外と結構本気で付き合ってるっぽい)だった男子生徒Aにこう言われます。
「羨ましいんじゃね? あのオッサンの事」
お金持ちで容姿にも恵まれ、成績も優秀らしく。努力しなくても人が羨ましいようなものを沢山持っている彼女。ゆえに、必死に努力するその姿が眩しく映るんじゃないか、と……。
しかし、今月分のお小遣いだけを渡して不在がちな彼女の両親の事を思うと、彼女は人から見れば羨ましいと思うものを沢山持っていても、自分が心底欲しいと思うものは決して手に出来ていないのでしょう。
そんな冷え切った心に、ああいう必死こいた妙に熱い人間が映るとイライラするのでしょうね。

…そんな本音を看破されたエリカは、いきなり彼氏をひっぱたくなり何処かへ行ってしまいます。
その目は恐ろしく冷たく暗く、絶対何か仕出かすわ、と思っていると。

なんか南がグラサン付けて文化祭に来てます。もしかして、例のイケメンから話を聞いて知ったのでしょうか。
様子見兼冷やかしに来ていますが、何か妙にザワついています。
しかしそれは、南が来たからという訳ではなく……。

なんか凄い変なのいる――!!!

そのマスクはエダマンから借りたんですか? 一体どっから持って来たんだ。
その手にはナイフ。呆然とする観客達、そして第一話の悪夢が再び…!?
宇治田はどう動くのか?
以下、次号へ。。


エダマンと言えば、今週の「サムライソルジャー」のあのマスクは無い、と思いました。
全員からシカトだし(苦笑)しかも桐生と遭遇って、いきなり負けフラグですか? みたいな……。
そしてジョー。
お願いなんで、もうあの、あれ以上酷い目に遭わせないであげて下さい……。

■ノノノノ 第131話「岸谷弘基の憂鬱」
前々から思っていたのですが、皇帝は正にエンペラー・オブ・ツンデリストだと思いました(笑)
岸谷の怪我が皇帝にバレるシーンとか見てしまうともう。。

ていうか岸谷君、君も「死ぬ時はちゃんと 転倒ラインを越えてから死にますから!!」って色々おかしいぞ!!!(汗)命を無駄にするな少年!!
そんな岸谷の姿に「大会を棄権する」と告げる皇帝。
飛ばなきゃ勝てる可能性は無いと叫ぶ岸谷に、皇帝は「それでもし…もし お前に何かあったらどうするんだ」…本当に至極人としてまっとうな事を口にします。
冒頭での「羽毛より軽いてめえの命より…」の台詞はなんだと思う程の部員想いな台詞。
しかし、普段の態度が態度な故か? 岸谷はそんな皇帝に「棄権はしない」と宣言、なんと。
いきなり皇帝を崖から突き落としました

……何してんだお前!!!

これ、皇帝死ぬぅぅぅ!! ジャンプ辞める前に人生辞める事になるううぅぅぅ!!!
なんていうんですかね。何かデジャブ感じるなぁと思ってたら、「嫌です」と見開き二ページで王騎将軍が信を断崖から蹴り落とした時並みのインパクトがありました(苦笑)
しかもあの、皇帝、あちこちにぶつかってるんですけど。
これ、大会が終わるまでっていうかあの……本当に、春まで見つかりませんよ!?
そしてここまでやっちゃったら岸谷君も色んな意味で無事じゃすみません。一体何処へすっ飛ぼうとしているんだ岸谷少年!!!


――今週は、以上です。
来週が気になる展開が色々多いですねぇ。…しかし、まゆゆ漫画家計画だけは、頼むから一刻も早く終了させてほしい今日この頃です。アレは無いですよ、幾ら何でも。
商業誌、それも漫画雑誌で「漫画」として載せて良いシロモノじゃないでしょ、と……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR