サイト更新情報(11/25 ※遊戯王ZEXALⅡ感想少し追記…)

 こんばんは、星野です。
 三連休もとうとう終わってしまいました……。12月前半に意外と予定が色々入ってしまった関係上、「行ける内に」と、昨日「中国王朝の至宝」展へ行って来ました! …信&貂の音声ガイド、なかなか面白かったです。また後日、レポートをアップしたいと思います。
 さて、本日の更新情報です。
・「我的王国感想日記」に、第321話「しぶい状況」のレビューをアップ。
 南道からの李牧襲来! その危機に駆け付けたのはヒョウ公将軍でしたが……熱い展開であると同時に、もうこれはヒョウ公将軍最後の花道に見えて不安で仕方ありません(汗)

 今回の更新は、以上です。
 それでは、初めましての方も常連の皆様も、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。

 続きから、今週もハジケていた「遊戯王ZEXALⅡ」の感想をちょこっと。
 シャークさんの気まぐれがギラグの策略を撃ち砕くとは…。まさかの本能型武将!?(笑)
 璃緒さん、なんだかんだでやっぱり超強気だった(笑)
「私に喧嘩を売っているのでしたら、受けて立ちますわ」
 とかヤバい。……そして、鉄男君のホレッぷりがヤバい(笑)

 そして何が凄いってスポーツデュエル大会のタッグの命名!!
「イラッと来るかっとビングチーム」
「トドのつまりウラウラチーム」
「鋼のツンデレチーム」
「マスコットガールは私よチーム」

 ……トドのつまり、TF7に希望を持っても良いという事ですね!!!(切望)

 そして「…何で俺が」と完全に巻き込まれた感じのシャークさんですが、なんだかんだでノリノリでやってる辺りが笑えます。
 久々に出番の「潜航母艦エアロ・シャーク」に乗ってポーズキメてる姿が無駄にカッコ良過ぎる!!
 そしてビーチバレーは璃緒さんの水着姿がヤバイ!! これはエロい……!!
 シャークさん、妹があんな刺激的な水着着てるの見て何とも思わんのか…!? 兄として心配では……。(シャークさんは学校指定の水着でしたね)
 …しかし、なんだかんだで妹にデレッとなってる鉄男君を見るととてもイラッと来る辺り、ああ、やっぱり兄だと思いました(笑)
「その腹……、イラッと来るぜ!!」
 そんな所にイラッと来ないであげて!!
 そしてやっぱり久々出番のブラック・レイ・ランサーさん。
 なんか、出番なのに嬉しいんだか何なんだか……。もうちょい、まともなデュエルの出番が欲しいなぁとも思う今日この頃です。
 そして腹チラ卓球の「ダイレクト・アタックだー!!」は、一体どういう状況なんだ!?
 …なんだかんだで遊馬と二人、トップを走る辺りも流石だなぁと思いました。
 全然乗り気ではなかった癖に、やるとなったらきっちり全力でやる性格なんですね。…なんていうか、やっぱり根っこの部分は生真面目で律儀なトコある人だなぁ…と思いました。
 決勝戦はエスケープして帰ってしまった彼ですが、それも、ちゃんと皆が仲直りする所を見届けてから帰った、というのが凄く良いなぁと思いました。
 陸王・海王戦でも、遊馬と鉄男が仲直りするのを見届けてから帰りましたし。
 普通に良い兄貴分なんだなぁ…と。
 あまりベタベタ仲良し、という感じではなくても、ちゃんと遊馬含めてナンバーズ・クラブ皆を見守ってる感じが渋いぜ!!

 そしてギラグさん……。
 アンタの好感度が上がりっぱなしだよ。
「終わったビングだ、俺…」って、何!? 遊馬の「○○びんぐ」はバリアンでも流行って来てんの!?
 次はアリト辺りが何か言っちゃうの!?
 次回のミザエルは流石に真面目に仕事する人だと期待したいです(^^;)でないとドルベさんの胃がストレスでヤバくなっちゃう……。

 そして、次回予告ですが。
 何か久々に闇川さん&決闘庵が出てたのがびっくり&何か嬉しい気持ちになります。
 そして、今回は小鳥ちゃんと二人とか…ますます二人の仲が素敵な事に。そりゃ、真月君も「ガールフレンド」とか言っちゃいますよね……。
 次回はシャークさん&璃緒も出て来るみたいですが、予告では二人揃ってお出かけ? みたいですが、あんなに可愛く膨れ面していた彼女の様子が……。
 やっぱり、バリアン感知能力的なモノがあるのか!?(今回もバリアンズ・フォースの気配を感じてましたし)
 真月君は今回も若干怪しい動きをしていましたし、次回がまた気になります。
 …でも、来週はお休みか……。。
 そう言えば、そろそろ年末。
 相手は「銀河眼」使いみたいですし、カイトの出番が近そうな感じですし、話もシリアスめになる感じです。…しかし今までの展開は、どれもなんだかんだで楽しかった…! 学園モノのノリでしたし、なんだかんだでバリアン絡みのストーリーも裏でちゃんと進んでますし、10月~11月のエピソードはどれも良いモノが多いです。1話~12話と同様、凄く良い展開だったなぁと。
 ただ、そろそろ色んな謎も明らかになって欲しいので、今後の話に期待したいと思います。
 バリアン七皇、とか公式HPのあらすじページでは言っている位ですし、まだ最低あと三人は(ベクターは名前のみ登場ですが、もしかしてこの人はファーストでフェイカーを洗脳した人、という可能性もありますが)出て来る筈。…敵・仲間共にキャラも増えて来てますし、話もある程度進めないと……という感じなので、今後は今程コメディ色強い話は少なくなって来るかも知れませんね。
 ともあれ、再来週も楽しみんぐだぜ、俺ー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

お疲れ様です。そしてお久しぶりです。

今更前々回の感想ですが、廉頗のまさかの再登場には胸が躍りました。もう出てこないと思っていたし、これは死んでいたと思っていたら実は生きていた、とかあるのかなと。総大将項燕。副将廉頗とか悪夢以外の何物でもないしな。まぁ廉頗が出なくても四天王の生き残りの2人は後に楚将として再登場フラグか?

して今回の感想ですがやはり位置からしてヒョウ公軍が動いてくれたのはうれしかった。やはり大トリを飾るのは彼と信でなくてはね。まぁただ王騎将軍臭がするからとっても不安なんですが。一番の注目点はきっとヒョウ公将軍がどう戦うか、そしてどんな最後を迎えるのかが気になるところですが(死ぬこと前提で考えると)

>半の軍はまだ元々の持ち場に留まっていると思いますが、その軍を実は貂が率いてるとかだったら熱過ぎる展開です。若干十代半ばの娘軍師が万の軍を率いて趙軍と対峙するとか……!!
さて、最後に何故ヒョウ公将軍らが趙軍をおいて李牧を追跡出来たのかなんですがその可能性は十分あるとして実際は楚軍を相手していた中華最強と騰のどちらかを趙軍に回したとかじゃないのかな?実質にらみ合いだけだし。それと将軍が率いる兵の数が気になります。敵の十分の一とかザラですから。ヒョウ公兵もいたし半数ぐらいか?趙軍は実質5~6万と想定してさすがに3分の一の兵はきついよなぁ。将軍みずから率いるならまだしも相手本能型だから瞬時に気付かれそうだし。

う~んとにかく来週が気になります。それではまた!

しぶい状況

こんにちは、更新お疲れ様です。

咸陽に迫る李牧率いる趙軍別動隊。
実戦経験の無い王都・咸陽の迎撃策は果たして…?

今回の合従軍編を読んでいて皆さんも感じていると思うんですが
昌平君は能力は高いと思うんですが…どうも机上の将軍っぽさが
強いですよね。公式ガイドブックの経験値「B」が出てるというか。
頭脳明晰さだけなら李牧にも引けはとらないとは思うんですが、
実戦経験に基づく考えが李牧相手だと全然劣っちゃって後手に回る
展開になるというのがどうにも否めません。
模擬戦頼みが強いのもいまいちどうかと思うし…。
まあ、経験豊かな昌文君の力を借りれるという意味では模擬戦にも
意味はあるのですが…後手後手がどうにも。。。
よく考えると蒙武よりも前線には出てないんだろうな~と思いますし。
やっぱ会議室じゃなくて現場じゃないと駄目だとつくづく感じます。

ヒョウ公将軍は…是非頑張って欲しいんですが…
空を見上げて死兆星を確認するのだけは…北斗七星のすぐ側にある
星を見つけるのだけは勘弁して下さい(切実)
もう我武神の召喚は決定事項っぽいのでどうにか誰かマホトーンを(いやマジで)

しかしヒョウ公軍はやっぱり武関を通過して来たんでしょうかね。
そうすると趙軍の相手をしているのはやはり蒙武軍?
ヒョウ公軍は軍を二分して趙軍を抑えられる程兵の絶対数がいないので。
貂が率いて趙軍と相対していたら熱いですがやはりそれはきついかと。
何よりあの兵力差で戦えていたのはやはり「大将軍」ヒョウ公の力が
あってこそだと思いますし。
貂は軍師としての将来性抜群ですのでいつかは何万もの軍を動かして欲しいですね。

ところでヒョウ公将軍は自らの精鋭軍を引き連れて今すぐに火星に
行ってもらいたいと感じたのは私だけ?(笑)
「バアァッ」っと火星を蹂躙してほしいですよね。
首や手足が吹っ飛ぶゴキ達が目に浮かびます(笑)
「恐怖」を覚えて逃げる事間違いなしですw

Re: こんばんわ

紅蓮さま、こんばんは。

> まぁ廉頗が出なくても四天王の生き残りの2人は後に楚将として再登場フラグか?

廉頗がこういう形で再登場したのは驚きでした。
四天王に関してはまだ若いですし、再登場する可能性はあるかも知れませんね。
しかし本当に、今回楚王が出し惜しみしてくれて良かった……(笑)
ただ、廉頗が言うように魏軍を率いるのとは大分勝手が違うので、廉頗と言えども本来の力は発揮できなかったかも知れませんね。

ヒョウ公将軍は、もうあの登場の仕方はどう考えても……(涙)ですよね。
嬉しい反面、やはりどうしても死兆星の事を思うと哀しくなります。……武神も間違いなく出て来るでしょうし。
ただ、仰るようにどう散るかは注目したいですね。

ともあれ、まずどうやってヒョウ公将軍達が李牧軍の前に現れる事が出来たのか? は来週明かされるみたいなのでそこは楽しみですね。
騰軍が引き受けた、というのも十分ありうる可能性だと思います。
もう、楚軍も流石に何も出来なそうですし……。
ヒョウ公将軍がどれくらいの軍を率いて来たのか? も矢張り気になりますね。急いで追撃して来たであろう事を考えると、下手すると1万にも満たない数かも知れませんが…それでもヒョウ公将軍ならやってくれる!(笑)
来週が楽しみですね。

Re: しぶい状況

ふぃる様、こんばんは! こちらにもコメントありがとうございます(^^)

> 今回の合従軍編を読んでいて皆さんも感じていると思うんですが
> 昌平君は能力は高いと思うんですが…どうも机上の将軍っぽさが
> 強いですよね。公式ガイドブックの経験値「B」が出てるというか。

そうなんですよね。教え子の蒙毅君には「実戦に勝る事はない」みたいな事を言っておきながら、自分がその「実戦経験」をそんなに積んでいるのか…? というと……(^^;)
やはり彼も、人材コレクターの呂不韋が手放したがらなかったが故に、あまり戦場へ出る機会が無かったのかも知れませんね。

> 実戦経験に基づく考えが李牧相手だと全然劣っちゃって後手に回る
> 展開になるというのがどうにも否めません。

ここですよね。昌平君が昌文君に対して敬意を払うのも、やはりこの「経験値」の高さによる所が大きいのかも知れません。同じようなスペックであれば、やはり経験値の高さはどうしても差になって現れてしまいますよね。

> 空を見上げて死兆星を確認するのだけは…北斗七星のすぐ側にある
> 星を見つけるのだけは勘弁して下さい(切実)
> もう我武神の召喚は決定事項っぽいのでどうにか誰かマホトーンを(いやマジで)

はい、空は見上げないで下さい、と祈っています(涙)
「なんじゃあ、あの星は…」
とか言い出したらもう完璧にアレです。あの星です。マホトーンで我武神召喚を封じる事が出来るなら、ちょっと必死で覚えます、私(笑)その前に何とかして魔法使いに転職しなきゃいけませんが……。

> ところでヒョウ公将軍は自らの精鋭軍を引き連れて今すぐに火星に
> 行ってもらいたいと感じたのは私だけ?(笑)
> 「バアァッ」っと火星を蹂躙してほしいですよね。
> 首や手足が吹っ飛ぶゴキ達が目に浮かびます(笑)
> 「恐怖」を覚えて逃げる事間違いなしですw

ああ、確かに…! 私もそんなヒョウ公将軍は見てみたいです。
しかし、武神とかも良い逸材だと思いました(笑)奴ならM.O.手術とかしなくても余裕でマーズ・ランキング上位へ行けそうな気がしますし……。
ゴキ達にとって、正に天災のような存在になるに違いありません。
ちょっと通りすがりにムキムキゴキをフォンしてアドルフさんの班を助けて欲しいです。

拍手コメントありがとうございます! >akaさま

 こんにちは! すっかり寒くなりましたね…。私はどうにか風邪もひかず元気に過ごしております。
 やっぱり来ちゃいましたね……武神……(涙)
 でも、李牧と対峙するヒョウ公将軍は最高にカッコ良い!!! 流動を本能で粉砕する所とか、「これが秦の将軍だ!!」って感じですよね。ファンとしては李牧必殺の伏軍を破ったのがヒョウ公&飛信隊、という展開は嬉しいのですが…同時にやっぱり哀しくもなりますね…。花道的な展開が近付いたようで。
 そして、壁さんは蒙武軍にいた筈なのにいつの間に…!?
 汗明との戦いが終わった後で援護に現れてくれましたが、そのままヒョウ公軍に編入されたのでしょうか。しかし、今は千人将になった信と、三千将に昇格した壁のタッグが戦場で見られる、というのも感慨深いですよね。王都奪還編の時は10人程度の小隊で一緒に戦っていたのが、今や互いに千人以上の部隊を率いる身。信の成長は本当にあっという間ですが、壁さんもまだまだ信の前を歩いて「兄ちゃん」でいて欲しいですね。

 akaさまもお身体に気を付けて…! 寒さはヒョウ公将軍がこれから起こすであろう大炎で乗り切りましょう!!(今の展開だと、そのままヒョウ公将軍燃え尽きちゃいそうで心配ですが…)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR