サイト更新情報(2/23)

 こんばんは、星野です。
 やっぱりなんか…最近「ギャングスターアイランド」が妙に気になります&「WxY」が普通に面白くなって来ました。あのKY☆ポコニャン先生が再登場、と来れば(私的に)盛り上がらずにいられない…ッ!!
 YJに関しては、また後程別記事で語りたいと思います。
 では、サイト更新情報です。
・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第332話「サイに告ぐ」のレビューをアップ。
 予想通りの李牧の降服勧告。…信の答えも単純明快ながらスカッとさせてくれました。
 次回から、いよいよ本格的な激闘になりそうですね。

 今回の更新は、以上です。
 それでは、初めましての方も常連の皆様も、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

こんにちは、私も胃腸が弱るタイプの風邪引きました。
星野様はその後いかがですか?


普通はそうするだろうから、別に李牧の行動が間違いだともいいませんが、やっぱり降伏勧告してきましたよね。
しかも内容は超スタンダード。

信の返しがキレイにきまりましたよね。17巻で「お前ぶっとばすの俺だかんな」とやり返して以来の見事なカウンターかと。

合従軍の援軍、2,3日で到着っていってますが、秦側のどなたかが気を利かせてファル(←)っといてほしいんですが、そうもいかないですかねえ…

「WxY」、ポコニャン先生の再登場は嬉しいですが、場面がまずい(笑)愛美ちゃんのクラスメートに今すぐ全力で逃げて欲しいです。しかし、昨今の女子中学生はネイルにこだわるのかあ…とちょっとジェネレーションギャップ…私も歳かなあ…(笑)

史実では

 確か兵站が続かなくて撤退したとなってたはずですが、そこをどう解釈するかも気になりますね。

 とにかく勝負は「二、三日」で決まるはずと。 

Re: カウンター

nagiさま、こんばんは。
胃腸のタイプはキツいですよね……。体調の方は大丈夫ですか?
ご無理なさらず、ゆっくり治して下さいませ。
私は、咳だけがしつこく残ってしまっています…(^^;)

さて、李牧はやっぱり降服勧告でしたね。
私も、信のカウンターは見事に決まった!! と思いました。
17巻の秦趙同盟の宴での宣言を、まずはちょびっと実現してくれたと思っています。

> 合従軍の援軍、2,3日で到着っていってますが、秦側のどなたかが気を利かせてファル(←)っといてほしいんですが、そうもいかないですかねえ…

…私も、それならそれで全然OK! と思っています(笑)
ファルでもいいですし、「愚か者が」と弓の雨あられでも全然……。
2、3日後、あとちょっと持ち堪えれば…! とやっと光が差した所に、精鋭部隊到着で、またも絶望展開に…という展開が待っている気がして、心配です。
取り敢えず、あのイラッとする晋成常さん&隠れイケメンくんがひと泡吹く展開を希望しています。

> 「WxY」、ポコニャン先生の再登場は嬉しいですが、場面がまずい(笑)愛美ちゃんのクラスメートに今すぐ全力で逃げて欲しいです。しかし、昨今の女子中学生はネイルにこだわるのかあ…とちょっとジェネレーションギャップ…私も歳かなあ…(笑)

…ポコニャン先生は…まずいですよねぇ。単に替え玉のおじさんである事を空気読まずにベラベラ喋ってバラされる、とかそんなモノじゃ済まされない気がするのが怖い所です。
そして、ネイルの件はやっぱりそう思われますよね!? …正直、中学・高校生の間は、寧ろ下手な化粧だの何だのしない方が、却って可愛いのに…なんて思ってしまう私です。まだまだ、素材だけで十二分に勝負出来るのですから…! 愛美ちゃんも、正直あの格好にネイルアートは却って似合わない気がするので、気が回らなくて寧ろ大正解、だと思うのですが…。最近の若い子達は違うのでしょうかね…(苦笑)

Re: 史実では

JINさまこんばんは。
…普通に考えれば、兵站の問題はあれだけの大軍であれば無視できない事ですが、あまりその手の事に触れられずに万単位の大軍が動いてしまうのがキングダムのクオリティ…。
隠れイケメンの発言からも、少なくとも「2、3日」後には決着が付いている筈、という算段だとも受け取れますし、合従軍各国の精鋭部隊の到着がどういう影響を及ぼすのか? は気になりますね。

汗明について

はじめまして、星野様!碧雲と申します。キングダムの感想、いつも楽しませていただいております!^^

汗明について星野様は酷評しておられますね。確かに彼の増上慢は問題あったかと思いますし、また蒙恬の件もありますが、私は少なくとも純粋な武力では蒙武より上であったと思いますし、極めて強大な敵であったと思いました。この作品に出てきた武将の中でも最強クラスであったことは間違いないでしょう。

蒙武が実力では上であった彼に勝てたのは、汗明の思い上がりが招いた油断と、蒙武が負傷したのが利き腕ではない左手であったのに対して、汗明は利き腕の右腕を負傷したこと、武器も彼の棍棒だけが砕けてしまったという運・不運が大きかったと思います。むしろ汗明が左手しか使えない状態で右腕が使える蒙武とあそこまで戦えたのは私はやはり彼の力の凄さ・本来の彼の力が蒙武を凌駕していたゆえと感じました。

部下たちが彼を慕っていた事、臨武君が死んだ時の彼の行動とかを考えると、彼にはある意味結構寛大で面倒見の良い部分もあったんではないかとも思えます。まあ一種の「強者の余裕」的な感じで…傲慢といえばそうかとは思いますが、それなりには評価してあげてもいいように私は思いました。長々とすみません。

No title

はじめまして!TYUKと申します。いつも感想楽しく拝見させて頂いております。

突然ですけど、テラフォーマーズの感想もまとめたりはしないのでしょうか?そちらも楽しみにしてるもので…。キングダムのファンサイトなのはわかってるんですが、別館みたいな感じでやったりとか・・・ダメですかね^^;

あと、トップページのサイト更新の日時が更新されてなかったですよ~。おかげで少し気づくのが遅れてしまったりw

Re: 汗明について

碧雲さま、こんばんは! 初めまして。いつも楽しみにして頂けて嬉しいです。

> 汗明について星野様は酷評しておられますね。確かに彼の増上慢は問題あったかと思いますし、また蒙恬の件もありますが、私は少なくとも純粋な武力では蒙武より上であったと思いますし、極めて強大な敵であったと思いました。この作品に出てきた武将の中でも最強クラスであったことは間違いないでしょう。

彼については、楽団その他諸々もあり、正直相当酷評している事は否定しませんが(苦笑)、こと「武力」の面については、本人が自分を「超越者」と言いたくなるだけのモノは持っている、とは思っています。
昌平君も言っていましたが、あの時点で、汗明は間違いなく蒙武より「強かった」でしょう。
ただ、どんなに強くても「いつかは誰かに超えられるかもしれない」可能性を全く考えなかった汗明と、常に「中華最強」を目指して向上している蒙武との差が、実際はそれ程開いていた訳でもなかった実力差を埋め、更に覆したのかな…と思います。

私個人は戦に対する考え方に関しては、どうしても「バカな男の一騎討ちに付き合うつもりなんかない」というカ燐様の考えに賛同してしまいますが、…カ燐様は、色々と性格がアレですからね…(^^;)
臨武君共々、あくまで「正々堂々武力で」をモットーとする汗明は、臨武君同様部下達には結構寛大な一面もありそうですし、少なくともカ燐様に比べれば兵達に慕われる率も高いと思います。

そう言った面を全く認めないつもりはありませんが、個人的にはどうしても傲慢さや「自分の実力をひけらかす」所が目に付いて、碧雲さま的には「酷評」に映った事と思います。
碧雲さまのような評価も全然あって良いと思いますし、同じように思っている方も沢山いると思いますよ。
レビューサイトに書いてある事は、あくまでも私個人の感じている事なので、「そういう風に考えてる人もいるんだー」位に思って頂ければと思います(^^;)

Re: No title

TYUKさま、こんばんは。初めまして。

テラフォの方は、すみません、ちょっと忙しくてまとめるのは難しいですし現在は考えていません。(一応、カテゴリで分けてはいますので、そこそこ解りやすいかな…と)
サイト更新の日時、ご指摘ありがとうございます。。

色々とサイトが大きくなった事もあり、ついつい更新が漏れる事も多々あり…本当は色々と整理したいのですがままならずご不自由おかけしてすみません。m(__)m

かなり大雑把な感じのサイトですが、宜しければまた遊びにいらして下さいませ。

拍手コメントありがとうございました! >akaさま

 akaさま、こんばんは! お気遣いありがとうございます。やっと回復しました…(^^;)早めのパブロンは大事ですね! 銀のベンザブロックも効くとか…? ありがとうございます、覚えておきます♪
 アニメ最終回、未だに見れていない私ですが…やっぱり王騎将軍のあのシーンは、アニメで見たら私も泣けると思います。。第二期も決まりましたし、楽しみですよね。
 実は私も、介億先生は頑張って欲しいなぁと思っています。良いキャラしてますし、今後も出て来て欲しいですよね。昌平君の側近の一人でもありますし、政争の方でも活躍の場があるかも知れませんし。
 今週も何やら不思議な守城兵器を出していましたが…、正直、趙軍側の梯子の方が遥かに不思議だと思った私です(笑)
 東壁の壁さんが、ちょっと心配ですが……今まで、幾度ものピンチをしっかり凌ぎきっていた壁さんからしたら、今程度の戦況などフツーだと信じています! ただ、李牧もこのまま単調に攻める事は無いでしょうし、次にどこがピンチになるか解りませんからハラハラしますね。
 隊長、お気遣い頂いてありがとうございます。大分春めいて来たとは言え、まだまだ寒い時期ですので、akaさまも体調にお気を付けて。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR