新年5・6合併号テラフォーマーズ感想:これが、俺たちのアドルフッ…!!(※1/5 加筆・修正版※)

 こんばんは、星野です。
 今週は、冒頭の特集&編集のアオリが熱いです。…もう、なんていうか。
 ラインハルト様、火星をお取り下さい!!!(笑)
 この一言です。…パネェ…2位パネェ…!
 一度怒ったらマジパネェ……((((( ;゜Д゜)))
 奥さんと間男はアドルフさんが帰って来たら取り敢えず怒られる前に謝罪した方が良いのでは…。アシモフさん位スタイリッシュなDOGEZAをキメて謝れば、きっと優しいアド君は許してくれると思うんだ……。
 しかし何より、ラストのこの台詞にヤラれました。
 ……濡れると危ない……って…言っただろう…。
 この台詞を聞いて濡れずにいられるか!! 私の目も拭いてくれー!!!
 それと、今週は「WxY」もやってくれました。お正月から初笑いをありがとうございます、マドカマチコ先生!「続きから」、「WxY」と今週の「テラフォーマーズ」を語ります♪
■WxY
 頭から尻尾に至るまでテラフォーマーズネタ…! 凄過ぎる(笑)こういうノリ、好きだ…!!
 扉絵のオフィサーっぽいポーズキメてる皆さんカッコいいですね。
 千早ちゃんのハートブレイク・タッチダウンの破壊力は凄過ぎです。千早ちゃん! 祐木君倒してもダメだから! ゴキを倒さなきゃ! …しかし、こんな可愛いゴキなら一匹位いても見逃してあげたい…いや、ダメか(^^;)例えシャツをインする微妙なセンスでも可愛い…!
 それにしても、「まだ原稿避難させてないでしょうがァァ―――!!」と言い、祐木くんの羽根触角→AS技術と言い、先生分かってらっしゃる。
 次回、ゴキを倒してひと段落…と思ったら火星のじょうじが登場→燈達が出張出演して「お騒がせしましたー」と捕獲して行くシーンが橘先生の絵で出て来たりして? とひっそり思いつつ、後編もあるみたいなので次回を楽しみにしたいと思います。「ゴキブリなら熱に弱い筈だ」とか言ってポットでお湯持って来る人いないかな…。
 そして「テラフォーマーズ」の方でもコラボしてくれたら面白そうだなあ、と思いました。流石に本編では無理ですが、扉絵とかで横田先生の愉快な職場をメインキャラ皆で再現してみるとか(笑)
 小吉が横田先生ポジションとして…色々考えると面白そうです。

■第33話 THUNDER STORM 第5班の雷電
 ……傷だらけの雷神は、何度でも立ち上がる!!
 単騎、雷神が疾(はし)る。

 編集のアオリも熱過ぎですが、本編も熱かった……。

 アドルフさん。
「ああ、別に紹介しなくていいです。こっちも覚える気ないんで」
 とか言ってませんでしたっけ……?
 エヴァ。ワック。エンリケ。サンドラ。フリッツ。アントニオ。レイシェル。ジョハン。ミラピクス。
 ……皆ちゃんと覚えてるじゃないですか!! ・゚・(ノД`)・゚・
 猫耳奥様の名前がサンドラ。それにレイシェルさんも何気に可愛い…エヴァと言いイザベラ姐さんと言い、ドイツ班も女性のレベル高い!
 それとあの…ミラピクスさんが、男性か女性かがイマイチ分かりませんでした(苦笑)
 可愛いし女性? とも思いましたが、髭っぽいの生えてる気もするし…どちらなんだろう…。地味に気になるコマでした。
 それはおいといて。
 何だ、わざわざ1ページ半も使っての無駄に美しいフォームの薬吸引は!!(笑)
 美しい軌跡を描いて夜空を舞う粉薬。吹っ飛ぶ安全装置の数々。何かの必殺技みたいだ……!
 3巻第14話での薬の摂取ポーズが懐かしい(遠い瞳)あの時とは違う意味でキメちゃってるよ!!
 そしてフリッツさんが凄く心配しているんですが、薬は用法・用量を守ろうぜ!!
 ダメだ、班長ぉおおおオオ!! 

 しかし、雷神は立ち上がる…! 仲間達をこの窮地から脱出させる為。
 それを阻むゴキ達に、雷という災いを振りかざし……!!

『主は雷と雹をくだされ、稲妻が大地に向かって走った』

 …正直、もう、ダメだと思いました。
 ああ、引用来ちゃった……。こうなると、引用っていうより引導だよね……ああ…悲しい…と。
 しかし。
 それでもこの見開きのアドルフ・ラインハルトは正に「雷神」のド迫力!! 回想で犬を優しく撫でていた少年の面影がどこにも無ェッ……!!

「エヴァ――車の中にいろ」
 それでも、巻き込んでしまうからとエヴァだけでも車の中へ避難させようとするその声は優しく、腰が抜けちゃった様子の彼女は、何とか車内へ戻れるだけの気力を得られたみたいです。
 そのまま背を向けたアドルフは、まずはノーマルゴキを裏拳一発で殴り飛ばしました。
 …ていうかあの…すみません、ミッシェルさんも真っ青な破壊力なんですけど…(汗)
 何すか…電気ウナギってそんな筋力とかは強くないですよね…? これはツノゼミのお陰なんでしょうか。それとも矢張り、薬の過剰摂取でその辺も強化されているのか?
 軍人だから格闘能力に秀でてても別におかしくないと思いますが、この打撃の威力はビビりました。

 そのまま手裏剣を片手に複数本。
「オラァッ!!!」
 …と、もはや完全にキャラが変わってるとしか言いようのない気合一発、足で力強く大地を踏みしめると、発生した稲妻は吹っ飛ばしたゴキ+その巻き添えを食ったゴキ数匹を巻き込み、彼らをその電撃で焼き尽くしました。
 続いて降り注ぐ手裏剣の雨が次々とゴキ達にブッ刺さり、発生させた稲妻にゴキ達を巻き込んでいきます。為す術もなくなぎ倒されるゴキ達。しかし彼らの受難は続きます。

『主がエジプトの地に雹を降らせると―――雹が降り、その間を絶え間なく稲妻が走った』

 恐らくは自らも感電しながら、尚闇を疾る閃光を背にゴキ達の元へ歩み寄るアドルフ。
 
 これが彼の怒りと悲しみ。
 これがアドルフ・ラインハルト。
 これが『2位』。

 先週号では人差し指だったのに、今回は完全に中指になってる!! (((( ;゜Д゜)))
 ちょちょっ……彼の怒りと悲しみ、破壊力凄過ギングなんですが!!
 ナウシカの姫姉様も引きますよ?
 北国の強者・ロシア班の皆様方も怒らせちゃヤバいですが、こっちはこっちで別な意味でヤバい…怒らせちゃあかん……!!
 そう言えば、エヴァも燈がうっかりシーラちゃんが艦長にラヴなのをバラしてしまった時、なんか「目が笑ってないですね」なヤバい怒り方をしていました。…ドイツ班は基本そういう感じなんでしょうか。普段は優しくて大人しめだけど、キレさせたら土下座するしか無いよ的な……。

 そしてこの一連のシーン、よく見ると顔や指に細かい斑点みたいなものが見えるのですが、これは安全装置の一種なのか、それとも電気鰻の特徴? 的なものなのか、ちょっと気になります。

 それはともかく、ゴキ達の群れを薙ぎ倒し、彼が向かったのは将らしきハゲゴキが佇む崖の真下。
「退いてもらうぞ。この軍(むれ)を」
 おおっ、キングダム式「大将をやれば他は逃げ散る」法則が火星でも…!
 しかし流石にちょっと崖上のハゲゴキ達とは距離が…? と思いきや、そんなものは美し過ぎる薬の過剰摂取&彼の怒りと悲しみの前には零に等しかった……!!
 全身の力を振り絞って投げた手裏剣は、真っ直ぐにハゲゴキ達の元へ。
 しかし、その傍にいた旗持ちのムキムキゴキは、その手裏剣を旗で防いでしまいました。
 ここで入るナレーション。

 "知っていること"は武器である。

 成る程、奴らはここで手裏剣がアドルフさんの遠距離攻撃を可能にしている道具だと知った、と。
 そんな武器まで付けなくてもいいじゃありませんか!! ・゚・(ノД‘)・゚・

 ――人類(ヒト)にたった一つだけ、最も優れた武器があるとしたら……。
 それは事前に"恐怖"し、どんなに怖くて得体の知れないものでもそれを知り対処できる事であろう。

 それは嘗て、アドルフさんがエヴァにも言った台詞ですね。
 いやいやいやいやいや、でもゴキ達までいいじゃん。そんなん無くてもいいじゃん!!!
 いい加減にしろよナレーション…! と思っていると。

 "彼ら(テラフォーマー)"の知能はおそらく計り知れないものであるが――彼らにはそれが無かった。
 雷の全てを識ってはいなかった。

 …お? これはもしかして……。
 マルコスの時の「最速であ」みたいな感じで、ゴキを上げといて…的な奴ですかね??

 落雷の日には絶対に立ってはいけない場所がある。
 閃きは神明の如く冴えても、火星には"師"はいなく、また、"書"も無かった。
 そして、"樹"が無かったから、樹木の真下とその『半径』――『4m以内に走る衝撃』
 人類はそれを『側撃雷』と呼ぶ――。
 テストには出ないでしょうが、覚えておいて損はなさそうですね。

 ていうかすみません。
 「樹木の真下」はダメだ、というのは知っていたのですが、半径4mの方は知りませんでした…。
 寧ろ高いものが近くにあるから、避雷針になって助かるって思ってました…。
 やばい…そんな私は雷の日は外へ出ないようにするのが一番安全みたいです(汗)

 確かに、短時間でアドルフの手裏剣を何かヤバいものと察知し、瞬時に防ぐ(しかも自分で直接触らないよう、旗を使って)所などは、燈も言ったように凄まじい脅威だと思います。
 しかし、やはり「戦い始めて日が浅く、経験や知識が無く、そして恐怖を知らない」彼らでは、その圧倒的なスペックを以てしても越えられない限界の壁がある……!!

 お前の手裏剣なんてこんなモンだよ? ハイ、もうこれで終了ねー。
 とでも言いたげなハゲゴキ&その側近ゴキ。
 しかし。
 全ての力を出し尽くしたのか、地に膝を付いていても、アドルフ・ラインハルトの目は死んでいない!!
 旗から半径4m以内。
 彼らが悠然と立つそこは、既に側撃雷の射程範囲内でした。

『雹は野のあらゆる草を打ち、野のあらゆる木を打ち砕いた』

 地震、雷、火事、オヤジ。
 昔っからおっかねーモノ四天王に数えられる、雷を嘗めるなよ!!!

 落雷、その威力は実に…6億V。そんなモノにぶっ叩かれた日には、それこそ神懸り的に打ち所が良くない限り、当然――即死です。
 全身から煙を放ち、完全に白目を剥いてブッ倒れるハゲゴキ。
 …あれだけ調子こいて出て来ておいて、僅か2ページでザ・消し炭
 リオックとか。某火炎放射器並のミイデラゴミムシさんとか。…人間側だって「おおっ強え!」というのが瞬殺というのは良くある話なのだから、ハゲゴキ3号だってこれ位あったって別に良いでしょう。
 3号がいたって事は、4号以降がいても全然不思議じゃありませんし……。

 そしてそれを見たノーマルゴキ達は、「網」を放してそのまま逃げ散りました。
 …こういう所を見ると、変に軍隊っぽい統制がとれてしまったが故に、ゴキ本来の脅威が逆に失われてしまったように思いました。
 バグズ1号・2号時代の統制が取れていない時のゴキだったら、そもそもハゲゴキがどうなろうが構わず殺しに来そうな感じですし。こいつらが良くも悪くも人間じみた進化をしていて良かった…と、ここは思うべきなのか…。

 静けさを取り戻したくぼ地。
 ゴキ軍団が去り、網から出た隊員たちと、車から出たエヴァが目にしたものは……。

『亜麻と大麦は壊滅した。大麦はちょうど穂の出る時期 亜麻は蕾の時期だったからである』
 見渡す限り、白煙を吐いて横たわるゴキ達の屍と。
『小麦と裸麦は壊滅を免れた。時期ではなかったからである』
 自分達が、生き延びたという現実と。
『町を出ると 両手を広げて主に祈った』
 ………全力を尽くし、ゴキ達を焼き尽くして倒れるアドルフさんの姿………。
 その閉じられた瞳は、果たして……!? いやだよ班長ぉ…やだよぉおおお!! 
「…は…班ちょ…」
 良く見ると、アドルフさんからも煙が…(汗)やっぱり、スーツの下は全身火傷を負ってしまっているのでしょうか。呆然と傍らにへたり込み、動かぬその身体に泣きながら呼びかけるエヴァ。
『すると』
 その頬を、そっと撫でる優しい手がありました。
『雷も 雹もやみ』
 頬を伝う涙をそっと拭い、脱出時にエヴァを赤面させたあの台詞が、彼女の耳朶に心地よく。
「……濡れると危ない……って…言っただろう…」
 うっすらと開かれる瞳、そして口元には優しい微笑み。
 すみません、アドルフさん。
 もっと濡れちゃいますよ!!! ・゚・(ノД‘)・゚・
「…は…っ…っよかっだ……」
『大地に注ぐ雨もやんだ』
 ――『出エジプト記』より、抜粋。

 でも、当分エヴァの雨はやまないぜ!!
 エヴァみたいな美少女キャラに、涙どころか鼻水まで垂らさせるなんて……責任取っちゃいなよもう!!(泣)
 6億Vの怒りと悲しみと、そしてゴキ達が去った後の優しさに。
 文字通り痺れたぁ!!!
 これが、俺たちのアドルフッ…!!
 
 今週の壮絶な戦いっぷりにシビれましたので、第2部1話の某実況風に一言。
 信じられな――――い!!!
 アドルフ・ラインハルト、まさかの大逆転勝利だァ―――!!!
 やはり ゴキブリと雷は相性が悪かったか――っ!?


 アドルフさん…。ほんとにこれは濡れます。…濡れるしかない…。男も女も涙でビッショビショだよ!!
 雨も雹もやんだ後、そこには穏やかな微笑み。…あれだけ痛々しい傷痕があるのに見つめずにはいられないです。何気に魔性の微笑みだと思いました(笑)

 ところで……。
 巻末の次週予告でちょっと不安になったのですが、流石にもう一旦第5班は一息ついて次回からはそろそろ第6班だよね。と信じています。
 ここまで生き残った者には、最後まで生き残る権利があるだろうから…みたいな台詞を別作品のラインハルト様だって言ってたし!!
 なのに。
 今週話のラストの次回予告は「次号、巻頭カラー!! この夜は明けるのか」
 巻末の次回予告は「圧倒的電流で戦うアドルフだが!?」
 …あの…なんで疑問形なんですかね…?
 いやいやいや、もう戦闘終わったじゃん!? 「圧倒的電流で戦った」の間違いだよね!?
 巻末の次回予告のアレは、たまぁにYJでもやらかす「それ、今週のあらすじじゃないですか…」というヤツだと信じたい…ていうかそうですよね……。
 でないと、安心出来ないだろうがよおおォォォ――!!(泣)

<追伸1>
 元々雷を呼びやすい天候だった事もあるのでしょうが、これはちょっとハンパねェ!!
 ただ、正直オフィサークラスはこれ位出来ないと、ゴキ達とのパワーバランスが取れないし…丁度良くね? とも思いました。これ位出来たって、まだ難易度MAXな状況じゃあないですか!!
 そして、マーズ・ランキング1位のハードルがメッチャ上がりました。
 これを超えるんですよね…1位は…?

<追伸2>
 今回、冒頭で名前を呼ばれたドイツ班の皆さん+故人となったイザベラ姐さんを入れて、ドイツ班は11人みたいですが、ちょっと少ない?? と思いました。
 元々アネックス1号は100人。単純に6で割れば1班で16、7人になるはず。
 火星到着前に5人亡くなっているので、彼らがどこの班にいたかによって多少少なくなったり…はあるかもですが、それにしても少ない(「せぼねのつるぎ」となった人は確かマルコス班、シャワー室の女の子も多分中国班、と考えると、他が全員ドイツ班のメンバーだったとしても元々14人という事に)
 班は地域別に分けてるので、人数にバラツキがあるのは仕方無いのかも知れませんが、戦闘員的にも非戦闘員的にも、ドイツ班…人手が足りてない気がするのは気のせいでしょうか……(泣)
 うん、せめてオフィサーがこれくらい出来ないと、やっぱりどう考えてもバランス取れて無さ過ぎる…。

<追伸3>
 ティンに続いて今回二度目の「出エジプト記」からの引用でしたが、ちょっと興味を持って調べてみると、モーセがエジプトを脱出するまでの物語みたいですね。
 アドルフさんの雹&雷の部分は、ティンの蝗の前の「災い」でした。
 他の幹部達も引用を背景に大暴れ、なシーンがありそうですね。

<追伸4>
 5班は一旦一区切りだよね…? と信じていますが、何故か一抹の不安がよぎるのが「テラフォーマーズ」のクオリティ(汗)
 ただ、今までのパターンからして「現実は非情である」パターンをやるなら、それこそひと段落した! →次のページでえええーっ!? …って感じで終わる筈。(シーラの時とか思い切りそのパターンですし)
 それに、流石にこれだけ話数を使って「やっぱダメした」or「実はどこかから様子をうかがっていた人間側の裏切り者に…」とかだと、ちょっと引っぱり過ぎな感じもしますし。
 それにそろそろ、第六班の動向や第一班、それにバーでの七星&本多博士の話も気になります。
 ……ていうかすみません。本音をぶっちゃけますと。
 せめて、ここではまだ第5班の皆は生かしたげて!!! ・゚・(ノД‘)・゚・
 彼らだって「まだ時期ではなかったからである」という文が重なっていたことからして、いつかは…とは思うんです。アドルフさんも、いつかは「アドルフ・ラインハルトの生涯も、あと1ページ」となる可能性もあるとは思うのです。でも、まだ、今じゃなくてもいいよね…いいと思うんだ……!!(泣)

<追伸5>
 しかし、アネックス1号へ向かっていた第5班がゴキ達に集団戦法で襲撃されたのは偶然とは思えませんし、ミッシェルさんが危惧している通りで敵はゴキ達だけではなさそうですね…。
 もしかしたら各班の通信も傍受または妨害されてたりして、SOS発信自体、罠とかそういう可能性も考えられる気がします。
 実は第一班も第六班もSOSなど出していないけれど、裏切り者がそれを偽装して、他班を撹乱しようとした、とか。
 けれどミッシェルさんは5班にアネックスへ行くよう命じたので、ならばとゴキ達を誘導(どうやってやるのか知りませんが…)し、5班をまずは叩こうとした。
 …というのもあり得るのかな? と…。(そんな真似をした所で、人間側のメリットは? とは思うのですが^^;)
 ミッシェルさん達にしても、SOSのあった地点へ行ってみたら誰もいなくて、そこにはゴキ軍団が待ち構えてました…とかありそうで怖いです。
 とにかく、ゴキ達が集団戦法を使って各個撃破を狙ってるのは明らかなので、戦力の分散は危険ですね。第5班もアネックス1号へ向かうのは一旦やめて一度ミッシェルさんの班と合流→第6班へカメラを切り替え…という感じでお願いしたいです(汗)

<追伸6>
 しかし、死んだのが確認されていないムキムキゴキの残り二体+逃げ散ったノーマルゴキ達は、恐らくこれで「雷」の脅威を知ったと思うので、やっぱり後が怖いですね。
 もしかしたらあのハゲゴキ3号が死に際に卵を産んでいて、電撃に耐性を付けていたり、またはその対策がインプット済みの新たなゴキが産まれたりとか…。
 いっそ、逃げ散ったあいつらはもう総大将(?)のハゲゴキ1号辺りに
「貴様ら、儂が手塩にかけて育てた3号を見捨てておめおめと逃げ帰っただと…? どの面下げて戻って来たァ!?」
 とか怒られて、制裁されてくれないかな……。
 流石に、電気にまで耐性付けるとかは勘弁して下さいよ……(汗)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

W×Y+G!

 おぉ!やっぱり星野さんもW×Yに反応した(笑)
 僕もW×Yはツボでした。
 読めば読むほど随所にテラフォーマーズをパクっている。マドカマチコ先生お見事です。
 羽根ペン頭に、広島県、アシスタント技術背景作画型、かっこいい。
 メダカハネカクシゴキブリがテラフォーマーズ本家から出張している(笑)。
 最後に貧困系男子をパクって童貞系男子ときた。

 テラフォーマーズ本家の方は、名前覚える気がないアドルフさんが全員の名前呼んでいるのがやはりツボでした。続くかっこいい薬吸引シーン。
 落雷→6億ボルト→即死である。
 前回の星野さんの期待通りティンさんの時と同じく『引用』で来ましたね。エジプト記。
 マーズランキング1位、ハードル高い(笑)。
 他マンガとのコラボはキングダムでやってほしいかも。腕を斬られたヒョウコウさん、実は死んでなくて、防衛自切、再生、手がホウケンの顎を貫く、中華ランキング3位、MO手術甲殻類型、タスマニアンキングクラブ(上海蟹でもいい)、ヒョウコウというナレーションが見たい(笑)。

良くぞ生き残ってくれた

よく無事で・・・ッ!(´;ω;`)
エジプト記が出たときはいよいよかと思いましたが・・・ってかエジプト記好きだなあ先生ww
また良い感じの文章があるっていうね(・∀・)

そして編集公認で俺たちのになってて吹いたww
アドルフは俺たちの嫁(`・ω・´)


そして真っ先に頭を潰しに行くアドルフナイス(`・ω・´)b
手裏剣を落とせば安心だと思った?残念!「自然」ナメんなよ!

ハゲゴキ起き上がらないよな・・・
少なくともマッチョは死んだだろうし、6億ボルトに耐えられる生物なんてそうそういないはず。
今回のハゲはオフィサーのかませになったと考えれば退場でも問題ないですね( ´・ω・)

それに1と6班が心配で・・・(´;ω;`)

Re: W×Y+G!

 キートン様、こんばんは。
 WxYはツボでしたよね(笑)

>  羽根ペン頭に、広島県、アシスタント技術背景作画型、かっこいい。
>  メダカハネカクシゴキブリがテラフォーマーズ本家から出張している(笑)。
>  最後に貧困系男子をパクって童貞系男子ときた。

 本当に、最初から最後まで、バッチリパロしてくれましたよね。それとよく見たら祐木くんが持っている殺虫剤、「レッドPRO」とか書かれていて、微妙に「マーズレッドPRO」に掛けてると思われます。お正月から滅茶苦茶GJでした♪ 後編も期待したいです。
 特にAS技術等のプロフィール欄が最高でした。祐木くんはマーズ・ランキングだったら何位に入れるのでしょう……(笑)

>  テラフォーマーズ本家の方は、名前覚える気がないアドルフさんが全員の名前呼んでいるのがやはりツボでした。続くかっこいい薬吸引シーン。
>  落雷→6億ボルト→即死である。

はい、冒頭からなんかもう、涙で濡れそうでした。皆の事情や趣味とか、そういうのもキッチリ覚えてそうですね。「出エジプト記」の引用は痺れました。
マーズ・ランキング1位のハードルが上がりまくりです。
そして、他のオフィサーの薬上乗せ+引用のシーンも期待したいですね。

>  他マンガとのコラボはキングダムでやってほしいかも。腕を斬られたヒョウコウさん、実は死んでなくて、防衛自切、再生、手がホウケンの顎を貫く、中華ランキング3位

「せっかちな奴じゃのォ」とか言いながらブスッ! とホウ煖の顎を貫き「また痩せてしまったわい」と再生した腕を見つめるヒョウ公将軍とか…怖すぎです(笑)
獣の如き勘に圧倒的な武力、それに再生とか甲殻類の装甲まで身に付けたら、最早無敵です…。

Re: 良くぞ生き残ってくれた

螢一さま、こんばんは。
アドルフさん、二つ目の誕生日プレゼント「生存」を貰えて何よりでした……。(涙)

> また良い感じの文章があるっていうね(・∀・)

本当に、よく見付けてきますよね。思わず気になって調べてしまいました。
「十戒」のモーセが民を連れてエジプトを脱出する物語なんですね。

> そして編集公認で俺たちのになってて吹いたww
> アドルフは俺たちの嫁(`・ω・´)

編集もノリノリでしたね(笑)そうだ、アドルフは俺たちの……え、嫁? ……いえ、嫁で合って……アレ?(笑)奥さんは今頃になって、気が気でないかも知れません。
「いかんな…皆がアドくんの隠れイケメンに気付いてる…やっぱマフラー返して貰わなきゃ」
取り敢えず、エヴァに頑張れと言いたい今週号のラストでした(笑)

> そして真っ先に頭を潰しに行くアドルフナイス(`・ω・´)b
> 手裏剣を落とせば安心だと思った?残念!「自然」ナメんなよ!

「キングダム」みたいな展開だ! と思いました(笑)ゴキ達が軍隊みたいに統制が取れているからこそ取れた戦法ですね。
幾らなんでもハゲゴキ…立ちあがりませんよね…?(汗)
予告とかを見ると若干不安になるのですが、流石にもう無い!! と言いたいです。
私も1班と6班が気になる&七星さんと本多博士のバーの会話も続きが気になります。
ミッシェルさんにもそろそろ会いたいですし、火星には中継カメラを複数個取り付けたいですね。

お遊戯「てらふぉーまーず」

あけましておめでとうございます。
穏やかに年末年始過ごせたようでなによりです。
今年もよろしくお願いします。

すみません、タイトルの「これが、俺たちのアドルフッ…!!」が
「俺たちの『アイドル』」に見えてしまい、
「うんうん、アドルフはもうテラフォーマーズ作品内のアイドルだよね」とか納得してた自分です。
メガネの度数があってないのかもしれません、眼科行ってきます。

アドルフは一応の勝利はしましたが、しばらく戦力の低下はまぬがれないので、今後のドイツ班の運命が心配です。
生き延びて欲しい…


「WxY+G」のインパクトすごかったですね(笑)
どこ切ってもテラフォーマーズ一色。
このまま後編もあますことなくテラフォーマーズパロディ突っ走って欲しいです。
千早ちゃんが祐木くん倒しちゃったし(しかもこのときの千早ちゃんの「雑魚め」とかいいたげな表情がいい)
戦力低下しちゃってるんで、鷲尾女史とあいみちゃんも早く合流してほしい…!

ところで、千早ちゃんの衣装が幼稚園児のお遊戯衣装みたいでかわいいなあ、とか思ったんですが。
なんかうまくいけばテラフォーマーズのオフィサー衣装より安価で手作り製作できそう。
頭部分と羽さえ自作できたらあとはユ○クロやらでそろえられそうですし。
(アドルフ役用には小道具大量に用意しないといけないし。地球側は小道具多くて大変。)

Re: お遊戯「てらふぉーまーず」

nagiさま、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。m(__)m

> すみません、タイトルの「これが、俺たちのアドルフッ…!!」が
> 「俺たちの『アイドル』」に見えてしまい、
> 「うんうん、アドルフはもうテラフォーマーズ作品内のアイドルだよね」とか納得してた自分です。

……大丈夫です。
他に「アドルフは俺たちの嫁」というご意見もあった位なので。
アドルフは皆のアイドルです。何も間違っていませんとも!!!(笑)

> アドルフは一応の勝利はしましたが、しばらく戦力の低下はまぬがれないので、今後のドイツ班の運命が心配です。

そうなんですよね…。あの状態では戦うどころか脱出機の操縦も出来るか謎&薬は暫く使えないと思いますし。手裏剣も使いきったっぽいですし。(後でゴキ達の死体から回収→磨いてまた使い直すのか、脱出機の中に一応予備はあるのか不明ですが、アレがあると無いとじゃ制圧力がかなり変わってしまいますよね)イザベラ姐さんが去ってしまった今、第5班の戦闘員はアドルフさんだけなので、何とか無事にこの場から逃げ切って、一旦第二班と合流して欲しいです。

> 「WxY+G」のインパクトすごかったですね(笑)

はい、新年早々やってくれた!! の一言でした。マドカマチコ先生、グッジョブです。

> 千早ちゃんが祐木くん倒しちゃったし(しかもこのときの千早ちゃんの「雑魚め」とかいいたげな表情がいい)
> 戦力低下しちゃってるんで、鷲尾女史とあいみちゃんも早く合流してほしい…!

千早ちゃんの表情良かったですよね。…オフィサーを連れて来ないと勝てない…!!
しかし、オフィサーコートを着ている横田先生も所詮は童貞系男子なので勝てそうもない(笑)
ここは鷲尾女史又は愛美ちゃんに頑張ってもらう他無さそうですね。

> ところで、千早ちゃんの衣装が幼稚園児のお遊戯衣装みたいでかわいいなあ、とか思ったんですが。
> なんかうまくいけばテラフォーマーズのオフィサー衣装より安価で手作り製作できそう。
> 頭部分と羽さえ自作できたらあとはユ○クロやらでそろえられそうですし。

可愛いですよね。(^^)まさに幼稚園のお遊戯会に出て来そうな衣装でした。
確かにアレなら、安めの予算で自作出来そうな気がします。そしてそんな可愛い格好なのに、胸がボインな千早ちゃん、色んな意味で破壊力絶大です。シャツをインしていようと関係無いですね。
次回も楽しみです。何故か千早ちゃんがゴキ側に寝返って(?)祐木くんをタッチダウンしてしまった今、童貞系男子・横田先生達に反撃のターンは来るのか!?
人類は、負けたままでは終わらない……!! 筈(笑)

マジかよ、、

結局アドルフ殺すんかいっ!!泣
自分も含めエヴァと一緒にめちゃくちゃ胸を撫で下ろした読者満載やと思うんですが、、
神推しキャラやっただけに残念過ぎる。。
アドルフだけはアカンてー!!
これ作者クレーム出そう(´Д` )

Re: マジかよ、、

Azさま、初めまして。
私も、今週号を読んで唖然となりました…。
語り尽くせないくらい残念で……。
ただ、お気持ちは分かりますが、クレームとかそういったちょっと物騒な発言は御控下さいませ(^^;)
お願いします。。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR