サイト更新情報(1/6)

 こんにちは、星野です。
 いよいよ明日から本格的に仕事始めモードに入る方も多いでしょうか。
 年末からお正月は日本酒オンリーだったので、そろそろワインが恋しくなった私は、取り敢えずドイツワインで乾杯してみました(笑)
 さて、本日の更新情報です。
・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第326話「うまい酒」のレビューをアップ。
→ヒョウ公将軍、見事な生き様です…!
 大仕事の後の一杯は格別に美味い酒になるもので、若干ながらヒョウ公将軍の気持ちは分かる気がします。正に「この一杯の為に生きてる!!」人生でした。今はただ、信達の勝利を信じてあちらで美味い酒を飲んでくれと……(涙)
 そして壁のあんちゃんの株が大幅アップ! 呂不韋の株価が大幅にダウン!!
 昌平君の株がどちらへ向かうのか分からない中、肆氏も微妙にアップしているという忙しい話でした。あの状況でまた二週間待つのは辛いです。

 本日の更新は、以上です。
 初めましての方も常連の皆様も、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。m(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

連続で失礼します。更新お疲れ様です。この状況で二週間はきついですね。前の合従軍撤退と違って余韻にも浸れずに2週間というのは。

信の台詞はおそらく全キングダムファンの疑問の一つを代弁してくれたように思えましたね。お頭や旦那と違い昭王の時代から白老らと同じように戦ってきた上に王騎将軍に直々に褒められた人物が何故含まれていないのかという疑問を答えてくれてありがたかったです。
あと壁副官、よくぞ暴走する信を止めてくださって感謝です。超GJ。

んで、今回のメインディッシュである呂不韋の謀略。やつならやりかねンが戦場のほうに気が向いて正直眼中になかった。出しゃばって現場の足引っ張らなけりゃいいやと思っていたがそんな生易しいもんじゃなかったぜ。
う~んここで肆氏に期待したいところですが私は羌カイの方に期待しましょうか。”朱凶ら”といっていたから朱凶だけだと楽なんですがひょっとすると号馬やら堅仙やら赫力とかも出てきているかも。
となると以前星野様が93話「正体」で
>今後羌小姐の配下として活躍しちゃったりとか……、するのでしょうかね。
と書いていたように朱凶族長の燕呈に期待したいですな(いればの話ですが)羌カイが朱凶に手回しして大王に手を出すなとか工作してほしいところ。まぁ昌平君が一人残らず撫で斬りしそうな気もしなくもないですが(笑

最後にこのピンチで咸陽へ駆けつけられる将軍となるとお頭くらいになるんですがまとまった兵力込みになるともはや山の民の楊端和様しかいないわけで、この状況をどう打破するのかとても楽しみです。

では失礼します。ありがとうございました。

コメントありがとうございます >紅蓮さま

こちらの記事にもコメントありがとうございます!
…本当に、この状況で二週間はキツいです……。

> 信の台詞はおそらく全キングダムファンの疑問の一つを代弁してくれたように思えましたね。
> あと壁副官、よくぞ暴走する信を止めてくださって感謝です。超GJ。

本当に、あそこは私も気になる所だったので、よくぞ聞いてくれた! といった所です(笑)
……そして、壁がよくぞ信を止めてくれた、と心底思います。こういう時、ちゃんと諫めてくれる人がいる信は、本当に上司・周囲に恵まれていると思います。廉頗の言う「百の幸運」にバッチリ恵まれていますね。

> んで、今回のメインディッシュである呂不韋の謀略。

本当に、足を引っ張るなんて生易しいモノじゃありませんでしたね……。
何となく何かやらかすだろうとは思っていましたが。。羌小姐も実は若干気にはなっています(仰るように、燕呈とのやり取りもありましたし)…今は趙にいるし本人が来るのは難しいでしょうが、燕呈とのやり取りが何かしらの形で活かされてくれれば…と思っています。
それ位でないと、現状では朱凶ら暗殺集団から政を守るのは難しいでしょうし(昌平君が刺客相手にまさかの無双をしてくれたらそれはそれで面白いですが/笑)

> 朱凶だけだと楽なんですがひょっとすると号馬やら堅仙やら赫力とかも出てきているかも。

そう言えば、確かに「朱凶ら」って言い方でしたね(汗)
呂不韋の事ですし、確かに彼らを読んでる可能性もあるかも……。
だとすると、ますます刺客集団絡みで羌小姐辺りに期待するしか無い…といった感じでしょうか…。

お頭は流石に函谷関を離れられないでしょうし、王翦も流石にここまで来たらいきなり現れるのは厳しいでしょうね。…となると、矢張り山の民でしょうか…。
ここまで来たら、秦軍だけで守って欲しい気もしましたが、端和様がここで満を持して登場したら、やっぱり燃えるシーンになるでしょうね。
しかし外側からは李牧&武神が、そして内側では呂不韋が政の暗殺を目論んで…と、秦は依然大ピンチですね。次号の展開がどうなるか、本当にハラハラします。

星野さま、更新おつかれ様です。

回想とはいえ、ヒョウ公将軍の台詞がまた聞けて、新年から喜ばしい限りです。
でも今回のメインはやっぱり壁さんのライトニングストレート! 信の顔、ひしゃげちゃってますよ(°д°;;)
基本戦術、矛術に続き、拳闘術のアビリティも獲得されたのですね。足場の不安定な馬上からなのに、パンチの切れ、よし!(うむ最高によい)な感じです。 この人どこまで強くなるんだろ…。

リョフィィの暗殺計画は、成出陣のフラグですかね。王宮の中にいて暗殺者に狙われるより出陣して軍中にいた方が安全とか。

昌平君のジョブ属性は「軍師」ではなくて「ボードゲーマー」ですから…。
そもそも軍総司令のいる王都なんだから2~3万はいるだろうと…南道浸入の一報を受けた時点で出撃してれば、有利な地形の確保+ヒョウ公軍と挟撃で楽勝のような…か、考えないようにしましょうかね(汗)

そんな秦国総司令への不満と2週間待ちの悲しみは、シュトロハイムの声優の人でなんとか癒されている今日この頃です。

No title

いや、今回も怒涛の展開になりましたね!

ヒョウ公との回想シーン、戦場に生まれ落ちたシーンはとなりの爺いと並ぶ迷シーンでした^^;

しかし、ある程度予想はしていましたが、ほんと今回の戦は「世代交代」の戦になっちゃいましたね(><

老将はことごとく去り、新たな力が次々台頭し、、、

そんな中、王宮勢力も一つのターニングポイントになりそうですね。

管理人様の言うとおり、ここで呂不韋の浅はかな?行動が、四柱始めとする呂不韋勢力との関係に変化をもたらす気がします☆

信達は政暗殺を未然に防げるのか、そして端和様の登場はあるのか。

2週間は長い^^;

閑話休題

あれ以来すっかり音沙汰ないですが、蒙恬、ちゃんと無事なんでしょうね^^;

No title

恐らく読者が全員思っていたことをついに聞いてくれましたね(;^ω^)
どう見ても六将級で蒙武や王翦達の様に若いわけでもないのに、なぜか六将入りしていなかったヒョウ公。
その理由はシンプルでしたね(。´-ω・)男らしい。。。

ってか昭王もやっぱり呼び出しかけてたんだ・・・華麗にスルーされたけどw

そしてやはり大事な場面で信を導いてくれるのは壁のあんちゃんですね(`・ω・´)
たとえ道を間違えそうになっても、殴ってでも目を覚まさせてくれる人がいるってのは、信は仲間にも恵まれている(*´ω`)
もちろん信の人柄のおかげでもありますが(・∀・)

数は減れども飛信隊が帰還すれば戦力にはなります(`・ω・´)
ヒョウ公将軍が命を張って武神の片腕をぶち折ってくれましたし、ここからは昌平君の腕の見せ所ですよヾ(・ω・`*)

その前にどうにも臭い商人あがりをとっちめなくてはいけないですが・・・(。´-ω・)

コメントありがとうございました >でぞうざ様

でぞうざさま、こんばんは!
回想シーンだったのが悲しかったですが、やっぱり好きなキャラの姿を拝めるのは嬉しいものですね。

> 基本戦術、矛術に続き、拳闘術のアビリティも獲得されたのですね。足場の不安定な馬上からなのに、パンチの切れ、よし!(うむ最高によい)な感じです。 この人どこまで強くなるんだろ…。

ほんとに、壁さん強くなりましたよね……。蛇甘平原の時が嘘のよう…。
信にも見事な気つけの一発になったんじゃないかな、と思います。
正に、パンチの切れ、良し! でしたね。

> リョフィィの暗殺計画は、成出陣のフラグですかね。王宮の中にいて暗殺者に狙われるより出陣して軍中にいた方が安全とか。

政出陣はほんとにアリかもですね…。王宮の中よりまだ戦場にいた方が安全ってどういう事なんだ…と思いますが、このまま玉座にいたら確実に朱凶に…って事になりかねませんし…。
ここで士気をがっつり上げて株価アップ! ってのも見せ場かなあ、なんて思ったりします。

> 昌平君のジョブ属性は「軍師」ではなくて「ボードゲーマー」ですから…。
> そもそも軍総司令のいる王都なんだから2~3万はいるだろうと…南道浸入の一報を受けた時点で出撃してれば、有利な地形の確保+ヒョウ公軍と挟撃で楽勝のような…か、考えないようにしましょうかね(汗)

い、言っちゃダメですよね……これはダメですよね……。
私も、チラッと思ってしまいましたが、でもやっぱり考えたら駄目ですよね……。
「考える時間が残されてない」とか言ってないで、とにかく何とかしてくれー!! って感じなんですが……ボードゲームやってる場合じゃありませんし。
昌平君、ここで本当にちょっとは株を上げるような働きをして欲しいな…と思います。呂不韋イイィィィは自分の身を守る事に走りそうですし、期待出来無さそうな感じなので……。
そしてこんな状況で命を狙われている大王様も、ここは一発頑張って欲しいですね。
来週までが本当に長いです。

コメントありがとうございました >うえでん様

うえでん様、こんばんは。
戦場に「産まれ落ちた」シーンはちょっと笑ってしまいました……。(^^;)
まさにおぎゃあと産まれた時から戦いの人生だったのでしょうけど、母親が凄く気になる所です。

> しかし、ある程度予想はしていましたが、ほんと今回の戦は「世代交代」の戦になっちゃいましたね(>< 老将はことごとく去り、新たな力が次々台頭し、、、

本当ですね……。
山陽攻略戦もそういう一面がありましたが、今回の合従軍編もまた…という感じがします。
そしてこんな時にさっさと自分の保身を考えてしまった呂不韋。
王宮の政争にも、影響がありそうですよね。

> あれ以来すっかり音沙汰ないですが、蒙恬、ちゃんと無事なんでしょうね^^;

……そう言えば…気にはなっているのですが、あれから全然出て来ませんよね……。
信と「美味い酒を持って来たから一緒に飲もう」なんて思いっきり危ない台詞を言っていましたが、合従軍編がひと段落したら、取り敢えず一命は取り留めて、お見舞いがてら軽く一杯…なんてシーンが欲しいです。
ただ、あの傷…。武人生命に関わっていなければ良いのですけど…。
これで、傷を癒す為一時的に文官に転向→信との関係もあって政と関わりを持つようになる→政陣営に入っちゃう…とかそんな感じで、王宮の政争に一役買う、というのも面白いかな…なんて思っています。
蒙恬は相当なキレ者でもありますので…。

コメントありがとうございました >螢一さま

螢一さま、こんばんは。
やっぱり気になりますよね> 何故六将に入っていなかったのか??

> ってか昭王もやっぱり呼び出しかけてたんだ・・・華麗にスルーされたけどw

そして、華麗にスルーされてもお咎めなし、という辺りに、やっぱりなんだかんだで昭王は六将には入れなかったにせよかなり気に入ってたのかな? と思いました。

> そしてやはり大事な場面で信を導いてくれるのは壁のあんちゃんですね(`・ω・´)
> たとえ道を間違えそうになっても、殴ってでも目を覚まさせてくれる人がいるってのは、信は仲間にも恵まれている(*´ω`)
> もちろん信の人柄のおかげでもありますが(・∀・)

今週の熱いシーンの一つでしたね。
そうですね、運、というだけではなく、壁みたいな良い仲間が集うのは信の人柄があればこそ…ですね。
自身も泣きながら信を諭す壁のあんちゃんを見てるとほんとに泣けて来ます……。

> 数は減れども飛信隊が帰還すれば戦力にはなります(`・ω・´)

はい、少なくとも、あの士気だだ下がりな咸陽にとっては多大な戦力になると思います。
折角これだけ兵力を残して咸陽へ向かってくれているのですから、昌平君は頑張って欲しいですよね。
暗殺者集団も何とかしなければなりませんが、昌平君もここは軍総司令として腹を括って戦って欲しいです…!
そして呂不韋の顔面にも「目を覚ませ馬鹿者!!」と、拳をブチ込みたい私です……。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR