スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイト更新情報(12/9)

 こんばんは、星野です。最近、NHKドラマ10の「シングルマザーズ」というドラマにハマりました。
 いよいよ次回最終回なので、終わったらまたレビューを書きたいなー、と思います。

 さて、本日の更新情報です。
・「我的王国感想日記」に、第322&第323話のレビューをアップ。
 →ヒョウ公将軍が……(涙)やっぱり、武神来ちゃったなぁ……という感じです……。
 この上は、しっかりその戦いを見届けたいと思います…。

・「童実野ウォーカー」別館に「ナンバーズ81」のレビュをアップ。
 →シャークさんの水着姿だの腹チラ卓球だの、サービス満載の回でした(笑)
 普通にいい話でしたが、次回辺りからちょっとシリアス展開が来そうです。次回予告でも姿を見せていましたが、璃緒は何か特殊能力持ちなのか…!? 二人のお出掛けシーンにも注目したいと思います(笑)

 今回の更新は、以上です。
 それでは、初めましての方も常連の皆さまも、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

武神VS本能

こんにちは、すっかり冬になりましたね、いかがおすごしですか?

武神さんついに来てしまいましたね…
巷ではヒョウ公将軍死んじゃうんじゃないかと予想されてましたが、個人的には大怪我→引退はありえても、今回この場で死んでしまうのはないんじゃないかなあと楽観視しちゃってます。

武神さんに対してヒョウ公将軍が「小童」呼ばわりしちゃったせいもあるんでしょうけど。
(ヒョウ公将軍が「小童」とかいった瞬間ちょっとスカっとしちゃったのは内緒ですw)

まだまだこの戦い、李牧が描いてるシナリオの中だろうから、そうカンタンに合従軍は撤退はしてくれそうにないですよね。

中国王朝の至宝展のレポートも拝見させていただきました。
うちのほうは来年7月に開催されますが、信とテンの案内聞いてみたい…!w
九州で開催のときには星野様のおっしゃるようにじっくり見ていきたいです。

京都も楽しんでこられたようでなによりです。
京都はいい…色々見ても食べても体験しても楽しいところですよね。

我武神、降臨。

こんにちは、更新お疲れ様です。

いや~、予想通りの展開過ぎて嬉しいのか悲しいのか…。
死兆星が降臨寸前ですね…。
王騎と互角か、もしかしたらそれ以上の武力を誇るヒョウ公将軍ですので
武神さんがガッカリする展開にはならないとは思いますが…
武神さんを撃退する展開も想像できないのが悲しい(涙)
でもこの場面でヒョウ公将軍が退場になっちゃうとヒョウ公軍&飛信隊には
全滅という道しか残らない気がするので是非とも退場だけは回避して欲しいです。

しかしヒョウ公将軍は能力的にも年代的にも十分六将クラスの武将ですよね。
なんで昭王はヒョウ公を六将(選ばれれば七将ですが)に選ばなかったのか…
これはやはり「あいつ、本能型過ぎて何考えてるのか分からん」ってことですか?(笑)
裏切りはないけれど、何考えてるか分からんから戦争の自由はあげられないみたいな?

武神さんは確かに結局は「人間」という枠から逃れきれない存在だな…と
思いますね…求道者だけど人間臭い迷走してますしね。

純粋に武をひたすら追求。
↓王騎に敗北
王騎をひたすら追求。
↓王騎を討つも「天下の大将軍」という何やら凄い感じを体験
↓結果、試合に勝って勝負に負ける感じで王騎と決着
天下の大将軍って何なの?(悩)
↓燕将・劇辛を討つも偽物の天下の大将軍だった…(落胆)
↓秦将・ヒョウ公と対峙。本物っぽいよ!(期待)←今ココ。

ヒョウ公軍突破されたら…やっぱり山の民の登場で咸陽防衛かな…
とさすがに感じる今日この頃です。

No title

こんばんわ、最近塾帰りにコンビニでおつかいのついでに立ち読みするようになってしまいました。(単行本は買うんですみません、ゆるしてください…)

武神さんどうするんでしょうね、武神さんはヒョウ公さんからなにかを教わってほしいです。ついでに信も。

ヒョウ公さんにはこの後、鳳明くんとも戦う可能性もあるので死なないかな~とも少し思ってます。(しかし彼は男なのか女なのか…まだ私は、お前女だったのか、をあきらめていません!敵将でそのパターンはまだないですし)
いまだ副官がはっきりしない将軍も珍しいので、ここは信がそのポジションについて、一人前の将軍になるまでの上司として現役で元気に戦ってほしいです。王煎のダンナやお頭のもとに信がつくのは想像できません。

ヒョウ公将軍めっさガンバレ!

星野様、更新ご苦労様です

李牧の知略…ホウ煖を戦場に呼べる武神を操る術。
と思うとさすが李牧様!知略がハンパねぇッ!と思えます(いや、やっぱり思えません)

劇辛将軍の時も今回も李牧が仕掛けた知略は破られる→武神の武力頼み(知略終了)
軍司令としてはいいのかもしれないですが、戦場での知略はイマイチ評価しづらい…

そして僕らのヒョウ公将軍。危険な匂いは強烈ですが、何とか跳ね除けてください
信も覚醒してヒョウ公将軍とともに武神(自称)を撃退して欲しい…

更新お疲れさまです。

 ホウケンスタンバイ、確かに全然燃えない(笑)。
 星野さんの言う通り、ホウケンさんには火星でフォンフォンしてほしいです。
 じょうじ、じょうじ!
 我武神ホウケン也!
 ジョウジ!
 思う存分やってください(笑)
 大将軍を前にして、きっ貴様何者だ!というホウケンや臨武君の台詞に、ふっふっふっわしが男塾塾長江田島平八である。会話が成立する!

Re: 武神VS本能

nagiさま、こんにちは! 本当にすっかり寒くなりましたね。
こちらは風邪もひかず元気に過ごしております。

> 武神さんついに来てしまいましたね…
> 巷ではヒョウ公将軍死んじゃうんじゃないかと予想されてましたが、個人的には大怪我→引退はありえても、今回この場で死んでしまうのはないんじゃないかなあと楽観視しちゃってます。

……しかし、今週号では……(涙)
もう、早くも弔い酒の準備をしなきゃと思っている私です……。武神は…武神はなかろうが!! と張唐さん風に叫びたくなりました。

> (ヒョウ公将軍が「小童」とかいった瞬間ちょっとスカっとしちゃったのは内緒ですw)

ハイ、私もです♪ 流石ヒョウ公将軍! 歴戦の風格を持つ大将軍的には、武神と言えども所詮は「小童」ですね……。

> 中国王朝の至宝展のレポートも拝見させていただきました。
> うちのほうは来年7月に開催されますが、信とテンの案内聞いてみたい…!w

ハイ、是非是非案内聞いてみて下さいませ! お勧めです(^^)
本当にすごく見ごたえありましたので、期待してOKだと思います。

京都は本当に最高でした…! 今回はあまりのんびり回れなかったのが本当に残念です。
また行きたい…ッ! と思います。お土産選びだけで1時間や2時間は余裕ですし…。
紅葉も見頃でしたし、歩き倒しでした♪ また「そうだ、京都行こう」のノリで行きたいと思います。

寒い日々が続いておりますので、nagiさまもお身体に気を付けてお過ごし下さいませ。

Re: 我武神、降臨。

ふぃる様、こんにちは。
…本当に、予想通り過ぎて……。今週はますます輝きを強くしちゃいましたね、死兆星(涙)

> 王騎と互角か、もしかしたらそれ以上の武力を誇るヒョウ公将軍ですので
> 武神さんがガッカリする展開にはならないとは思いますが…
> 武神さんを撃退する展開も想像できないのが悲しい(涙)

そうなんです。良くても相討ちかなあ、と…。
恐らく重傷は与えても討ち取る所まではいかないのかなぁ…と思っています。
ただ、ヒョウ公将軍はれっきとした「大将軍」。武神さん的にきっと満足は出来ると思います…コイツが満足しても全然嬉しくないのですが(^^;)

> しかしヒョウ公将軍は能力的にも年代的にも十分六将クラスの武将ですよね。
> なんで昭王はヒョウ公を六将(選ばれれば七将ですが)に選ばなかったのか…
> これはやはり「あいつ、本能型過ぎて何考えてるのか分からん」ってことですか?(笑)
> 裏切りはないけれど、何考えてるか分からんから戦争の自由はあげられないみたいな?

それもあるかも知れませんが、やっぱりその……ちょっとばかり、犠牲が多いというのが…(^^;)
例え戦に勝利しても、基本的に損害度外視の戦い方をする人ですから、流石に昭王もそうそう「戦争の自由」はあげられなかったのではないでしょうか。
ただ、その豪快かつ鮮やかな戦いぶりは、「戦神」とも称された昭王的には好みだったかも知れません。
実はちょくちょく陣中見舞いに行ったり、仲は良かったのでは…? なんて妄想してしまいます。

> 武神さんは確かに結局は「人間」という枠から逃れきれない存在だな…と
> 思いますね…求道者だけど人間臭い迷走してますしね。

本当にそうですよね。実に人間臭い迷走だと思います。
それなのに自分を「武神」とか名乗って人間超えた存在だ! みたいに堂々と名乗れる所がある意味凄いとは思います…真似はしたくありませんが(^^;)
実際にそう名乗っても問題無い位の武力がある、というのがこの人の嫌な所ですよね。
今回、ヒョウ公将軍と戦って彼はどんな「答え」を見出すのか…? それも気になる所ではありますね。

コメントありがとうございます>西海さま

西海さま、こんばんは!
武神は、恐らくヒョウ公将軍との一騎討ちで、何かしらの「答え」を見出す事にはなるのかも知れませんね。勿論、信もまたその戦いぶりから多くのものを学ぶでしょう。
…ただ、確実にもうヒョウ公将軍本人は死兆星が頭上に煌めいてしまっていますが…(涙)

> ヒョウ公さんにはこの後、鳳明くんとも戦う可能性もあるので死なないかな~とも少し思ってます。(しかし彼は男なのか女なのか…まだ私は、お前女だったのか、をあきらめていません!敵将でそのパターンはまだないですし)

因縁の子ですし、やっぱり鳳明の操る「流動」との対決は私も見たいです。
…しかし鳳明には武神と言うコマはいませんので、普通に破られて普通に討ち取られてしまいそうな……(^^;)

> いまだ副官がはっきりしない将軍も珍しいので、ここは信がそのポジションについて、一人前の将軍になるまでの上司として現役で元気に戦ってほしいです。王煎のダンナやお頭のもとに信がつくのは想像できません。

そういえばその副官! …一応、出て来ましたね…今週で(泣)
しかし、同じタイプの武将の先輩ですし、ヒョウ公将軍の下で信にはまだまだ修行を積んで欲しい…とは私も思います(ヒョウ公将軍もあまり上下関係だの礼儀だのうるさくなさそうな人ですし、信にとってもやりやすい人だと思いますし…)王翦・桓騎の下につく姿は、確かに想像出来ませんね。
…特に桓騎は…。
残虐ファイトもアリな人なので、どう頑張っても馬が合わなそうというか。
王翦の下で、徹底的に緻密な戦い方を学ぶ、というのはちょっと面白そう…とは思います。
何にせよ、今後ヒョウ公将軍が信達に何を残して行くのか? それを見届ける展開になりそうですね……。

Re: ヒョウ公将軍めっさガンバレ!

鯉さま、こんばんは!

> 李牧の知略…ホウ煖を戦場に呼べる武神を操る術。
> と思うとさすが李牧様!知略がハンパねぇッ!と思えます(いや、やっぱり思えません)

ねえ、ある意味凄いですよね……すごいちりゃくだ!!(棒読み)
と叫びたくなります……。策が破られても、最悪武神召喚!! …幾ら本能型のヒョウ公将軍だって、こんな伏せカードまで感知するのは難しいですよね……。

> そして僕らのヒョウ公将軍。危険な匂いは強烈ですが、何とか跳ね除けてください
> 信も覚醒してヒョウ公将軍とともに武神(自称)を撃退して欲しい…

本当に、ばっさりやっちゃっていいですよ…と思うものの、ホウ煖の圧倒的な「武」を考えると、流石のヒョウ公将軍も厳しいだろうなァ…というのが現実(涙)
ただ、王騎将軍と同じく本物の大将軍であるヒョウ公将軍です。「大将軍」たるものの強さをしっかり見せつけて、信の心にも確実に残すべきものを残して欲しい…と願っています…。

Re: 更新お疲れさまです。

キートン様、こんばんは!
…ええ、全然燃えませんよね…。「武神、戦闘態勢」とか、一応カッコいい字面な筈なのに……。
寧ろ「帰れ」とか言いたくなるこの心境。
雷帝と武神、一体何処で差がついたのか……(笑)

>  じょうじ、じょうじ!
>  我武神ホウケン也!
>  ジョウジ!
>  思う存分やってください(笑)

いいですね。…ゴキ達も流石に逃げるんじゃないでしょうか…あのホウ煖を見たら(笑)
彼なら手術など無くとも余裕でノーマルゴキ位なら殲滅可能&紐ゴキとも普通にやりあえそうですし。思う存分、「武の証明」が出来ますよ! 良い事ずくめです!!
…ただ、ミッシェルさんみたいな強くて男前な美女を前にするとそっちにレーダーが反応しそうなのが困った所ですが……(^^;)

> わしが男塾塾長江田島平八である。
ああ、本当に成立しそうです(笑)
ホウ煖みたいなタイプの人は、どんな相手もこの人が来たら黙る他無い!! …という位、圧倒的な存在感を示す人間にガツンと鼻っ柱をへし折られて欲しいものです…。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。