サイト更新情報(2/9)

 こんばんは、星野です。
 …最近、寒暖の差が著しいですね。とうとう私も風邪をひいてしまい、生姜入りの紅茶&ホットワインでなんとか凌いでいます。皆様は如何お過ごしでしょうか。
 さて、本日の更新情報です。

・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第330話「政、語りかける」のレビューをアップ。
 大王様最高!! カッコイイですね……。来週、いよいよ決戦みたいですが、「兵士」となった民達を率いて、李牧軍とどう戦うのか楽しみです。

 そして最近、「WxY」が面白いです。鷲尾さん可愛い…。
 例によって横田先生がトンデモねー体勢の時に目を覚ましちゃいましたね。横田先生、せめて服を着ようぜ。…と思いました(笑)ドキドキです。延長しますか? しませんか?
 後は、「ギャングスターアイランド」が若干気になる今日この頃です。色んな意味で突っ込み所満載で…。

 本日の更新は、以上です。
 気温の変化が大きいので、皆様お身体に気を付けてお過ごし下さいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

サイの住民

星野さま。体調の悪いなか更新ありがとうございます。
お体、ご自愛くださいませ。
今週号は熱い展開でウルっときましたね。ジョセフの脳内選択肢にドン引きしてた気持ちを盛り上げてくれました。

しかし…あらためてもう一回読んでみると…なんかサイの住民やたら素直過ぎませんか?大王様とわかった時点で「お許しください」とか泣き出してるし、あとは昌文君がテキトーにしゃべってもなんとかなるんじゃ…と。
説得のハードルを上げる舞台装置として反抗的なヤクザ者集団とか欲しかった(そういう連中こそ激に応じた後は役に立ったりして) 。その頭目としてウツリョウあたり登場しないか夢想してたんですよ。
「成のよく通る声」も驚異的です。サッカー観戦によく行くのでわかるのですが、3万人に聞こえるって尋常じゃない…スタジアム満員の客にマイク無しで届く声量ですよね。カニ頭やウニ頭のような体躯でもないのに、サラブライトマンも真っ青です。
正直、後ろの方の人達は「あれー?何言ってるかよくわからねーけどなんか盛り上がってるしー、ウ、ウォォォォ!!」って感じかな?

来週、相手の王様が最前線で戦ってるのを知った趙軍+李牧のメンタルが楽しみです。

Re: サイの住民

でぞうざさま、こんばんは。
貴重な三連休が、殆ど何も出来ずに終了してしまいました(^^;)
でぞうざさまも、お身体に気を付けてお過ごし下さいませ。

> しかし…あらためてもう一回読んでみると…なんかサイの住民やたら素直過ぎませんか?

この辺は、私もそう思わないではなかったのですが(苦笑)、あの当時の「王様」という存在にはそれだけの威光があったのかなあ…と思って流しました。
それに矢張り、そうさせるだけのオーラのようなものが政にはあったのかな、と。

> 正直、後ろの方の人達は「あれー?何言ってるかよくわからねーけどなんか盛り上がってるしー、ウ、ウォォォォ!!」って感じかな?

はい、これは正直私もそうだと思います。
政の今回の演説は、冷静に見ればそういう「群集心理」みたいなモノを巧みに利用したとも言えるのではないでしょうか。(嫌な見方ですが、政としては、あの時「オイラも戦う」と甘秋くんが立ち上がってくれたのは、場を盛り上げる上でこの上無く都合が良かっただろうな、と思います)
あれだけの人間が集まっていれば、取り敢えず誰か一人でも盛り上がれば一斉に「わーっ!」と盛り上がってしまうモノなのでしょう。ちょっと例えは悪いですが、今の時代でも、悪徳商法でいわゆる「サクラ」を使ってワザと場を盛り上げて、高額なモノを買わせるやり方がある位ですし。

> 来週、相手の王様が最前線で戦ってるのを知った趙軍+李牧のメンタルが楽しみです。

これは楽しみですよね!
咸陽まであと少し、どうせさっさと攻略出来るだろうと思っていたら、全員が「兵士」と化したサイの住民がお出迎え。李牧の反応が見ものですね。

16巻買いました

こんばんは。

サイの住民にとっては大王って、戦前の天皇みたいな存在なのかしらと思いました。
あらためて考えてみたら、テレビ、新聞それにネットがなかったら21世紀の自分にとっても天皇や総理大臣とかはあまりにもなじみがなさすぎるなと。
それこそ、本当にそんな人存在するのかーって感じになるのでしょうね。

しかし信たち大丈夫ですかね。
籠城戦の経験のほとんどない信、娘軍師、壁さん
経験があるのは昌文君だけでしょうか…

先週16巻を買いました。すっごくおもしろく、悲しかったです。
塾に行く前にちょっと読んで机に置いておいたら、私より先に母が全て読んでしまいました。
今までは絵が濃いとかグロいと敬遠されていたのに、摎将軍がかわいかったからと。
将軍おそるべし……。

No title

はじめまして。
今回の大王様かっこよかったですね。

星野さま
でぞうざさま
大王様の威光について少々解説させていただきますと、
日本の天皇などにも通じますが、中華の王とは祖霊の祭祀でした。
そのため、民にとっては王が話すということは、祖霊の言葉を直接聞くのとほぼ同等の価値を持つことでありそれだけで恐れ多いことでした。
普通は、祖霊→王→臣→長→民であり、これをすっ飛ばすということはキリスト教でたとえれば、神(ヤハウェ)→キリスト(預言者)→弟子(教皇)→神父→信者の流れで、いきなりキリストが顕現して奇蹟を起こすような物でした。

そのため王は民の前どころでなく臣の前にもなかなか姿を見せないほうがいいって考え方すらあったわけで。
まあ、これをこじらせて始皇帝の晩年はあのようなざまと化すのですが…

さすがは大王様

「共に血を流すためにきた」とかまで言われたら、もうやるっきゃないでしょ!!
呂不韋にはそれがわからんのです。
あきらめモードの民衆を奮い立たせた政の台詞、ぜひとも咸陽留守組に聞かせたいものです。


こんばんは、体調のほうはその後いかがですか?
寒くなったり暖かくなったり…体温の調節も大変ですよね。
どうぞお大事になさってくださいませ。

さて。サイのほうは気力充填完了ですが、李牧はどうしますかね。
非戦闘員は殺めない方針だったような…
それから、サイの立地的に、サイの脇をすり抜けて咸陽に行こうと思えばいけるから、サイをまともに通過するかなあと。
(橋のとこで大王軍が待ち構えてるとある意味すごいけど)

ギャングスターアイランドに関しては、星野様と似たような感想です。
スプーンって食事とウ○トラマンのまねで使うだけでなく、最近は斬新な使い方するんですね。
その発想はなかった!と思わず感心してしまいました(笑)

拍手コメントありがとうございました>akaさま

こんばんは、お気遣いありがとうございます。
akaさまも風邪ひかれましたか…! インフルではなかったのは幸いでしたが…、その後体調は如何ですか? お大事になさって下さいませ。
私は大分良くなりましたが、未だに声はガラガラ、あまり体調も宜しくないので節電状態で稼働しています(^^;)
さて、一気に士気が高まったサイは勿論、王宮での王弟・昌平君・呂不韋のやり取りも気になりますね。特に昌平君は折角咸陽に残った以上、呂不韋がまた何か暴走しそうになった時にはしっかりやめさせて欲しいものです。次回が本当に待ち遠しいですね。
テラフォーマーズやギャングスターアイランドの方も興味お持ちのようで、嬉しいです(^^)今後も応援していきましょう。

お久しぶりです! >ヤマアニイさま

こんばんは、お久しぶりです(^^)
寒い日々が続いておりますが、お元気でしょうか。
さて、やはり「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」的なノリで楽しまれている方が他にもいると知って、嬉しい限りです…!!
アニメ第2期は楽しみですよね。王賁・蒙恬も出て来るでしょうし、折角なので是非、向ちゃん陽ちゃんや、第1期では省かれてしまった紫夏さんのお話も出して欲しいな…と夢が膨らんでいます。

それでは、拍手コメントありがとうございました!
また遊びにいらして下さいませ。

Re: 16巻買いました

西海さま、こんばんは。
そうですね、戦前の天皇みたいな存在…と言われればそうなのかも知れません。もしかしたら、もっと神格化された存在かも…?

> しかし信たち大丈夫ですかね。
> 籠城戦の経験のほとんどない信、娘軍師、壁さん
> 経験があるのは昌文君だけでしょうか…

そうなのです、何気に飛信隊も本格的な守城戦はこれが初めてかな、と思いますので気になります。
特に飛信隊は、昌文君風に言うと「攻の力はあっても守の方は不得手」…な気がしますし、普通に戦ってはその最大の持ち味が活かせないのが歯がゆい所です。
昌文君は経験豊富でしょうから、ここは貂の才覚+昌文君の経験で上手く乗り切って欲しいですね。

16巻は、今でも読み返すと涙が出そうになります…。
摎将軍は本当に可愛いですよね! 私もあのキャラデザは女性キャラの中でも1、2を争う位に好きです。女性である事を隠す為に仮面を付けていた…という割には、あの衣装と言い細かなアクセサリーと言い、思いっきり「女性」らしいお洒落をしている所も、何気に好きです。
お母様もこれを機会にハマッて頂ければ…なんて思います(笑)

初めまして、コメントありがとうございます>peaterさま

こんばんは、初めまして!
今回の大王様カッコよかったです…!!

> 大王様の威光について少々解説させていただきますと、
> 日本の天皇などにも通じますが、中華の王とは祖霊の祭祀でした。

成る程…! 特にご老人の皆様があんなに「ありがたや」と拝むようにしていたのには、それだけの理由があったのですね。王様という存在は、ある種の信仰の対象というか…相当神格化されていたというか。
確かにこじらせると、よく小説などでも見掛けるあのような晩年になってしまうのも納得出来る気がします。
原先生は、始皇帝については最後まで「良いイメージで」描きたいとインタビューで語っていましたが、政の晩年についてはどんな風に描くのか(もしかしたら殆ど描かない可能性も高いですが)、少し気になります。

Re: さすがは大王様

nagiさま、こんばんは!
ハイ、もうやるっきゃありません…!! 私もあそこで「大王様と戦います!!」と叫びたい……。

お気遣いありがとうございます。大分良くなって来ましたが、未だに声はガラガラ&体調もあまり宜しくなく、節電状態です…(^^;)三連休は予定もキャンセルになってしまい、家で過ごすだけになってしまったのも地味に辛い所でした。しかし、明日はヤンジャンの発売日…。俺たちの小吉や大王様を語る為にも、しっかり回復させたいと思います。こうなったら薬の過剰摂取をカッコ良くキメるしか無いのか…。
nagiさまも体調に気を付けてお過ごし下さいませ。

> それから、サイの立地的に、サイの脇をすり抜けて咸陽に行こうと思えばいけるから、サイをまともに通過するかなあと。
> (橋のとこで大王軍が待ち構えてるとある意味すごいけど)

ただ、その場合はサイに背を向けて川を渡る、というリスクを冒す事にもなるかなあ…と思いますし、正に「橋の所で待ち伏せ」とか、「川を渡り始めたら矢の嵐」とか、色々やられそうですね。
…そんな展開になったら、それはそれで凄いです(笑)
士気MAXな民の姿を見た時、李牧は何を思うのでしょうね。私もちょっと気になっています…。

> ギャングスターアイランドに関しては、星野様と似たような感想です。
> スプーンって食事とウ○トラマンのまねで使うだけでなく、最近は斬新な使い方するんですね。

そうなんです…一体何をするのかと思っていたら、まさかあんな…。
ただ、地味に恐ろしいですよね、あれ…。
あの回は、何故か「スプーン持って来いや」と言われた武井が何故か包丁、おたま、フライ返し、フォーク、etc…色々なモノを持って来たのも気になりました(笑)特におたまやフライ返しで一体何をするつもりだったのか…?

そうこうする内に、明日がYJの発売日ですね。
サイの戦いも火星の戦いも、共に応援していきましょう…!

そういえば李牧は

以前秦に来たとき、ほとんど政のことを見れませんでしたね(・∀・)
ほぼ空気だった大王が民衆を率いて戦う。。。恐らく李牧も想定外でしょう( ^ω^)
あえて政が空気でいた伏線がここで活きてくると嬉しいのですが(*´ω`*)

あとは攻城戦だし片腕折られてるし、武神が大人しくしてくれてればイイのですがねえ(´・ω・`)

Re: そういえば李牧は

螢一さま、こんばんは。

> 以前秦に来たとき、ほとんど政のことを見れませんでしたね(・∀・)
> ほぼ空気だった大王が民衆を率いて戦う。。。恐らく李牧も想定外でしょう( ^ω^)

これは生きて来るでしょうね…! 次回は降服勧告してみたら、皆やけに士気が高くて全然効果が無い→政の出陣を知って驚愕する李牧、とか見られるかも?
流石に政の出陣は想定外だと思います…!

> あとは攻城戦だし片腕折られてるし、武神が大人しくしてくれてればイイのですがねえ(´・ω・`)

そうですね。
…もし城壁の上に来てしまっても、信+飛信隊の皆の集の力で何とか撃退するとか。…何しろ、片腕が折られてますから…!!
これ以上奴に活躍されるのも…と思いますので、精々、信の手柄の足しになるとかそんな感じで適当に退いてくれると嬉しいものですが、どうでしょうね…。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR