サイト更新情報(7/20)+キングダム31巻おまけ+フリーペーパー等々…

 こんばんは、星野です。
 今日は原先生のサイン会でした。うう…行きたかった(涙)会場の様子はどんなだったでしょう。
 そんな私は昨日、仕事帰りに紀伊国屋書店へ寄って、原先生の複製原画展を見て来ました! ネームも見られて、貴重なひとときでした。
 やっぱり羌瘣を抱きしめるシーンが印象的です……!!
 31巻もそのまま紀伊国屋で買ったのですが、何気にレジに置かれていたフリーペーパーが素敵でした。…皆様、もうゲットされたでしょうか? 「続きから」ちょっと語るとして、先ずは更新情報です。

・「我的王国感想日記」の「感想」コーナーに、第349話&第350話のレビューをアップ。
→ヒョウ公将軍による左腕への一撃、ちゃんと効いていて良かった…。そして、駿(涙)
 350話は、何気に敵も味方もほぼ勢揃い! なシーンが熱かった…! そして勿論、彼女の登場も!!!

・「星野書房」の「イベント予定」&「出版物案内」の在庫を更新。
→「軍師の転寝」は在庫僅少となりました。ありがとうございます。m(__)m

 では、続きから31巻のおまけ漫画&フリーペーパーについて…。
■31巻おまけ漫画
 …あんな悪夢を見る信の脳内がとても……理解出来ます(笑)
 うん、誰もが思う発想ですよね…。武神をカタパルト発射すれば、函谷関の城壁も制圧出来るって…。
 頭だけ壁にブッ刺さっても尚、壁を登ろうとするホウ煖が妙に可愛い生き物になってる気がしたのですが、兵隊さんAの「でも頭は抜けないんだ」という突っ込みが秀逸でした。
 あの状況で矢の一斉射撃を弾き返す姿に戦慄する前に、そんな突っ込みが出て来るなんて…ッ。
 アンタスゲェ!!(笑)
 って、信の夢オチな訳ですが、そんな夢を見ちゃう信は、やっぱり猪突猛進なだけじゃなくて意外とリアリストな一面を持っているのだ、と改めて思いました。

■フリーペーパーについて
 どこの本屋さんでも置いてあるのでしょうか…。とにかく、メッチャ良いです。
 特に裏! 裏!! キャラの裏設定がツボです。…どツボです。

 A3サイズで小さく折りたたまれています。開くと、こんな感じです。
20130720-kingdumurasettei.jpg

 政の裏設定「好きな食べ物:鶏肉」が何気に泣けました…。いやいやいや、でも、今はもう大王様ですし、幾ら呂不韋が実権握ってるからって…鶏肉どころか、A5ランクの牛肉だって食べ放題だよね!? だよね!? ・゚・(ノД`)・゚・  何故牛肉は「ピンと来ない」んだァァ!
 いや、私も鶏肉大好き派なんで、ちょっと親近感覚えました…(笑)
 それと羌小姐。
 …お酒でぐにゃんとなっちゃうとか、可愛過ぎですね(確かに秦趙同盟の宴の時、信に寄りかかってましたね)何より「甘い物に目が無い」…だと…!? スイーツ大好きって、それだけで女子力高過ぎじゃないですか…ッ!!
 その他、蒙恬・王賁の裏設定等も侮れません。
 王賁の「酒はあまり飲まない。楽しく飲んだ事がないから」という設定も、ちょっと胸が痛みます…。「弱い」という訳ではなさそうですよね。…楽しく飲まないお酒は、確かに美味しくありませんけど…。
 蒙恬や信達と楽しく飲めれば、きっとお酒好きになると思うのですが…!!
 かなり前から配っていたのでしょうか…。試し読み様の、やけに凝った冊子とかは見掛けていたのですが、このペーパー、何気にかなりポイント高いです。テラフォのプロフィール並に細かい(笑)また、向言うペーパーを出して貰えると嬉しいです。

■アニメ第2期について
 ようやっと、第一話が観れました…。作画が凄く良い!! 尾平の紹介の仕方が最高だった!(笑)
 しかし、羌小姐のあの台詞が「用を足したかった」に変わっていたのが…残念だ…ッ。
 OPもEDも、何か妙にこう…軽い感じになっちゃった気がしますが、これはこれで疾走感あるし良いのかも知れません。(OPは寝そべる羌小姐がとってもエロ…じゃなかった可愛かったです。服はきちんと着ているのにあの艶めかしさ。作画さんの愛を感じました)
 DVDデッキの機嫌が悪く、2~3話辺りへのDVDディスク焼きが失敗した可能性があるのでビクビクしているのですが…明日再チャレンジしてみます。それと、向ちゃんの声が凄く可愛かった…! 向ちゃん、何気にツッコミ属性だったのか?(「宜しくって…何をどう宜しくすれば良いの!?」みたいなツッコミが素敵過ぎだよ向ちゃん! そんなの…言わせるなよ…///)
 そしてEDを見て、紫夏さんの美しさに魅入られました。

 第一話の展開は第一期で刺客襲来編とか色々飛ばしていた事もあったので、何か凄くその分を取り戻そう感がハンパ無かったですが、ちゃんと向ちゃん・陽ちゃん達も出て来るのが嬉しいです。

 しかし私…アニメ、観れるのか…!?
 現在、未だ録画だけして観れていないアニメをリスト・アップ。

・銀魂(ビームサーベ流編)
・聖闘士星矢Ω(4月14日放映分までどうにか制覇)
・遊戯王ZEXALⅡ(4月7日放映分までどうにか制覇)
・遊戯王5D’s再放送
・キングダムアニメ第2期(第1話まで制覇)

 ………絶望的じゃねーか……面白ェ…!!
 伸びきったラーメンの麺並みに消化出来る気がしないのですが、何とか頑張って追い付こうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。

更新お疲れ様です。早く寝すぎて起きたので感想書かせていただきます。

信とホウ煖の一騎打ち、賛否両論でしたな、まぁ皆最終的に「あの信が目先の敵を他人に譲るか?」ということで納得してたみたいですけどまぁそれはおいといて、自分も最初左腕の方を見て疑いましたよ。サイまでの到着時間も含めて10日かそこらでくっついたんか!?と
そんなことはなかった、ということで安心しましたが。
>王騎将軍相手でも「下がる」という事をしなかったホウ煖が自分から「下がった」だけではなく、マントの目くらましという小細工まで使ったのを見て、少なくとも「心」の部分では彼は既に負けている…と思いました。
>>この矛の柄で突きという攻撃、馬陽での戦闘を思い出しますな。あの一撃で信の敗北が決まったんだっけ?前回食らったことがある故に避けられたと。
>(いや、良く見ると明らかに2~30センチ位は刺さってるように見えるのですが、あまりヤバい傷に見えない…)
>>いや、剣先だけだから長くても3cmくらいだと思いますよ。ただ、胸板の厚さにもよりますが通常人間は心臓から皮膚までわずか2~3cmほどしかないんですよね。だから通常ならあの一撃で即死のはずなんだが(汗

ぶっちゃけ、この一騎討ちは決着が着かず4度目持ち越し・・・になるんでしょうな。とりあえず次回予告の李牧の名前に少し不安を持ちました。確かに大軍師たる彼があの一騎討ちの間で何もしなかった、なんて間抜けの極みなことはありえんとは思うけどそれ以上にこれ以上悪あがきせず今すぐ帰れ、と言わざるを得ない。はてさてどうなることやら・・・・

最後にちょっとだけテラフォの感想ですが、今回は加奈子ちゃんの足があああああああ!?と叫びそうになった。それと小町さんなんで一人で・・・・と思いましたね。何も一人でやることないだろうに・・・と

後々、劉将軍ですが、ミッシェルさんらを虫だの何だのいっててうざいの極みで好きじゃないけど大っきらいではないです。毎話毎話記憶に残る面白いことや深みのあることいいやがって・・・・みたいな小憎たらしい感情はあります。
「地雷、オッケーーーー」だの「文明の利器ってスゲーーーー」という迷言から「世界の90億人は もうアネックスの100人みてえになれないんだよ」や「対処できてなかったら怪しんでないのと一緒です」とか忘れられそうにないです。ハイ

No title

どうも、こんにちは。
更新お疲れ様です。

今週のキングダム、信がヒョーコー&モーブ化のスキルを会得したようですね。
……ま、単にあの御二方と被って見えたってだけなんですがw

そして羌カイさん。
あんたまさか見えてんの!?
必死で戦う信&飛信隊を見て勇気を貰ったり、逆に天の声(ただし耳には聞こえない)的にみんなの背中を押したり――は、ちょっとファンタジーすぎるか。

こんにちは。信との一騎討ち、そして戦いの結末はどうなるのか、期待が膨らみワクワクします。
今週号でホウ煖の剣は軽いと言われてましたが、何故軽いのか。自分なりに考えたのですが、ホウ煖には戦いに懸けるものが小さいのだと思います。
王騎、ヒョウ公、廉パといった大将軍には、多くの人々の想い、これ迄の戦歴による自負等というものがありました。しかし、ホウ煖にはそれがないように思います。
彼には強さに懸ける情熱や強さを手に入れることによる喜び等といったものもなく漠然としていて確固たるものがない。だからこそ将軍達の強さを理解しようとして迷走し、戸惑いを感じているんだと思います。
この先、相手の意志をねじ伏せるぐらいの強い意志や信念、指針といったものを持たない限り、彼は駄目なままです。

拍手コメントありがとうございました>エイイチローさま

 エイイチローさま、こんばんは! キングダム31巻、購入されましたでしょうか…? おまけ漫画がシュール過ぎて笑いました。。
 アニメ、第2期は思っていた以上に良かったなぁと思います。…私は、残念ながらDVD焼きに失敗して第2話&第3話が吹っ飛びましたが…(涙)第4話からは頑張ってまた追いかけたいと思っています。
 確かに、漫画とアニメで随分印象は変わりますよね。
 声のイメージが合わなかったり、作画が微妙だったり、ストーリーその他を改変されたり。最近は特にこうした傾向が顕著な気がします。なので、それが殆ど無く、更に原作の良さを引き立てるようなクオリティで仕上がっていると、とても嬉しく感じます。昔程、素直にアニメ化を喜べなくなった私ですが、やっぱり自分の好きな作品のキャラが、動いて声を出して…というのを見たい願望は捨てきれません。第2期も追いかけていきたいと思います。

Re: お久しぶりです。

 紅蓮さま、こんばんは。
 信VS.ホウ煖の一騎討ちは、確かに賛否両論みたいでしたね。どちらの感想もアリだなとは思いますが、私は基本的に信の性格上、あのまま城壁の上で解説要員で終わる筈が無い&何より王騎将軍&ヒョウ公将軍の仇を目の前にしてあのまま済ませる訳も無いと思いましたし、良いのかなあと。
 何より、ホウ煖の左腕が普通に完治…という展開でなかった事にホッとしました。

> >>この矛の柄で突きという攻撃、馬陽での戦闘を思い出しますな。あの一撃で信の敗北が決まったんだっけ?前回食らったことがある故に避けられたと。

 それもあるかもですね。一度食らった技は二度と受けない…という某少年漫画の鉄則が働いたのかも知れません。馬陽の時は、あの時の突きが決めてで負けています。

> >>いや、剣先だけだから長くても3cmくらいだと思いますよ。ただ、胸板の厚さにもよりますが通常人間は心臓から皮膚までわずか2~3cmほどしかないんですよね。だから通常ならあの一撃で即死のはずなんだが(汗

 剣先だけ…にしてはちょっと深く行ってる気がするのですが…。
 いずれにせよ即死でもおかしくない傷ではありますね。まあ、…武神の身体なんで…何もかもが規格外という事でオッケーにしておきましょうか…(^^;)
 恐らく決着はつかないのでしょうね。…4度目は要らないと思わずにはいられませんが…。
 李牧は一体どうするのでしょう。ホウ煖も深手を負ったのは間違い無いですし、流石に大人しく撤退を選択して欲しいですね…。

> 後々、劉将軍ですが、ミッシェルさんらを虫だの何だのいっててうざいの極みで好きじゃないけど大っきらいではないです。

 劉将軍の台詞は私もインパクトが強過ぎて…忘れないと思います。特に「地雷オッケー!」&「文明の利器ってスゲ―――!!!」は私の中でちょっとしたマイ・ブームでした(笑)
 夏場の暑い時にエアコンを付けた時。ノートPCに内臓WiMaxが付いていて、無線でも普通にインターネットが出来ると知った時。「ぶっ 文明の利器ってスゲ―――!!!」を連呼しています。
 私の中では、清々しい敵キャラだなぁ…という感じです。ゴキでは無く同じ人でありながら、決して相容れない感じの…。相変わらず、キャラ立てるのが上手いなぁと感じています。

コメントありがとうございます>ファルコンネンⅡさま

 こんばんは、コメントありがとうございます!

> 今週のキングダム、信がヒョーコー&モーブ化のスキルを会得したようですね。
> ……ま、単にあの御二方と被って見えたってだけなんですがw

 元々信の才能は「本能型」みたいですし、それが目覚めて来たのならヒョウ公化しても不思議ではありませんが…蒙武さんまで入ってきちゃいました!?(笑)
 しかし今週の信の鬼気迫る戦いっぷり、正に上のお二方に勝るとも劣らないものでしたね。
 …来週には決着を付けて欲しいと思います。

> そして羌カイさん。
> あんたまさか見えてんの!?

 いえいえ、そもそも巫女体質とかいう時点で既に十二分にファンタジーですので(笑)、見えていても全然オッケー! ではないでしょうか…(笑)
 個人的には、そのまま精神体で信の傍らに応援に駆け付けて欲しい位です♪
 今週の微笑むシーンからのホウ煖の顔をバサッ! と斬り付けるシーンは、熱かったです…!

コメントありがとうございました>TOさま

 TOさま、こんばんは!
 信VS.ホウ煖戦、いよいよ来週で決着かと思いますが、続きが気になりますね。

> 王騎、ヒョウ公、廉パといった大将軍には、多くの人々の想い、これ迄の戦歴による自負等というものがありました。しかし、ホウ煖にはそれがないように思います。

 私も同感です。それこそが「大将軍の強さ」ですが、ホウ煖はそうしたものを否定しているんですよね。
 そんなものが無くても、只管ただ「強さ」のみを求めるのも一つの道かも知れません。ただ、問題は、強くなって武を極めたその先に、何があるのか? その展望は何も無いんですよね…。
 そして、恐らく本人も王騎将軍達との出会いによって、心のどこかでそれによって得られる「強さ」の限界というものを感じ始めているのでしょう。
 でも、今までの生き方や考え方をそんな簡単に否定出来るものでもありませんし…。ヒョウ公将軍には「ど阿呆」と一言で言い切られましたが、彼は未だにその答えを見い出せていないように思えます。

> この先、相手の意志をねじ伏せるぐらいの強い意志や信念、指針といったものを持たない限り、彼は駄目なままです。

 そうですね…。しかしそれを得たいと思えば、きっと今までの「求道者」としての道は捨てなければならないでしょう。何の為に、誰の為に強くなるのかではなく、ただ「強くなる」その事自体が目的の全てになっている人には、「天下の大将軍」の強さはずっと理解出来ないでしょうね…。

私は悲しい

どうも暑中お見舞い申し上げます。
>作画が凄く良い!! 

 それでも文句あるんだってさ。。。(涙)うちの雑記参照。 
キングダムは人気が上がり、連載やアニメをステマや2chで取り上げるところが多くなりました。 
 それ以前から惚れぬいて200話以上の感想を書きあげてきたのってもう星野さんと我しかいないんですね。(ほかに見当たらなくて) 私たちも結構歴戦の強者愛読者ですね(大笑い)。張唐さんと白老さんコンビみたいだ。。。さて役はどっちを選ぶ?

>DVDデッキ

 私は現在全話録画進行中。順調の蒙武さん状態です。BDに最良画質で焼いてます。

政「好きな食べ物:鶏肉」
鶏肉も古代では高級品だったと思うので十分贅沢だと思います。

No title

本日新宿行ってまいりました。
初めて一人で新宿行ったのですが、都会は怖いです。西口についてそこから東口にいくだけで迷子になりました。

あのプロフィールはそんなにあちこちで置いてある訳ではないみたいです。
近所の本屋を二かしょ行ったのですがなかったので。七月初めから配られていたらしいですが。
ほかの人物のプロフィールも見たいですね、壁さんや、王騎、さりげに武神の好きな食べ物が気になります。

帰りの電車で新刊読んでいたのですが、おまけで噴き出しそうになりました。あの装置、呉鳳明君なら作れそうです。

Re: 私は悲しい

 うしつぎさま、こんばんは。暑中お見舞いありがとうございます。
 暑い日々が続きますので、お身体に気を付けてお過ごし下さいませ。

> >作画が凄く良い!! 
>  それでも文句あるんだってさ。。。(涙)うちの雑記参照。 

 そうですか…。どんな作品であれ、色んな人がいる以上、文句を付けたくなる人というのはいるのでしょうね。正直あまり気持ちの良いものではありませんが、色んな人がいて、感想も人それぞれですから…。
 人が何を言おうと、自分が良いものを信じるのに理由はいりませんから、悪意のある感想など放置して、自分達の信じる所を真っ直ぐ進みましょう…!

> 私たちも結構歴戦の強者愛読者ですね(大笑い)。張唐さんと白老さんコンビみたいだ。。。さて役はどっちを選ぶ?

そう言えば、サイトを始めたばかりの頃は、全然ファンサイトやブログは見付からず…。必死に探した事を思い出します。今では随分増えて、感慨深いものがあります…。やっぱり嬉しいものです。
 いえいえ、私は張唐さん役も白老さん役も名乗るなんて恐れ多くて。せいぜい、お二方の姿を見られる位置で函谷関の城壁を守る弓兵其の一、で十分です。

>  私は現在全話録画進行中。順調の蒙武さん状態です。BDに最良画質で焼いてます。

 おお、凄いです…! 私はDVDに焼くのを失敗しまして、2話と3話が消し飛びました…。TUTAYAでのレンタル開始待ちです(涙)4話以降は慎重に焼くようにします…。

コメントありがとうございました>TOさま

 こんばんは!

> 政「好きな食べ物:鶏肉」
> 鶏肉も古代では高級品だったと思うので十分贅沢だと思います。

 …た、確かにそうかもですね…(苦笑)
 つい現代の感覚で当てはめてしまいました。。鶏だろうと牛だろうと、そもそも、当時は肉そのものが高級品だったかも知れませんね。

コメントありがとうございました>西海さま

 西海さま、こんばんは。
 複製原画展もご覧になって来られたでしょうか? 西口→東口は、私も初めて行った時は随分迷ったものです…。今でも、あの日も時間も選ばない混雑ぶりは苦手ですし、正に「都会は怖い」です。
 
> あのプロフィールはそんなにあちこちで置いてある訳ではないみたいです。
> 近所の本屋を二かしょ行ったのですがなかったので。七月初めから配られていたらしいですが。

 そうなんですね…。やっぱりここぞ! とばかりに貰ってきて良かったです。
 結構貴重ですよね。私も、第二弾があったら、特に壁さんや楚水さんのが見てみたいです。王翦も見てみたいですね!
 おまけ漫画、私も電車の中で読んでいたら間違い無く吹いてしまったと思います。
 呉鳳明なら、間違い無くやっていた気がします…(笑)

拍手コメントありがとうございました>ヤマアニイさま

 こんばんは! デフォルメキングダム、「龍指」ネタは特に面白かったです…! 誰もが思っていたであろう事に、信が思い切りブッ込みましたね(笑)
 取り敢えず今回だけの読み切りのようですが、好評だったらまた第二弾・第三弾もあるかも知れませんね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR