YJ41号テラフォーマーズ感想:たまたま俺が先に生まれただけだ。そんなもんカウントすんな。

 こんばんは、星野です。二週間の待機は辛かったですが、また色々と明かされましたね。
 来週、巻頭カラー&表紙は嬉しいのですが、何故貴様が予告ページに出張ってやがる!! ハゲ3号!!
 よりによって一番許せんゴキ野郎が……ッ。

 そして、今週は何と言っても件名の台詞でしたが!!
 何気に巻末の橘先生のコメントも注目しました。
■第64話 MARS,DAY AT 19 APR. 4月19日 火星 昼
 本編を語る前に、先ず、巻末の橘先生のコメントから。
 敬老の日に因んでのこの質問への回答について、ちょっと叫びたいと思います。

Q.「晩年の姿」を見てみたいキャラは誰ですか?
A.アドルフ班長の奥さん…。


 橘先生ェェェェェェ!!!!

 すみません。
 私、奥さんよりアドルフさんの晩年の姿(年を重ねて素敵なロマンスグレーの紳士になってるんだよ…絶対そうだよ……)が見たいんですが!! て言うかむしろ描いて欲しい位なんですけどォォオ!!!
 ルーク大統領に続いて、なんか切ない気持にさせないでくれよォォォ!! ・゚・(ノД`)・゚・
 上品なご婦人のエヴァと二人並んでさ…孫とかに囲まれてさ…。
 夢位見させろよォォォ!!!

 ハー……ハー……。

 橘先生、何気にアドルフさんの奥さんも気に入っているのかな? と思いました。
 イザベラさんは気に入ってる(番外編でもかなり優遇されてましたし、カラーページでも結構出番ありますし…)のかなぁと思っていましたが、まさかこの人の晩年が見たいとは……(^^;)
 ちょっと意外でした。
 
 …では、本編へ。

 火星では、ジョセフが下半身までは脱いでいなかった事が判明。
 その筋骨隆々な背中に漢を感じます。もはや一位のオーラに満ちているように見えます。
 その一方、矢張り手強い第4班と対峙する第3班の精鋭達。スタンバイオッケー!! 状態のミサイル砲台が不気味にその砲口を空へと向けています。
 地球では、いつの間にか根回しされていたドイツ&ロシアに、何故かハブられて一人焦りまくりんぐだぜ! 俺!! なルーク大統領の姿。
 来週の巻頭カラーに備えて、今週号で順を追って整理してみると。

 まずは4月12日、日本国埼玉県の夜から。
 七星が連れていた黒服二名は、矢張り見た目と期待を裏切らず、相当の豪傑でした。
 …あの…なんか壁にメリ込んでる人とかいるんですけど…あなた達一体何のM.O.手術を受けてらっしゃるんですか…!? (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
 見開き二ページでその豪の力を存分に見せたバンダナ(現・染矢龍ちゃん)&グラサン(現・日向)。
「ボディーガードがスーツの前ボタンを閉じないのは、速やかに拳銃を取り出すため。『撃てるぞ』もしくは『撃つぞ』のサインだ」
 …折角のうんちくが全く役に立たぬ「オレの一番の武器はこの拳だ」という聖闘士みたいな台詞を口ずさむ染矢に対し、「…じゃあ スーツの話、カンケーなくない?」と脳内でツッコミを入れつつ、ロシア語らしき言葉でインテリぶりを発揮するのは、グラサン男こと日向。
「ボディーガードの前開きスーツのもう一つの利点」
 即ちタバコを取り出しやすい…を実践し、トコトン腕力に訴えようとする染矢とのキャラの違いをアピールしました。
 それなりにキャラの立っている二人でしたが、この数ページでしっかりキャラが立った気がします(笑)
 そして、矢張り「こういう仕事」をする人達だったんだなあと改めて。
 日向さんの「ロシア語に反応したからロシア人だ」という極めて精度の低い中二プロファイリングによると、彼らはロシアが雇ったらしいガチの人達。…ロシア語を「顔文字」と言い切る素敵な染矢さんの台詞にもクスッとしますが、よくよく考えたらそんなに笑ってられない状況です。
 七星さん達があと少し遅かったら、もしかしたら本多さんはこの人達に…。(((( ;゜Д゜)))

 一方、そこへバーから本多さんを連れ出して来た七星が。
 染矢の台詞にタラッとなってる顔がちょっと可愛いと思っていたのですが。
 …次のページでもっと可愛くなっててびっくりでした(笑)

 と、その前に。
「日向は 色々よく見てるヤツです。コイツの勘ならほぼ間違いないかと」
 …結構ほんとに褒めてるのにムスッとしてる日向も可愛いと思いました。
 何だこの素敵なコンビ!!

 そして次ページです!!
 ロシアからの人達は取り敢えず「蛭間家」のノシを付けてお返しするとして。
 本多博士を車に乗せたとなったらいきなり
「――もしもし、兄ちゃん?」
 これだよ!!!
 いきなり弟キャラ全開!?
 あの時、一郎が受けていた電話の内容が明らかになります。
「うん…ロシアがもう店の前まで来てた。でも何とか確保したよ。これから場所を移す。…これで明後日の会議も少しは有利(マシ)になるかな?」
「何を言ってんだ。素晴らしい成果だぜ。予想以上だ。良くやってくれたな。七星(おまえ)自身も危険な目に遭っただろうに……本当に良くやってくれた……恩に着るよ」
「……何言ってんだよ…恩なんて…俺…兄ちゃんにどんだけ苦労かけたか…あと何百個兄ちゃんに返せばいいんだよ…」
「たまたま俺が先に生まれただけだ。そんなもんカウントすんな」

 
 ――以上、蛭間家兄弟の会話でした。
 うおおおおお萌え上がれ俺の小宇宙!!!
 何この人達……。
 一郎の「危険な目に遭っただろうに」と弟を心配する優しい台詞に「あと何百個兄ちゃんに返せばいいんだよ…」なんて完全に弟キャラな七星。バーで本多さんのトコに来たばっかの時はあんなにカッコ良かったのに!!!
 蛭間家の兄弟の硬い絆に乾杯!!!
 燈を「渡しゃあしないよな!」と誓う七星に、「後は俺と六嘉に任せておけ」と約束する一郎。
 六嘉さんも蛭間家の兄弟の一人だった事がここで確定しました。

 きっと分かってくれるチームはある。

 …そう信じている一郎。本当に、何と大きな漢に成長したのか…!! と感慨深いです。
 ローマのルーク大統領の知らぬ所で、会議の前からこうして着々と一郎は切り札を手に入れ、各国に根回しをしていた訳ですね。
「あんなものは政治力でも何でもないわ。例えるなら世界中が石油不足で困ってる所に『あ! ウチの庭から五百年分の油田が見つかりました!』って言ってる様なモンだ。それなのに完全に 強気(チョーシ)こいてやがったな…消される未来しか見えん、あんな奴」
 …ルーク大統領はこんなん言ってますが、いえいえいえ。
 相変わらず例えは分かり易いですが、ナメてたらあなたが脱落する事になりますよ??

 そんなルーク大統領を焦らせている要因の一つとして、火星と相変わらず連絡が取れない事もありました。
 勿論、あの会議の状況から推測して、ゴキ達に通信機をブッ壊されたというよりは「どこかが強硬手段に出た」と考えるのが自然。そしてそれを仕出かしそうな班と言えば…最早ただ一つ。
 そうなれば、もし、ジョセフ達がまだ殺されていなければ、当然第1・第2班と組んで、第4班を包囲する流れになるだろう。…ルーク大統領はそう読んでいます。
 ジョセフ本人がどう思っているかはともかくとして、ミッシェルさん達はそれを目指している訳ですから、この人もやっぱり只の驚き役じゃないな…と改めて思います。
 こうなる事まで読んでいたのか、と焦躁しつつ、自分だけが遅れる訳にはいかないと、思考を巡らせるルーク大統領。
 …それはいいんですが…。
 第五班(ドイツ)は火星で全滅…。
 って、そんなハッキリ言わんでも!!! ・゚・(ノД`)・゚・
 そこはやめたって!! まだ夢見たいからやめて下さいぃぃ!!!
 ともかく、彼の中ではドイツが日本側に付いた理由は説明が付くので、あまり警戒はしていないようです。
 問題は、ロシア。…現在、火星と連絡が付かないのはロシアも同じ筈。しかし、プランδ後の動向と言い、何の迷いも無く日本側に付いた理由がこちらは分かりません
 これもまた、ルーク大統領の預かり知らぬ所の話ですが、ロシアにも、矢張りロシアの事情がありました。

 先ずは4月12日夜の一件と、もう二つ。

 まず一つ目は、ロシア班が初日の夜に見つけた、ピラミッドでの戦利品の一つ。
 あの、フザケた落書きです。
「ヤツら予想以上にワイルドに裏切ってくれた様だな」
 …なかなかユーモア溢れる言い回しで、しかしコンソールを叩き壊す怒りを表現するロシア代表。
「碌な死に方させないのは当然として」とさらっと言ってのける所が恐ろしい……。
 そしてもう一つ。ロシア班がプランδになった事で目的としていたのは、ピラミッドで「何か」を見つける事でした。
 それを、どうやらアシモフ隊長達は「見付けた」ようです。
 …どうでもいいですが「見付けました」と報告するアシモフ隊長の後ろの蠍お姉さん可愛過ぎる!!
 早く…早く本名&マーズ・ランキングを明かしてくれ!!

 その報告をしていたのが、4月19日早朝。第4班が電波妨害をする4時間前の事でした。
 現時点で、他のどの班よりも「優位に立てる」カードを手に入れたロシア。
 それによって、もしかしたら燈やミッシェルさんを無理に奪取する必要すら無くなった…という可能性があります。
 となれば、後はこのワイルドな裏切り者達が「誘拐まがいの裏技」を使ってそのロシアに並ぶ前に、アネックスを奪取せねばなりません。

 第3班が日本側に付いたのには、こうした背景もありました。
 そして五時間後、アネックスには第4班と絶賛交戦中の第3班の姿が。

 でも、色々とこうした事情はあったにせよ、最終的にアシモフ隊長が脱出機を犠牲にしてまで日本側に援軍に来てくれたのは、やっぱり小町艦長が築いた絆や、「ウィルスに苦しむ人々を救いたい」という根底にある想いが一緒だったから。…そう、信じようと思います。

「――こいつら、変態してんのに大した事ねぇな」
 艦長が毒針使ってたら大した見せ場もなくヤラれてたくせに…という突っ込みはさておき、どうやら人為変態していたらしいロシア班のモブの皆さんを瞬殺し、不敵に呟くドルチバーキ。
 しかし、アシモフ隊長はそれに動揺する素振りも見せません。

 2620年4月19日。
「はて? 『容赦しない』だの何だのと…アジア訛りがひどくて よく聞き取れんが。ご自慢の兵器はもうネタ切れか?」
 ユーモアたっぷりに前へ進み出るアシモフ隊長。
「言ったって、銃効かないでしょ、アナタ。…どうしてもやるんなら、喧嘩は僕がお相手しよう」
 火星は昼になっていました。
 第1班&第2班との交戦に始まり、火星では人間同士の全面戦争まっただ中。…ゴキVS.人間の戦闘はジョセフが一人で担当している中。
「やっぱ話が通じてねェや。テメェら、誰の部下殺したか解ってんのか?
 裏切り者(タコ野郎)どもにサインAだ!!! アネックスの研究設備を奪還する!!!

 …まさか、ゴキ相手ではなく人間相手に、アネックスの奪還戦をやる事になるなんて。

 遂に第3班班長・アシモフ隊長VS.第4班班長・劉将軍の一騎討ち!!
 劉将軍も色々思う所はあると思いますが、全力でアシモフ隊長を応援したいと思います。

 …ていうか、ジョセフは本当に何してるんでしょう…(^^;)
 早い所ミッシェルさん達と合流しないと、このままじゃ毎回ラストで衝撃の引きを提供する係だけでミッションが終わってしまう可能性が…!!(苦笑)

<追伸>
 しかし、ある意味、こうやって人間同士の戦いを悠長にやっていられるのも、初日の夜にハゲ3号が死んだ事が大きいんですよね…。
 第5班の戦いは、単に「ゴキVS.人間」だった火星での戦いを、次のステージへ進ませる為の礎のようなものだったのかも知れない…と思います。
 そう思うと、死闘の最中で「生きよう」という意思を持てたにも関わらず、その「次のステージ」に彼が姿を見せない事が、切なくて仕方がありません。
 ドイツじゃないですか…。科学力は世界一なんでしょう!? 何とかしてくれよ!!
 …と思わずにはいられない…!!
 某翼ガンダムの主人公なんて、自爆したって「死ぬほど痛いぞ」で済んだじゃないですかー…。
 自爆からの復活なんて、最早常識ですよ!!(涙) 
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

末っ娘?

星野さま、更新ありがとうございます。

今回あきらかになった「蛭間ーズ・ランキング」

1位:日本国首相



6位:ドイツで根回し
7位:自衛官。本田博士を確保

おお、さすがはランキング上位者達。みないい仕事ぶりですね。

名前に漢数字が入ったいるというと、まさか八重子も「蛭間」姓なんでしょうか? 確かにあの無邪気な食い意地といい、貧しい中でも可愛がられて育ったっぽい性格で、うっすら伏線は成立してるような…


2位~5位の人達にも期待したいです(^O^)

「では」が気になる

星野さん、久しぶりにコメントします。

ジョセフが単独で戦闘してるのは何故か?変態してるのか変態しないでスパスパ切れる戦闘力なのか?が判明するのは、またまた持ち越しになってしまいましたが、楽しみはあとの方がいい!に期待したいと思います。
タイトルの気になる点ですが、ルーク大統領が、「ドイツ班は火星では全滅」ドイツ班は全滅が普通ですよね?火星ではに少し含みをもたせてるようなそうでないような…アドルフさん絡みだとついつい考えてしまいます。
アドルフさんの人体実験のデータは補完されてるようなので、アドルフさんクラス=ランキング2位!あとおまけにアシモフさんクラスも沢山作れる…本田元博士のデータがあれば…ま〜作れたら作れたで色々と問題ある世界になってしまいそうです。日本が蛭間がどういう目的で本田元博士を確保したのか?ウィルスとは別問題なので、気になりますね!アメリカにも知らせてなかったみたいなので、七星が言うようにU-NASAとは一歩も二歩も距離置いてる感じもしますね!
蟹VS蛸の結末はどうなるのか?中国班の(戦闘開始してからは別人になった)ジェット以外は目上視線がかなりムカつくので、ロシアのボスが言うように碌な死に方をさせないでほしい!色々と予想はしてます。お得意の兵器による自滅、国に切られて自害、ロシア班から半殺し、1&2&6班から半殺し…
アシモフさんとアドルフさんが少し重なって見えるところが嫌な予感します。

長文失礼しました!

蛸vs蟹 開戦

更新お疲れ様です!

今回の冒頭を読んでて「下は履いてて良かった…全裸の変態はいなかったんだ…」という感想が先に出てしまう辺り、自分はジョセフをネタキャラとして見てるようです(;´∀`)

まぁ全裸云々はさておき、ジョセフが両腕を広げてるコマなんですが…断定は出来ないけど状況がアドルフの時と似てるっぽい…?ジョセフ自身は崖下におり、彼が前回の時点で屍の山を築けるほど倒してもなお崖上に群がる多数のゴキ達…。

違う点はローマ班の仲間がおらず、ジョセフだけで孤軍奮闘してる所でしょうか。んで孤軍奮闘で思ったのですが、ジョセフの特性は対多数の戦闘に向いてるけど攻撃範囲がアドルフより広い&見えにくいので仲間を巻き込んでしまう欠点があるとか…?そうなると仲間達を洞穴っぽい所に隠して単独行動してるのもまぁ納得は出来るかな?…と。

ジョセフの方も気になりますが、個人的に今回の見所は蛭間兄弟のやり取りでしたね。今までの会話等を見てると七星はクール系キャラみたいなイメージがありましたが、一郎とのやり取りを見てると案外そうでもなかったんですね。

だって「兄さん」とか呼ぶのかと思ったら「兄ちゃん」だもんなぁ…。その後の会話内容も弟キャラっぷりを発揮してるし、これは予想外でしたわ~。でも、ある意味こういうキャラだと分かったからこそ燈を護ろうとする意志は本物なんだなと思いました。これがクール系キャラのままだったら腹に何か一物ありそうだ…とか疑念も少なからず出てたかもですし…うん、ほんと良い意味で予想外だったw

ジョセフの背中に鬼の貌が…!

こんばんは☆

今回は冒頭のジョセフの背中が範馬勇次郎になっててウケました(^^;) 人類最強の背中=マーズランキング1位の線がいよいよ濃厚になってきた気が…。

にしても、先生方、格闘モノがお好きだなぁ(^^;)

中国班の実力が未だ不明の中、カニモフさんの安否が気になって仕方ないです…来週が遠い(T_T)

初めてコメントします!

いつも更新、すごく楽しみにしてます!
私の周りにはテラフォを読んでる人いないので、星野様の熱くて愛ある素敵な文章に、燃えたり萌たりさせていただいてます☆ありがとうございますm(_ _)m
件名のセリフ関連、もう完全に同意です。前から蛭間兄弟スキーだったので、もう、ね。蠍お姉さんも、かわいかったですよね。

ところで、巻末の作画の先生のコメントは「切捨てられちゃって自業自得な嫁の悲惨な晩年、見てみたい」って感じに思えました、私は。なので、お気に入りとかではないんじゃないかなーと思います。
イザベラさんはきっとお気に入りで、これからもちょくちょく描いてくれそう!とか思ってるので、アドさん&エヴァちゃんも・・・きっと・・・と、期待いや念じてます。

長々とすみません;こういうとこの書き込みは慣れてないので、失礼してなきゃいいのですが・・・
次回の更新も楽しみにしてます。

No title

こんにちは。

・冒頭のジョセフの背中は、まさに鬼(オーガ)。
元々マッチョなのか、MO手術によるもなのか分かりませんが、
我が身一つで延々と戦う姿はある意味、
出てくる漫画を間違っている気さえします。
ゴキ共を山を作ってなお囲まれているのは、
元々のゴキが多すぎるせいなのか、
集合フェロモンを巻かれてしまって延々と集まり続けているといった所でしょうが、ジョセフはジョセフでジリ貧状態になってる気もします。
早く日米合同班との合流を期待します。

・ロシアのモブ兵の方は、ああ見えて人為変態していたようなのですが、
だとしたらMOベースは何?という疑問が浮かびます。
(コミック化される際に、こっそり触覚とか角とかが付け加えられてそうな気がします。)

・ついに劉将軍VSアシモフ隊長。アシモフ隊長の圧勝を期待したい所ですが、劉将軍の触手がアシモフ隊長の防毒マスクを剥ぎ取りそうな気がして怖いです。
このまま、ロシア班勝利でめでたしではジョセフ合流の意味がないので、
今後予想される展開としては、
①アシモフ隊長他隊員善戦するも、4班に敗れる。そこへジョセフと合流した日米合同班が戻ってくる。
もしくは、
②ロシア班が辛くも勝利するも既にボロボロ。そこへハゲゴキが新たな指導者となったゴキ軍団に囲まれる。そこへジョセフと合流した日米合同班が戻ってくる。
のいずれかといった所でしょうか・・・。

いずれにせよ、4班の連中には碌な死に方はさせないで欲しいです。(紅ちゃんを除く)

旦那がヘタレな高給取りなのをいいコトに貯金もしないで男あさってたバカ女が路頭に迷う姿でメシウマktkr

と作者が言ってるようにしか見えなかったのはきっと己の性格が歪んでるからに違いない
まかり間違ってもウシジマくんに出るような連中みたいな末路辿っててザマァwwwとかはないだろう、見て溜飲下げたい気分もあるけど

さて今回まさかのお兄ちゃんっ子っぷりを見せた七星くん、だが読み返すと確かに二巻最初で砕けた言い方してるもんなぁ
今回で童貞ロッカくんも蛭間ファミリーの一員と確定、なんという国際派

んで、劉将軍ですが、前から思ってたんですが
ちょくちょくその技術自体には言及され、隊員も当たり前の事のように言う割には『それ』が全く出てこなかったこともあって
劉将軍は複数持ちのMO能力者なんじゃないでしょうか
タコの能力を持ち前の超パワーで見事に封じるモフさんだが、劉将軍の不敵な笑み!とかありそうで…
あと中国班が強いのはMO手術+サイボーグ等の強化手術ではないかとも
変態もせずに変態済みの凄腕軍人たちを完封したのはここにあるんじゃないかな、と

最後に、目の前で仲間が殺られ、侮蔑されてるのに、眉一つ動かす気配のないモフさんの部下の皆さんは流石プロの軍人だな、といった感じですね

No title

こんばんは
いつも、楽しく読ませて頂いております。

『現時点で、他のどの班よりも「優位に立てる」カードを手に入れたロシア。
 それによって、もしかしたら燈やミッシェルさんを無理に奪取する必要すら無くなった…という可能性があります。』


・・・それって、数百年で昆虫が人間大に進化し、十数年でカイコガに指が生えた秘密なのでしょうか。

それが分かれば他の生物を兵器として用いることが可能になりそうですから。

Re: 末っ娘?

 でそうざさま、こんばんは!
 蛭間ーズ・ランキング…(笑)上位ランカー、皆さん強いですね。1位は勿論のこと、6、7位もそれぞれイイ仕事をしているので、私も2~5位の動向が気になります。

> 名前に漢数字が入ったいるというと、まさか八重子も「蛭間」姓なんでしょうか? 確かにあの無邪気な食い意地といい、貧しい中でも可愛がられて育ったっぽい性格で、うっすら伏線は成立してるような…

 どうなのでしょうね…? 最初、私ももしやと思ったのですが、単行本で明らかになったプロフィールでは姓が違う事と、年齢的に蛭間家の一員とするのはちょっと厳しいかなと…。
 ただ、確かに名前も名前ですし、まだ完全に違うとは言い切れないかも知れません。
 2~5位の兄弟達も、「これが、○位!」とナレーションされる程の有能っぷりを見せて欲しいですね。

Re: 「では」が気になる

 オメガ1さま、こんばんは!
 
> タイトルの気になる点ですが、ルーク大統領が、「ドイツ班は火星では全滅」ドイツ班は全滅が普通ですよね?火星ではに少し含みをもたせてるようなそうでないような…アドルフさん絡みだとついつい考えてしまいます。

 ああ、確かに言われてみれば…。「火星では」と付けている所は気になりますね。
 本当の意味での「全滅」だとすると、ペトラ首相もあれだけ余裕な態度は(幾ら各国首相の手前もあるとは言え)出来ない気がしますし、六嘉も「これで、サンプル獲取が困難になりましたね」と、「不可能」ではなく「困難」という言い回しをしているので、どうも何かある気がしています。
 …いずれにせよ、ドイツも今後まだ何かカードがありそうですね。

> 日本が蛭間がどういう目的で本田元博士を確保したのか?ウィルスとは別問題なので、気になりますね!

 そうですね、本多博士の存在は、何しろ「アネックス計画」を覆す程のもの。
 色々と外交的にも有利にはなるでしょうし…勿論、本多博士の知る「技術」も大事だとは思いますが、今後、本多博士も物語の中でどんな役目を果たしていくのか、注目したいですね。

> 蟹VS蛸の結末はどうなるのか?

 不安要素は色々ありますが、ここはとにかく、第3班に何とか頑張って欲しい所です。
 いずれにせよ「碌な死に方」はさせない形でお願いしたいですね。いつでも発射オッケー! な様子のミサイル砲台もとにかく何とかしないと、火星の何処へ逃げてもアレを撃たれたらどうにもおしまいな気がしますし…。しかし、ゴキ達もこのままジョセフに積み上げられて終了とは思えませんし、早めに人間同士の戦いは決着して欲しいものです。

Re: 蛸vs蟹 開戦

 狸吉さま、こんばんは!
 ジョセフが下まで脱いでなかった件については、私も真っ先に気にしました(笑)ジョセフさん、しかしこのままでは折角せっせとゴキを制圧中なのに、色々な意味で本当にネタキャラになってしまいそう…。

> まぁ全裸云々はさておき、ジョセフが両腕を広げてるコマなんですが…断定は出来ないけど状況がアドルフの時と似てるっぽい…?ジョセフ自身は崖下におり、彼が前回の時点で屍の山を築けるほど倒してもなお崖上に群がる多数のゴキ達…。

 そうなんですよね…。
 ただ、ジョセフ本人は全然余裕な表情っぽいですが…気になりますね。
 もしかして、ジョセフはずっとドイツ班が戦っていたあの場所から移動していない…という事なのかな、という点も気になりました。

> だって「兄さん」とか呼ぶのかと思ったら「兄ちゃん」だもんなぁ…。その後の会話内容も弟キャラっぷりを発揮してるし、これは予想外でしたわ~。でも、ある意味こういうキャラだと分かったからこそ燈を護ろうとする意志は本物なんだなと思いました。

 しかし今週は、蛭間兄弟も良かったですね!
「兄ちゃん」は私もびっくりでした(笑)…そして、あの会話を聞いて、本当に燈や本多博士の事も守ろうとしているんだな、という決意も伝わって来て、ホッとしました…。
 ただ、このまま他国も黙っているとは思えませんし、地球での戦いはまだまだこれからが正念場な気がします。一郎達蛭間一族の力を総動員して、頑張って欲しいですね…!

Re: ジョセフの背中に鬼の貌が…!

 Seagreenさま、こんばんは!
 ジョセフ、本当に何のM.O.なんでしょうね……。今回のあの後ろ姿、「刃牙」ネタなんですね(^^;)
 あまり詳しく読んだ事はないのですが、範馬勇次郎が主人公の父親&何か色々と規格外な人だというのはチラホラと…(笑)

> 中国班の実力が未だ不明の中、カニモフさんの安否が気になって仕方ないです…来週が遠い(T_T)

 私も待ち遠しいです…! 次号は巻頭カラーで激突。ド迫力な戦闘になりそうですね。
 そして、ロシアのアレキサンダー先輩や蠍お姉さんも誰と戦う事になるのか、気になります。

Re: 初めてコメントします!

 kasiさま、初めまして!
 いつも楽しみにして頂けて嬉しいです。テラフォを語れる友人は、私も今のところ一人しかおらず、寂しい思いです。女性読者が今後増えて欲しいものです(笑)

> 件名のセリフ関連、もう完全に同意です。前から蛭間兄弟スキーだったので、もう、ね。蠍お姉さんも、かわいかったですよね。

 今回は蛭間兄弟好きにはたまらなかったでしょうね…! 六嘉くんも、一郎と話す時はあんな感じの口調になるのだろうか? とか、七星と六嘉はどんな話し方になるのか、その辺りも是非見てみたいです。
 蠍お姉さんも可愛かったので、戦闘の方も頑張って欲しいと思っています。

> 「切捨てられちゃって自業自得な嫁の悲惨な晩年、見てみたい」って感じに思えました、私は。

 そうですねぇ…やっぱりそっち方面なのでしょうか。。
 私はあの奥さん、ダメな人なのは間違いないのですが、不幸になって欲しいとは正直思っていないので、作者の人がそういう風に思ってあのコメントをしていたとすると、ちょっと微妙な気持ちです。
 ただ、素直に受け取ると…やっぱり↑の意味なのかもですね(^^;)

> イザベラさんはきっとお気に入りで、これからもちょくちょく描いてくれそう!とか思ってるので、アドさん&エヴァちゃんも・・・きっと・・・と、期待いや念じてます。

 イザベラさんはお気に入りですよね(笑)アドルフさん&エヴァも、まだまだ色々描いて欲しいと私も大いに期待しています…!! 1コマでもいい…! 出て来てくれたらそこだけ妙に濃厚に語ると思いますが、生温かい眼で見守ってあげて下さい(笑)
 当ブログは、「はじめに」の注意書きに違反していなければ特に問題ありません。頂いたコメントも特に失礼な事もありませんでしたので、ご安心を。また遊びにいらして下さいませ。

コメントありがとうございました>ワイアルドさま

 ワイアルド様、こんばんは。
 ジョセフの背中、圧巻でしたね…。仰るように、何かこう「出て来る漫画を間違えてませんか?」と言いたくなる程の圧倒的なパワーを感じます。
 明らかに変態していないように見えるのですが、実は変態しているのかどうかも気になりますね。

> ・ロシアのモブ兵の方は、ああ見えて人為変態していたようなのですが、
> だとしたらMOベースは何?という疑問が浮かびます。
> (コミック化される際に、こっそり触覚とか角とかが付け加えられてそうな気がします。)

 私もそう思いました…あれ、この人達変態していたんだ? と(^^;)
 単行本では、確かに追加されていそうな気がしますね。

 今後の予想ですが、流石にゴキ達がこのままジョセフに山積み状態にされておしまいとは思えないので、②に一票…と言いたい所ですが、これはこれで人類側にとって辛い状況になるので、複雑です…。
 こんなゴキ達だらけの星で、せめて人間同士位は一枚岩でいて欲しかったなぁ…と改めて思わずにはいられません。
 明日、巻頭カラーでアシモフVS.劉ですね。
 ジョセフも気になりますしこちらも気になりますし、地球側の動向も気になりますし…。
 三次元中継位で見たい私です。

Re: 旦那がヘタレな高給取りなのをいいコトに貯金もしないで男あさってたバカ女が路頭に迷う姿でメシウマktkr

 こんばんは!
 …ううん、矢張り件名に書かれているような意図が含まれていたんですかね…>橘先生の「晩年を見たいキャラ」
 個人的には、別に不幸になって欲しいとまでは思っていないので、作者ご本人がそういう意図であの答えだとしたらちょっと複雑な気持ちです。(^^;)

> 劉将軍は複数持ちのMO能力者なんじゃないでしょうか
> タコの能力を持ち前の超パワーで見事に封じるモフさんだが、劉将軍の不敵な笑み!とかありそうで…
> あと中国班が強いのはMO手術+サイボーグ等の強化手術ではないかとも

 中国側は何かありそうですよね。
 人為変態した時の摂取時も、明らかに体内に何か機械的なモノが埋め込まれていたような描写がありましたし。M.O.手術の他にサイボーグ手術的な事もしていた…はありうるかも知れません。

> 最後に、目の前で仲間が殺られ、侮蔑されてるのに、眉一つ動かす気配のないモフさんの部下の皆さんは流石プロの軍人だな、といった感じですね

 確かに…! この辺は、対人戦闘にも慣れている感じがしますね。「非戦闘員は一人もいない」と豪語したのは伊達じゃないと感じます。…エレナさんも、本来はこうだったのでしょうね…。たまたま最初に遭遇したゴキが想定外だったという不運さえなければ…!!
 そして勿論、中国班側も全く対人戦闘に躊躇がありませんし、次回は激闘になりそうですね。

コメントありがとうございました>じんさま

 こんばんは! いつも楽しんで頂けて、嬉しいです。

> ・・・それって、数百年で昆虫が人間大に進化し、十数年でカイコガに指が生えた秘密なのでしょうか。
> それが分かれば他の生物を兵器として用いることが可能になりそうですから。

 ロシア班は明らかにあのピラミッドで「ラハブ」関連の何かを調べていたようですし、恐らくこの辺りに関わる事かな、と私も思います。
 その「秘密」を手に出来れば、燈やミッシェルさんを無理にサンプルにする必要は何処にもなくなるでしょうから…。ただ、アシモフさんはラハブの遺産を「利用する」というより「停止させる」という言い方をしていたので、その辺りは少し気になっています。
 ロシアの思惑も、まだまだ何かありそうですね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR