スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9号テラフォーマーズ感想:人は、天(そら)を見て祈る。(※加筆・修正版)

 こんにちは、星野です。「テラフォーマーズ」のPV映像ですが、公式HPで見られる映像だけでなく、TV版のCM映像もあるみたいですね。ミッシェルさんメッチャ素敵&燈の「地球を…嘗めるなよ!(声付き!)」は最高ですので必見!
 単行本4巻の表紙も分かりましたね。矢張りアシモフさん。圧巻の一枚でした。
 ところで、「スピナマラダ!」外伝目当てで買った「アオハル」0.99号に「ミラクルジャンプNo.13に外伝掲載」の文字が。……え? テラフォーマーズの外伝? マジで??
 期待していいんでしょうか。もう火星に来ちゃった今となっては望めない「アネックス1号」で火星へ向かっていた39日間のほのぼのシーンとか。シーラちゃんとエヴァちゃんの航海日誌的な感じのを期待していいんでしょうか。…そんな訳ねーってのは分かっていても、期待せずにはいられない今日この頃です。
 すみません、前置きが長くなりましたが。。
 ――撤回するぜ、燈。お前は「豚野郎」じゃあない。…『いい男』だ!
 と、思った今週号でした。
 正直、もう「はいはい、ストーリー進めますから、気持ち切り替えちゃってねー」って感じで、バーの七星&本多博士に戻るとか、他班の話になるとか。…そう思っていた私には、少し、ホッと出来た話でした。続きから語ってみます。
■第36話 GREAT DEVOTION 偉大なる行為
 焦がれ、失う事を恐れ続けた「家族の温もり」。
 激闘の果て、それを彼に与えてくれた少女の腕の中で眠るアドルフ・ラインハルト。……全てが白い光の中へと消えて行く中、その瞬きを目撃していた第二班の面々は何を想うのか。
 今週は、物語が動き始める予感を感じさせる中、少しだけ切ないながらもホッと出来た回でした。
 
 ――で。
 いきなり出て来たのは「バグズ1号」の惨劇から人類が得た「テラフォーマーの頭部」。そしてそれが人類に齎したもの。
 全ては42年前「バグズ1号」の乗組員ジョージ・スマイルズが最後の力を振り絞って地球へ送った「それ」が発端となりました。
 彼の祖父、アレクサンドル・グスタフ・ニュートン氏はこのゴキの頭部から得たモノを元に、「バグズ手術」、「M.O.手術」の術式を造り出した訳ですが……。
 当時、人類の最高頭脳(ニジイロクワガタを「厳選したボティ」とか言っちゃうお茶目な人ですが…^^;)とまで呼ばれたその人が言った台詞は。
「これでゴキブリに勝てる」
 ……では、ありませんでした

 では、一体何だったのか?
 明らかに「それ…もしかして、自分にもバグズ手術的な事をしました?」と勘繰りたくなる怪しげな傷痕、そしてその考えが全く読めぬ笑み。新たな謎が提示された所で、扉絵には。

 雪降る中、どこか寂しげな表情のミッシェルさん。
 そして寒そうに白い息を吐きながら空を見上げるエヴァ。……少し離れた所に立つ「誰か」の背中を見つめる燈。
 皆の私服姿が嬉しいッ!!
 と思いつつ、………アレ? と思った、扉絵でした。

 面子的に、あの後ろ姿はアレックスかと最初思っていたのですが、どうしても違和感が拭えません。
 ……というのも、すぐ左のページのアレックスの後ろ姿に比べると、明らかに身長も低く、そして体型も全く違います。
 この髪型、そしてこの体型。
 ぶっちゃけ、どう見ても、そう。
「顔見りゃわかんだろ」
「金が…要るッ!!!」

 …の、あの人にしか見えません。
 そう、一郎です。

 ミッシェルさん、燈、エヴァ…は分かります。
 でも、それなら何故、そこにアドルフさんでもアレックスでもなく、………一郎なのか?
 燈達と一郎さんは現時点でこれと言った接点も描かれていないというのに…?

 凍えた心が、溶ける日を待って…。

 そのアオリと共に、扉絵も何か今後の展開への謎? を感じさせる一枚です。
 そしてとにかく、ミッシェルさんとエヴァが可愛い…! メッチャ可愛いです♪

 さて。
 人は、天(そら)を見て祈る。
 第5班のいた方角で、何か「爆発」のような光を見たアレックス。それが何を意味するのか、鋭過ぎるミッシェルさんには分かっていました。…否、ミッシェルさんだけでなく、他の班員達も。
 本艦墜落地へ向かってくれ。至急だ。
 その通信後、第4班の全滅(?)を伝えた通信が、第5班からの最後のそれになりました。
 明らかに普通にゴキにやられた訳ではない第4班の全滅の報告。そしてアレックスが見た爆発と思しき光。それは、火星着陸後、唯一まともに通信に応えてくれた第5班の運命をこの上なく如実に物語っています……。
「―――アドルフ」
 その班長の名を呟き、沈黙するミッシェルさん。
 1班と6班からもSOSが出ていて、4班は全滅(?)したらしく、そして5班まで……。
「どうなっちまうんだ」とモブ班員が呟くのも無理からぬ中、ミッシェルさんはまだ地球にいた頃、アドルフさんがエヴァを連れて来た日の事を思い出していました。
 皆で仲良く鍋囲んでたあの日ですね。
 というか、あの鍋パーティーにはアドルフさんも来てたのか!?
 すみません、正直ちょっと和みました(笑)…ただ、例によってその服の襟元は固く閉じたまま。アドルフさん、小吉辺りに誘われて鍋に来たは良いものの、やっぱり人前でご飯は食べないんでしょうか…。便所飯とか泣けますよ…。
 それはともかく。
 ――ついさっきまでちゃんと通信に応えてくれたアドルフさん。そしてそんな彼の下にいたエヴァ。
 その二人が、もういない。
 自分達は第1班の救助に向かうので精一杯。そんな中、第6班のSOSを無視してでも、優先度を高くすべきはアネックスの件でしょう。昼間のゴキ達が脱出機ごとメンバーを奪おうとした件から考えても、アネックスを放っておけないのは事実。アドルフさんのマーズ・ランキングやその人柄から考えても、ミッシェルさんがあの場で彼にアネックスを任せた判断は、間違っていなかったと思います。
 しかしこの結果は、精神力がハンパなく強い彼女にも、流石に堪えたのでしょうか。
(私が……)
 黙ったまま袖を握るその手が、途切れたモノローグのその先の言葉を伝えて来るようです。

 ――しかし。
 それでも、燈は言いました。「…信じて、祈りましょう」と。
 たとえ火星に神がいなくても、地球にはいる、と。

 ――人は天(そら)を見て、祈る。
 天(そら)は 死者の世界であり、神のいる世界だからである。
 そして 人類(ひと)がそれを意識するとき――あらゆる地の教えにおいても ほぼ例外なく、高くそびえ天と地を繋ぎ祈りを届けるものが、『宇宙樹』や『宇宙軸』と呼ばれ、聖性を帯びる。
 象徴的なものでは『塔』や『神木(き)』や『十字架』。
 広義には『霊峰(やま)』や『龍』や『柱』や――

 寝袋にくるまったままの八重子がふと空を見上げた時。
 火星の夜空に、幾つもの美しい流星が尾を引いて疾っていました。それは死者の魂か、それとも一筋の希望か……?
「おォ…」
 思わず感嘆の声が零れるその光景。
 美しく、鮮やかに闇を斬り裂く輝きは、彼らの心に祈りを齎しました。黙って夜空を見上げる第2班の面々。胡坐をかいてるミッシェルさんの背中が相変わらず男前です(^^;)

『稲妻』や、『流星』を見て。
 人々は想った。神を先祖を――時に――
 仲間を…。

「アドルフさんは生きている」
 第5班の状況がどうなっているか、勿論分かっていない訳ではありません。それでも、燈は断固として言い切りました。
 そしてアレックスに尋ねます。「死ぬとは何だ」と。
「列車から落ちて犬のエサになることかなっ。地元(ウチ)の場合」
 一瞬間を置いて、すぐに気の利いた返しをするアレックスも、かなり男前だと思いました。
 そしてふっと笑う燈の顔を見上げるミッシェルさんの表情が可愛い……。やっぱりレディだ……!!

「彼は、敗けない。たとえ 不意を突かれようと、万が一…裏切りがあろうと、そしてゴキブリ共が想定を遥かに超えた進化をしていたとしても…。
 ドイツの幹部乗組員(オフィサー)に、犬死にだけは決して 無い。
 …そう信じたから彼に本艦(アネックス)を任せた。
 ならば俺たちは、1班と6班を救助するまで!
 やる事は、決まっている。
――ですよね、ミッシェルさん」

 その言葉に、ミッシェルさんも立ち上がりました。
「―――…ああ…」
 この長い「―――…」の間にどんな気持ちが去来していたのか。それは彼女のみが知る所ですが、ただ一つ確かな事は。
 がしっと燈の頭を乱暴に撫でる手が、束の間閉じた目が、そして次に目を開いた時にはいつもの強い眼差しが戻っていた事が。燈の存在が、ミッシェルさんだけでなく、きっと皆にとっても希望の光になりつつある事でしょう。ミッシェルさんとの信頼関係も順調に深まっていますね。
 燈…お前はマジでイイ男だ!!
 そう、火星に神様はいなくても、地球にはいるじゃないか!!

 信じて、祈りましょう。

 この「祈る」という言葉が付いていた事から、ドイツ班に起きた事態が、アレックスが言ったように「列車から落ちて犬に食われる」ような事態だった可能性を、彼は全く否定していない訳ではなかったと思います。
 一緒にいた期間も、関わった時間もほんの僅かながら、燈は確かに脱出機の格納エリアでアドルフさんの強さの一端を目の当たりにしていました。そのアドルフさんが率いる第5班が、想定される最悪の事態「全滅」という結果になったのがどういう事なのか? それも分かっていると思うのです。
 そしてそこまで追い込まれる事態になったという事は、いわゆる「敗ける」結果になった可能性も、決して否定できないという事も、当然理解していると思います。
 でも、それでも。
 ミッシェルさんが本艦を任せる程に信じた彼が、只何も出来ずにやられる筈が無い。
 真っ直ぐな眼差しで言い切った燈の言葉に、少しだけホッとした私です。

 読者の目線で見れば、「痛み分け」のような形で終わった第5班の戦闘。しかし、それはアドルフさんを買った人達が身勝手に付けた装置のお陰でした。アドルフさんが自分の意志でそうした結果ではありません。
 例の装置が無ければ、それこそ「列車から落ちて犬に食われる」結果になっていた訳です。
 それでも、あれだけ電撃バンバン出して戦うような人に仕掛けられた装置が、あの時、仕掛けた人間が意図した通りに作動したのは、もしかしたら火星の神様の僅かな慈悲ではなく、地球の神様が齎した結果なのかも知れない…と。そう思えました。
 そしてもし、そうだとするのなら。
 やっぱりもう一声、地球の神様に祈りたいと私は思います。
 せめて一人でも二人でも、助かったメンバーがいて欲しいと……。せめて、エヴァだけでも。
 エヴァに関しては一番絶望的なのは勿論分かっているのですが、それでも彼女だけでも生きていて欲しいと願うのは、彼女は一番最後の最後まで、そして一番近くで、アドルフさんの闘いを見ていたからです。
 必ず助ける、と立ち上がったその背中を。
 限界を超えた力で戦い抜いた、彼の怒りと悲しみ、そして皆を護ろうとした優しさを。
 最後は、自分の身を盾にしてでも仲間を庇った姿を。
 それを見ていた彼女なら、きっとその心を継いで、皆の願いを抱えて戦っていけるのではないかなぁ、と思うのです。
 ワクチンを造り、地球へ還る。…その想いを継いでくれる人が誰か一人でもいるのなら、アドルフさんは生きている、という燈の祈りも叶えられるのではないでしょうか。
 愛しさと切なさと心強さと三拍子揃っていて、その人柄も実力も、文句無しに信頼されていた第5班班長、アドルフ・ラインハルト。
 初日で彼がいなくなってしまったのは相当な痛手…ではありますが。
 少なくとも、この時ミッシェルさん達に齎したものは0ではない、と思います。

 一つには、第4班の件を伝えたこと。
 そしてもう一つ。あれだけのヤバイ状況だったにも関わらず、彼がその状況を知らせなかった事自体が、「1班との合流を優先するように」という彼からの無言のメッセージだったのではないでしょうか。
 ミッシェルさんから「アネックスへ向かえ」と言われた時点で、他の班の状況も大体は聞いていたと思います。
 1班と6班はSOSを出している。3班と4班は何か怪しい。2班は1班の救助で手一杯。
 この状況下でSOSを出せる相手がいません。仮に2班にあの状況を伝えたとしても、すぐに5班の救助へ向かうのは無理です。下手をすると、1班を助けるか5班を助けるかで迷った結果、2班の足が鈍る可能性もあります。であれば、余計な通信など送らず、今ある戦力で何とかする他無い、と彼は判断したのではないでしょうか。
 そんな第5班に起きた事態は、ミッシェルさん達を、より慎重に、注意深くしたと思います。
 それだけでも、アドルフさんが遺したものは大きいのではないか、と想います。

 ――それにしても。

1)不意を突かれる。
2)裏切りがあった。
3)ゴキ達が想定を超えて進化していた。


 …少なくとも、1と3は確実にあった訳です。
 これでもし、ゴキ達の襲撃の裏に2も絡んでいたとしたら。…というか、今週号の最終ページでその可能性が高くなった訳ですが(汗)
 これ、あれじゃないですか。
 考えられうる限りの「悪い事態」三兄弟がジェットストリームアタックしかけてきたようなモンじゃないですか!!!
 1)と3)が重なっただけでもぶっちゃけ無理なのに。
 …これは無理です。
 イケメンな雷神でも無理ィ!!! ・゚・(ノД‘)・゚・

 まだまだ、謎と絶望が暗闇の中に潜む火星。
 より注意深く。より慎重に。
 けれど、確固たる意志と仲間を信じる心を胸に、前へ進む第2班。
 しかしこの星の真実は、未だ深い謎に包まれたままです。

 第3班が向かったピラミッド群。――その小さな入口から続く道の果てには、驚くべきモノがありました。
 一つは、まるでプラネタリウムのような天体図。そしてもう一つは。
 ――「バグズ1号」でジョージ・スマイルズがゴキの首を初めて斬り落としたあの剣が、まるで神聖なモノのように祀られていたのです。
 まるで誰かの墓所のようにも、神聖な祭壇にも見えるその場所に、一体何があるのか?
 そして、それは何を意味するのか。
 第3班の調査にその先は委ねる事になりそうですが、新たな謎が、もう一つ。

 第5班の戦場となったその場所の、ほど近く。
 そこに立つ人影がありました。
 その足元には、ハゲ3号の首。
「………第五班(ドイツ)……。………アドルフさん…」
 あれ…? その後ろ姿は……?
 彼の脳裏に浮かぶのは、アネックス1号で自分が手を差し伸べた少女の顔。
「エヴァちゃん………。あのコが……」
 そのまま無造作にハゲ3号の頭を足で踏み付け。
「残念だな。可愛いコだったのに」
 イマイチ読めない表情で、飄々と呟くイケメンが約一名。そう。
 SOSを出していた筈のローマ連邦・第6班班長、ジョセフでした。

 ハゲ3号は結局、死んでたんですね。…爆発に巻き込まれたのか、それとも妙に綺麗な首の切断面から考えて、ジョセフにやられたのか。
 その辺もおいおい明かされるとして。
 ゑ? 何で、ジョセフがここに??
 あの戦場跡を見ただけで「第五班」と呟いていたという事は、明確に第五班VS.ハゲゴキ3号達との戦いがあった事を知っていた事になります。
 まさか、近くにいながら黙って見ていたのか?
 それとも、昼間の窮地を乗り切った後、SOSを出しても誰も来ないから仕方なく頑張って脱出機を直してまずは第5班と合流しようと思って来てみたらこうなっていたのか?
 そして彼は一人なのか? 他の班員もコマの枠外にいるだけで、ちゃんと脱出機共々連れて来ているのか?
 怒りや悲しみを押し殺して、敢えて軽っちい態度を装っているだけなのか?
 それとも、何とも思っていないのか? 「アドルフさん」とさん付けで呼んでいる所からすると、全く前者の可能性も否定できない、とは思うのですが……。
 後者の可能性の方が圧倒的に高いよね!?(汗)
 だとすると、第4班とツルんでいた&裏切っていた的な可能性も、なきにしも非ず…だよね!?
 ただ、その場合、あれだけ鋭いミッシェルさんが全然気付かない(アドルフさんとの通信でも、あくまで言及したのは第3班と4班のみ。第6班に関しては全くのノーコメント)のも変な気がしますし、彼に関しては今後が全く読めません。
 考えてみれば、地球出発前から比較的描写が多かったのは1班、2班、3班、5班。
 4班と6班は描写も少なく、影が薄かったのですが、もしかして今後の物語のキーパーソンとなる為に、敢えて殆ど描写をしていなかった、という事でしょうか。

 いずれにせよ、謎が更に深まって行く火星の夜。
 希望の夜明けまで、あと何時間あるのでしょう……。
 せめて、第1班と第2班が合流出来る事を願いつつ、以下、次号へ!!

 最後に、前にもちょろっと書いたアニメ「キングダム」のED第二弾「Destiniy Sky」の歌詞が、今の「テラフォーマーズ」の展開にピッタリな気がするので、燈達の任務達成を祈りつつ、ここに。

 遠く 響く 雷の声に そっと祈る 君に届くように
 路は 続く 夢を追い求め 望む先に 君の明日はあるの?
 傷ついて 心もまだ乾くなら ここへ来て 何度でも歌うから
 終わりなき戦いの中で 君は強く変わる

 この空を 切り裂いた 雷は君
 恐れを超えて 立ち向かう 光の矢 走りだす

 誰のために その命 燃やして
 掴む 運命(さだめ) 信じ続けるの……

 夜明け前の 暗闇は深く 人も 夢も その闇でもがいてる
 叫びたい想いが今あるのなら 生きてゆく チカラへと変わるから
 願いだけがそう 道標 君はたどりつける

 この空を 染めてゆく 暁は君
 孤独をまとい 立ち上がる むきだしの情熱と

 この空を 切り裂いた 雷は君
 恐れを超えて 立ち向かう 光の矢 走りだす

 誰のために その命 燃やすの?
 ここで 君を 信じ続けてる


<追伸1>
 ところで、今週の八重子ちゃん。
 第5班の状況が分かった時点で、モブ班員みたいに「どうなっちまうんだ…」と慄くのがごく普通の反応だと思うのですが。
 あの場で流星に見惚れる事が出来るとか、この娘のメンタルパネェ!!(笑)
 流石あんな状況下で大トロの時価を夢見る事が出来ちゃう娘だ!!
 しかし、正直これくらいの図太さは、ああいう環境下で生き残るには必要な強さだと思いました。
 あれ位でないと、別な意味であと39日も持たない……(汗)

<追伸2>
 うん…分かってるんです。
 アドルフさんは生きてるさ…俺達の心の中にな!!! ・゚・(ノД‘)・゚・
 ………ですが。
 別にエヴァ共々、生存してるならそれはそれで構わん!!!(笑)な私です。
 ガンダムWのヒイロしかり、実は「カールの守り」のお陰で生還出来たアバン先生しかり。自爆したってみんなしれっと生きてたじゃないですか。「死ぬ程痛いぞ」位で済んでたじゃないですか!!
 半壊状態のX-1ガンダムで大気圏突破しちゃったキンケドゥさんだって、片腕片目を失う瀕死状態でも、なんか短期間で義手とか付けて復活してますし。
 ゴキがたった500年かそこらであんなんなってしまうラハブパワーに満ちた星なら、自爆していようと、手足を失っていようと、ハガレンの「機械鎧」的なモノを付けて数日で復活するなんてフツーですよ。フツー!!
 アドルフさんの奥さんは、「カールの守り」どころか彼にとんでもねーモン(浮気相手との子供)をプレゼントしていました。
 ならばッ! 私がッ!!
 2620年4月12日の昼間の時点の火星へボソンジャンプして、ドイツ班全員分の「カールの守り」を渡して来てやるさ…。・゚・(ノД‘)・゚・
 例え「何コイツ?」って顔をされようとも! 新種のゴキと間違われて電撃を喰らおうともッ!!
「……困るぞ、エヴァ。勝手に"あの世"なんかに行かれては…。そんな所へ行っても、オレはいない」
 こんな台詞と共にエヴァをお姫様抱っこして再登場してくれたら観賞用・布教用・保存用に単行本全巻3冊ずつ買いますッ!!
  
<追伸3>
 エヴァだけでも生存していて欲しい、そして意外とその可能性は0ではないのでは?
 と思いたい理由は、一応幾つかあります。

1)薬を使っていて、変態している描写が無いのが不自然
→シーラの時と違い、ドイツ班の他の非戦闘員は皆薬を使っていました。(薬を使う時間もありました)
 そんな中、彼女だけが薬を使わないというのも、やっぱり不自然です。
 考えられる可能性として、「実は使っていたんだけど効果が出るのに時間がかかるorぱっと見変態しているのが分からないだけ」という事もあるんじゃないかな…と。(だから爆発時、その能力が発動して…という事も、考えられなくも無い…と思います)

2)アドルフさんの最後の台詞が、結局明らかにされなかった
→あそこは、普通は回想シーンとかで何を言ったか位は明記する所かな、と思います。
 勿論、「御想像にお任せします」的な演出だった可能性は0ではありませんし、エヴァの「離れたくない」という台詞や、ワックさんの「逃げてくれ」という台詞から大体想像は付きますが。
 最期にはっきり明確に描かれた台詞が「く……そ……が……ッ!」というのがあまりにも切ないから、という本音もありますが、不自然なまでに描いて無いので、逆に言えばこの先、何らかの形でエヴァの回想で明かされる機会があるからでは? と思いました。

 この辺は皆さんも考える所かなあ…と思いますが(笑)
 例え、今週ラストページのジョセフの感じから、その可能性が限りなく0になったとしても!!
 まだ希望を捨てずに、地球の神様に祈ろうと思います。

<追伸4>
 ここで改めて、アドルフさんの班長としての能力を「キングダム」の廉頗将軍が挙げた5つの項目ごとに見てみました。廉頗将軍曰く「大将軍に必要な条件」は以下の5つ。

 百の精神力。
 百の腕力。
 百の知恵。
 百の経験。
 百の幸運。

 上記の内、精神力、腕力、知恵。この辺については、100点満点で言えば、概ね90点以上マーク出来ていると思います。
 経験に関しては「M.O.手術の能力を使いこなす」という意味では手術を受けてから20年近く経つので相当なものと思いますが、火星での戦闘は初めてだった事もあるので、小吉と比べても劣るのは否めません。ただ、70点位はあげてもいいかな、と思います。
 アネックス脱出以降、唯一まともに通信に応えてくれた第5班班長なだけあって、かなり高ステータスだった、と贔屓目抜きにしても思うのです。
 ……ですが。
 運だけはダメだった!!! ・゚・(ノД‘)・゚・
 百の運っていうか…。頭に「マイナス」が付きそうな感じだよね……。「マイナス100点」って意味なら100点をマーク出来たよね……(涙)
 地球の神様、お願いします。どうか「マイナス100の運」にした事と引き換えに、彼が護ろうとした存在には、「200点の運」を付けてあげて下さい……。ラハブパワーでも難度の高いベースでも、理屈は何でも良いです!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ

 今週のテラフォーマーズ。マイペース八重子のおぉに萌えました。
 そして最後のジョセフの顔が黒野望100の将軍とかぶりました。
 私の目に狂いはない。あやつらはいい囮になる、とか言いそう。

Re: おぉ

キートンさま、こんにちは。コメントありがとうございます!

私も八重子ちゃんの「おぉ…」は可愛いなぁと思いましたが、それ以上に「あの状況で流星に見惚れる事が出来るとか、この子のメンタル凄い」と思いました(苦笑)
でも、あの環境で生き残るには、戦闘力以上に必要な強さだなぁ、とも。
流石大トロ時価で注文する夢を見られる子だ…!(笑)と思います。

>  そして最後のジョセフの顔が黒野望100の将軍とかぶりました。
>  私の目に狂いはない。あやつらはいい囮になる、とか言いそう。

……本当ですよね……(汗)
6班だけ、網で捕まって以降の描写が無かったので何かある? と思ってはいましたが…。どちらかというと、あのどこかおちゃらけた態度は見せかけで、その裏には任務への責任感がある人だと思いたいのですが…。どちらかというと↑の台詞の方が似合いそうな表情だったのが、ひっかかりますね。
地球出発前でも、4班と6班に関しては描写が薄かっただけに、もしかしたら今後の展開のキーパーソンになって来るのかな…? と思っています。最悪、4班とつるんで裏切り者でしたというオチもあり得るのかな、と…。来週に注目ですね。

拍手コメントありがとうございました! >エイイチローさま

 こんにちは、最後のジョセフ氏の登場は、私も「ゑ…? まさかこの人も裏切り者的な…?」と、嫌な予感がしまくりな状態になりました。それでも地球の神様に祈りつつ、今後の展開を見守って行こうと思います。
 そして来週のキングダムは、要注目ッ!!! ですよね!! 最初から諦めモードに入ってしまっているサイの民の皆さんに、果たしてどんな言葉を伝えるのか!? 王都奪還編の「耐え凌げ!!」を超える名演説をメッチャ期待しています。
 次号が楽しみですね!

No title

>ゑ? 何で、ジョセフがここに??
>あの戦場跡を見ただけで「第五班」と呟いていたという事は、明確に第五班VS.ハゲゴキ3号達との戦いがあった事を知っていた事になります。
>まさか、近くにいながら黙って見ていたのか?

3巻によると、各班が脱出した方向は反時計回りに1,2,3、・・・6班となってます。
ですので、アドルフさんたちの隣にいたジョセフはドイツ班の戦闘現場のすぐ近くにいたということになり、
必然的に、「爆発」をとても近い場所で観察できた(すぐ隣のドイツ班の全滅を容易に推測できた)ことになります。
ですので「近くで黙って見てた」線は考えにくいかなーと

扉絵のメッセージ

こんにちは海野さん、DELTAです。

扉絵の奇妙なキャスティング・・・やはり一郎に見えますよね。
第二部での一郎は、2巻で七星の回想シーンにのみ登場(顔は伏せられていた)ですが、貴重な第一部の生存者を第二部でまったく無視ってことは考えにくいのでいずれ物語に関わってくると思います。

もしかして、本当にあるのか?エヴァのネムリユスリカ(改)!!

または、燈の父親とか!?
その場合、燈の生来のM・Oがネムリユスリカになります。不死身というのは主人公として有り得る能力です。七星さんとの絡みも期待できます。(甥に当たる)

それくらい、あの扉絵の一郎と他3人は関連性がない。


>裏切り
ちょっと「裏切り」の定義について思い至ったので書かせていただきます。
これまでの展開で地球側の誰かが「裏切り者」であることはほぼ間違いないでしょう。しかし、その「裏切り」とは以下の2通りが考えられます。

①ワクチン製造は必要で、その点ではアネックス計画に従う。
しかし、各国独自の裏任務も負っていて、その為に他国を犠牲にする事を厭わない。

②アネックス計画自体を頓挫させようとしている。

・・・3班は、①の可能性大ですね。アシモフさんの娘さんの件がありますから。4班は、もし裏切っていたら②でしょう。 6班は・・・判断しかねますね。

謎に包まれたイケメン

そもそもジョセフはなぜSOSを発したのか、その割になぜどう見ても余裕の状態であそこにいるのか・・・
何か別に目的があるような感じはしますね( ´・ω・)
あまり良い感じはしませんが。余裕だったならさっさとドイツ班を助けにいけたはずなので、あまり合流は考えて無さそうだなあと思います。

ラストのイケメンスマイルにはどこか邪悪なものを感じますよ(´・ω・`;)
とはいえ、良くも悪くも6班にスポットが当たりそうなので、来週が楽しみですがw

七星の話とか色々気になりますが、今現在最も気になるのはやはり1と6の現状ですからね><

拍手コメントありがとうございました! >エイイチローさま

 エイイチロー様、こんばんは!
 あの扉絵で一郎がいたのは不思議ですよね。今後の展開に関わって来るのかも…!? ハイ、アドルフさんは久々にかなり愛してしまったキャラでした。。あまりキャラに思い入れを持つと辛い作品なのは分かっているのですが、ティン風に言うなら「…好きになっちまったんだよ…」という奴です(笑)
キングダムの展開も熱いですし、最近は木曜日が待ち遠しいですね!
 

コメントありがとうございました>名無しのフィールさま

こんばんは、コメントありがとうございました。

> 3巻によると、各班が脱出した方向は反時計回りに1,2,3、・・・6班となってます。

確かにその通りで、位置的に近くにいたから…というのも理由だとは思うのですが、
矢張りあの、どこか「読めない」表情が嫌な予感を感じさせるというか(^^;)
彼に関してはまた次回以降色々明かされると思いますが、凄く気になります…。

Re: 扉絵のメッセージ

DELTAさま、こんばんは!
扉絵はやっぱり一郎ですよね。今はまだ2巻でチラッと登場しているだけですが、かなり出世している様子でしたし、もしかしたら14人いる副司令の一人かも知れません。
今後、物語のキーパーソンになる可能性は高いと私も想います。

> もしかして、本当にあるのか?エヴァのネムリユスリカ(改)!!
> または、燈の父親とか!?
> その場合、燈の生来のM・Oがネムリユスリカになります。不死身というのは主人公として有り得る能力です。七星さんとの絡みも期待できます。(甥に当たる)

ネムリユスリカ(改)で、エヴァ復活だったら嬉しい…! せめて皆の分まで!!
燈の父親説も、もしかしてありかも…? と思っています。若干、七星さんと顔が似ている気がしますし。
それに、不死身属性はこれだけ生存確率が低い作品では主人公と言えども是非備えておきたい所です(笑)
元々、一郎は本多博士とも関わりが深いですし、その本多博士は燈の事を知っているみたいですし、バーの会話の続きも聞きたいですね。

> >裏切り
> ①ワクチン製造は必要で、その点ではアネックス計画に従う。
> しかし、各国独自の裏任務も負っていて、その為に他国を犠牲にする事を厭わない。
> ②アネックス計画自体を頓挫させようとしている。

そうなんですよね、単純に「裏切り」と言っても、いわゆる「ゴキと手を組んで云々…」では、まずないでしょう(そもそも、ゴキ達に人間と組む、なんて選択肢は無さそうですし)
ロシア班は、私も①の線かな、と思います。アシモフさんの娘さんの件もありますし。

アネックス計画自体を頓挫、というのもアリかもですね。プランδに移行する事になったのは、明らかに人為的な何かが絡んでますし。その場合、単に「計画を中止」にするのではなく、火星に行かせた上で失敗させようとしている事になりますが、もしかしたらゴキ達に新たな能力だの物資だのを渡して、更に進化させる事が目的なのかも知れません。…そうして更にゴキ達を進化させて、どうするのか…というのが謎ですが…(^^;)
また、それとは別に、実は「アネックス1号の皆さん自体が全部囮で、影でこっそりサンプル等の成果を持ち帰りしよう」と画策している人達がいる…とか…?
謎は深まるばかりですね。少しずつ明らかになるのが楽しみなような、怖いような…!?

Re: 謎に包まれたイケメン

螢一さま、こんばんは! 相互リンクありがとうございました。m(__)m

> そもそもジョセフはなぜSOSを発したのか、その割になぜどう見ても余裕の状態であそこにいるのか・・・

こちらも気になる謎ですよね…!?
少なくとも、あの場にいると言う事は、昼間の窮地は乗り切ったのは確かで……。
しかも全くの無傷っぽいですし、実は意外と楽勝で乗り切った可能性も捨てきれないですよね。

> あまり良い感じはしませんが。余裕だったならさっさとドイツ班を助けにいけたはずなので、あまり合流は考えて無さそうだなあと思います。

網で捕まる前は「オレらは…っと」なんて考えていましたから、もしかしてあんな事態にならなければ、通信には応じるつもりだったかも知れませんが、今の所この人に関しては全てが謎、ですね。

> ラストのイケメンスマイルにはどこか邪悪なものを感じますよ(´・ω・`;)
> とはいえ、良くも悪くも6班にスポットが当たりそうなので、来週が楽しみですがw

…そうなのです…。敢えて悲しみとかを出さないで、軽い態度を取っているだけ…かも知れませんが、矢張りSOSを出していた理由も気になります。それに、ちゃんと他の班員さんがいるかどうかも(汗)
1班も気になりますし、次回はどういう展開になるのでしょうね。
七星さんの話も凄く気になるし…多元中継して欲しい位です(^^;)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。