テラフォーマーズ(YJ53号)感想:待ってな、イイコで

 こんばんは、星野です。
 …という訳で、もうこの記事がアップされる頃には次のYJの発売日になっていそうですが(苦笑)今回もラストシーンが色んな意味で衝撃的だった「テラフォーマーズ」第29話の感想を行ってみます。
■第29話 STORMY RADAR 嵐の予感
 デスクワークも爆殺も。デキる女の休息(ブレイクタイム)
 久々に見たミッシェルさんの黒スーツ姿♪ こうして見るとホントにバリバリのキャリアウーマンに見えますね。
 しかしそんなスキの無い彼女の机の上に、ふと置かれた可愛いアリのマスコット
 私の中で更にミッシェルさん株が上昇しまくリングとなった瞬間でした(笑)
 ミッシェルさん…やっぱり可愛い…。普段は男勝りですが、内心ちょっと乙女ちっくなモノへの憧れとかあるのでしょうか。
 ――さて。
 本編はそんな暢気な事を言ってられない状況な訳ですが、先週のラストシーンから1時間遡り、そこでは燈とミッシェルさんが六班の救助やアネックスについて語っています。
 アネックス本艦にも早く向かわなきゃいけないですよね…。ゴキブリ達に奪われる前に…。
 …この台詞が、何か恐ろしく不吉な感じなんですが。
 まさかの、ゴキにアネックスを奪われる⇒ゴキ達地球へ… とかそんな展開……うん。普通にありうる気がしてきた……(汗)
 さて、ミッシェルさんの班は第一班を助けに行くと決めているのですが、しかし六班やアネックスも放ってはおけません。
 そんな中ミッシェルさんがした判断は、「5班のアドルフをアネックスに向かわせる」でした。
 通信を受けたアドルフはそれを了承。…バラバラにブッ潰したゴキ達と、なんかその目玉とかを普通に手で持ってるイザベラ姐さんを脱出機に乗せ、アネックスへと向かいます。
 ていうか、あの。
 第六班が普通に見捨てられたっぽいんですけど……(^^;)
 え…? どういう…!?
 しかしそんな私の疑問を尻目に、何故かゴキ達がレーダーに映るより早く回避しつつ脱出機を進めるという不思議な能力を発揮するアドルフは順調に車を進めます。やはり電気系の能力なのでしょうか(生体レーダー的な…?)
 何にせよ頼もしい…! と思った瞬間。
「離陸(と)ぶぞ掴ま――ン!? おいおい…!! 何…!!! でだ よッ
 アドルフさん冷静沈着なキャラだと思ってたら意外とテンパってる(笑)
 しかしそれも無理はありません。アドルフさんのゴキレーダー(?)にも引っ掛からず、突如横合いから現れたのは、他班の脱出機。急いでハンドルを切るも間に合わず、思い切り体当たりを受けたアドルフの脱出機はそのまま崖下へ転落、くぼ地のような場所に押し込まれてしまいます……。
 キングダム的に考えると、どう考えても嫌の予感しかしないこの地形。
「ここはマズイ!!! 押し返すぞッ!!」
 やっぱりアドルフもヤバいと思ったのか、どうにか脱出機を崖上へ戻そうとしますが、そこへ何者かの狙撃が…!!
 脱出機のタイヤを撃ち抜き、走行不能にしたのは、火器を手にしたゴキでした。
 何お前、無駄にカッコ良くポーズとかキメてんだよ……!!
 お前がそんなポーズキメた所で冴羽さんには遠く及ばないんだよ!?
 それはさておき、アドルフ達の脱出機に体当たりをかました車のナンバーは4。つまり、例の中国のモノです。
 まさか裏切りじゃあ……ないよな?
 その可能性を口にしつつ、上を見上げるアドルフ。
 その頃、燈とミッシェルはアドルフ達の事を心配していました。何故ならちょっと前の通信で、不穏な知らせが入っていたからです。
『本艦墜落地(集合場所)へ向かってくれ。至急だアドルフ――。中国や、ロシアよりも早くだ』
 この時点で、どうもミッシェルさん的には中国&ロシアを小吉が言っていた「内通者」的なモノと疑っているような感じがしますね。
 ここでもかすりとも出て来ないローマ
 …え…なんで? ジョセフさんが嫌いだからとかですか…? いやいやいや(笑)
 きっと「あそこは強いから大丈夫」と信じての事、とそこはポジティブシンキングするとして。
 その中国が全滅めつめつめつ…していた、との報告を受けたミッシェルさん。多分ね、と付け加えた所に、アドルフも何かあると思っているのかも知れません。
 ただ、判別不能の焼死体&バッジとIDタグは第四班(中国)のもの、という報告には、更に何か不穏な気配が立ち込めます……。
 第四班の死体が本物な場合にせよ偽物な場合にせよ、あまりロクな話ではありません。
 まず焼死体、という事は普通にゴキに殺されただけとは考えにくい。…となると、人間側に裏切り者がいてそいつらにやられたか、若しくは。
 火器を得たゴキ達にやられたか……。
 アドルフ達の車を見事な狙撃でゴキが走行不能にした辺りを見ると、後者の線が強いのか…!? バグズ2号の時も、銃で殺されたメンバーとかいましたし(汗)
 そしてそのアドルフ達は今、大ピンチでした。…もう完全に李牧の策にハマッてしまった感じです。
 第四班の脱出機から天井をはね上げて出て来たのは、例のムキムキゴキ。
 そしてくぼ地にハマッて動けなくなったアドルフ達の脱出機には、ゴキの大軍が……。こいつはヤバ過ぎです。…柄ぁかわすしかねぇ…!! ( ;゜Д゜)
 もう完全に絶望的な状況です。…しかし、強気に微笑みさえ浮かべるイザベラ姐さんがカッコ良過ぎる。カッコ良過ぎて死兆星が頭上に輝いちゃう位……・゚・(ノД`)・゚・
 …というか、もう他の人達もこんな状況なんだから震えてねーでとにかく薬とか使って何とか戦えよ。
 エヴァは許しますが、他の男共、テメーらはダメだ。
 と思うのですが、そこは突っ込んじゃいけないのか…!?(^^;)
「…………待ってな、イイコで」
 今週のMVP賞な台詞を口にしつつ、エヴァの頭を撫でてアドルフと背中合わせに立つイザベラ。そんな彼女にアドルフは淡々と告げます。
「やることは1つだイザベラ。四班(中国)の脱出機を奪え。あの無灯火運転のデブからな」
「ウス」
 首筋に注射を打ちつつ(という事は彼女も昆虫型…!?)好戦的に笑う彼女。
 …これが一番輝いた瞬間になるのか……? ・゚・(ノД`)・゚・  否、まだ次号を見るまで俺は諦めないぜ!!
 そしてアドルフは。
「向こうのどう見ても300匹近くいるのは、オレが相手しよう」
 サラッと頼もしい台詞を口にしつつ、戦闘態勢に入りました。
 例によって「ギャングスターアイランド」の人達に見習わせたい位見事なフォームで火器をブッ放すゴキの銃に、何かとがったクナイ? 的なモノを飛ばします。
 その瞬間、ゴキの持つ銃が暴発し、ヒットマンゴキを一先ず黙らせる事が出来ました。
「…………あんまりよォ…寄って集って虐めるもんじゃないぜ…?」
 薬を吸引しつつ、ゆっくり服のジッパーを下げ…ますが、隠された下顎部分がなかなか出ませんね…(^^;)ミッシェルさんの胸並に隠してますね…。
 どう考えても「詰み」っぽい状況ですが、それでも戦うアドルフ。そんな彼の姿に重ねて、ミッシェルさんは言います。
「…信じるしかない…アドルフの強さと――人間の強さを…」
 
 帰りを待つ人のためなら人間(わたしたち)は、どこまでも強くなれる………。
 …このシーンについては、名歌「あの素晴らしい愛をもう一度」をBGMに見ようと思います。

 あの時、同じ花を見て、美しいと言った二人の 心と心が……
 今はもう通ってねええええええ!!! ・゚・(ノД`)・゚・

 帰る場所に、なんか変なのいる!!!(泣)
 彼方の地で、眠る赤子の隣で口紅をさす女性が一人。
 彼女はおもむろに左手薬指の指輪をはずし、赤子の傍を離れ………。
 誰だそいつは!!!
 可愛らしいくまのぬいぐるみの足元に、そっと光る結婚指輪。その意味する所は一つ。
「人間はな、弱いんだよ」
 かなたの裏切り。だが男は戦う。
 何もかも分かっていても。
 いつのまにか帰る場所に違う誰かが居座ってたとしても。
 それでも戦う男、アドルフ………。いやいやいや、アンタは十分強い!!!

 ていうか、何だこの生々しさは……。2巻の「イッヒリーベディッヒ」は一体何だったんだ(涙)
 オフィサーともなれば相当忙しいでしょうし、奥さんにも恐らく寂しい思いはさせていたでしょう。その後ろめたさ&奥さんへの未練もあってか、相手の心が離れて行くのを知っていても強く咎められず。奥さんは奥さんで、恐らく寂しさもあって別の男へフラフラと。
 うん、人間って弱い……。
 美しい記憶だった。…文字通り、過去のものなんですね…。

 ただ、人間は弱いけれど、だからこそ団結して助けあうのですし、それを知った上で強く在ろうとするものです。アドルフはこの状況でも決して自棄になっている訳ではなく、死に場所を求めて…的な感じもしないので、とにかく戦って、戦って、戦って、生き抜いて欲しいです……。
 ここで退場するにはまだ早いぜ…!
 そしてエヴァはあの…せめて変身を…!! そしてどうにか生き延びて燈達と合流&アドルフの心に奥さんがいる事を知りつつ健気に片想いとかそういう胸キュンな展開をくれー…!!

<追伸1> 
 …ところで、今回、イマイチ時系列が分かりにくい感じだったのですが、整理するとこういう順番でしょうか。
1.最初に襲ってきたゴキ達を殲滅後、ミッシェルの通信を受けてアネックスへ向かう
2.その途中で、例の全滅した第四班を発見。
3.その後、くぼ地に追い込まれる
 しかし第四班については、まだちょっと本当に「第四班」の死体なのか、も含めてまだ謎がありそうにも思えますね……。

<追伸2>
 あの赤ちゃんは恐らくアドルフの子だと思いますが(流石にアイツのじゃないよね…違うよね…!?)、さとすると、まさかのM.O手術後のベビー…!?
 これはバグズ1号→バグズ2号→アネックス1号編に続く続編の主人公か…!?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR