スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のサイト更新情報(9/2)

 こんばんは、星野です。
 さて、合従軍編終盤から楽しみだった、キングダムの「論功行賞」。
 信が三千将まで昇進出来て、本当に嬉しい……!! 蒙恬も普通に元気になりましたし、王賁のツンツンっぷりも相変わらず可愛かったですし、何より式典を殆ど政が仕切っていたのが嬉しい…!! 見どころたっぷりな一話でした♪
 そんなこんなで、今週の更新情報です。

・「我的王国感想日記」に、第355話「特別功」のレビューをアップ。
→とにかく!! 三千将おめでとう!!!
 そして、そろそろもうちょい素敵な服にチェンジしても…と、思いました(笑)
 いっそのこと、「ダイの大冒険」みたいに、読者に信の服を始め、飛信隊の皆さんの服のデザインを募集するとか…!! 応募するよ! 全力で応募するよ!(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

服を買え!(笑&呆)

更新お疲れ様です。3若将のやり取りは2年ぶりですな。久しぶりに見れてよかったです。そして何の変化もないことに安心しつつ残念な感じです(笑

さて、7将ですが第一功と褒め称えられた蒙武ですが基本的な報酬は他の6将と変わりありませんね。あえていうなら土地の質かな?にしても張唐は遺族がいるだろうけどヒョウ公将軍の報酬はどういくんだろ?その辺若干気になりますな。

ああ、特別功の3名ですがサイの民への「ありがとう」はああ、良く考えてるなと思いました。自分もぐっときた。それと信と山の民の互いの気遣いもよかったですな。タンワ様の恩賞ですが星野様の仰る様に蒙武に匹敵する大賞だと思います。大上造は確か秦国の二十等爵で上から5番目の地位。この地位は宰相や軍総司令になる資格がある地位で通常の場合王族・公族を除く人間が上がれる最高位の一つのはず。
(稚拙な知識ながら(汗)

それと信が三千人将になりましたね!私は五千将だと思っていたから若干拍子抜けですがまぁ2階級特進だし妥当なのかなと思います。この大戦でおそらく飛信隊は500人も生き残っていないと思いますが新参組(2000人以上?)はおそらく全部ヒョウ公兵ではないかな~と希望します。むしろそうあってくれ!サイで戦ったのと待機組のヒョウ公兵も混ざっていいから!!

最初、蒙恬、王賁と壁は昇格なし!?と思いましたけどこれはあくまで派手な功を上げた武将を褒め称えるのが論功式であってないわけではないはずだと思いました。おそらく3人とも最低でも1階級昇格だと思うんですがね・・・・・総合的な能力では蒙恬≒王賁>壁>信とかだと思うんですけどやはり運と武力は信>>越えられない壁>>王賁>蒙恬>>越えられない壁>>>壁なんでしょうね(笑)

>よし、次号は三千将に相応しい屋敷を立てたり服を買いに行ったりする日常編で一つ…!(笑
>>それもいいですな・・・・しかし私は羌瘣にスポットが当たるのではないかなと思うんですよね。合従軍編が終わり、政変まで時間があり目立つ大戦もない。となると必然的にオリジナルストーリーである敵討ちにいくのではないでしょうか?もしそうならもうスヒン!と手早く片付けてさっさと合流してほしいです。

タイトルにも書いてますがもう信は昌文君でも壁でもテンでも蒙恬でも楚水でも何だったら王賁でもいいから付き添ってもらって服買え!と言わざるを得ないな。もうそろそろその服も限界でしょう(サイズ的な意味で)

外交権

こんばんはKEIです。

管理人さんのレビューを先にみました。
やはり開会を宣言した文官の挙動を見逃してないなと
思いました。

前回と違い政側が加わった感じの式典。
呂不韋は体裁が悪いのか目立てず
昌平君が取り仕切るといったところでしょうか。

注目したのは山の民との国交を開く宣言。
爵位や恩賞はともかく外交の決定(予定)を
よくできたなあと。
そこで考えました。

昌平君の承諾があったのではないかと。
合従軍結成を許した大きな原因が情報戦の遅れ。
その為、情報源のひとつとして山界とのつなぎが
必要になったのではないかと。

前回に続き昌平君の事ばかり書いていますが
かなり好きなキャラクターです。
読切の「蒙武と楚子」を思い出しますし、
蔡沢に蒙武より強い男と評された理由を
あれこれ考えています。

追伸
信の服に関して彼よりカンキはどうだったのだろうと
思いました。
上半身裸からいつ羽根つきの甲冑になったのか?

こんにちは。
信は遂に3000将になりましたね。壁も今回で相応の武功をたてたのだから今後の事もあるので5000将になって欲しいです。

王翦について思うんですが、彼はもしかしたら大功を得て目立つ事を避けているんじゃないでしょうか。かつて白起は功績が大きかった為に周りから疎まれて自決させられました。なので、白起の二の舞にならないようにあえて功績を得ないようにしているんじゃないでしょうか?野心があるというのも信用されなければあまり重役を任されずにすむということであえてそう広めているんじゃないでしょうか?

No title

こんばんは。

特別大功は蒙武になりましたが、身内贔屓のような気がしてなりません。
人数差があったとはいえ、媧燐の別働隊5000人に函谷関の裏側に回られるという失態も犯していますし。
幸い、王翦のフォローのおかげで事なきを得ましたが、
それがなければ負けていました。
とはいっても、生きている武将の中で一番痛い目に合っているのは蒙武だし、敵の主力国の一つである楚を感服なきまでに叩きのめしたという所が高得点というのは同意です。

ヒョウ公将軍が生きてさえいれば、間違いなく「特別大功」だったでしょうに残念です。

王賁が、
「仕止めてもいないのに浮かれるな バカが。せっかくの好機。俺だったら確実に息の根を止めて首級を挙げていた」
「貴様が追いつめる程度だ。俺なら間違いなく仕止めた」
とか言っていましたが、
項翼を討ち漏らしたのは誰かと問い詰めたいです。
もっと蒸し返すなら、対輪虎戦で途中から空気になっていたのは誰かと問い詰めたいです。
幸い、信は項翼を討ち漏らした事を知らないようですが、
知っていたらその事で弄りそう・・・w
蒙恬は蒙恬で白麗を討ち漏らしているので、
元から人の事をとやかく言うタイプではありませんが、人の事は言えないです。

ところで、信って敵将キラーとして恩賞などで、
かなり金持ちになってるはずなのですが、
装備はほぼ初期のまま・・・。服もぼろ。
一体どこに貯め込んでいるのやら。
部下に均等に分け与えているのだとしたら、
単に金銭欲がないだけでしょうが、
世間から見るとかなりの人格者・・・か、変人ですね。
不思議です。

Re: 服を買え!(笑&呆)

 紅蓮さま、こんばんは。三若将のやり取りは、相変わらずですよね。今後もこんな調子で行くんだろうなぁ…と思っています(笑)しかし、王賁はもう少し位信にデレてくれても良いのですが。。

> さて、7将ですが第一功と褒め称えられた蒙武ですが基本的な報酬は他の6将と変わりありませんね。

 そうですよね。少し気になりました。きっと土地の質の問題でしょうね。
 蒙武将軍の場合、わざわざ土地の名前を言っていましたし、名前的に何かいかにも良さげな響きがありますし…。

> ああ、特別功の3名ですがサイの民への「ありがとう」はああ、良く考えてるなと思いました。自分もぐっときた。それと信と山の民の互いの気遣いもよかったですな。

 ここのシーン良かったですよね。政の「ありがとう」はグッと来ます。
 信と山の民の互いの気遣いも熱かったですし、論功行賞は見せ場盛り沢山でしたね。
 端和様に寄与された位は、そんなに高かったのですか…。相手はあくまで同盟の相手であり、臣下ではないので、身分を与えるというのはどうなのかしらと思ったのですが、秦国として、最上級の御礼の気持ちなのでしょうね。

 信は、とうとう三千将ですね! 私も五千将位は…と思いましたが、若手としては破格の昇進ですし、二回級上がった事を考えれば妥当でしょう。
 今週号では、王賁も三千将になっていましたね。蒙恬も二千将。
 壁のあんちゃんも…と信じています。

 羌瘣にも遂にスポットが当たりましたね。…早い所仇討ちは済ませて、飛信隊へ戻って来て欲しいです。
 そして私も、そろそろ服は買った方が良いと思います(笑)

Re: 外交権

 KEIさま、こんばんは。
 
> 前回と違い政側が加わった感じの式典。
> 呂不韋は体裁が悪いのか目立てず
> 昌平君が取り仕切るといったところでしょうか。

 まさに、↑の感じでしたね。流石にあそこで堂々と仕切り出す程呂不韋も空気の読めない人間ではなかった、という事でしょうけど…。それが周囲にはどう映ったのか、気になります。

> 注目したのは山の民との国交を開く宣言。
> 爵位や恩賞はともかく外交の決定(予定)をよくできたなあと。

 そう言えば、貂が情報戦の大切さについて語るシーンもありましたし、昌平君自身も、情報戦で遅れを取った事を自覚している事もあり、もしかしたら、昌平君による後押しはあったかも知れません。
 そして呂不韋は呂不韋であの状態ですから、そんなに強く反対も出来なかった、と…。

 昌平君は今後の立ち位置をもっとはっきりさせて、堂々と政陣営で活躍するようになると嬉しいと思います。何しろ「中華統一」という目的は政と同じですしね。
 読み切りとはまた別に、若い頃の蒙武や昌平君の姿もどこかで描いて貰えると嬉しいです。

> 信の服に関して彼よりカンキはどうだったのだろうと
> 思いました。

 そう言えば、桓騎も野盗時代は上半身裸でしたね…。派手な羽根飾りを付けていたり、正規の軍人の装束からは大分外れている感じとはいえ、あれだけキッチリ甲冑姿をするに至った心境の変化は気になります。確か、魏軍に扮した時は、軍の甲冑そのものが嫌い、という発言もしていましたし…。
 王翦将軍共々、やはり過去がとても気になるキャラです。

コメントありがとうございました>TOさま

 こんばんは! 遂に三千将ですね…! 今週号では、王賁や蒙恬もちゃんと昇進していましたし、壁さんも最低四千将にはなっているだろうと信じています。

> 王翦について思うんですが、彼はもしかしたら大功を得て目立つ事を避けているんじゃないでしょうか。

 王翦はどうなのでしょうね…。彼に関しては、本当に謎です。
 史記では、わざと疑われないようにご褒美をねだったりしていたようですが、「キングダム」の王翦将軍はとてもそんな事をしそうなキャラにも見えませんし。
 TOさまが仰るように、わざと目立たないようにしている、もアリかも知れません。
 いずれにせよ、何を想っているのか本当に分からないキャラですね。顔だけではなく心にも仮面を被っているような、そんな印象です。

コメントありがとうございました>ワイアルドさま

 ワイアルドさま、こんばんは!
 蒙武は…どうでしょうね、私は身内びいきとまでは思いません。矢張り、あの将軍達の中で誰が一番? となれば、手柄という意味では蒙武が特別大功になるのは順当かな…ともいます。
 ヒョウ公将軍が生きていた場合は、正直どちらになるかは分からなかったと思います。…ただ、残念ながらもう…(涙)なので、今現在、生き残った将軍達の中でとなれば、蒙武将軍が妥当だと思います。

 王賁については、半ば信への対抗心というか、意地のようなものもあってのあの発言なのだろうなと思っていたので微笑ましくさえ感じましたが…、確かに「じゃあ、項翼如きさっさと討ってよ」となりますね(苦笑)
 そう言えば、対輪虎戦も途中までは二人一緒に戦っていたのがいつの間に…でしたしね…。
 その武力で、ホウ煖相手は間違いなく瞬殺コースでしょう(^^;)

> 装備はほぼ初期のまま・・・。服もぼろ。
> 一体どこに貯め込んでいるのやら。

 キングダム七不思議ですね(笑)
 百将の時は「手柄は俺が貰うが、報酬は百等分だ!」と言っていましたが、もし、今でもそれを貫いているとしたら…あまり手元にお金は残っていないのかも!?
 服とかも、正直全然頓着してなさそうですし。…流石に誰かしら付き添って、服を買いに行け! と思いますが(^^;)又は、飛信隊の中には仕立て屋とかやってそうな人もいる気がするので、そういう人達にそれなりに上等な服を仕立てて貰うとか……。
 三千将になっても相変わらずあのボロ服のままですし、確かに不思議ですね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。