サイト更新情報(6/1)

 こんばんは、星野です。
 コメント等々、ありがとうございます。m(__)m
 お返事遅れがちでスミマセン…。。
 本日の更新情報です。
・「我的王国感想日記」第344話「出し尽くす」のレビューをアップ。
 …第343話のレビューと一緒にアップしようと思っていたら、何故かYJ25号を紛失しました(涙)

 本日の更新は、以上です。
 それでは、初めましての方も常連の皆さまも、ごゆっくりお楽しみ下さいませ。m(__)m
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新お疲れ様です。

何とか持ちましたな。流石に2日持つのは無理のようですが・・・・
介億先生が縁の下の力持ちすぎて泣けてくる。ほんとすごかったですね。それと同じくらいすごかったのはあの姿勢を保ち続けた政とコマだけで30人強を一人で斬り倒している信ですが・・・・・(汗
後、いつでもどんなときでも尾平な尾平がよかったです。和むわ。

>更に、何気なく二日前に到着していたという、例の合従軍各国の精鋭部隊の皆さん…どうするんですかね
これにはびっくりした。4日目といえば、一コマで片付いていたのに。
それと自分は7日目に趙軍を休ませてそれらを南北東西に配置して最初に攻めさせると予想していたけど、スタンドプレーによる連携の乱れを考えた星野様の考えを見て思考を変えました。このまま何もさせないかもしくは秦軍の援軍のかませで終わってしまうのか・・・・・・こうなると予想できるのは二つ。最終日と書いてあるから8日目をサイで迎えるという可能性は勝ってか負けてかと予想し、

①サイから脱出して咸陽で8日目を迎え、戦う。
②7日目にして援軍来る。
③列国連合が原因でヒョウ公将軍にばれた様に、彼らが原因で戦いが乱れチャンスができる。(何のとはわからんが

以前書いたコメントと変わりませんがこれだけですな。後武神の行動も予想できません。気に入らなければ趙軍すら斬り捨てるからなぁ・・・

拍手コメントありがとうございました>五遷そう始さま

 こんばんは、拍手コメントありがとうございました。
 すみません、コメント書きこめなかったですか…!? 時折起こる現象なのですが、今は多分治っているかと…。ご迷惑おかけしました。
 そして、百万ヒット達成おめでとうございます! ブログ拝見しましたが、お忙しい中でも、丁寧な感想をアップされてきた努力の賜物かと思います。本当に、百を出し切りましたね。
 ペースが遅くなっても、楽しみにしている方は沢山いると思います。ご無理なさらず、是非是非、また感想続けて頂けたら、と思います。やっぱり身体は大事ですよね。体調が良くないと、自分のメンタルも上向きませんし…、自分が辛い状態で無理に感想を書いても、きっと人の楽しむ文章は書けない、と思いますので…。
 今後とも宜しくお願いします。m(__)m
 お疲れ様でした…!

まさしく、死力を出しきった感じでしたね。政の登場シーンは良いんですが、サイ編になってから、民衆意気消沈から政による奮起を何度もやり過ぎてる気がします。
精鋭軍と武神はこのままだといる意味ないように感じました。
ふと思うんですが、サイが落ちて政が捕まったら秦は終わるのだったら、咸陽から援軍を送るべきじゃないでしょうか?それと武関、北道の城からも援軍を送ればいいのではないでしょうか?
とにかくどんな奇跡が起こるのか期待してます。

コメントありがとうございました>紅蓮さま

 紅蓮さま、こんばんは。
 …持ちました…! 何とか持ち堪えましたね…!!

> 介億先生が縁の下の力持ちすぎて泣けてくる。ほんとすごかったですね。それと同じくらいすごかったのはあの姿勢を保ち続けた政とコマだけで30人強を一人で斬り倒している信ですが・・・・・(汗

 介億先生、ちょっとこの所株が上がりっぱなしなので何としても生き残って欲しいキャラになってしまいました。仰るように、政も信も凄かったです…。信に至っては、結局一人で何人斬り倒したのでしょうね。

合従各国の精鋭たち、私も本当にびっくりでした。…え、もう到着していたの?? と。
李牧が「却って混乱させるから」と何もさせないなら、いっそそのまま…! そのまま何もさせずにそこでじっとさせていて! と願わずにはいられません…。

> ①サイから脱出して咸陽で8日目を迎え、戦う。
> ②7日目にして援軍来る。
> ③列国連合が原因でヒョウ公将軍にばれた様に、彼らが原因で戦いが乱れチャンスができる。(何のとはわからんが

一番可能性が高そうなのは、現状②…でしょうか。もうここまで来たら、援軍でも何でも来てくれ! の一言です。ここまで持ちこたえるサイの奮戦を聞いていた昌平君が、呂不韋と袂を完全に分かつ覚悟で咸陽から軍を連れて…という展開もちょっと燃えるなぁ…と思いますが、来るとしたら、矢張り一番予想の多い山の民になるでしょうか。
どちらが援軍に来ても、燃える展開になりそうです。

コメントありがとうございました>TOさま

 TOさま、こんばんは。正に、死力を尽くしましたね…!
 政の士気上げ、……言われてみれば……。ただ、それだけ今回は政の「王の器」を描きたかったのかも知れませんね。流石に「キングダム」作中でも、ここまで政が前線に出張る戦いは、今後はそうそう無い気がしますし。
 精鋭軍&武神は、もう、いる意味がない位でお願いしたいです…!

> ふと思うんですが、サイが落ちて政が捕まったら秦は終わるのだったら、咸陽から援軍を送るべきじゃないでしょうか?それと武関、北道の城からも援軍を送ればいいのではないでしょうか?

 武関からは何とかならないか…? は、私もチラッと考えてしまいました。それに、何しろ政がサイにいる事はもう李牧にバレてしまっていますし、サイが落とされて政が捕まれば、咸陽に幾ら兵がいても意味はないでしょう。呂不韋がなかなか咸陽からの出兵をさせていないかも知れないのですが、いっそ昌平君にはもう呂不韋がどうあろうと関係なく、自ら援軍を率いてサイに来る位の事をしてくれても…と思ってしまいます。
 いずれにせよ、七日目がサイの戦いでの「最終日」になるとの事。どんな「奇跡」が起きるか、次週が楽しみですね。

No title

こんばんは。

介億先生のいた北壁の余裕についてですが、
他の三方が肉壁で守っていたのに対して、
守城兵器を使っていたのが大きいと思います。

>わざとどこか一方だけ攻め手を緩くする

これは、頭脳の馮忌も使っていた戦術ですね。
割とオーソドックスな戦術ですし、馮忌も李牧と同じく趙の将軍ですし、
可能性は十分あるかと思います。

すっかり存在すら忘れていましたが、
龐煖が出てきた時は、ヒヤリとしました。
片腕折られているとはいえ、相手にできそうなのは信くらいですし、
城壁の上に上がられたら、まさに無双状態で完全にゲームオーバーでしょうね。

さて、7日目が最後になりそうですが、
おそらく山の民の援軍が来るというのが一番可能性が高そうです。
単純に兵糧切れでやむを得ず撤退だったら、苦笑いするしかないですが・・・w

コメントありがとうございました>ワイアルドさま

ワイアルドさま、こんばんは。

> 守城兵器を使っていたのが大きいと思います。

成る程、それはあるかも知れませんね…! あの守城兵器、他の城にも配備出来れば大分防衛戦が楽になりそうです。…量産出来たらいいなぁと思います。

> 龐煖が出てきた時は、ヒヤリとしました。
> 片腕折られているとはいえ、相手にできそうなのは信くらいですし、
> 城壁の上に上がられたら、まさに無双状態で完全にゲームオーバーでしょうね。

そうなんです…! 城壁にだけは上がらないでー…と祈る想いでみていましたが、どうやら今回、サイの戦いには参戦しなさそうですね。意味深な台詞だけ言って去ってしまいましたし…。

7日目の戦い、山の民の援軍でしたね…! 大方の予想通りとはいえ、やっぱり熱い展開です。
サイとの距離がまだ大分離れている気がするのが心配ですが、きっと山の民の機動力ですぐに駆けつけてくれるだろう、と信じています。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR