中国王朝の至宝 行って来ました!!

 こんばんは、星野です。今週末は京都へ旅に出ますので、ちょっとレビュー諸々お休みするかも知れません。。実は社会人になってからずっと行きたいと思っていたので、凄く楽しみです♪ (修学旅行等で行っているのですが、正直旅館が非常に微妙でして…どうせなら旅館とかもリッチな感じで行きたいなぁ、とずっと思っていたのです)
 まだ紅葉も見頃みたいなので、美しい景色を楽しんで来ます。

 ――さて。上野の紅葉も素敵でした。続きから、上野公園の紅葉も堪能しつつ、先週末に行って来た「中国王朝の至宝」のレポートを上げてみます。(信&貂の音声ガイド付きです)
 上野駅からちょっと歩きますが、途中公園の紅葉が美しかったのでその景色もしっかり味わいながら歩きました。
 東京国立博物館は初めてでしたが、素敵ですね。敷地も広いですし、建物の外観も素晴らしいです。
 本当はカフェにも行きたかったのですが、満席&並んでいたので諦め、平成館へ。
 …入口では、持ち物検査の実施もありました。少し複雑な気持ちになりますね……。

 さて!
 実は、この手の展示で音声ガイドを使うのは、初めてだったりします。……若干、使い方に迷ったのは秘密です(笑)
 会場入り口でキングダムVerを頼み、(通常Ver.と同じく500円です)ヘッドホンとリモコンを手に、いざ会場へ!
 ヘッドホンを耳に当てて番号を押すと、いかにも中国風の曲と共にまずは普通にナレーションが入り……おおっ、信&貂です!!
 …まず、信が「中原を制するものは中華を制するんだぜ! だから中原の文化はすげェんだ!」みたいな台詞を言っていたのが驚きでした。
 …ゑ? 君、そういうの分かってたっけ……?(^^;)
 音声ガイドは、信&貂による解説&普通のナレーションによる解説を交えつつ進みます。
 因みに使っていて思ったのですが、ガイドの方で色々説明してくれるので、展示物の脇の説明文を読まなくて良いというのは意外と楽ですね…(脇の説明文もきっちり読むと、結構目とか首とか疲れてしまうので…)
 蜀~夏・殷、楚、斉・魯、秦・漢、北朝と南朝、唐、遼と宋、の順に展示が続きます。
 勿論私的には一番の目当ては秦・漢でしたが、他の時代の展示物も素晴らしいものばかりです。
 特に「楚、斉」の章に展示されている甲冑は、「キングダム」の中でも兵士が着けている甲冑を彷彿とさせる作りで、暫く見入ってしまいました。
 音声ガイドの信&貂は、終始夫婦漫才みたいなやり取りを展開していて(笑)、「分かった! もう結婚しようか」と言いたくなるような軽妙な掛け合いが心を和ませてくれます。
 そしてこのガイドの信は、意外と博識で美的センスもバッチリです。…本編やおまけじゃ、あんなとんでもねー仮面とか作ってたくせに…(^^;)
 何の展示物か忘れてしまったのですが、
信「この深みのある色合い! 見事だぜ!」
貂「そうだけど…信、お前にそれが理解出来るなんてな(笑)」
信「うるせぇ!」
 …みたいなやり取りがツボでした。
 今私が突っ込もうと思った事だ! と、思いました(笑)
 
 他に、秦・漢辺りについては結構二人のやりとりも熱かったと思います。
 特に、ポスターにもなっている「跪射俑」は必見です!
信「貂、伏せろ! 兵士がいるぞ!!」
貂「バカ、これは作り物だって」
 こんなやり取りで紹介されていますが、見事な作りでした。紀元前の時代に…? と思わずまじまじ見てしまいます。
 もう一つ、「龍」も見どころです。
 中華統一後、僅か15年で滅びてしまった為、「秦」としての展示物の数は少ないのですが、どれも見応えある見事な展示物が多いです。しかし、その後の「漢」以降の作品についても信や貂は生き生きと説明していましたが、その内心は複雑なんじゃ…なんて、ちょっと余計なお世話な事を思ってしまいました(^^;)
 時代は少し飛びますが、「唐」の時代になると、教科書等でもお馴染みのものが多く展示されています。
 特にこの時代になると、色が非常に鮮やかなものが多いですね。
 何かの壺の展示物の時、
信「見ろよ、この形、お前にそっくりだぜ」
貂「うるせぇ!」
 なんてやり取りがあって、ああ、確かにあの蓑虫形態の時に似ているなァ…と思いました(笑)
 そしてこの展示、一番最後の方にすんごいのがあります
 なので、最後までしっかり気を抜かずに見て下さい。見れば分かると思いますので詳細は割愛しますが、もう、びっくりです。
 そして、音声ガイドも最後まで聞くと、程良い余韻が味わえます。
 実は到着時間が遅めだった為、閉館時間ギリギリになってしまったので、少しだけ最後の方は駆け足になってしまったのが残念でした。
 時々休憩を挟みながらゆっくり見る場合、二時間は見た方が良いと思います。(でも、それ位結構あっという間です)

 キングダムファンの方は、是非音声ガイドを片手に、信と貂と一緒に古代中国の時代に想いを馳せながら回ってみて下さいませ。
 私は土曜の夕方に行きましたが、それ程混んではいませんでした。人は大勢いましたが、歩くのに困るという程では無く……。
 まだの方は、12/24まで開催しておりますので、是非! 今の時期なら、公園の紅葉も一緒に楽しめますよ。

 以上、「中国王朝の至宝」レポートでした。(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR