スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YJ25号テラフォーマーズ感想:地球では嫌がってる女子に無理に触ると(中略)こうなる※加筆・修正版

 こんばんは、星野です。
 いやいやいやいやいやいや。
 そうなるのは、……ミッシェルさん、貴女が相手の時だけです(笑)
 今週号のテラフォーマーズも、色々と話が動き出しましたね。
 続きから、色々語ります(5/30加筆・修正しました)
■第50話 EVOLUTION CRISIS 進化の雛形
 YJ連載が始まって、早くも50話目。今週のカラーページも素敵です。
 何気に左端に映っているイザベラさんを見ていると、作者もお気に入りなのかなぁ…と思います(笑)
 因みに俺たちのアドルフさんは、単行本表紙という形でひっそりと。
 イワンやジャレッドさん、加奈子ちゃんのカラーを拝めたのが、何気に嬉しいです。

 そんな第50話。色々と話が進みましたね。
 まずは冒頭から怒りまくってるドイツのバーサンから。
 そしてあの…冒頭からヨーロッパカヤクグリの解説とか、勘弁して下さいよ!! ・゚・(ノД`)・゚・  もういい…もう十分だろうが…ッ(血涙)
 そう言えばこの説明、某氏の「不倫は文化」発言を思い出しました(笑)

『まぁ…単純に腹立つのは 大いに分かりますけど。もともと自然交配じゃ望みは薄かったでしょう。……最新のデザイン技術でも全く成功しないんですから』
 そしてこの台詞で、どうやらバグズ手術やM.O.手術成功者の子供は、そんなに簡単に作れるものではない、という事がはっきりしましたね。
 …人工的に造れるものならそうしていたかも知れない。
 でも、最新の技術を使っても全然成功しない。ミッシェルさんの存在は、まさに「奇跡の子」と言って差し支えなかった。一周回って科学者が「愛」こそがそれを可能にするんじゃ? なんてとんだロマンチストな考えを持ってしまう位には、簡単に造れるものではなかった。
 しかし、今週ラストで明らかになりますが、人工的に「造る」事が可能だという事を実証する者が存在していた……となればまた、話は別になるでしょう。

 そこはまた、後で語るとして。
 少なくとも、アドルフさんの奥さんは本当に普通の一般人で、普通の恋愛結婚だったのは間違いなかったのですね。
「奴は普通の少女だった筈だ。優しかった筈だ。普通の家庭に育ち、普通の私立高校に入り、ちょっと家庭に事情はありそうだが優しいクラスメイトと出会い、恋をし結婚し 普通の女になった」
 そしてここでもチラッと登場したアドルフさん…! これだけでも嬉しいです。
 今後は、台詞のみの出演だろうと、1コマだけの登場だろうと、出てくれば語ります(笑)現状は、小町艦長の回想シーンに期待している私です。…初の「お酒飲んだ時」の様子を是非…ッお願いします、艦長!!

 ――というのはさておき。

 回想シーンの中のアドルフさんは、学生時代の姿。…彼女と出会ったその日の事でしょうか。
 あの…ところで、バーサン。
 愛がどーたら言う前に、貴女はまずその、アドルフさんの質素なパン一つという切な過ぎるお昼ごはんを何とかしてあげるべきだと思うんだ。見れば見る程泣けて来る…。育ち盛りな年頃なのに。
 アンタが手作りの愛情弁当位持たしてやりゃぁいいだろうが!!(涙)
 そして「ちょっと家庭に事情はありそうだが優しいクラスメイト」って…彼が抱える事情、「ちょっと」どころじゃないよね…主にアンタらのせいで!!(泣)
 実はここ、一瞬「ちょっと家庭に~」の所、奥さんの方にかかってるのかと思ってしまい、「え? 普通の家庭に育ち…って言ったばっかじゃん?」と思ってしまいました(^^;)
 しかもこのバーサン、「優しいクラスメイト」って言ってる辺り、アドルフさんの性格はよく熟知してらっしゃるんですねぇ。火星へ行かせる事にしたのも、「第二の出会い」的なモノを期待して…というのが本当に有り得そうだと思えて来た(^^;)
 そう言えば、ミッシェルさんのお母さんとドナテロさんも、どうやら普通の恋愛結婚だったようですが。ミッシェルさんのお母さんも、どんな方なのか凄く気になります。「就職祝いに貰った腕時計」を大切にしているという話なので、母娘仲も良いのでしょう。きっと素敵な人なんだろうなぁ…と思います。
 バーサンはそんな組み合わせを、アドルフさんと奥さんにも期待してたのでしょう。
 もしかしたら、アドルフさんの「子供」も、過去に何度か人工的に造ろうとしていたのかも知れませんね。それでも失敗したから、きっと一周回って「じゃあ、『愛』に賭けてみよう」と言う事になった…のかも知れません。
 …ところが蓋を開けてみたら、生まれて来たのは訳のわからん浮気相手の子供だった。
 まぁ、確かに怒りたくなるのは分かる気がするのですが……。

 機密情報の塊そのものだった彼が、何故、普通の一般人の女性と結婚出来たのか。
 その理由が明らかになりました。…ほんの少し位は、このバーサン達も、アドルフさんに対して人としての「情」のようなモノを持っていて、それもあってなのかな…なんて、思っていた時期が俺にもありました。
 …はは…随分と想像力豊かだな…私も…。
 そんな訳ないだろうに。・゚・(ノД`)・゚・
 他国に奪われない為。たったそれだけの身勝手な理由で、身勝手にあんなモンまで彼の身体に埋め込むような連中に、そんな人としての情けなんて、ある訳なかった……。

 ――それにしても、冒頭のこの会話、なんだかなぁ…と思うものがあります。
「自然交配」だの「『奇跡の子』が造られた」だの。
 ミッシェルさんは造られたんじゃないですよ…。
 彼女のお母さんと、大好きな人との間に生まれて来た娘ですよ・゚・(ノД`)・゚・ 。
 燈やミッシェルさんの事も、「モノ」か何かとしか思ってねーのか…と思った会話でした。
 それに、「奇跡」と言うなら、何もミッシェルさんに限った話じゃなく、125万種の命の炎が燃え盛り、人間だけでも何億人もいる地球上で、元は他人同士だった二人が出会って子供が出来て…という事自体が立派に「奇跡」だと思います。そういう巡り会い自体が奇跡みたいなものでしょう…。 
 そんなんだから、冒頭のアオリみたいにアドルフさんの奥さんの浮気が「誤算」になってしまうのですよ…。良くも悪くも「普通の人間」だからこそ、浮気も不倫もする可能性はゼロじゃないっつーのに……。
 
 そしてこの説明から、ちょっと気になりました。
「そもそも、バグズ手術(又はM.O.手術の成功者)を受けた人と普通の人との間に、子供自体出来るものなのか?」と。
 子供は出来るんだけど、M.O.やバグズ能力は遺伝しないよ、なのか。
 そもそも子供自体出来る可能性が極めて低いのか。
 人工でやろうとしても難しいという話なので、もしかして前者&後者の合わせ技…? と思ってみました。
 そもそもなかなか妊娠が成立しない。成立したとしても、生まれて来るのは普通の人間の子供。…だとしたら、ミッシェルさんの存在が奇跡というのもちょっと分かる気がします。

 さて、火星では。
 そんなミッシェルさん、戦闘態勢です。……そして何気にジャレッドさんの「特性」も判明!
 多くの予想通り、「反響定位(エコーロケーション)」でしたね。
 シャチ等にある「メロン器官」という器官を利用した音波によって、様子を探る事が可能だそうです。距離から姿形、材質や内容物まで見分けられるって、ハンパじゃねぇ……!!
 何気に人間も出来るっていうのがビックリでした。
 そんな彼の優れた特性は、怪我人の背後に忍び寄るゲス野郎の姿を、ハッキリとミッシェルさんに「聞かせて」くれました。
 生まれつき耳まで良いって…ミッシェルさんマジパネェ!!
 しかし、彼女の本気はまだまだこれからでした。
 燈の糸をリングロープの如く使い、何とミッシェルさんに頭突きをかますニジイロゴキ。
 
 すみません、本当にごめんなさい。
 何故か、ニジイロゴキの頭突きをまともに受けても「ミッシェルさんが無事」なのは普通に想定内だったんです。
 でも……。
 ミッシェルさんの眼鏡が無事だったのは想定外でした。特注品ですか…!? どんだけ頑丈なんだ、ミッシェルさんの眼鏡…!!
 すみませんでした。ミッシェルさんの顔面より眼鏡の方を心配して………(汗)

 それはともかく。
 更にコイツ、ミッシェルさんに抱きついて挟み殺しにかかりました。
 …何してんのコイツ? ゲンゴロウゴキと言いコイツと言い。…揃いも揃ってこのエロゴキ共め!!

 しかし、ゴキのターンはここまででした。
 相次ぐゴキ共のセクハラ行為に怒りMAXに達したミッシェルさん。万力の如く締め付けるクワガタの顎の力さえ跳ね返し、更にその顔に何かものっそいのをブッかけました。
 ドイツのバーサン。
 愛なんて何処にも見えない…爆殺の光景しか僕には見えないよ!! ・゚・(ノД`)・゚・
 そしてこのシーンに、一瞬「華と修羅」の第一話を思い出したのは私だけでしょうか(苦笑)
 シャイニングウィザードの次は毒霧による爆破とか…!
 次はキン肉バスターとか見せてくれないかなぁ…(遠い瞳)

 ――さて。
 こうしてニジイロゴキは瞬殺されました。
 いきなり正面から抱きつくとか、そんな痴漢行為するから……!
「そーいうのをセクハラっつってな。地球では嫌がってる女子に無理に触ると、訴訟 罰金 減給 免職 若しくは―――こうなる
 最初の4つはまだ分かるんですけども。
 最後のはねーだろ!!(笑)
 爆殺処刑とか聞いた事ないですよミッシェルさんんんんん!! それ貴女だけ…貴女だけェェェ!!
 ジャレッドさんのものっそい怯えた姿がなんか可愛いです。…シャチっていうよりイルカに見えます…。
 そして後ろのエリカさん、このままではジャレッドさんよりミッシェルさんに惚れちゃいそうですよ。
 やっぱり、ミッシェルさんはレディという名の漢だ!!

 でも、そんな怪力でセクハラ野郎を爆殺するミッシェルさんでも。
 例え捕獲する気ゼロな彼女でも。
 片手でジャレッドさんを軽々持ち運びしちゃっても。
 すぐに足の出血を心配したり、「今度こそ車の中で休んでな」…って笑う顔はホントに優しくて暖かくて、女性らしい柔らかさを感じます。
 ミッシェルさん…大好きだ…ッ!!

 ――そんな彼女のような存在は、前述の通りどんな技術を持ってしても「造る」事は出来なかった。
 ドイツのバーサンは言います。だからこそ、半分諦め半分大マジで「愛の力が生んだ『奇跡の子』」と呼ばれるようになった……と。
 
 ――ところが。
 そんな中現れた一人の青年の存在が、様々な思惑だの何だのはあっても、辛うじて均衡を保っていた「アネックス計画」を激震させます。
 その名は「膝丸燈」。――見付けたのは、六嘉さんのお兄さん。
 成功させたのは本多博士でした。
 科学者達からは「ザ・セカンド」と呼ばれる彼は、「人工的に造られた」存在。
 今から20年前、まだM.O.手術も実験段階だった頃に、それを成功させた人がいる。…そんな事が明らかになれば、その技術も、それを成功させた技術者も、燈もミッシェルさんも、各国の技術者にしてみれば喉から手が出る程欲しがるだろう…というのは納得は出来ます。
 しかし、やっぱり、妙に後味が悪い…ッ!!
 皆して、燈の事もミッシェルさんの事も、そして手術に失敗した多くの犠牲者達の事も。
 実は父母も「バグズ計画」に参加していて、M.O.手術の「ツノゼミ」強化の礎となり、数奇な人生を送ったアドルフさんの事も。
 なんかこう…「希少価値のあるモノ」としてしか見てないっていうのが、恐ろしい……。
 
 そして、正直な所、そんなに手に入れたいのなら、火星へ行かせずに地球に留めた方が何かとやりやすいのでは? と思うのですが、計画を早めてまで敢えてアネックスを火星へ飛ばした理由は気になりますね。

 そして、「愛」か…。
 そうか…。実はエヴァの「難度の高いベース」で助かったアドルフさんとエヴァの間に、今度こそ正真正銘愛し合った子供が出来て、その子が「4th」とか呼ばれる展開が来ると言う事ですね。(3rdは燈&ミッシェルさんの子供で…)解ります。…全力で解りてぇ…ッ
 自然に生まれたミッシェルさんの方が、燈よりもスペック的には高い(3巻プロフィールでは、燈よりも「通常状態が蟲化状態に近い」と記載されています)という所にも、もしかしたら本当に能力の遺伝の際に「人の意志や心」の力が関わっているのかも…? と思いました。

<追伸>
 今回の冒頭のドイツのババア(すみません、汚い言葉になりますが、今後はお名前が判明するまではババア呼びで統一します…)と六嘉くんとの会話を読んでいて、改めて色々考えてみました。
 アドルフさんは、多分、この「M.O.」遺伝の子供が極めて生まれにくい、という事実を知っていたんだろうな…と。
 だから、息子にM.O.が遺伝していないと知った時「その先を怖くて聞けなかった――どうしても」というナレーションに繋がったのでしょう。
 仮に100%遺伝するものだと本人が思っていた(又は、事実として100%遺伝する)のであれば、怖くて聞けないも何も、M.O.が遺伝していない時点で、自分の子供ではないのは確定事項です。…聞けなかったというより、「聞くまでもなかった」というのが正しいかな、と思います。
 本当は子供の件の前から、薄々浮気の兆候に気付いていたのでは? と思いました。
 彼はとても優しい人ですが、「只の鈍いお人よし」ではありません。それに、あの浮気の描写を見る限り、奥さんは浮気相手を自宅に呼び込んでじょうじに勤しんでたっぽいので、尚更、その手の痕跡というのは幾ら消したつもりでもどこかしらに残るものなのでは…? と思います。
 それでも、見ぬふりをして気付かぬふりをして、良い夫でいたかったのでしょう。
 けれど、子供にM.O.が遺伝していなかったと知った時、奥さんの浮気が彼の中で確定事項になってしまったんだろうな…と思いました。
 寧ろ心底信じていれば、きっと「その先」も聞けたと思うのですが、完全には信じ切れなくなってしまっていたから出来なかった。でも、ハッキリさせなければ、まだ自分の子供だと信じていられるから…、信じていたかったから、聞けなかった。
 奥さんを信じ切れなかった自分の「弱さ」や、今までの幸せを失う事を恐れて事実をはっきりさせる事の出来なかった「弱さ」。そうしたものを色々含めて「…人間はな、弱いんだよ」というあの台詞になったのだろうな…と思うと、余計泣けて来ます…。
 決して弱い人ではないと思うんですよね…。子供の頃から実験体扱いで育って、唯一愛してくれた人からも裏切られて、それでも尚、まだ人を好きになれる人なのですから。
 もう、嘘を吐かないで生きて、また素敵な出会いをして欲しかった…(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

フィニッシュホールド

ゲンゴロウゴキ → 足四の字固め
サバクトビバッタゴキ → シャイニングウィザード
ニジイロクワガタゴキ → 毒霧

…パラポネラゴキが出てきたらドラゴンスクリューとかも披露してくれるのかな(^_^;

燈を軸に動き出す人間側の思惑。ラハブの意志との関係は? オラなんかワクワクしてきたぞ!って感じです♪ 人工的に造られた存在でも、燈のアツさは本物!

最後に…マリアさんの腕とムネに鋏まれて逝けるんなら、我が生涯に一片の悔いなし…ッ!

No title

こんにちは。
今週もなかなかに新事実が判明する回でありましたね。
北斗神拳ならぬミッシェル神拳が炸裂かとおもいきや、
まさかの毒霧で「ひでぶ!」な展開には笑いをこらえるのが大変でした。

ミッシェルさんのような第二世代についても判明した今週ではありますが、
個人的な予想でミッシェル母さんはバグズ手術などを受けていないだけで、
いざ実行すれば免疫寛容臓の移植術をクリアできる人なのかなと思えました。
ミッシェルさんはドナテロ艦長から免疫寛容臓を受け継いだわけではありますけど、
この事実を生物学的に言うところの劣性遺伝と考えた場合、
両親ともに同じ要素があればそれが子供に発現しやすくなるので、
免疫寛容臓が受け継がれたと考えられなくもないです。
発現しやすくなるだけで必ずしも発現するとは限らないのが生命の神秘と言えるところですね。

そしてあかりんですが、実験の産物と言うところが悲しい部分になってしまいましたね。
バグズ手術の成功者同士で試しに掛け合わせてみたら偶然にもできちゃったのか、
免疫寛容臓を発現させる要素を特定してそれを基になのかが非常に気になるところです。

今後の展開に期待となりますね。

更新お疲れ様です!

 こんばんは。キートンです。
 僕は鮫の嗅覚で血の匂いをかぎつけるのかと思いました。シャチやイルカ類の特技でしたね。
 掴まれジャレッドと言いながら、ひょいと持ち上げて肩に乗っけるミッシェルさん、男前すぎる!
 
 合流したとはいえまだまだ危険な状況。

 ドイツと中国全滅か、いよいよ『渋い状況』になってきおったのぉ

 一郎、六っカ、七星ときて、『八』重子は?という書き込みをネットで見て、おぉっと思いました。
 テラフォーマーズ、いちゃつくカップルは例外なく裁かれているとの声もありますが、火星に来て、エヴァとアドルフ、アカリとミッシェル、アレックスと八重子、加奈子とマルコス!もっとやれ!
 地球の神は悪戯などしない。

No title

「正直ナメてたわ」を皮切りとして、どうもドイツの人たちってのは頭はいい(MO手術の先陣切った国っぽいですし)んですが、肝心なところでマヌケな感がありますね(笑)
アドルフを学校に通わせたのも、半分諦め半分大マジで期待していた「愛」を芽生えさせるためだと思ってるんですが……
明らかにまともじゃない空気をまとった、昼はいつも人知れずやたら粗末な食事をかじってるような火傷男を「事情はあるけど優しいし、ルックスも隠れイケメンだから良いだろ?」とばかりにポンと放り込んでもそりゃ無理があるだろうと。
アド嫁がいなかったら出会いなどなかっただけじゃなく、監視の目をくぐり抜けてどうにかして死んでた可能性までありますよこれ。
この危なっかしさを見てると、「まさかエヴァもすでに失敗しているのでは……?」って気持ちになりますが、技術者としては優秀な人たちのはずなので大丈夫でしょう、多分、きっと……

アネックス計画は燈になんかするための捨石にされたんでしょうか? あるいは、「地球はヤバいんだぞ早く火星いけよ」という過激派がいて、燈という強力なひと押し(理屈はわからんが作れる事は確定してる新人類)によってそいつらが止められなくなったとか?
どうあれ、やはりアネックス編の中心はあくまで燈&ミッシェルのようですね……

更新お疲れ様です。お体お大事に!

星野様こんにちは♪

コメントを毎回書くのは控えようと思っていたのですが…
すみません!若き日のアド君見たら書かずにはっ(笑)

若手陣のカラー表紙で気分が上がったというのに
…不倫の話はよして!(ノД`)
でも、若き日のアド君に会えたから、我慢します。
たった一コマでもアドルフさんに会えて幸せです(涙)

そして少なくとも、
アドルフさんと奥さんはちゃんと普通に知り合って、
普通に恋愛して、結婚したのが救いでした。
かなり複雑な事情を抱えた、むちゃくちゃ優しいクラスメイトと
彼女の間に、たしかに愛はあったんですよね…(泣)


さて本編では、マーズランキング1位候補に意外なモノが!
ミッシェルさんの眼鏡最強伝説がスタート!!(笑)
あの頭突きで壊れないなんて、マーズランキング1位確定です。
セクハラゴキを瞬殺した後のセリフも素敵でしたが、
ミッシェルさんにつかまれないジャレットさんの反応がナイスでした。


燈の出生の秘密や、アネックス計画の裏で各国の思惑など、
話もどんどん緊迫感が増してきました。
たとえ上層部がモノ扱いしようとも、
熱い心を持った彼らだからこそ強いことを証明して欲しい!
上層部の思惑なんてゴキ共々吹き飛ばしてくれると信じます。

Re: フィニッシュホールド

Seagreenさま、こんばんは!

> ゲンゴロウゴキ → 足四の字固め
> サバクトビバッタゴキ → シャイニングウィザード
> ニジイロクワガタゴキ → 毒霧
>
> …パラポネラゴキが出てきたらドラゴンスクリューとかも披露してくれるのかな(^_^;

パラポネラゴキはいずれ出て来ますよね…。やはりミッシェルさんがお相手する事になるのでしょうか。
その時はどんな技を繰り出して倒すかも楽しみですね。
プロレス技…とは大分異なりますが、キン肉バスターを見てみたいなぁ…と思っている私です(笑)

> 燈を軸に動き出す人間側の思惑。ラハブの意志との関係は? オラなんかワクワクしてきたぞ!って感じです♪ 人工的に造られた存在でも、燈のアツさは本物!

燈の出生もいよいよ明らかになって来ましたね。…人工的に造られた、とドイツのバーサンは言いますが、燈のあの熱い涙や優しさは本物だと私も思います。どんな思惑だろうと跳ね返して、桜人くんとの約束を果たして欲しいですよね。

> 最後に…マリアさんの腕とムネに鋏まれて逝けるんなら、我が生涯に一片の悔いなし…ッ!

私も同じで御座います。
もしかしたら、上記のようにゴキ達を倒すマリアさんも見られたかも知れないのですよね…。
…そう思うと、あまりにも惜しい人材でした…(涙)

コメントありがとうございました

こんばんは、コメントありがとうございました!
(HNの方、もし次回コメント頂ける時は記載をお願いします。m(__)m)

> 個人的な予想でミッシェル母さんはバグズ手術などを受けていないだけで、
> いざ実行すれば免疫寛容臓の移植術をクリアできる人なのかなと思えました。

成る程…! 元々手術に適合する人同士であれば、よりM.O.を受け継いだ子供が生まれやすい…とか、そういった法則はあるかも知れませんね。
…そうなると、次は「バグズ手術orM.O.手術に成功した者同士の子供」がどうなるか…というのも科学者達の関心を集めそうです…。

> そしてあかりんですが、実験の産物と言うところが悲しい部分になってしまいましたね。
> バグズ手術の成功者同士で試しに掛け合わせてみたら偶然にもできちゃったのか、
> 免疫寛容臓を発現させる要素を特定してそれを基になのかが非常に気になるところです。

あくまで「偶然出来てしまった」のか、それとも、実は「確実に成功させる方法」まで確率していたのか。があるのか。それによっても、また変わって来そうですね…。
明日のYJで、この辺は語られるかも知れませんね。

Re: 更新お疲れ様です!

キートンさま、こんばんは。
ジャレッドさん、どうやらシャチorイルカ(模様的に見てシャチ確定?)みたいですね。
鮫の嗅覚で…ってのも凄いですね。確かに鮫って血の匂いに凄い敏感みたいですし…。

>  掴まれジャレッドと言いながら、ひょいと持ち上げて肩に乗っけるミッシェルさん、男前すぎる!

このシーンは正に男前過ぎでしたね…。
にも関わらず、ジャレッドさんの怪我を心配する表情は普通に女性らしい優しい顔なのが、また素敵です。

>  一郎、六っカ、七星ときて、『八』重子は?という書き込みをネットで見て、おぉっと思いました。

八重子ちゃん、私も「実は蛭間家の一員では…?」説を見かけましたが、単行本のプロフィールを見る限り、姓が違うのでないかな…? と思っていますが、名前的に何か勘繰りたくなりますよね。
今のところ、特に戦闘で目立った活躍を見せていない彼女ですが、まさかの癒しキャラのままで終わるのか、それとも実は何かしらの役目があるのか…今後も注目していきたいですね。

いちゃつくカップル上等ですよね。…ええ、アレックスと八重子も、加奈子ちゃんとマルコスも、ジャレッドさんとエリカちゃんも、燈とミッシェルさんも…どんどんやれ!! って感じです(笑)
アドルフさんとエヴァも……。生きていたら、一番いちゃついて欲しい二人です。
あんな殺伐とした状況だからこそ、時には甘いロマンスも拝みたいなぁと思う私です…。
地球では、人の恋路を邪魔する奴は…馬に蹴られるか、こうなる(注:ミッシェルさんに爆破される)とゴキ達には言ってやりたいです…。

コメントありがとうございました>人見知りさま

こんばんは、コメントありがとうございました。

> 「正直ナメてたわ」を皮切りとして、どうもドイツの人たちってのは頭はいい(MO手術の先陣切った国っぽいですし)んですが、肝心なところでマヌケな感がありますね(笑)

私も、正直そう思います(苦笑)
何と言いましょうか、人の「感情」のような、一概に推し量れないものに対してまで数式のような感じで捕えている感じがあるというか…。(「優しかった筈だ」「そういう普通の奴の方が持っている筈だと思っていた」という台詞からもそれが感じられます)
だから、肝心の所でツメをしくじるのかな、と。

> アド嫁がいなかったら出会いなどなかっただけじゃなく、監視の目をくぐり抜けてどうにかして死んでた可能性までありますよこれ。

そうなんですよね…。そして周囲が大惨事に…。
ただ、そこで何かしら作為的な事をしてしまったら、いわゆる「愛が生んだ奇跡」も実現出来ないので、技術者達としては、アドルフさんに彼女が出来た時は本当にホッとしたのではないでしょうか。

それにしても、人の巡り会いや愛情や、そういうものまで、自分達が得たいものを得る為の「道具」のようにしか捉えていないあの技術者達には、ちょっと気持ち悪いものを感じます。

> アネックス計画は燈になんかするための捨石にされたんでしょうか? あるいは、「地球はヤバいんだぞ早く火星いけよ」という過激派がいて、燈という強力なひと押し(理屈はわからんが作れる事は確定してる新人類)によってそいつらが止められなくなったとか?

この辺は、まだ解りませんね。…ただ、燈の存在が、少なくともアネックス計画のバランスを大きく崩し、本来2年かける筈だった計画を半年に早める要因になった…のは確かみたいですが…。
何にせよ、ドイツ班のサンドラさんのように、家族をA.E.ウィルスから助けたいという人や、燈のように桜人くんと約束したから…という人。ジャレッドさんのように、人類を救う使命に誇りを感じている人がいる事を思うと、このアネックス計画を利用して自分達の利益の為だけに動くような人達には、絶対に負けて欲しくない…! と思ってしまいます。
燈は「火星でも、この先でも」戦力になるという七星の言葉や、ミッシェルさん共々「人類の希望」とまで言われている事を考えると、矢張りこの二人は今後も物語の中心になっていきそうですね。

Re: 更新お疲れ様です。お体お大事に!

ぺこ様、こんばんは。
いえいえ、コメント頂くのは嬉しいのでこちらは全然大丈夫ですよ(^^)
私も、もう回想シーンでも台詞のみとかの登場になっても、1コマでもアドルフさん登場したら語りたい派ですので…(笑)現在は、小町艦長の回想シーンに期待しております。

> 若手陣のカラー表紙で気分が上がったというのに
> …不倫の話はよして!(ノД`)
> でも、若き日のアド君に会えたから、我慢します。
> たった一コマでもアドルフさんに会えて幸せです(涙)

…私も、最初の鳥の不倫シーンでガクッと来ました…。
カラーは凄く良かったですよね。加奈子ちゃんやジャレッドさんのカラーも拝めたのが嬉しいです。ドヤ顔でキメてるマルコスもかっこいいなぁと…!

若き日のアドルフさんが拝めたのは私も嬉しい限りでした。
あのお昼ごはんは、何度見ても泣けるのですが…。

> かなり複雑な事情を抱えた、むちゃくちゃ優しいクラスメイトと
> 彼女の間に、たしかに愛はあったんですよね…(泣)

そうなんですよね…。これだけは救いでした。
そして同時に、「何故、あれだけ機密を抱えた彼が一般人の女性と普通に結婚出来たのか」の謎も明らかになって、それはそれで複雑な気持ちになりました…。
結局、科学者達としては、ミッシェルさんのような「奇跡の子」が欲しかったから、なのですよね…。

> さて本編では、マーズランキング1位候補に意外なモノが!
> ミッシェルさんの眼鏡最強伝説がスタート!!(笑)

み、ミッシェルさんの眼鏡がマーズ・ランキング1位…!?(笑)すみません、その発想はありませんでした……。ひとしきり笑わせて頂きました。
ミッシェルさん…どこぞのギャグ漫画の子みたいに、まさかの眼鏡が本体説が浮上…(ゴホゴホッ)
しかし「ミッシェルさんの眼鏡」が1位と言う事は、ミッシェルさんご本人は何位なのでしょう…。

そして、各国の色んな人達から、実はロック・オンされているらしい燈&ミッシェルさん。
「スニーカー」の人達の思惑や、その他各国様々な思惑も気になりますが、何にせよ、本当に任務の為に頑張っている燈やミッシェルさん、小吉達には、そんな思惑などに負けずに任務を達成して、地球へ帰って、人の成果をコソコソッと持ち帰ろうとするような連中は蹴散らして欲しいですね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。