YJ28号テラフォーマーズ感想:ようやく…”1日”か……ようやく…(※加筆・修正版)

 こんばんは、星野です。
 正に、読者の気持ちを代弁するかのような慶次のこんな台詞で終了した火星初日。…そして迎えた、2日目の朝…。第5班の件もスルーしないであげて下さい、と言いつつ、ラストの3ページ位が色々と持って行った今週でした(笑)
 しかし、初日が終わった段階でこの状況。残った薬の量も気になりますし、今週の「キングダム」みたいに「しかも…7日で!」援軍来てくれー! としか言いようのない状況です。ゴキを「血祭りだ!!」ってやってくれー!!
 続きから語ります。(6/14加筆・修正)
■第53話 MASTER 男たち
 地球では、例のマスコミの人達がU-NASAの前で何か驚くべき光景を見ているようです。しかも、良く見たら二人だけじゃなくて結構大勢いますね。見るからに無許可撮影という感じです。
 この人達、こんな事やってて大丈夫かな? と思うのですが――今はまず、火星へ。

 合流する第2班の脱出機。そこで彼の到着を待つ皆の顔は、揃って沈痛です。
 勿論、理由は唯一つ。シーラの件を「これから」知る人間がまだ一人。それも、マルコスと同じ位にシーラを大切に想っていた青年の気持ちを考えれば、合流したからって素直に喜べません。

 誰もが掛けるべき言葉を見つけられない中、ミッシェルさんの心の声と表情がまた、切ないです。

 いいんだ……アレックス。
 もっと 慌てていいんだ。辺りを捜し回っていいんだ。泣き叫んでいいんだ……っ!!
 我慢するな。お前は まだ十八だろう。


 ミッシェルさんの「お前はまだ十八だろう」の所の表情が、特に切ないです。…こういう所にも、彼女の優しさが溢れてます。
 しかし、アレックスは「慌てる」のも「辺りを探し回る」のも、先週号で済ませてしまっていました。
 …彼がしていないのは、泣き叫ぶ事位。…しかし恐らくそれももう、心の中で散々済ませたのでしょう。ノーマルゴキに八つ当たりという形で、どうしようもない感情を表に出して……。
 これは指揮官(オレ)の責任だ、と真っ先にそんなアレックスの前へ出ようとする小吉。
 しかし、それよりも尚早く、アレックスの前に来たのは、マルコスでした。

 ここでも、アシモフさんが見せた美しい土下座が…! やはり艦長が日本人なだけあってか、皆に広まったんですかね…土下座文化…。(^^;)
 よくよく考えたら、意外と日本人のキャラはやっていない気がします(燈がマルコスと一緒にシャワー室の前でやっていた位?)次は誰が日本原産・DOGEZAを見せるのか、若干注目したいと思います。

 しかし、謝られたアレックスの方はと言えば、もう何もかも、すっかり悟ってしまったようです。マルコスを見下ろす凄まじい表情が、彼の気持ちを何より物語っています。
 すまなかった、と詫びるその言葉。
 シーラ……シーラは………。
 そこから先を濁す口調。
 これで、彼の中で、その事実は確定してしまいました。
 グッと閉じる目、握られた拳。――次の瞬間思い切りマルコスをブン殴る姿に、思わず止めに入ろうとするミッシェルさんですが、それを小吉は手で制しました。
 恐らく、アレックスがマルコスを殴った本心に気付いたからでしょう。
「………今、殴ったのは オメーが殴ってほしそうな顔してたからだ。えぇ!? マルコス――。
 オレたちゃ、何しに火星まで来てんだ」

 この台詞、もはや十八歳の台詞じゃない……。・゚・(ノД`)・゚・
 漢前過ぎる!!
 三人の中では少しだけ年上のアレックスですが、今までもきっと、二人のお兄ちゃんしてたんだなぁ…と感じます。
 シーラを守る。
 それを言いかけて、全部を断言出来ないマルコスが切ないです。…守ると決めて来た筈なのに、出来なかった。目の前で死なせてしまった。
 ……けれど、アレックスはその件についてバッサリ言います。
「だったらお前がオレに謝る必要なんて無ーぜ」と。

「オレたちゃ、生まれた時からどーしたって 利用される側…捨てられる側の人間だった――。
 ギャングになるか体売るか…何もしなけりゃあゴミのまんま…。
 そんな人生を変える為に来てんだろーが!」


 涙を目に溜めながら「お前だってそうだろう」と問いかけるアレックスの横顔が、一連の台詞が、言葉では言い表せない哀しみとどこにも向けようのない怒り、悔しさを滲ませています。
 今まで散々癒し系な顔を見せてくれた八重子ちゃんも、今回ばかりは流石に沈痛な表情のまま、何も言えません。

 利用されるばかりの人生を変える為。 
 真っ当に生きる為。
 その為に、戦いに来た。

 考えてみれば、アネックス一号もバグズ2号のメンバーも。
 皆、そんな人達ばかりでした。
 任務を達成して、地球へ還ればきっと、今までの人生も変えられる。否、変えたい。それは皆の意識の根底にある共通の想いだったでしょう。
 初日にして、それを為せずに去ってしまった人達があまりに多過ぎますが。・゚・(ノД`)・゚・
 アレックスもマルコスも、生きています。

 ――ならば!!

「取るぞ遺志(かたき)。任務も完璧にこなして……ゴキブリも足引っ張ってる裏切りモンも 全員ブッ殺して――地球に還ったら伝えよう」

 遺志と書いて「かたき」と読む所が泣かせます。
 アレックス…。自分も相当辛いだろうに、尚マルコスを胸で泣かせてやるとか、お前…泣かせるなよ…。・゚・(ノД`)・゚・  彼が本当に泣き叫ぶのは、きっと「その時」なのだろう…と思いました。

 あの頃のシーラに。
 まだ小さな少女の頃、目を輝かせて「あの深緑色の星へ行ってみたい」と言っていた彼女に。
 還ったら、是非伝えて欲しいです。
 彼女が目指した深緑色の星。彼女の瞳と同じ色をしたその星は。
 ―――美しかった、と。

 デイヴス艦長と似たような台詞だからどうしても不吉に思ってしまうのですが、今回は違う結果を掴み取って欲しいです。天上の荒武者の握力で!!!
 そしてマルコスも、アレックスに一発ブン殴られて思い切り感情を涙で流した事で、一つ、哀しみを受け入れてそれを力に変えたのでしょう。
 顔を上げてみれば、再び頼もしい16歳の表情。いっぱしの戦士の横顔です。…ちょっとレベルアップ早過ぎだろ…(泣)

 そしてそんな中、慶次がぽつりと呟いた一言が、やっと、長い、長い一日が終わった事を示しています。

「……あれ…朝日…か…。ようやく…"1日"か……ようやく…」

 一日、ほんとに長ーよ!!!

 西暦2620年4月13日。『日米合同第一班・第二班』合流。
 両班合わせてテラフォーマーサンプル捕獲・207体。
 死者11名。
 地球からの救助艦到着まで凡そ―――38日半。

 絶望的に無理だ。orz

 と、思わず言いたいこの日数……。せめて、今回の戦いで、ゴキ達にも相当な被害を与えた→暫くはゴキ達も大人しくせざるを得ない、とかそういう展開を…でないと無理! 山の民でも来てくれないと無理ィィィ!!!

 朝日に照らされた火星では、お怒りモードのアシモフさん。
 そして何気に、…アレ? 変身してないっぽいのにゴキを普通に切り裂いているジョセフ。何気に、これは凄く気になりました。単に変態しているのが分かりにくいだけ? いやいや、変態しても比較的外見が変わらなかったアドルフさんでも、変身前と比べて結構差異があった事を考えると…変身してないですよね…どう考えても…。
 え……?
 この人、何気に変身しなくてもノーマルゴキ相手にフツーに闘える猛者ですか!? 実はミッシェルさん並の強さ…? これが本当なら、マーズ・ランキング1位も現実味を帯びてきます…。
 ただ、これは、またきっと後程語られると思いますので一先ず置いて。

 「頼むぞ」と心の中で呟く小吉。
 誰に、何を頼むのか? その答えが、この2ページ後に!!!

 マスコミの皆さんのカメラの先には、アメリカのグッドマン大統領の姿がありました。
 幾らなんでも安っぽい終末系SFじゃあるまいし、何故一国の最高権力者が、U-NASAの「会議に参加」するのか…? 隣の眼鏡君はその重大性に気付いていないようですが、この人達も何気にこんなん隠し撮りしているのがバレたら抹殺されかねない気がします…大丈夫か、この人達…!?(汗) 
 そんな彼らが目撃した車の中には、なんと日本の内閣総理大臣の姿もありました。

 第502代日本国内閣総理大臣。
 蛭間 一郎。
 38歳。男性。身長170cm 体重151kg。


 おい。
 ………一郎さん!?
 なんか一人だけ、あの、プロフィールの中身が違うよ? マーズ・ランキング○位、とかじゃないYO!?
 なんじゃそら? 38歳で内閣総理大臣って…どんな手ェ使ったらそうなるんスか…?
 すごすぎるだろ、一郎……!!!

 そして何気に思いました。
 今から約600年後の未来。で、首相の代が502代目。
 約600年の中で、約400人の首相が代替わりした事になります。単純に計算すると、平均してその任期は約1.5年。…2年持ってないんか…。('・ω・`)ちょっと、任期短くないですかね…日本国首相。
 一郎は就任してどれ位経っているのか地味に気になりました。

 それにしても、これは熱いです!!
 小吉はアネックス1号の艦長で、現場で頑張って。
 一郎は日本国首相というお偉いさんとしてトップで頑張って。
 踊る大捜査線じゃないですか…。事件は会議室で起きてるんじゃない。火星で起きてるんだ!!

 そして、会議の席に着いた一郎の目。澄んだ真っ直ぐな良い眼だな、と思いました。
 嘗て、唯一目を掛けてくれていた教師&鈴木さんにハメられた時の、あの絶望と心からの人間不信に濁った眼差しではありません。力強い意思の光を感じるというか。…皆のお墓にひっそりと花を添えていたその心は、今も火星にいる小吉と共に闘っていると信じたい!!
 きっと…きっと本来の「任務」を達成出来る協力な援護をしてくれるでしょう…!

 それにしても、会議の席ですが、真ん中に中国? らしき国のお偉いさんが来ているのがなんとなく気になります。やけに落ち着いている様子を見ると、やはり中国班の全滅はフェイク…?
 それと、一郎の後ろに控える丸眼鏡の秘書のお姉さんがちょっと気になります。弟の七星も重職に就いてる位ですし、やはり妹の一人とか…?
 そして、まず、この会議の議題は、何なのでしょう。
 まさか、「プランδになりましたね。で、救助船って出します?」とかそんな話しじゃないですよね…?(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
 いやいやいや、だってサンプル持ち帰らなきゃだし…。
 ウィルスの件もあるし…。
 でも、地球→火星まで39日かかるって言ってんのに、今からそんな、救助船をどうしようなんて会議していたら、39日じゃすまないよ…!? 頼むぜ…一郎!!
 会議の内容&一郎の今後の挙動は、勿論メッチャ気になります! 
 …あと、バーの七星&本多博士の話の続きに、ドイツ側の動き。
 地球側も物語が進み始めましたね。

 そして、次回予告の「火星で意外な事が…?」も気になります。果たして、何があるのか? あとその…第5班の件がスルーされない事を祈ります…。小吉の回想シーンに期待したいんだ…私は…ッ!!!

<追伸>
 すごくどうでも良いのですが、今週ラストページの2コマ目。右端に座っている人、なんか髪型がアドルフさんに似てるなぁ…と思いました。恐らくユーロ圏の人(ドイツの代表者?)でしょうが、あの髪形、流行ってるんですかね(笑)
 髪型のせいか、妙に似てる気がして真ん中の中国の代表者よりも気になりました。まさかクローン人間とかじゃないよな…(ゴホゴホッ)
 …いかんいかん…。
 今週は「嘘喰い」でファンタスティックな登場方法してた立会人にも、妙にヒョウ公将軍の面影を重ねてしまったり、ちょっと疲れているようです。笑い方とか、目元とかが何となくそんな感じがするだけなのに……。
 頭と目の病院へ行って来なければ……。

<追伸2>
「動物性タンパン質」に次ぐ誤植再び…!
 日米合同第一・第二班合流、の所。よく視ると「日本合同第一・第二班」になってます(^^;)
 星空から暁を迎える空。早くもボロボロになりつつある脱出機。イイ絵なのに、何故こういう時に限って…。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

今回の話ですが、大きく気になった点が2点。
まずマルコスの土下座。アシモフの土下座もですが、
なぜ外国人が土下座? 日本人相手に土下座なら、日本人の文化に合わせて・・・と分かるのですが、外国人同士だと違和感しか感じないです。
600年の間に土下座文化が広まったのでしょうか?
今後、アニメ化されて海外輸出とかされたら、すごく突っ込まれそうな気がします。

2点目は、一郎の体重。バグズ2号の時は18歳で体重が87kg。
今が38歳で体重151kg。倍近くの体重になっています。
見た感じがっしりしてるので、単なる中年太りというわけではなさそう。
現実に身長170cmで151kgでしたら、見るからにデブといった感じの肥満体になりますので、相当の筋肉量だと思われます。
あくまで予想ですが、バグズ手術、もしくはMO手術を更に行ったものと思っています。元々バグズ手術を受けているとはいえ、ネムリユスリカではパラポネラ持ちのミッシェルのように筋肉が増えるとは思えませんし・・・。

救援に総理自ら・・・とかそれこそSF的展開ですが、少しだけ期待してみますw ハイブリッドタイプのテラフォーマーに、人類側もハイブリッドで対抗といった展開になるといった所でしょうか。

コメントありがとうございました>ワイアルド様

こんばんは、コメントありがとうございました!

マルコスの土下座…は、今更そんなに気にならなかったですが、確かに違和感ありますよね(笑)
もしかしたら、艦長から皆にどういう訳か伝わった…のかも?

> 2点目は、一郎の体重。バグズ2号の時は18歳で体重が87kg。
> 今が38歳で体重151kg。倍近くの体重になっています。

ああ、一郎ってバグズ2号の時は87kgですか…。現在単行本が手元にないので確認出来なかったのですが、相当増量してますね!?
単なる肥満とも思えないので、筋肉による重さかも知れませんね。

> あくまで予想ですが、バグズ手術、もしくはMO手術を更に行ったものと思っています。

有り得るかも知れません。艦長は「スズメバチ一本」という事ですが、一郎のネムリユスリカ自体は、単純な運動能力・身体能力の強化という点では今一つ頼りないですし…。
そしてあの体格。彼も日本国総理大臣という立場になっても修行を怠っていない、という事でしょうね。

> 救援に総理自ら・・・とかそれこそSF的展開ですが、少しだけ期待してみますw

私も期待したいです。救援隊の先陣で来てくれたら熱いです…!

更新お疲れ様です!

 今週はアレックスとミッシェルさんが熱かったですが、小吉も負けていませんね。
 先週は、戦いが終わって、艦長として到底許されない犠牲者を出してしまった、と心中を吐露し、今週は俺の責任だとアレックスの前に真っ先に出ようとしたり、艦長としての顔が見れました。正しい任務遂行が報われますように。

 W×Y、大変なことになってる。火星以上に生還が困難な気が...。大丈夫かポコニャン先生。

鋼の瞳

今週も熱かったですね…v-237

ミッシェルさんの優しさに目が潤み…。
アレックスの悲しみを堪えて乗り越えようとする男気に涙腺決壊し…。

そして、一郎の意志を湛えた澄んだ瞳にめちゃめちゃ燃えましたv-237
「熱い瞳」でも「燃える瞳」でもなく、鍛え磨き上げ、静かに光る鋼の様な…v-237 かっこ良すぎるぜv-237v-237

前回火星では、ハゲゴキ相手に見事な突っ張りを見せてくれたので、地球に還って角界入りし、横綱に駆け上がって引退後に政界に転身…とか思っちゃいましたv-91

燃えに燃えたココロを、次でヨメとダンナが癒してくれたのもまたよしです♪

熱く静かな闘志を胸に…!

更新お疲れ様です!
火星でも、地球でも、熱い男達にテンションが振り切れそうです。
キングダムも、ものすごく熱い展開で…立ち読みしながら泣いてた不審者は私です。

アレックス…(ノд`)…大人すぎる……泣き喚いていいんだってば!
慌てずに静かに降りてくるアレックスを見つめるミッシェルさんのセリフ、
おそらく読者みんなが思っていた言葉ではないでしょうか…切ない…(⊃д`)
うん、彼の性格上、マルコスを怒るんじゃなくて慰めるとは思ってたけど…。
いろいろ割り切れないことも我慢して、大人にならないと生き抜けない。
今までそんな人生を送ってきたんだなぁ…と、しみじみ思います。
静かに熱く語る彼の目に少しにじむ涙が、より一層深い哀しみに見えて…
号泣してくれた方が、どれだけマシか…。
この悔しさも悲しさもゴキと裏切り者にぶつけて、無事に地球に帰って来て!!!

しかし、まだたったの1日…?
初日にアドルフさんが…あり得ない…。
次回の「火星で意外な事」が5班が生きていましたっ!って展開でも構いませんよ?
ご都合主義?それが何か?!何でもいいから会わせてください…。


追伸:一郎さんがものすごくかっこよく見えたのは初めてです(笑)
 U-NASAのトップだと思っていたら、まさかの内閣総理大臣…。
 鍛え上げた筋肉質の身体に静かな闘志をたたえて…熱すぎます!
 あ、ドイツ代表の方、よくみると女性みたいです
…彼女もアドルフさんのファンだと思われます(笑)

No title

熱い展開でしたね。初期から「メジャーリーガーになる」という夢をはっきりと示していたアレックスだからこそ、こういうセリフが映えます。
ジョセフの描写は気になりますね。個人的に、第0話で何の手術も受けてないジョージが剣でゴキを倒せたり、アドルフのクナイがブスブス刺さったり、ゴキってなにげに刃物には弱いんじゃ、という思いがあるんですが、ひょっとしてジョセフも剣みたいなので戦ってるのかもです。
まあそんな設定があるんなら非戦闘員皆にジョージソード持たせとけよって話になるのが問題ですが(アドルフの武器を見るに、ただの刃物なら最悪渡してもいいみたいですし)。
一郎たちの会議。この期に及んで地球から何かできることがあるのでしょうか……・?  当初の予定通りなら、何やるにしても38日後ですよね。それまではまず持たない状況なので、何らかの救済策が示されるのだと思いますが……
さて、どうなるのか、相変わらず続きが楽しみでならないです!!

男の決意

アレックスが合流時に随分と落ち着いた足取りだったのも管理人様の言う通り、「慌てる」のも「辺りを探し回る」のも既に済ませた後だったからなのでしょうね。
仲間達を殺戮しまくったゴキ達は許せませんが、アレックスの八つ当たりの対象になり幾分か怒りを静める相手になってくれた事だけは賞賛しとこうかなw

ジョセフの戦闘シーンですが、ミッシェルさんのタバコ発火やアドルフの電磁レーダー描写等から最低でもオフィサークラスは人為変態する前でも、ある程度は特性を使えるのかも…?
以前の小吉と慶次との会話から推測される「MO手術は複数回受ける事が可能」による複数特性持ち&マーズ・ランキング1位というのも有り得そうですね。
単純に剣みたいに鋭利な刃物類を使ってる可能性もあるかもですが(;・∀・)

そして我等が蛭間一郎さんがキタ━(゚∀゚)━!と喜んでたら「体重151kg」の所で見間違いかと思って(つд⊂) ゴシゴシしちゃいましたよ…w
裏で暗躍してるであろう人達に対してスカッとする切り返しとか見せてくれると信じてます…!

Re: 更新お疲れ様です!

 キートン様、こんばんは。
 小吉も熱かったですね。…本当にその胸の内は相当辛いものがあると思います。バグズ2号の経験者だけあり、きっと乗組員の中では一番ゴキ達に対して用心深く、慎重に任務を遂行しようとしていた筈なのに、自分の眼の前で何人も犠牲者を出してしまった事は、本当に悔しい想いでしょう。
 必ず「正しい任務(たたかい)」が報われて欲しいと私も思います…!

>  W×Y、大変なことになってる。火星以上に生還が困難な気が...。大丈夫かポコニャン先生。

 何気にかなりの死闘になりそうですよね…(^^;)
 ワカメ女史とどこまでやれるのか!? 横田先生達がどれだけ戦えるかにもよりますが…、頑張って欲しいですね!

Re: 鋼の瞳

 Seagreenさま、こんばんは(^^)
 ハイ、今週も熱かったです…! 何気にミッシェルさんの優しさ、凄く好きです。任務への意気込みは尋常ではありませんが、そんな中でもちゃんと人としての温かな情も忘れて無い所、素敵なレディです。

> 「熱い瞳」でも「燃える瞳」でもなく、鍛え磨き上げ、静かに光る鋼の様な…

 正に、そんな例えが相応しい瞳でしたね、一郎…! その精神もきっと、鋼の如く鍛えられている事でしょう。20年の歳月を経て、彼が火星へ向けて思うこと。そして彼が地球でどんな戦いを展開するのか、楽しみです。

> 前回火星では、ハゲゴキ相手に見事な突っ張りを見せてくれたので、地球に還って角界入りし、横綱に駆け上がって引退後に政界に転身…とか思っちゃいました

 なんという華麗なる転身!(笑)しかし、日本原産・相撲は火星でも通じるという事を証明した方ですから、意外とアリかも…!? 38歳で首相はありえない若さなので、どんなルートでそうなったのかも気になりますね。

> 燃えに燃えたココロを、次でヨメとダンナが癒してくれたのもまたよしです♪

 私も同じく癒されました(笑)ヨメ&ダンナ、凄く好きなんです…。ダンナのマイペースっぷり&何気に凶悪な所も好きです。この人の書く犬や猫ちゃんはホントに可愛くて、癒されます…。

Re: 熱く静かな闘志を胸に…!

 ぺこ様、こんばんは!
 火星でも地球でも中華でも! 熱き漢達の戦いに、梅雨のじめじめ感も吹き飛びますね。

> いろいろ割り切れないことも我慢して、大人にならないと生き抜けない。
> 今までそんな人生を送ってきたんだなぁ…と、しみじみ思います。

 アレックスもマルコスも、そういう人生だったんですよね。…ずっと。
 利用されるだけの人生。何もしなければゴミのまんま。
 あの台詞に、彼らの凄絶な人生が凝縮されてましたね。アレックスは、マルコスやシーラより少しだけ年上だった分、尚更そういう世の中の理不尽さというものを理解してしまっているのでしょうね…。

> 次回の「火星で意外な事」が5班が生きていましたっ!って展開でも構いませんよ?
> ご都合主義?それが何か?!何でもいいから会わせてください…。

 そうなんですよね。…時折忘れそうになりますが、たったの一日…なんですよね…(汗)
 朝日を拝む人達の中に、アドルフさんの姿が無いのが本当に哀しいです……。
 ご都合主義? 何それ揚げたらおいしいの? 位な感じですね。…ええ、私も全然構いません!!

 一郎、ほんとにカッコよかったですね…。もう「顔見りゃわかんだろ」なんて台詞を言ってた頃の彼じゃない! と感じます。
 ドイツ代表(?)の方、確かに良く見ると、明らかに女性ですね(苦笑)
 こんな上層部に、実は我らと同じく熱烈なファンがいたなんて…! 嬉しくてテンション上がりそうです。彼女が実は何かしらの「秘策」を施していて、第5班に生存者が…なんて展開だったら、更に嬉しくてテンションがおかしくなりそうです(^^;)

コメントありがとうございました>人見知りさま

 こんばんは、コメントありがとうございます!
 アレックスは、確かにマルコス達と違い、最初から明確に「メジャーリーガーになる」という夢もありましたし、どんなに喰いつめてもギャングに入るような事はしない強靭な意志も持っていただけに、あの台詞は本当に映えました。

>ジョセフの描写は気になりますね。個人的に、第0話で何の手術も受けてないジョージが剣でゴキを倒せたり、アドルフのクナイがブスブス刺さったり、ゴキってなにげに刃物には弱いんじゃ、という思いがあるんですが、ひょっとしてジョセフも剣みたいなので戦ってるのかもです。

 確かに、ゴキは装甲自体は(クロカタゾウムシのような例外を除いて)決して堅くない印象ですね。
 実は剣を持って闘っている…というのはアリかも知れません。それにしても、ジョセフは今のところ、まだ単独行動を取っているようですが…、班員の安否も含めて、今後の動向は気になりますね。

 一郎達の「会議」の内容も、まずは知りたい所ですね。本当に、何をするにしても、火星にいる人達に直接「何か」をしてあげる事は出来ないですし、出来ても約38日後。もっと縮められないものかと、無茶と知りつつ思ってしまいます。各国の首脳陣が集まるあの会議場で、一郎が何を話すのかも楽しみです。

Re: 男の決意

狸吉さま、こんばんは!

> 仲間達を殺戮しまくったゴキ達は許せませんが、アレックスの八つ当たりの対象になり幾分か怒りを静める相手になってくれた事だけは賞賛しとこうかなw

おお、確かに…! そういう見方もアリかもです。。ええ、確かに絶好の八つ当た……気持ちをぶつける相手になってくれました。多少ゆるキャラになっても許せませんが、そういう意味では、ナイスタイミング(!?)で来たゴキでしたね。

> ジョセフの戦闘シーンですが、ミッシェルさんのタバコ発火やアドルフの電磁レーダー描写等から最低でもオフィサークラスは人為変態する前でも、ある程度は特性を使えるのかも…?

はい、私も思いました。…小吉も、ハッキリ描写はありませんが、実際何かしらの特性を使えるのかも知れませんね。(2巻の最初の話で、燈のハイキックをまともに食らっても平気でしたし…頑丈さやスタミナ、といった面は実は薬無しでも発動出来ているのかも…?)

ジョセフは、「ジョージの剣」みたいな、実際に剣を使っている説や、実際に切断系の能力に優れている特性持ちや、色々な説がありますね。彼も、恐らく今後何らかのキーになりそうなキャラですので、注目したいと思います。

> 裏で暗躍してるであろう人達に対してスカッとする切り返しとか見せてくれると信じてます…!

見せて欲しいです!!! 体重151kgはびっくりでしたね…。正直、それ程バグズ2号時代と比べて体型は変わっていない気がしたので…。彼も、相当な「修行」を積んでいて、その体重も殆どが筋肉によるものだったりするのかも知れません。
各国の様々な思惑が乱れ飛ぶU-NASAでの会議で、見事な切り返しを魅せて欲しいですね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR