スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王ZEXALナンバーズ85感想:シャークさん登場の仕方かっこ良過ぎいいいィィィ!(笑)

 こんばんは、星野です。
 前回、シャークさんとのデュエルで精神的にも完全復活! を果たした遊馬。
 新年早々バリアン勢との本格的な戦いに突入です。そして、新年一発目からいきなり笑わせてくれた(いや、カッコ良かったですが^^;)シャークさんに乾杯しつつ、ナンバーズ85の感想です。
 ※今回も、出番自体は少ないのでブログの簡易版です。
■ナンバーズ85 疾風迅雷のカウンターバトル! 決意の闘士アリト
 シャークさんとのデュエルで精神的にもバッチリ復活! し、無事に退院して学校へも行けるようになった遊馬。
 …しかし折角学校へ行くってのに、いきなり遅刻しそうになっているとは……(^^;)
 ただ、明里姉ちゃんも春ばあちゃんも、ホッとした顔をしていましたね。
 何気にばあちゃんの「バカがバカに戻って良かった」的な台詞は深いと思いました。確かに、「らしくない」状態がずっと続くというのは、色んな意味で本人にとって良からぬ状態が続いているという事ですから……。

 ――その一方で。
 例の体育館倉庫では、ギラグとアリトが妙に深刻な顔をしています。
 あんなに熱烈なファン(?)になっていたと思しき蝶野さなぎちゃんが移るテレビを足で踏み壊し、「もう俺達には後が無い」と暗い顔で呟くギラグ。…理由は、例のミザエルの出現でした。
 いや、でもぶっちゃけミザエルも初仕事でいきなりターゲットをカイトさんに変更しちゃった位だし、まだ大丈夫じゃね…? とか思ったのですが、二人にとってミザエルが来たという事は、それだけ「もう後が無い」という状況になった事を意味するようです。
 まあ、色々やって失敗してしまっているギラグはまだしも。
 ぶっちゃけ一回も仕事らしい仕事をしていないアリトにチャンスが残されてないとか、ちょっと早くね…?(^^;)と思わずにはいられませんが、あの様子ではアリトはまともにナンバーズ回収作業をしてくれそうにないですし、様子見の時間が無駄になるだけ…かも…??
 しかし、「もう後が無いから」と手段を選ばずナンバーズを回収をしようとするギラグに対し、アリトはあくまで正々堂々、一対一で戦って遊馬からナンバーズを回収するつもりでした。互いにバリアンの為にナンバーズを回収する為にこの世界に来た筈なのに、全くの方向性の違いから対立する二人。……登場当時は、ギラグがこれだけ手段を選ばない系のリアリストだとは思わなかった…(^^;)見た目的には、明らかにアリトと同じタイプに見えるのに!!
 ――こうして、ギラグはギラグでナンバーズ回収の為、登校途中の遊馬に狙いを定めます。
 一方、そんな事は知る由もなく、途中で一緒になった真月と学校を目指す遊馬。…そんな彼の前に、突如バリアンに操られた生徒達が襲いかかります。
(真月を巻き込む訳には行かねえ…!)
 決して臆病になっている訳ではないけれど、仲間を巻き込みたくないという思いで逃げを選択した遊馬。…しかし大抵こういう時は、ますます逃げ場の無いとこに追い込まれるというのはお約束。
 果たして、なんか人気のないコンテナが乱立する倉庫街チックな所へ追い詰められてしまいました。
 こうなっては、最早戦う他ありません……。

 その頃。
 学校では、璃緒が小鳥ちゃんに朝のご挨拶です。
「小鳥さん、おはよう」
「璃緒さん! おはようございます」
 ……あの、小鳥ちゃん。
 隣に、シャークさんもいるんだけどな…(泣笑)
 シャークさん、結局妹を置き去りにして学校へ来たのは璃緒の復帰一日目だけで、それ以降は璃緒と一緒に登校する事を余儀なくされているのでしょうか(^^;)いかにも「仕方なく一緒にいる」感じを醸し出してるのがこの年頃のリアルなお兄ちゃんだなあと思わせます。
 遊馬は今日から登校。…けれど今頃遅刻してるんだろうなぁ…なんて微笑ましい話をする小鳥。
 そんな小鳥に笑いかける璃緒ですが、不意にその様子が一変しました。
 また、例の予言です。
「遊馬が、危ない」
「何だって?」
 …今まで全く女子二人の会話に入って来ようとしなかったシャークさんですが、遊馬が危ないとなれば話は別。そしてもう、全く彼女の予言を不審とも思わず聞いてる所に、やっぱり適応能力パネェと思いました(笑)
 そして、この璃緒の予言。……もしかしたら彼女自身が予知しているというより、誰かが彼女の身体を借りて言わせているような感じがしました。
 目つきや口調も明らかに違いますし…。じゃあ、誰が? と言われても、「知らん、管轄外だ」としか言いようがないのですが、彼女のこの能力、もしかしたらトロンのカードで傷つけられた影響というだけではないのかも……?

 ――ともあれ。
 こうして、追い詰められた遊馬の元へ三人の頼もしい仲間が助っ人に駆け付けます!!

 ………無駄にカッコ良くコンテナを飛び越え、遊馬の前に颯爽と現れるシャークさん。
 …うん、なんか色々凄かった。逆光を背に、凄いポーズで来てた。
 カッコいい筈なのに、何故か笑ってしまった……。新年早々、初笑いをありがとう(笑)

 そして二人目は、遊馬の後ろから。
「容赦は致しませんわよ!」
 いつもの様子に戻った璃緒。その腕には勿論デュエルディスク!
 そして。

 ………なんか一人だけ、フライパンを持ってる女子がいるんですが。
 あの……小鳥ちゃん…それ…何?
 フライパン持って何する気……ねぇ、何する気ィィィ!? (((( ;゜Д゜)))
 先生! この中に一人だけリアリストがいます!! いいんですか!? これはいいんですか…!?
 まあ、ギラグも物量作戦というリアリストな作戦で来てるから、これはこれでOK…なのか?

 という突っ込みはさておき。
 ピンチの主人公に、仲間達が駆け付ける。王道ですが、やっぱり…。
 熱い!!!
 BGMの「宿命のデュエル」がまた一層この場面の熱さを盛り上げる…! 遊馬、真月、シャークさん、璃緒、小鳥ちゃんと間違いなく遅刻は確定でしょうけど、これは仕方ない!!
「朝の運動に丁度いいぜ」
 なんて軽口叩いてバリアン勢を相手取って戦ってくれるとか、何と言う頼もしい姿…!
 パジャマで登校しちゃうようなお茶目さんでも、やっぱりかっこ良過ぎングだぜ、シャークさん!
 そしてデュエルでも期待を裏切らない活躍です。…嬉しい…新年早々彼の勇姿を拝めるとは!!
「オラァ! ボサッとしてねぇでかかってこい!」
 久々登場のビッグ・ジョーズで敵を蹴散らしつつ、流石のド迫力で雑魚達を薙ぎ倒すシャークさんがかっけぇ……! そしてビッグ・ジョーズがまだ彼のデッキで生き残っていたのが嬉しい…!!
「さあ! 次はどなた!?」
 シルフィーネの攻撃をキメつつ、やっぱり雑魚達を薙ぎ倒す璃緒も凛々しい!
 神代兄妹は二人揃ってかっこいいですね。
 そして相変わらず、フライパンを構える小鳥。
 …スポーツデュエル大会では、一応ちゃんとデュエルしてたじゃん…(操られてはいましたが)。
 せめて、あの時のデッキ位持って来ようぜ………(^^;)

 しかし、如何に奮戦しようと多勢に無勢。この状況に業を煮やしたのか、目の前に現れたギラグは、遊馬と一緒にいた真月まで洗脳してしまいました。
 スポーツデュエルの時は一緒にタッグまでしちゃいましたが(笑)、そんなギラグがバリアンの使者だったと知り、呆然とする遊馬。
「まだわかんねェかな」
 と言いつつ「バリアンズ・フォース」のカードを出すギラグの台詞は、今まで半ば以上ギャグ要員状態だったギラグの印象をガラッと変えました。
 冒頭での「もう後が無い」という台詞からもそうですが、切実さが滲み出てますね。
 そして真月。
「…良かれと思って」
 いやいやいや、君が洗脳されても何にも良くならないからね!?
 こんな時までそれを言うなや!!(笑)何? 何かノルマでもあるって言うんですか!?
 そしてあの…物理的に羽交い締めにされた状態で、多数の生徒たちからのモンスターの攻撃って……これはデュエルなのでしょうか?
 色々おかしいよね!? 違うよね!?
「こんな数のモンスターに攻撃されたら…!」
 とかアストラルは言ってますが、それ以前の問題だから!!
 動けないデュエリストにターンは回って来ない的なアレですか!?
 シャークさんも璃緒も、そして小鳥も、数多の雑魚に阻まれている状態。…いよいよ万事休すと思ったその時。
 ――アリト登場。
 遊馬に襲いかかる雑魚達を掃討します。…なんで流血しているのかが極めて謎でしたが、そこは…あの…バリアンの力による何かなんだと思っておくことにしました。
 そんなアリトは、ギラグのやり方を批判。
 堂々と遊馬とデュエルをして、ナンバーズを回収する、と宣言します。そんなアリトに、手段なんか選んでられないんだと言い放つギラグ。
「我々の使命を忘れたのか!」
「忘れてなどいない!」
 しかしこの遣り取りには、激しく違和感を感じました。
 …なんかさ…蝶野さなぎちゃんにハマッてたりしたよね…。
 小鳥ちゃんにホレたり、遊馬が天使になったりしたよね…。
 使命とやら、すっかり忘れてたように思えたのは気のせい………?(ボソッ)
 ただ、アリトの「お前のやっている事はデュエルじゃない! とっとと失せろ!!」は、凄く同意でした。…うん、どう考えても、あれはもうデュエルじゃなかった……。
 ただ、バリアン世界も何か切羽詰まった状況らしい所を考えると、手段を選ばずナンバーズを回収しようと動いているギラグさんがそこまで責められるのも、ちょっと気の毒…? と思ってしまうのは、私がリアリストだからなのか(--;)
 ともあれ、アリトがバリアンであった事もここで発覚。
 ギラグはともかく、明らかに気の合うライバルになりそうだったアリトまでもがバリアンだった事を知って、遊馬も少なからずショックを受けているようです。
 しかし、事態はそんな遊馬の気持ちにお構いなしに進み、アリトはバリアンズ・スフィア・フィールドを展開。ここまで来たら、シャークさん、璃緒、小鳥ちゃんも見守る他は無く、遊馬とアストラルの二人で立ち向かうしかありません。
 互いの存在を賭けたデュエル。
 アリトが負ければアリトが、そして遊馬が負ければアストラルが。
 どちらにしても、確実に何かを失うデュエルになってしまいました。…今までは、勝てば何とかなるケースだっただけに、復活したと思ったらなんかいきなりキッツイ戦いです…。
 しかし、まだ救い(?)があるとするなら、アリトがあくまで正々堂々としたデュエルを挑んで来た事と、「楽しもう!!」と言ってくれた事かも知れません。
 デュエルは楽しんでやるものだ、というのが一番の信条である遊馬にとって、その言葉は少なからず気持ちを楽にさせてくれたのではないでしょうか。
 結果がどうなっても、とにかく今は全力でデュエルを楽しむ。
 遊馬にも、今は迷いや躊躇はありません。
 かくして、遊馬VS.アリト、二戦目が幕を開けました…!
 今回は解説・シャークさんでお送りする模様です(笑)

 ところで今回のデュエル、伏せカードオープン! の応酬で、やっぱりデュエルはこうでなくっちゃ! というハラハラワクワク感がたまりません…! お互いのキャラらしさが全面に出てますし。
 最初の攻防は取り敢えずアリトに軍配が上がりましたが、遊馬のタクティクスも決して悪くなかったですし、しょっぱなから全力投球! なデュエルだと思います。
 …しかしそんな中、妙に不穏な動きが。
 バリアンズ・スフィア・フィールドの影響か…?
 アストラルが、妙な痛みを覚えています。……おい……大丈夫なのか……アストラル……?(汗)
 前回のミザエル戦でも、皇の鍵の中での休養を必要とする程のダメージを受けていましたし、Dr.フェイカーが展開したフィールドとは、やっぱりちょっと違うんですかね。
 次回はアリトもNo.105を出す&本当の姿になって戦うみたいですね。遊馬もゼアル化するみたいですが、アストラルへの影響が若干懸念されます。
 互いに全力を出し合うデュエルの結果は、果たして…!?
 どんな結果になろうと、遊馬には前を向いてかっとビングして欲しいと願いつつ、次回もシャークさんの解説を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。