スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀牙伝説WEEDオリオン …また久々に集めたくなって来ました…。

 こんばんは、星野です。
 今週は「キングダム」が何気に介億先生がメッチャかっこ良かったり、信&政が熱かったり。
 WxYも、不覚にも横田先生にウルッと来たり。…色々あったのですが、最近また、金曜日に「漫画ゴラク」を読む日々が始まりそうです(苦笑)
 …ちょっと懐かしいなぁと思って読み始めたら、またハマりそうです…。
 銀が好き過ぎて…どうしよう…犬なのにかっこいいよ…犬なのに…(笑)
 流石にまだカテゴリ分けする程でもあるまい…と思いつつ、続きから色々と語ってみます。
 現在「オリオン」の既刊を18巻~23巻まで揃えてしまいました。
 現状、色々感じている事を徒然なるままに書いてみます。…何しろ「オリオン」は最近読み始めたばかり&単行本も途中から揃えている新参なので、何かミスとか抜けとかありましたら教えて頂ければと思います。。

■現在の状況
 どうやら、「ウィード」のすぐ続きのお話みたいです。
 双子峠で噴火があり、そのせいで銀やウィード、ウィードの子供達(その内の一人でウィードの次男・オリオンが今回の主人公)もバラバラになっちゃってましたが、現在は双子峠に集結しつつあるようです。
 単行本の登場犬分布図によれば。

・ウィード…前足を骨折してしまい、小雪の飼い主の家で傷を癒していた。(今週号で遂に怪我が治り、出発)
・銀や黒虎、クロス、ジェロム、リディア等々、奥羽軍主力メンツ…噴火の際の火山ガスにやられて倒れていた所を、黒脛巾のじっさまこと仁エ門さんに保護される。(このじっさまの飼い犬達だった政宗達との間にいざこざがあった為、保護する意味で幽閉されていた)
 尚、この政宗が、現在の敵・黒脛巾組の総大将。
・ウィードの子供達
 -長男シリウス&次男オリオン…黒脛巾を抜けた政宗の弟・山彦達や甲賀忍犬・哲心達等と合流、双子峠を目指す。
 -三男リゲル…大輔達を連れて来て、銀達を救出。双子峠へ。ジョンの血縁の犬・アンディと友達になる。
 -長女ベラ…現在、伊賀で赤目の甥の家で飼われているらしい…。小雪に似て可愛いんですけど…出番が…出番が…(涙)

■未だ健在! な銀や赤目達…
 何と言うか、もう相当な老犬の筈なのですが…。未だに元気一杯ですね。
 赤目に至っては、未だにイケメンのまま。…どういう…事なんですかね…。
 ウィード時代は、銀も何度か必殺の「絶! 天狼抜刀牙」を放っていましたし。孫たちが生まれた今となってもまだ出来るのか、楽しみです。…いや、実際見たいのです…銀じいちゃんの「絶! 天狼抜刀牙」。政宗相手にキメてくれないかなぁ…(笑)ウィードが「怪我が治ったよー!」と戦場に来てみたら、もう銀じいちゃんがやっつけてました的な……。
 銀は目つきが父・リキに似て鋭くなり、貫禄がメッチャ増してます。額の三本傷がまたその貫禄に一役も二役も買う&渋さが増して、「流れ星銀」時代より一層好きになりました。オリオンを読み始めたのも、未だに銀が健在と知って、つい…。
 そして、なんだかんだで14、5歳になるまでひたすら奥羽軍の総大将として多忙な日々を送り、女っ気ゼロっぽい硬派な暮らしをしていた銀が、たまたま出会った飼い犬の桜にヒトメボレだったという事実が更にツボでした(笑)
 …人間の年齢にしたら7、80歳位の筈ですよね、銀は…。その銀にホレて付いて行き、子供もバッチリ生んだ桜。凄過ぎる…。

■未だ消えぬ大輔との絆
 この漫画、人間が出て来ると妙に違和感がある(笑)のですが、大輔&秀俊先生だけは別です。
 リゲル&小鉄に導かれ、えっちらおっちら冬山の奥の牢屋みたいな所まで来て銀達を開放するとか、大輔達はどんだけ銀が好きなのでしょう(涙)
 でも、銀にペロペロなめて貰えるとか。…赤目やジェロムも撫でてOKとか。
 …そんなご褒美を貰えるなら、私だってそれくらいはするさ!!
 大輔は、本当は銀を手元に置きたいんじゃないでしょうか。
 ウィード時代は、銀にもウィードにも、素敵な援護をしていますし。
 銀も、奥羽軍の総大将は息子のウィードに譲ったのですし…老後は大輔の元で…って訳にはいかないんですかね…。
「流れ星銀」のラスト、銀がじっさまの所に戻って来るシーンは泣けました。今でも、銀牙シリーズ屈指の名シーンだと思っています。
 野良になっても、じっさまや大輔との絆をずっと忘れていない銀。…つい…大輔との再会シーンとか見ちゃうと、ダメなんですよね…やられてるよ、これは作者の罠だよとか思いつつ、買ってしまう…。
 奥羽軍の二代目総大将であり、総大将を引退した今でも犬社会では絶大なカリスマを誇る銀ですが、そんな銀でも大輔の前では束の間「大輔と一緒に過ごしていた頃の銀」に戻るのがまた可愛くてたまらんです。大輔はすっかり大人になって随分イケメンな兄ちゃんになってしまったのに、それでも分かるのが凄い…。
 銀は何気にあのふわふわの丸い尻尾がチャーミングで好きなのですが、きっとあの尻尾に触れたりもふもふ撫でたり出来る人間は、大輔と秀俊先生位なんだろうなァ…。
 でも、大輔は知らないのでしょうね。
 この銀が、何気に必殺技を使えて熊の首をも吹っ飛ばせる位の戦闘力を誇るわんこだという事を…。((((( ;゜Д゜)))
 リゲルだって、「クーン」とか可愛くすり寄って来ますが、あの子も銀、ウィードの血を引くわんこ。…きっとその内熊を吹っ飛ばす位の戦闘力を見せるんですよね…。
 今のところ、私はオリオンの戦闘力の高さ位しか見ていないのですが、兄のシリウスや弟のリゲルもかなりやるのだろう、と期待しています。

■長女・ベラについて
 すみません、この子は今のところ単行本の登場犬分布図でしか見た事が…(汗)
 小雪に似た可愛い子。しかも、「流れ星銀」時代に比べれば随分増えたとは言え、まだまだ絶対数の少ない貴重な女の子キャラ。出番を待ち望んでいるのですが!!
 この子にも熊犬の血が流れている以上、女の子だけど強いのよ! という展開はないのでしょうか(切望)
 …全然、出番が無いのが寂しいのですが…。今は伊賀で飼い犬になっているみたいですが、今後スポットライトは当たるのでしょうか。
 あるとしても、せいぜい政宗辺りが攫って来て犬(ひと)質にする…位ですかね…。
 又は、
政宗「我々に屈服した証として、総大将・ウィードの娘を嫁に寄越せや! 側室の一人位にはしてやるよ!」→奥羽軍「ふざけんじゃねー! 断る!!」→戦争へ
 こんな感じで名前だけ出番が…的な…?(涙)

■天下様について
 何か「朝廷」とか名乗っていますが、この犬が結局何者で何がしたいのかが今のところさっぱり分かりません。…気になる存在です。
 渋いおじい様・真田衆を率いる雲斎さんが、何故こんなにも忠誠を尽くしているのかがどうにも不明でして。赤カマキリが「自分達の食いぶち位、自分達で取って来いや!」みたいな台詞を言っていましたが、全くその通りだと思いました(苦笑)
 色々お世話になっておきながら、自分達の食事すら自分で取ろうとせず、雲斎が政宗と命がけで対峙している時もどっかの隠れ家にコソコソ隠れていたり。…うーん…何者なんだ…こいつは…。

■オリオン、シリウス、リゲルについて
 今回の主人公・オリオンは、本当に何と言うか…敵に対する容赦のなさが凄いですね。「悪党は皆殺しだ!」とか普通に言ってます。戦いを前に全然怖気づく事無く、寧ろバンバン突っ込んで行く荒々しい気性は、曾祖父のリキに似ていると思いました。(見た目も小さな頃のリキにそっくりな感じですし)
 友達想いだったり兄弟想いだったり、仲間はオレが守るんだ! っていう所は、銀やウィードとも通じる所があるのですが、あまりに突っ込み過ぎて危なっかしいな、と感じる事も多々あります。
 でも、なんだかんだで「銀じいちゃん!」と銀に甘えたり、ウィードや小雪に甘える所は子供らしくてかわいいです…。
 シリウスは、見た目も優しい性格も、ウィードに凄く似ているなぁと思いました。
 毛色も銀・ウィードにそっくりな銀色の虎毛ですし。敵であっても、「何も殺さなくても…」というちょっと悪く取れば「甘い」部分もありますが、芯の強い部分はしっかり持ってますね。現在、最新号では大ピンチな赤カマキリともご縁があるようで、この子も気になる存在です。
 リゲルは、今のところ一番未知数です。毛色も一体誰から譲り受けた色なんだ…(黒毛)。ただ、銀達を救出する為に大輔達を連れて来たりする行動力や度胸は流石です。
 キジを狩っている時も、一人だけ隣の木のウロから出て来ると踏んで待ち伏せする等、他の二匹とはまた違った慎重さ・賢さがあり、この子も注目したいです…!
 よく考えたら、今回は奥羽軍の総大将となれそうな跡継ぎが三匹とも健在。
 …まさか、後継者争いとか起きないよね…? とドキドキしている今日この頃です。

■今週号の展開について
 取り敢えず、あの…。赤カマキリ死ぬなああああ!! ・゚・(ノД`)・゚・
 単行本24巻の予告によれば、どうやら探し求めた母に会えたみたいですし。
 しかし、正義に目覚める→多勢に無勢でも必死に戦うって、もうこの世界では確実に死兆星が輝いちゃう展開じゃないですか…(涙)
 それともう一つ、今週は銀のウィンクに燃えた…。全私が燃えた…。何と言うか、あの銀が、もう「銀じいちゃん」とか呼ばれて、子犬達にも優しくしているのを見ていると、感慨深いです。
 しかしその銀にも、何となく不吉な予感が。
 どうも政宗と密談(?)していたらしい小十郎。哲心や月影・敏光らも怪しむ中、子供達を遠ざけて「釈明があるなら聞こう」と言う銀。……いやいやいやいやいや。
「ありがとうございます、銀殿。………隙あり!!」→ズバァーッ!! …とかやめて下さいよ…。
 赤目も哲心もいて、無いだろうとは思っていますが…。

 そして長らく小雪の飼い主の家で傷を癒していたウィードが、遂に!!
 今週のラストシーンでは、赤カマキリの戦闘現場に通りかかったっぽいですが……助けてあげて! 頼むから助けてあげて!!
 しかし、シリウスに瓜二つのウィードを見たら、赤カマキリはどんな反応するのかが楽しみです。
「シリウス、お前…、そんな大きくなって…」
「? いや、シリウスは俺の息子だけど…」
 とかそんな会話で萌える事が出来るのか!? 期待したいと思います。
 
 それにしても、この作品に出て来るわんこ達。
 谷に敵を誘い込む→伏兵を忍ばせて包囲・殲滅とか、火星のテラフォーマー達も真っ青な戦術を駆使して来やがる…。恐るべきわんこ達です。

 最後に。
 アニメの「銀牙伝説WEED」の主題歌、メッチャ燃えますね。テンション上がります。
「荒れ狂う嵐に 明日が見えなくとも 心無き世界に 踏みにじられようと
 決して挫けず 立ち上がるのだ 名も無き雑草(くさ)の命の如く」

 こことか、正にウィードそのものですし…!
「疾走(はし)れ! ウィード!」から始まるサビの部分は聞くだけで何か闘志が湧きます。何と闘うんだって話ですが(笑)アニメも見たくなって来ました。
 未だに観れていないアニメのDVDが溜まっている状況なのですが、TUTAYAへ疾走(はし)るか…。(ボソッ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分は犬ではモス、人間では竹田のじっさまが好きです。皆勇ましく、逞しく、渋いのが銀牙シリーズの良いところです。

コメントありがとうございました>TOさま

 TOさま、こんばんは。モスがお好きですか…! 渋いです。
 モスはあの大きな身体で力も強く、一度闘えばその異名に違わぬ猛々しさを見せますが、その反面、子供が凄く好きで優しい所が素敵です。大人になった哲心ですら、「チビ」と呼んで子供扱い&哲心も頭が上がらないなど、皆の「お父さん」みたいな一面もありましたね。
 竹田のじっさまは熱い生き様を見せてくれましたよね…。きっと、銀も今でも忘れていないだろうな…と思います。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。