YJ16号テラフォーマーズ感想:早まるなよ。まだ経ってないだろうが。(※加筆・修正版)

 こんばんは、星野です。原稿がデッドオアアライブ状態ですが、毎週何かこう…叫ばないと落ち着きません(笑)WxYの愛美ちゃんのおパンツ(先週号)とか再び登場のポコニャン先生とかも叫びたかったりするのですが、また後日に…(^^;)

 ――鬼塚慶次、戦場(リング)からは降りない。

 カイコガプロテインパクつきながらのクロカタゴキVS.慶次の見開きの図が思いっきり格ゲーみたいで吹きました(笑)
 …おいいいいい! と、思いましたが、今週は艦長の一言がシブかったです。
 それと、慶次の「素敵な友達」の中にさり気なく俺たちのシャチ男さんがいたのが嬉しかった…! すんごいイイ笑顔してた!!(笑)
 続きから、鬼塚慶次VS.クロカタゴキ、ゴング。
■第43話 BLUE EYES 炎の瞳
 決勝戦だァ―――ッ!!
 数々の悲しい過去と! 死亡フラグに支えられてッ!!
 今夜遂に、地球最強のォ――!? オット失礼! 火星最強の漢が決定いたします!!!
 勿論ルールは無用、判定勝ちはナシ! 何でもアリのデスマッチだァー!!!

 まずは青コーナーからこの漢ッ!
 優しき元世界王者・鬼塚慶次ッ! 身長175cm 日本国新潟県出身ッ!
 M.O.ベースは紋華青龍蝦ッ! 母の眠る島を本土から見る為だけに火星までやって来た、最強の拳と神眼を持つ生粋のボクサーだ――ッ!!
 だが相手は手強いぞおッ!
 黒硬象虫ゴキ・身長2m22cm、出身地・火星!!
 不落の装甲とカイコガプロテインによる筋力は正に無敵! 天性のファイターだァ――ッ!!

 ………こんなノリで始まった序盤でした。
 軽くステップを踏む鬼塚慶次、マジかっけぇです。…ところで、借金は目の治療の方だったのですね(By冒頭の特集ページ)確かにそっちの方が「目が良い生物(ヤツ)にしてくれ」とも繋がります。
 母親の性格から考えても、自分の治療費の為に息子がそんな借金するとか許さなそうな気もしますし…。
 結局、母親の死因についてはもしかしたら例の病気ではなかったかもですが、いずれにしても泣ける話です。

 さて。
「人に踏まれた事を気にも留めない」程に強固な黒硬象虫。
「強固な殻を持つ貝や蟹を『叩いて』『割る』」圧倒的破壊力を誇る蝦蛄。

 最強の矛VS.最強の盾の対決、果たして勝つのは…!?

 闘う寸前まで、まだフンドシからカイコガプロテインを補給しまくりのクロカタゴキ。
 ここで例のナレーションです。
 曰く、「チーズの製造過程で出る廃棄物」であったホエイ・プロテインパウダーが普及するまで、アスリート達が栄養補給に苦労していた事。
 要は、タンパン質…もとい蛋白質(プロテイン)メッチャ大事!!
 というのが約2ページに渡って語られます。
 ドラゴンボールでは、筋肉ムキムキになり過ぎたトランクスが「それじゃ勝てねーよ」と敵に言われて凹んでるシーンがあった気がしたのですが、実際「筋肉ダルマは動きが鈍いんだぜ」はどうも単なるイメージに過ぎないようで。
 実際、筋肉の増強は瞬発力の増強、ひいては圧倒的な「疾さ」に繋がるというのが正解なようです。
 元々瞬発力に優れたゴキがカイコガプロテインによって筋肉を増強、更に優れたスピードを手にしたならば!!
 クロカタの硬さをその圧倒的パワーとスピードに乗せた一撃は、慶次を一撃で粉砕し――……。
 とは、なりませんでした。
 難なくその一撃を躱す慶次。

 対する鬼塚慶次(24)は、最終学歴・新潟県御々附市立御々附中学校。
 国語・数学・理科・社会科・共通語(英語)・体育。
 全て「3」
 …ここまで来ると、逆に目立ちそうな成績です(笑)
 体育まで3、というのが意外な気もしますが、よくよく考えてみれば必ずしも格闘技に強い人がサッカーでも野球でも出来るとは限りません。「ボクシング」しか出来ない、そういう生き方しか出来なかった慶次の不器用な生き方を考えると、納得出来る気がします。
 そしてどの科目も可もなく不可も無くな「3」な辺りに、ボクシングしか出来ないと言う割に、なんだかんだで普通に勉強も真面目にやっていたのだろう、という実直な人柄が伝わって来ました。
 慶次君、イケメン度は文句ナシに「5」だ!!!

 そんな彼の戦い方は、身体に刻み込まれた「習慣」そのもの。
 躱して「水月(ストマック)」! 潜って「脇腹(リバー)」!!
 ゴキの身体の構造はどうなってるのか不明ですが、人間に近い形をしている事を考えると、後から確実にダメージ来そうな感じですね。
 金八先生の「顔は狙うな! ボディーボディー!!」を思い出してしまいました(笑)
 …うん、体格差的にも、狙うのはやっぱりボディーですよね……。
 
 相手の攻撃を最小限度の動きで躱し、着実に強烈な一撃を叩き込む。
 慶次のボクサーとして洗練された動きに蝦蛄の破壊力を乗せ、刻む一撃はクロカタの装甲にビシバシヒビを入れて行きます。
 慶次強ぇぇぇ!!

 若干ムキになったのか、本来なら余裕で慶次を粉微塵にしている筈の攻撃が当たらない事に戸惑っているのか、クロカタゴキの攻撃はますます大振りになっている気がします。
 しかし、ヤツの攻撃など当たる筈もありません。
 何故当たらないのか!? 何故躱されるのか!?
 教えてやろう。それは相手が「鬼塚慶次」であり、てめーがゴキブリだからだ!!!
 
 毎日毎日「躱して打つ、躱して打つ」この動作ばかり、繰り返し繰り返し実直に練習を積み重ねて来たその動きは、結局は自分の身体スペック頼みのゴキを翻弄するなど造作も無い事。
 更に彼の「目」は、今は蝦蛄のそれ。
 どうも、この「蝦蛄」。…慶次が望む「目の良さ」と合致するかどうかは不明ですが、かなりハイスペックな目をお持ちみたいですね。
 紫外線・赤外線・果ては電波までどうも見えてるんじゃ? という驚異的なその瞳。
 更に、人間の眼では三原色しか認識出来ない色覚も、蝦蛄は十二色。
 更に言えば、「円偏光」という、デジタル技術に使われるような特殊な光なども見えているようで。ぶっちゃけ海の底で生きるのにそんな能力が必要なのか? 何故そんな能力を持っているのか? 流石125万種の命の炎が燃え盛る地球、生物の神秘には驚かされる他ありません。
 海の、特に深海にすむ生物なかは、寧ろ視力とかあっても仕方ないので目は退化して殆ど視えない…なんて聞くんですけど、こんな不思議な「目」を持つ生き物って本当に蝦蛄だけなのでしょうか。つくづく不思議に思います。
 ――さて、そんな蝦蛄の目を持つ慶次にも、この暗闇の中で、更に保護色の如くなっているクロカタゴキの黒い姿も、暗視スコープで見ているが如くはっきりと「見えている」みたいですね。
 彼も先々週「…見えるよ」なんて言ってましたし。
 暗闇をも見透かす抜群の目。そして身体に刻み込まれた実直な動き。更に更に、ボクサーという彼の技術と最高に相性の良い、蝦蛄のもう一つの売りである破壊力。

 もう、これは押せ押せですね。おやつでも手にクロカタゴキがK.O.されるシーンを待つだけです。
 ……しかし。……しかし。

 母さん――。いつも心配していたね。ボクシングしか出来ないオレを……。同年代の友達の少ないオレを……。
 やるよ……きっと。
 地球に帰って母さんの島が見えたら――。
 仲間たちと働いて――恋人も探して――きっと 母さんが安心できるような人生を……。


 どうしていいか分からずにここまで来たけど、ここで仲間達(かれら)が教えてくれたから。
 誰かを守る為に闘うというのは、こんなにも誇らしいと!!

 メッチャ嫌な予感がするんですが。
 地球に帰ったらとか、そんなのはもうちょい後にしようぜ!!(汗)
 うん、いいんだ。…確かに地球に帰ったら、ピチピチのギャルを漁って、素敵なお嫁さんも見付けて、おっかさんを安心させてあげればいい。
 でもその辺の諸々はまず、コイツをどうにかした後にしよう!!

 そしてやっぱり、シャチ男さんの笑顔が素敵過ぎます。
 …そう言えば、シャチって超音波を獲物にぶつけて気絶させたり、音を飛ばして周囲を探ったりとか出来るみたいです。シャチ男さんもアドルフさんみたいにレーダー機能を持っているかも…!? そして、今は網を使って堅実に闘っていますが、実は薬を過剰摂取すれば超音波で周囲一帯のゴキを攻撃したり出来るのかも…!? (ドキドキ)シャチ男さんがクローズ・アップされる日が待ち遠しいぜ!!
 加奈子ちゃんの笑顔もカワイイですね。
 いい…この素敵な友達の図、イイ…!!

 ボクシングしかなかった。それも失い、最愛の母も失い。
 幾らどうして良いか分からないからって、こんな火星まで来なくてもいいのに! ・゚・(ノД`)・゚・
 それでも彼は、ここでもう一度拳を振るう意味を見付け、素敵な友達を得る事も出来ました。
 いいじゃないですか。地球へ帰ってもう一度しっかり人生歩いて行く為に、先ずはこのクロカタゴキを退かさないと!!
 
 なのに……ああ、なのに!!

 だから―――。
 母さん―――……。


 突如、歪むその視界。
「あれっ…?」
 じゃねーよォォォォォォ!!! ・゚・(ノД`)・゚・

 泣くのは先ず、クロカタをK.O.してからにしよう!!! ・゚・(ノД`)・゚・
 いや、なんかこう、気持ちは分かるんだ……分かるんだけれども!!
 シャコマグナム食らわす前に、クロカタマグナム食らって吹っ飛ビングしちゃダメだよ!!!

 アドルフさんもムキムキゴキとの戦闘の最中に奥さんを思い出して目に涙を浮かべていたのを思い出しました。…やめてー!! なんか色々、ダブッて来たからやめてー!!(涙)

・心優しき(外見・内面共に)イケメン
・不器用
・戦闘中に涙

 
 やめてくれー!! マジでトラウマ・スイッチ・オンしそうだからやめてー!! ・゚・(ノД`)・゚・
 何故アネックス1号のイイ男達は、「ダイの大冒険」のラーハルトに「お前は、戦い続けるには心が優しすぎた…!!」とか認定されちゃうような人ばっかりなんですか!?
 
 ただ、こういう極限の状況だからこそ、「何でこんな時にこんな事を」っていうのを思い出してしまうのもまた人間という生き物なのかなぁ、と思います。
 笑っちゃいけない時に限って、可笑しい事を思い出してしまうように。
 極限の状況にあるからこそ、普段心に蓋をして見ないようにしていた事や押さえていた感情が、ふっと溢れ出て来てしまうのは、あり得る話ではないかと思います。
 
 なまじクロカタがメッチャ扱い易かった相手だったのが、…考え事出来る位、技量的には圧倒的な差があったのが、仇になっちゃったか!?
 あまりに一方的過ぎたからちょっと盛り上げようと思って、一発食らっちゃったんだよね…ファンサービス
の一環なんだよね……そうだと言ってくれ慶次ー!!(汗)
 岩にメリ込んじゃってるよぉおお!?(汗)
「てめーは、2分以内に倒す!!」って言っておきながら脱出機の壁にメリ込んでた燈みたいになってるZ!?
 …一発貰えば、やっぱりこうなるんだなぁ…と、改めてその威力は脅威だと思いました(汗)
 鉄壁の防御力を誇ったアシモフさんと同じ「甲殻類」のM.O.だったから、まだ大丈夫だったんですかね……やっぱり。
 躱して、打つ。
 打たせずに、打つ。
 ……そのスタイルを忠実に守って来た慶次。それは唯の「喧嘩」とは違う「格闘技」の理想な訳ですが……ここで彼は、一発、それもかなりイイ一撃を貰ってしまいました。

 しかし、ボクサーはこの程度では倒れない!!

 自分の勝利を疑いもせず、次の敵に狙いを定めたクロカタゴキに、艦長が渋い一言。
「まだ経ってないだろうが」
 ……そう、まだ10カウント経って無い内はK.O.じゃないぜ!! 
 彼は、ボクサーなのだから!!
 ゴキよ、貴様らには分からないだろうが、これが「ボクサー」だ!!!

 カイコガゴキが張り巡らせたリングのロープに捕まって、再び慶次は立ち上がりました。
 ファイティング・ポーズはまだ取れそうですね。
 その瞳から未だ闘志の炎は消えず。鬼塚慶次、第2Rへ!!

 ゴキ達にしてみれば、想いの強さだのなんだのそんなモン知ったこっちゃないでしょう。しかし人は現実に、その想いで強くなる事も出来る訳です。
 …そう、キングダムでも「大将軍」補正がかかれば武神だって圧倒出来るように!!

 という訳で、来週、クロカタゴキとの第2Rです。そろそろ決着を付けて、艦長VS.カイコガゴキに移ってくれると嬉しいなぁ…と思います(^^;)
 っていうかあの…クロカタゴキを倒したものの、燃え尽きて真っ白になっちゃうのは勘弁してくれー!! ・゚・(ノД`)・゚・

 それにしても今回の演出、ボクサーの慶次ならではですね(^^;)
 やっぱりこのシーン描きたかったんだろうなー、と思いました。特に立ち上がって来る慶次の作画とかメッチャ気合い入ってますし!
 そして、アシモフさんの例から考えても甲殻類は元々防御力かなり高いんだろうな、と思いました。
 クロカタゴキも自覚していないだけで相当ダメージは蓄積されているでしょう。あのパンチも実は全力ではなかった、とかそういうのもあるかもしれませんが、それを差し引いてもあれだけ吹っ飛ばされて岩壁に刺さった状態から立ち上がれるってのは相当な堅さだと思います。
 あの両腕、何気に防御にも使えそうですね…。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

おいおい!

戦闘中に「あれ?じゃないよ慶次!」「泣くならクロタカゴキを倒したあとにしな!」って天国からお母さんが言ってそうな展開ですね!
アドルフと重なるようで、重ならないことを祈りながらラウンド2です。
でも、クロタカゴキには確実にダメージは与えていた(慶次を吹き飛ばす前に大勢崩してました!だから肉片にならずに済んだ?)から、ダウンはとられましたが、五分五分かまだボクサーの慶次が有利かな?と思います。名前は悪いけど、シャコパンチは確実に飛び道具級にやばい攻撃です。(裏拳を使ってないからシャコパンチとは呼ばないかな?)
小吉の余裕の態度もなんか安心感(慶次が信頼されてる証)があっていい感じです!
悲壮感が漂っていたアドルフ班とは違う感じで少しだけだけど、安心して来週を迎えられそうです。

お久しぶり、艦長!

艦長、久々にみた気がします(^_^;)
艦長は、マルコスと加奈子ちゃんのくだりから慶次の戦闘中まで、ずっとカイコガゴキとにらみ合ってるんですかね?
だとしたら恋の一つも芽生えそうなくらいの見つめ合いっぷりですよ。長い~!
慶次には来週でクロカタゴキをたたんで頂いて、そろそろ艦長とカイコガゴキとの因縁の対決を見たいです。


慶次が吹っ飛ばされたときはヒヤッとしましたが、無事でよかった。
立ち上がるのに掴んだカイコガゴキの糸がリングロープみたいでいい味出してましたね~


原稿、大変ですね。
なんか追いつめられてる感が漂ってますが、あまり無理なさらないで下さいね(>_<)

新潟…

星野さま。更新ありがとうございます。

慶次は新潟の離島出身…タクシー代忘れても走って港まで行けるぐらいの距離…いったいミッシェルちゃんとどこで食事したんだ…
朱鷺メッセか?

No title

こんにちは。
今週は冒頭の盛り上げが素晴らしいと思いながら「油断すな慶次!」と言いたい内容でしたね。
涙を流した場面では「あかんて!」となぜか関西弁が出てしまいました。
直後に全力でぶっ飛ばされてひやっとなりつつ、
岩壁にはギャグ漫画みたいな刺さり方をしてたのでこれは大丈夫とひと安心もできました。
これらに到るまではクロカタゴキを翻弄していてダメージも蓄積しているでしょうから、
痛覚のないゴキ相手にどのような効果があるか次回以降が楽しみでもあります。
密かな期待としては、あと一発で装甲をぶち抜けるようなここぞと言う場面に、
全身全霊を込めた魂のシャコパンチをぶちかますところを見たいですね。

Re: おいおい!

 オメガ1さま、こんばんは。
 本当に…! 天国からお母さんに怒られそうな試合展開になってしまいましたが、まだ試合は終わっていませんし、これから第2R。元々は圧倒的に有利な展開で進めてましたが、ダメージを受けた後も「躱して打つ」が出来るか、少し心配です。

> でも、クロタカゴキには確実にダメージは与えていた(慶次を吹き飛ばす前に大勢崩してました!だから肉片にならずに済んだ?)から、ダウンはとられましたが、五分五分かまだボクサーの慶次が有利かな?と思います。

シャコパンチは相当強いみたいですよね。それに、クロカタのダメージは、痛覚が無いから「気付いてない」だけで、実は相当ダメージが来ている、というのは普通にアリだと思います。
慶次頑張って欲しいです…!

> 小吉の余裕の態度もなんか安心感(慶次が信頼されてる証)があっていい感じです!
> 悲壮感が漂っていたアドルフ班とは違う感じで少しだけだけど、安心して来週を迎えられそうです。

そうですよね、小吉の「まだ経ってないだろうが」には、一度背中を預けたのだからと絶対の信頼を寄せているのが伺えます。艦長の背中を預かったからには、ここは派手にK.O勝ちを決めて欲しいですね。
穴の上の方はマルコス&加奈子ちゃんでコールドゲームにしつつありますし、第一班は安心して見ていられます。後は、第二班に早く合流して欲しいですね。

Re: お久しぶり、艦長!

麦ちょこさまこんばんは! 言われてみれば…マルコスの活躍に加奈子ちゃん、そして慶次と来て、艦長がまともに台詞を言ってるシーンがとても久しぶりに思えますね。

> だとしたら恋の一つも芽生えそうなくらいの見つめ合いっぷりですよ。長い~!

た、……確かに…!(笑)
そう言えば、艦長はクロカタ相手に余裕の態度でしたが、戦況の方は実際どうなのでしょうね。
にらみ合いだけなのか、実は描かれていないだけで壮絶な攻防を展開しているのか…?
私も、やっぱり小吉VS.カイコガゴキの戦いは気になりますので、慶次にはスカッ! とKO勝ちを決めて欲しいです。

> 慶次が吹っ飛ばされたときはヒヤッとしましたが、無事でよかった。
> 立ち上がるのに掴んだカイコガゴキの糸がリングロープみたいでいい味出してましたね~

あのリングロープの演出、良かったですよね。絵も凄く気合い入ってましたし、この演出は絶対描きたかったのだろうなぁ…と思いました。
それに加えて「彼は、ボクサー!」のアオリ。たった一撃でボロボロの姿になってしまいましたが、ここから立ち上がって来るのが慶次のような人間の筈! 頑張って欲しいです。

お気遣いありがとうございます。
何とか締め切り守れるよう、頑張ります…。。

Re: 新潟…

でそうざさま、こんばんは。
ミッシェルさんと何処で食事したのか、気になる方結構いるみたいですね。
…私も若干気になりましたが(^^;)

> 朱鷺メッセか?

ちょっと調べてみました。
ホテルもあるみたいなので、お洒落なレストランもありそうですし、先週号に出て来たミッシェルさんと食事していたビルの形なども似ている気がします。もしかしたら朱鷺メッセがモデルかも知れませんね。

コメントありがとうございました >奈々さま

こんばんは! …私も「あかんて!」と関西人でなくても関西弁で突っ込みたくなる、そんなまさかの一撃食らう展開でした…(汗)

> 岩壁にはギャグ漫画みたいな刺さり方をしてたのでこれは大丈夫とひと安心もできました。

吹っ飛ばされたシーンが衝撃的過ぎて、実は気付きませんでした(笑)
後で見返すと、ほんとにギャグみたいな突き刺さり方ですね…。
甲殻類でなかったら危なかったとは思いますが。。

> 密かな期待としては、あと一発で装甲をぶち抜けるようなここぞと言う場面に、
> 全身全霊を込めた魂のシャコパンチをぶちかますところを見たいですね。

ここは見たいです!! 慶次の吹っ飛び方なんて目じゃない位に、それこそ穴の上にドーン!! と打ち上げる→投石部隊をコールドゲームにしたマルコスがそれを見て「お、やったな♪」ってアラクネバスターMKⅡ片手に笑うシーンがあれば、尚良いと思います。
それにしても、第二班なかなか来ませんね…。早く合流して、安心したいものです…。

多分、お前より

バグズ二号のクロカタだった奴のほうが強いm9(`・ω・´)

いや、無いかww

シャコさんたらパンチは強いわ、甲殻は硬いわ、目は良いわで無駄にハイスペックですからね(´・ω・`)
硬い甲殻と棘で迂闊に触ると人間が大怪我を負いかねないほどだそうで。
しかし甲殻のおかげだけってのも寂しいものですからね、あのパンチに反応していたとかだと嬉しいのですが(;^ω^)

全体的にボクシングテイストの演出がニクイですね(*´ω`*)
そして使用したパンチは左、解説は目だけ。。。となると
第二ラウンドでMAXシャコパンチ炸裂を期待してしまいますな(`・ω・´)
地球最強のパンチを刻み付けろ(`・ω・´)!

Re: 多分、お前より

螢一さま、こんばんは!

> バグズ二号のクロカタだった奴のほうが強いm9(`・ω・´)

……言いたいけど……! 言いたいけど……ッ!(涙)
ジャイナさんでは……っくっ……。
因みに、リーゴキさんの場合は、どうでしょうね。…言えますかね…?「多分、お前よりバグズ2号のミイデラゴミムシだった奴の方が強い」と。

> シャコさんたらパンチは強いわ、甲殻は硬いわ、目は良いわで無駄にハイスペックですからね(´・ω・`)
> 硬い甲殻と棘で迂闊に触ると人間が大怪我を負いかねないほどだそうで。

本当に、色々と聞くとトンデモなく強い生物ですよね。
パンチ力もあるという事なので、慶次のボクサーの技術とも相性バッチリですし。
これは、天のせめてもの粋な計らいという奴なのでしょうか……。

> しかし甲殻のおかげだけってのも寂しいものですからね、あのパンチに反応していたとかだと嬉しいのですが(;^ω^)

考えてみればそうですよね、幾ら隙を突かれて…とは言え、ガードしていたとか、何か欲しいものです。
躱して打つ、が基本のスタイルだったようですが、だからと言ってガードは出来ませんという事は無い…と思いますし。(^^;)

> そして使用したパンチは左、解説は目だけ。。。となると
> 第二ラウンドでMAXシャコパンチ炸裂を期待してしまいますな(`・ω・´)

そうだったっけ…? と読み返して、確かによく見るとイイのを入れまくってますが、左のパンチですね。
という事は、渾身の右ストレートやアッパーといったモノももしかして拝めるのでしょうか…!?
しかし、軽く入れているように見えて、あの装甲にヒビを入れるとか相当な威力です。これで全力の右ストレートを放ったら…と考えると、胸が熱いですね…!! 次号予告でも「次回、パンチ炸裂!!」ってなってましたし、私も期待して待とうと思います。

No title

以下、慶次が吹っ飛んだ時の俺の心象風景。

  はい、みんなで言うよ~、それじゃあ、せえの!!
  「「「ちょwwwおまwwwww」」」

しかし、闘争心の塊、みたいな描写はされてない彼ら
しいなあという感想も抱いて、応援する気持ちは強くな
りました。

ボクサーの「打たせずに打つ」は、全部避ける訳では
なく有効打を「打たせずに打つ」という意味であること
が多い(アリですら、ロープを背負って、相手のパンチ
の衝撃を殺す作戦を取ったりした)から、きっとあれも
有効打じゃないんです。多少血が流れたってきっとそう(汗)

コメントありがとうございました >にゃあさま

こんばんは、コメントありがとうございました。

>   はい、みんなで言うよ~、それじゃあ、せえの!!
>   「「「ちょwwwおまwwwww」」」

……確かにあの…気持ちは分かります(^^;)
ついさっきまで、殆ど完封ムードだったじゃん!? 泣くのはもうちょい待とうよ!!
……とは、誰もが思う所かと(苦笑)

> しかし、闘争心の塊、みたいな描写はされてない彼ら
> しいなあという感想も抱いて、応援する気持ちは強くな
> りました。

そうですね、この辺りの「拳闘士」というにはやや優しい温和な部分が、KO勝ちではなく「判定勝ち」が殆どだった…という彼の戦績にも如実に表れていると思います。
だからこそ、やっぱり応援したい…! と思っていたら、今週、やってくれましたね(笑)

> きっとあれも
> 有効打じゃないんです。多少血が流れたってきっとそう(汗)

少なくとも、10カウント前にきっちり立ててるみたいなんで……そうですよね。
ダメージは少なくないみたいですが、ともかく今週を見てホッとしました。

拍手コメントありがとうございました>エイイチローさま

エイイチローさま、こんばんは! 先週の展開、本当にヒヤッとしましたね…。見事なKO勝ちを決めてくれましたから、来週は普通に小町艦長のターンで行って欲しいと願っています。
…流石にもう、ここからクロカタゴキが立ちあがって…とか。
油断した所を、他のゴキに不意討ちされて…とか。
やめてー!!! の一言ですね(^^;)

次はいよいよ艦長のターンになりそうですね。
アキちゃんの能力持ちなのでちょっと心配ではありますが…、ここはサクッと決めて欲しいですね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR