テラフォーマーズ特集―俺たちのアドルフ班長編―(8/2更新)

 こんにちは、星野です。
 未だに「電気」だの「鰻」だの「AED」だのといった言葉を見ると、顔の下半分を襟長の服で隠した哀愁漂う横顔を想い浮かべてしまう今日この頃です。
 エヴァだけでも生き残ってくれれば、彼が護ろうとしたものを少しでも護れた事になりますし、「ダイの大冒険」のアバン先生的な回想シーンでの登場もあったんだよなぁ…などと未だに未練がましく思うものの。
 続きから、2012年末~2013年年明けにかけて、本当に熱い激闘を見せてくれたアドルフさんを偲びつつ、特集記事を集めてみました。
 今後は「アドルフさんは生きている」…という燈の言葉を心の片隅でひっそり期待しつつ、小吉達の回想にも期待したいと思います。

※多分、今後も何かあれば突発的に記事を加筆して、時々浮上させると思います…。(^^;)
2013/8/2更新分
 →もうすぐ単行本6巻も発売される&てらほくんグッズが当たった記念に。アドルフさんの魅力の一つ、かっこいいポーズの数々を集めた記事を追加。
 戦場ではイイ奴から死ぬ。…これはジンクスとかそんなモノではなく、ちゃんと理由があっての言葉なんだなぁ…と改めて分かったエピソードでした。
 イイ奴だからこそ、班員達を見捨てられず「皆助ける」事を選択した。そしてそういう人は、当然無理をしなきゃならない訳で…。生き残れる確率がより低くなってしまうのは必然でした(泣)
 人間の身勝手で付けられたものであったにせよ、「それ」のお陰で、せめてこれ以上何を奪われる事も無く人間として逝けたのは、火星の神が、そんな彼に与えた僅かな慈悲だったのでしょうか。
 いや、正直、もう一声プリーズ。と言いたいのですが(涙)せめて、エヴァ位は…生き残らせてくれてもいいじゃんよ、と。
 それでも年末年始にかけて、オフィサーに恥じない熱い激闘、生き様を魅せてくれた、優しく哀しく強い雷神・アドルフさん。…今はゆっくり休んで下さい…。

※別途記事に纏めた項目については記事へのリンクを貼っています。(別記事については他の記事と区別する為、日付を過去にしてあります)

<アドルフさん個人データまとめ>
フルネーム:アドルフ・ラインハルト
所属:U-NASAドイツ支局
身長、体重:180cm 88kg
髪と瞳の色:金髪、薄いグリーン(※第34話カラーでブルーだと思っていたのですが、単行本5巻により、実は「薄いグリーン」である事が判明。何故だ! 金髪にアイスブルーの瞳、じゃダメだったんですか!! いや、薄いグリーンもそれはそれで、素敵ではあるのですが…ッ)
M.O.手術:"魚類型" 手術ベースはデンキウナギ(ツノゼミによる身体強化はなし)
手術ベースの異名:「闇を裂く雷神」
薬の摂取方法:粉末状の薬を鼻から吸引。通常時と過剰摂取時で異なる。
  通常時…小型のケースから直接、又は手の甲に薬を乗せて吸引
  過剰摂取時…薬を空中にバラ撒いて華麗なフォームで吸引
マーズ・ランキング:2位
生年月日:西暦2593年12月25日
年齢:27歳
家族:両親(バグズ手術に失敗して死亡)、妻(絶賛浮気中)、息子(M.O.なし。限りなく黒に近いグレーゾーンだったが、第37話のドイツのバーサンの台詞によりアドルフさんの子供ではない事が確定)、ドイツ・南米第5班のみんな
特技:料理全般(→萌えた!!)
能力:
 -薬未使用時(?):広範囲レーダー
 -通常摂取時:特殊な手裏剣使用&直接触れる事による電撃攻撃(出力調整により、食道下神経節を破壊しての捕獲も可能)、セルフAED。
 -過剰摂取時:リミットオーバーギガデイン、裏拳一発でノーマルゴキを吹っ飛ばす腕力、脚で地面蹴っただけで広範囲感電、落雷誘導による6億Vの衝撃、電磁バリア
性格:基本無口で冷静、不器用な一面もあるが、本当に心根から優しい。但しキレるとキャラが変わる。
属性:ツンデレ(ただし、デレの部分がバレッバレな為、本当の意味で「ツンデレ」と呼べるか謎)
イケメン属性:隠れイケメン。
アオリ・ハシラでの異名:雷帝、雷神、俺たちのアドルフ、優しき我らが英雄
初登場シーン:
 単行本2巻第3話「FRIEND 共鳴と同盟」P.103 最後のコマで、エヴァを連れて登場。
初台詞:「……あぁ。小町艦長」
個人的に好きな台詞:
「あぁ、別にいいです紹介しなくて。こっちも覚える気ないんで」
「Ich liebe dich」
「――恐ろしいか、エヴァ。どんなに恐くても、それを知ろうとする事は 大切だ。オレ達人間にたった一つ生まれ持った武器があるとしたら――死ぬ間際だけでなく事前に恐怖を感じ、自覚し、対処し、"作戦を立てられる"能力(こと)だ。オレたち『幹部乗組員(オフィサー)』は、『テラフォーマー(コイツ)』の倒し方を知っている。実際に防衛線を張るのは幹部(オレたち)。お前たちの任務は主にウィルスの調査だ。大丈夫だエヴァ。任務は100人がまとまって遂行する。99人の仲間がいる。お前1人の恐怖にも100人で対処する」
「拭いとけ。濡れると危ない」
「何…!!! でだ よッ」
「……さて。やることは1つだ、イザベラ。四班(中国)の脱出機を奪え。あの無灯火運転のデブからな」
「―――そうだな…別に望んでそうなった訳じゃないし……ただの実験だろうし、何の役にも立たないけど――けど、そうやってオレの人生と関わったヤツは何であれ――…好きだよオレは」
「待ってろ…ッ 今助ける…!!」
「道(そこ)を……退け!!」
「……濡れると危ない……って…言っただろう…」
「こいつらをッ 護る!!」
「必ず救い出し! ワクチンを造り! 地球へ――地球へッ。地球へ還る。そうしたら…きっと、そうしたら――もう 嘘をつかないで生きよう」

 色々抜き出すとキリがありませんが、どれが一番となると「恐怖を感じ、自覚し、対処し、"作戦を立てられる"能力(こと)だ」この台詞が一番好きかも知れません。
 あんなゴキ達の大軍を前にして一歩も怯まなかった彼が、「妻の浮気」に対して何の「対処」も出来なかった。…その「恐怖」とは向き合えなかった、という所に哀しさを感じます。
 きっと地球へ還っていたら、その恐怖とも向き合えたのだろうと思うと、又目が濡れて来る…(涙)

備考:
 アネックス1号オフィサーの中では、小吉、ミッシェルさんに続き三番目の登場。
 基本的に手をポケットに突っ込んでいる描写が多い事もあり、結婚指輪を付けているかどうかが謎だった。…のですが、単行本5巻のカバー下で、ちゃんと付けていた事が判明。…切な過ぎて泣けました。
 第49話現在、小町艦長が昼間からブッ続けで100体以上倒している事が判明している為、単独でのゴキ撃墜数がトップかどうかは微妙。ですが描写されたゴキの死体の数や、彼の戦い方が一度に多数のゴキを倒せる事を考えると、未だにトップクラスと言って問題ないと思います。マーズ・ランキング2位&オフィサーに恥じない強さ、そして人間の意地をしっかり魅せてくれました。
 普段、襟長の服で隠された素顔が明らかになったのは第30話。「雷帝、戦闘態勢(アドルフ、スタンバイ)」のアオリと共に。このコマのカッコ良さは異常…!!!
 マーズ・ランキング15位以内の者は武器の携帯が可能、という設定を明らかにした。(アレックスが使っていたボールも、どうやら専用の武器のようです。彼のランキングも12位でしたし)
 スーツの胸ガードの部分にちょこっと模様あり。隠れオシャレ派。
 コートにも手裏剣が装着されている為、ロングコートを脱がずに戦う。何気に幹部のケープ付きコートのデザインは好きなので嬉しかった。裾をはためかせてゴキ達を殲滅する姿は正に雷神。本来は動くのに邪魔だからコートの裏にはそんな沢山手裏剣は仕込まないようにして、使い切ったらさっさと小吉やミッシェルさんみたいに脱ぐのが正解とか、そんな突っ込みは野暮というもの。その辺の邪魔臭さを差し引いても尚問題無い位の格闘能力もあるのだろう、という事で…。(^^;)実際、ゴキの棍棒の一撃を普通に避けて感電させる描写もあった点から、素早さや格闘能力にも優れていると思われる。
 また、戦闘開始時には開いていたコートが、第28話のラストシーン及び第32話冒頭ではキッチリ前が閉まっているのが、アシモフさんの両腕土下座程ではありませんが少し気になりました。(28話のは、武器バレを防ぐ為、という意味もあったので仕方ないかもですが…)32話では、その後エヴァに引き摺られるシーンでいつの間にかまた前が開いているので、せめて32話冒頭の分については開いた状態にしておいた方が…と思いましたが、結局単行本でもそのままでした(苦笑)

<別記事での特集>
・第28話~35話までのアオリ・ハシラ集
・ドイツ・南米第5班メンバーまとめ
・ぶっちゃけイザベラさんをムキムキゴキに向かわせた判断って、どうだったんだろう…?
・彼の人生を変えた人である妻について
・振り返ると涙で濡れそうになる名場面集   new!
・アドルフさん好きなあなたへ50の質問
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

初かきこ

はじめまして!
第五班の激闘あたりからはまったオメガ1と申します。

アドルフの最後?は、私的にはホッとしました。進化著しいゴキにアドルフの能力を使われたら(奪われたら)もう読めなくなりそうでしたから…前の週の投石による被弾(頭削られたから死亡確定か…(ToT)…ってふと気がつくとアドルフとエヴァのことばかり考えてましたからw)の描写から、重い一週間でしたので…

エヴァの能力が何も表現されてないので、まだ望みは捨てたくありませんが、いい意味でも悪い意味でも読者を裏切り続ける展開がだらけ?なので、あと39日後に数人残ってれば帰還してワクチン作りの研究(これで原因不明の病からの死者はなくなる)+このままじゃ〜ゴキに勝てね〜から、火星は諦めて核落としとく?でとりあえずエンドでもありかと思ってます。

第四班の死体はフェイクとか、ジョセフは裏切り物らしく現れたけど実は〜って、展開を期待したい!

Re: 初かきこ

オメガ1さま、こんばんは。初めまして。
第5班の戦闘辺りから…というご感想は、他にも少なからず見受けられます。
…やっぱり熱いエピソードだった、と改めて思いました。

> アドルフの最後?は、私的にはホッとしました。進化著しいゴキにアドルフの能力を使われたら(奪われたら)もう読めなくなりそうでしたから…前の週の投石による被弾(頭削られたから死亡確定か…(ToT)…ってふと気がつくとアドルフとエヴァのことばかり考えてましたからw)の描写から、重い一週間でしたので…

そうですよね。…これ以上もう何も奪われずに済んだ、というのがある意味救いであり、安堵出来た所です(その結果を齎したのが、彼の人生を買い、滅茶苦茶にした上層部が身勝手に仕掛けたもの、というのが何とも切ない気持になりますが)
飛蝗ゴキが出て来た時も相当へこみましたが、この上電気鰻ゴキが出て来たら、ヘコむなんてレベルじゃありません……。

> あと39日後に数人残ってれば帰還してワクチン作りの研究(これで原因不明の病からの死者はなくなる)+このままじゃ〜ゴキに勝てね〜から、火星は諦めて核落としとく?でとりあえずエンドでもありかと思ってます。

恐らく、この結果が考えられ得る最善のケースかな…と思います。
…ただ、こんな調子ではあと39日どころか、3日でさえ生存者が残る見込みが無い気がするのが怖い所ですよね。あの八重子ちゃんもその内…と思うと…。

> 第四班の死体はフェイクとか、ジョセフは裏切り物らしく現れたけど実は〜って、展開を期待したい!

第4班の死体に関しては、フェイクの可能性が高いかなー、と踏んでいます。
本当に全滅だとすると、やったのがゴキじゃないのは今までの展開からも確実。…となると、じゃあ、誰が? という話になりますし…。
あからさまに怪しい様子のジョセフでしたが、彼の今後も気になりますね。

No title

どうもこんばんわ。ちょっと遅いですが、今日5巻買ってきて読んで思ったことを一つ。
ドイツの上司?な科学書の人が

「あの家に我々の身内は一人もいない」

って言ってたことの自分なりの解釈なんですが、あれは

「アドルフはこっちの身内であの家の身内じゃない。あいつらなんか知らん勝手にくたばれ」

的な感じかなーと改めて思いました。あの家には(もうアドルフいないから)我々の身内はいない、みたいな。理由としては、このセリフの前で散々アドルフの嫁を罵倒していたことと、アドルフについては評価してたっぽいとこからです。
こう考えると、意外とあの科学者の人が身内には人情家?な可能性も出るんじゃないですかね?w

もし既出だったらすいません。長文失礼しました。

コメントありがとうございました>TYUKさま

 TYUKさま、こんばんは。単行本五巻ゲットされたのですね!

> 「あの家に我々の身内は一人もいない」
>
> 「アドルフはこっちの身内であの家の身内じゃない。あいつらなんか知らん勝手にくたばれ」

 成る程…。息子の件もあって「身内は一人もいない」という言い方になったのかな…と思ったのですが、そういう意味合いもあったのかも知れませんね。
 本当に只の実験体位にしか思っていないのであれば「身内」という言い方はしないと思いますし、「期待してたんだがな…」という台詞もあったので、私もあのバーサンは少なくとも「身内」という言葉を使う程度の情はアドルフさんに対して持っていたのかな? と思いたいです。…色々やって来た事を考えると、「人情家」とまで呼べるかは…微妙ですが(^^;)
 ドイツに関してはまだ何か隠し玉がありそうなので、今後も注目したいですね。

表紙の色

燈 → リーダーの赤
ミッシェルさん → 紅一点のピンク
アシモフさん → 力持ちの黄色

だったので、やはり、

アドルフさん → クールなNo.2の青

でしたね♪


…アドルフさん(涙)

Re: 表紙の色

Seagreen さま、こんばんは。
…そう言えば! 表紙の色、今まであまりキッチリとは見ていませんでした…。
言われてみれば、ピッタリ当てはまりますね。
確かにクールなNo.2。クールだけど優しいNo.2……。
…そうすると次は、緑…でしょうか。6巻はマルコスか慶次か、それともアネックス1号Ver.の小吉か。
6巻の表紙も楽しみな私です。

> …アドルフさん(涙)

最後のこの一行に、ぽろっと涙を誘われた私です……。

42でもテラホ大好き

はじめまして、ブログ楽しく拝見しています。今だにフロストの能力で、ドイツのみんなが復活するのを、祈ってますよ、フェニックスとかは無理だろうけど、なんかあると思うだよな、艦長とかも助かったように、何とかしてほしいな。

Re: 42でもテラホ大好き

 ヒデとテルさま、こんばんは。楽しんで頂けて、私も嬉しいです。
 …ドイツ班、仰るように私も……無事でいて欲しいです…。エヴァの「難度の高いベース」で…!!
 わざわざああやってエレナさんに言わせたからには、流石に「何もなし」で終わるとはちょっと思い辛いので、エヴァだけでも何とかならないかな…と思っています。アドルフさんや、他のドイツ班のメンバー皆も無事だったら勿論言う事無しです!!
 艦長のように、幻覚(ユメ)だったらなぁ…と何度も思いたくなります…。
 とにかく、まだはっきり「全滅」の二文字はありませんので、彼らもきっとアネックスへ集うと信じて待ちましょう…。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR