スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖闘士星矢(THE LOST CANVAS)…全巻見ちゃおうか考え中(その1)

 こんにちは、星野です。
 チャンピオンで連載されていた、「冥王神話 THE LOST CANVAS」。(星矢達の時代の前の聖戦を描いています。「LC」とか「ロスキャン」とか略して呼ばれる事が多いみたいですね)
 最近原作を読み返している内、何となくこちらも気になって来ました。
 そんな訳で、続きからちょっと語ります。…ホントに何か今更な語りですが……。(^^;)
■きっかけ
 実は連載開始第一話から知っていまして、結構楽しみにしていました。
 車田先生本人の手ではないのは残念ではあったのですが、矢張り星矢達の前の時代の聖戦の話、と聞くと凄く楽しみで、第一話からチャンピオンで読んでいました。
 結局、途中まで(乙女座のアスミタが数珠を作って散ってしまう辺り…)はチャンピオンで追っていたのですが、何分チャンピオンは他に目当てになる漫画が無いので毎週追うのもツライ&何か思っていたよりメッチャ長くなりそうだなあ…というので、追うのは止めたんですが、完結したらしいと知ったので、ちょっと読んでみようかな、位には思っていたのです。
 チャンピオンで追っていた頃、魚座のアルバフィカさんがメッチャカッコ良かったのが印象に強く残っていた私ですが、星矢熱が復活して色々とネットを見る内に、「蟹座も凄いカッコいいらしい」という話が聞こえて来ました。
 そんな話を知る内、当然気になりだしたのが「…じゃあ、水瓶座は? 水瓶座の人はどうなの??」でした。「聖闘士星矢Ω」では壊滅的な気持ちにさせられただけにどうしても怖いながらも気になって、水瓶座の人が活躍するという12~13巻だけブックオフで見てしまった訳です。その足で、外伝2&3巻もゲットしました(笑)
 LCは蠍座の人とセットでホレました。更に、全25巻見てみるか? と、思ってしまいました。(蟹座がどれくらいカッコ良いのかも気になりますし…)
 ちょっと順に語ってみたいと思います。

■単行本12~13巻 ブルーグラード編について
1)まさかのブルーグラード&氷戦士…!
 正直、びっくりしました。
 まさか、ブルーグラードが出て来るなんて……!! 原作の聖闘士星矢では、氷河が主役の短編「氷の国のナターシャ」で出て来た位だったと思います。それをまさか、こんな風に重要なポジションで出して来るなんて!!
 手代木先生はほんとに原作リスペクトしているなぁ…と改めて思いました。

 アテナ・サーシャの命を受け、ポセイドンの力を秘めた「オリハルコン」を得るべく、東シベリアの極寒の地・ブルーグラードへ向かう水瓶座の黄金聖闘士・デジェルと蠍座の黄金聖闘士・カルディア。
 そこには、嘗てのデジェルの友で、ブルーグラードの領主をしているユニティが待っていました。
 …氷戦士(ブルーウォーリアー)まで出して来るとか、ハンパ無いと思いました。
 それと、このエピソードの最初の方で、カルディアにボコボコにされていた、ゼーロスさんと思しき冥闘士の再現度がパネェと思いました(笑)…こいつは243年後の水瓶座の人をフルボッコにした許し難い奴ですが、正直ちょっと可哀相に思えて来ました。
 ええ、また後程語りたいと思いますが、ちょっと243年前の蠍座の人ははっちゃけ過ぎじゃないですかね…?(^^;)

2)カルディアVS.ラダマンティス
 そこで待ちうけていたのが、冥界三巨頭のラダマンティス&パンドラ。
 ていうか、パンドラさんエロい!! そのスリットがめちゃくちゃエロい!!!
 エロいですよ! …すみません大事なことなので思わず三回位言っちゃいました。車田作品の女性も、結構胸が大きい人が多いのですが、何気に腰~太もものラインにエロさを感じるので、こういう所もキッチリ再現しているなぁと。
 ブルーグラードの書庫から通じる秘密の隠し通路から、ポセイドンの海底都市・アトランティスへ案内される二人だった訳ですが、案内役のユニティは二人の目の前で殺されてしまいました。
 激昂するデジェル。いきなり見開き&車田吹き出しで「オーロラ・エクスキューション」を放ちますが。
 通じてねえ!!! 一っ欠片も通じてねええええ!!!!! ・゚・(ノД‘)・゚・
 何ぼ何でもこりゃないでしょうよ!! ・゚・(ノД‘)・゚・
 何か眼鏡掛けたり、インテリっぽい匂い漂わせる人ではあるけども! 幾らラダマンティス相手でもヒド過ぎる!!
「涼やかであったぞ、水瓶座」
 とか言われちゃってますが!? パンドラ様にまで!! 何その「やっぱり扇風機は涼しいよね~」みたいな感じのノリは!?
 さっさと先へ行ってしまうパンドラ。その前に立ちはだかるラダマンティスに対し、尚も戦うデジェルを「お前らしくない戦い方だ」と制止し、先へ行かせたのが、蠍座のカルディアでした。
 結局「ここは俺に任せて先に行け」という王道展開で、デジェルはパンドラを追い、カルディアはラダマンティスと一騎討ちとなります。
 いやしかし……この対決は熱かった!!
 心臓に病を抱え、全力で戦う=命と引き換えになるという宿命を背負うカルディア。
 …どこの三杉君だよ…と思いつつ、やっと自分の命を燃やせる相手と出会えた、と不敵に笑ってラダマンティスに立ち向かう姿がものっそい燃えます。
 何度吹っ飛ばされても不敵な笑顔をそのままに立ち上がり、必殺の毒針「スカーレット・ニードル」を着実にブチ込んで行く所とか、ホレるしかないわこりゃ、という凄絶な迫力があります。
 ラダマンティスがまた、譲れぬ矜持を持つカッコいい強敵というのがGJです。
 最後のアンタレスを全力でブチ込むものの届かず、砕ける真紅の爪。…しかし彼には、左手の「隠し針」がありました。
 こうしてブチ込まれる「スカーレット・ニードル・カタケオ・アンタレス」。
 15発全て撃ち込まれた蠍の毒針は、冥界三巨頭・ラダマンティスの心臓をも燃やします。
「もしかすると、運よくこの聖戦を生き延びる奴もいるかもしれない。生きて次代を継ぐ、そんな奴らがな。だけど、俺はその未来を望まない! 命にはリミットがあるんだ! だったら俺は、この命 自分の選んだ場所で使い切る!!」
 この台詞は、単純に生きることを諦めた人間の台詞じゃなく、長くない命だからこそ精一杯その限りある命を燃やし尽くして悔い無く「生き切る」って感じが出ていて名台詞だと思います。
 …こうして、がくりと膝をつくラダマンティスを置いて、ゆっくりと海底神殿の回廊を歩くカルディア。
 その心臓からは、次第に熱が抜けて行きます…。
(この感じ、まるで…)
 延命の為、彼の心臓にかけられた禁忌の術。それは副作用として、常人には耐え難い発熱を齎します。禁忌の技の力を上手くコントロール出来ず、発熱して倒れるカルディアの熱をいつも冷ましてくれていたのがデジェルでした。
 彼の凍気を以てしか抑えられないってのがまた、ポイント高いです。
 全てを燃やし尽くし、満足した彼が味わう感覚は、そうして熱を静めて貰っている感覚に似ていたのですかね…。(単に冷めてるっていうか完全に燃え尽きて冷めてる感じなんですが)
 脳裏をよぎるのは、ある時、倒れたカルディアの熱を冷ましてくれたデジェルとの会話でした。
「夢がある。友との約束があるんだ」
 …それが自分が聖闘士になった理由だと告げるデジェルに、カルディアは「いいな、そういうの」と笑いながら、「俺は早く自分を全力で使い切りたい」と返します。
 あの日から、どれだけ月日が経ったのか……。
(デジェルよ。そんな生き方もあるだろう。お前は夢のために生きて進めよ。あとは頼んだぞ…)
 燃え盛った心臓は徐々にその動きを止めていき……。やがてその小宇宙も消えていきました。

 ――しかし、下手をすれば発熱で死ぬ可能性も高かったであろうカルディアを、いつもその凍気で助けて来ていたデジェルはこの発言をどう思っていたのかが気になります。
 本人の気持ちを良く理解していたからこそ、自分が一命を賭して臨まんとするこの任務に、一緒に連れて来たのだろうとは思うのですが…それは決して「死に場所」を与えるためではなかったでしょう。
(燃やし切ったのだな その命…)
 カルディアの小宇宙が消えた事を感じた時の、あの深い哀しみの表情と心の中の台詞を見るに、深い哀しみと同時に、きっと満足していったのだろう戦友の姿を脳裏に想い浮かべていたのでしょう。何か泣けるものがあります。
 …しかし、そのデジェルも…(涙)

3)旧友との対決&氷の墓標
 ユニティが殺された時の反応から、この人もやっぱりクールじゃなかった。とは思っていたのですが。
 ある意味、やっぱりクールな所もあると思いました。

その1:ものっそい御色気満載のポーズで倒れているパンドラ発見!
 →な…何が起こったのだ。仮にも冥王軍幹部のこの女が…。
その2:全裸&何かすげーポーズで眠るセラフィナ様。
 →彼の最愛の姉まで危険にさらす訳にはいかん!!

 すげークールだ―――!!!

 ひとっかけらも御色気部分の方を突っ込まないなんて!!
 御色気攻撃が微塵も通じないこのクールさ。流石水瓶座の男は違います。
 ついでに「バカな」という台詞もちょっとクスッと来ます。…243年後の水瓶座の人もよくこの台詞を口にしていたなぁとしみじみ(笑)
 長髪で細身の美形。二つに分かれた眉。こんな所までそっくりです(笑)
 単行本表紙のカラーによると、髪の色はエメラルドを想わせる緑なんですねぇ…いや、こちらも素敵です。

 さて、こちらは姉を失って絶望し、暴走した果てに「海龍」の海闘士となったユニティとの対決になりました。
 ラダマンティスに殺されたと見せかけ「海龍」の力で傷を再生して復活したユニティは、ポセイドンの魂を封じた「アテナの壺」の封印を解除する事を条件に、デジェルの求める「オリハルコン」を渡してやると交渉して来ます。
 当然、拒否するデジェル。
 ユニティは珊瑚の力でデジェルの身体を操り、無理矢理封印を解除させようとしますが、その時デジェルの脳裏を過ぎったのは、ユニティの絶望の記憶でした。
 我々だけが、なぜこんな閉ざされた地で、ただ凍えて全滅するのを待たねばならない。
 その絶望が彼を引き寄せたのか、封印された隠し通路の向こうに足を踏み入れ、「海龍」の海闘士として覚醒したユニティは、アテナの壺の封印を解除しようとします。
 そこを父親に止められる訳ですが……。
 …そんな親父を殺しちゃう辺りも、「氷の国のナターシャ」に重なるなぁと。
 それを知ったデジェルは、「何処まで堕ちた…」と車田泣きとまではいかないものの涙を滲ませ再び激昂。 幼い日、雪の結晶の舞う中で誓いあった二人の夢を思い出して欲しいと「ダイヤモンドダスト」を放ちます。すみません、思い出す前に永眠しちゃいそうな気がします(苦笑)
 しかし、その氷の結晶は、動き出したポセイドン神像によって阻まれました。
 ブルーグラードの地下書庫にある世界の知も、ブルーグラードの民が監視し続けた海皇の力も、全て自分が正しく使うことによって意味を成す。
 既にその発想が正しくないというツッコミはさておき、海皇の力を得たユニティの「ホーリーピラー」が炸裂。「ホーロドニー・スメルチ」みたいな感じだなぁと思いつつ見ていると。
 竜巻の如き奔流を一瞬にして凍結させ、その中から歩み出たデジェルは「親友(とも)として、今のお前を見過ごすことはできん!!!」とユニティの前に立ちはだかります。
「私は聖闘士に、お前はブルーグラードの領主となって、ブルーグラードと世界をつなぐかけ橋になろうと、切り離された両岸を繋ぐ白鳥座(ノーザンクロス)のように。白鳥座を見る度思い出そうと、私たちはそう誓った」
 そして、もう一度嘗ての友に戻って欲しいと訴えますが…。
「子供の戯言だ…!」
 もはやユニティに届く言葉はありません。
 ならば…! と彼が向けた拳は無論、最大の拳「オーロラ・エクスキューション」。
 あの約束は確かに在ったものだ!! だから私は今ここにいる…聖闘士として!!
 ここはメッチャカッコよくも美しかった…!!
 デジェルの戦闘シーンは、何と言うか本当に「氷使い」に相応しい美しい描写だなぁと思います。燃え盛る炎のようなカルディアの戦いと凄く好対照というか。
 でも軌道を反らされた―――!! ・゚・(ノД‘)・゚・  通じてねえ!!
 と、思ったその瞬間!!!
 凍ったのは頭上の大海。巨大な氷はその圧倒的な質量でもって、海皇の神像を叩き潰しました。
 通じてねえ! とか思ってすみませんでした。m(__)m
 ラダマンティスに全く通じなかったのは、きっとあの時はカッとなって頭に血が上っていてクールになり切れていなかったからだと信じたいと思います。
 いやしかし、頭上の海が凍った! なシーンは痺れました。流石氷使い!! って感じです。

 これほどの強さを持つとは…! と驚愕するユニティに「君とそう誓ったからだ」と切ない顔で返すデジェル。崩壊した神殿の中で、オリハルコンの力に閉じ込められたセラフィナ様を助けようとしたのですが…。
 上述で書いてしまいましたが、彼女は既に亡くなっていました。
 なんと、只の風邪で。…ブルーグラードの厳し過ぎる気候は、そんな他愛ない病気ですら命取りになる程、人々には過酷な環境だったのです。
 温かな春の日差しのようだった姉を失い、夢を誓い合った友は去り。
 残されたユニティにはもう、絶望しかありませんでした……。
 でも、だからこそ。
 嘗ての友にそんな自分を制止して貰えた事を感謝したユニティは、「オリハルコン」をデジェルに渡し、自分はそのままセラフィナと共に海底神殿に残ろうとします。しかし!!
 このまま終わる訳が無かった!!! ・゚・(ノД`)・゚・
 ついさっきまでエロい格好でブッ倒れていたパンドラ様が復活。
「こんなものアテナに渡してなるものか!!」
 と、事もあろうに手に持っていた槍で、オリハルコンを砕こうとします。しかし、それは海皇が力を注ぎ込んだエネルギーの結晶。そんな真似をすればどうなるか。

 答え:セラフィナ様の身体を通じて神の力が暴走。地上は洪水で滅びる。

 パンドラ様アンタ何て事ををを!!!
 かくして、不完全な形ながらもセラフィナ様の身体を依代として海皇の力は暴走。蒼き波濤に呑まれ、沈みゆく海底神殿の中で、ユニティは死を覚悟しました。
 それを間一髪で救ったデジェルは、何とか海皇の力を鎮める方法が無いか尋ねますが、答えは「無い」
 アンタ書庫とかで色々知識を持ってたんじゃなかったんですか!? 勘弁して下さいよ!!
 大体、いざ暴走したらどうにもならんような力を使おうとするんじゃない!!(汗)
 …最早時間はありません。一刻の猶予も無いと知ったデジェルは、オリハルコンをユニティに渡し、聖域にいるアテナに届けて欲しいと頼みます。
 ・オリハルコンは聖戦を左右し、地上を救う手掛かりになる大事なもの。
 ・カルディアの死も無駄にしたくない。
 ・何より、君を死なせたくない。

 ……そんな全ての願いを叶えて欲しいと頼み、全力で走れと叫びます。地上へ走れ、と。
 涙を流しながら走り去るユニティ。それを見届けたデジェルは、力尽き、倒れそうになるその身体に必死に力を込め、とめどなく溢れる海の怒りさえも全て凍らせつつ、セラフィナ様の元へと近付きました。
 自らの死によって暴走してしまった弟を一人で見つめ続けて来た彼女の辛い心を想い、
「これからは、私も共に見守りましょう。ブルーグラードを。彼の行く末を…」
 その美しい顔の頬にそっと指が触れた時。
(ユニティ)
 何の感情も宿していなかったようなその顔に、優しくも悲しい笑顔がふと浮かびます。
 それを見て、デジェルは満足したのか、ふと目を閉じました。

(私には見える)
(氷原を一羽の白鳥が突っ切っていくのを)
(地上と平和をつなぐ一羽が)


 ユニティを護るように海の奔流を食い止める氷の壁。海龍の力は失われ、珊瑚も傷を再生しない今、傷だらけの身体には、海底神殿を脱出出来る力が残っているかは不明です。
 しかし。
 彼はもう、何も迷わず生きる事を決めました。
 どんなに責められようと、恥をかこうと、死にたくなろうと。
 ただ、友との約束を果たすため。

 ――そんな彼の身体に、熱を注ぎ込む者がいました。彼を生かそうと、この寒々しい海底神殿の中で、とてつもない熱量を与える者。
 それは、命尽きようとしているカルディアでした。
 その髪さえも凍りつかんとする中、最後の命の残り火を与えられたユニティは、辛うじて地上への脱出に成功します。
 その手に残されていたのは、蠍の爪。
「見えるよ、白鳥座。(ノーザンクロス)どんなに吹雪いても、もう見失うものか…!!」
 君らのいない未来でも、生きる。
 その頭上に舞う一羽の白鳥。
 ……かくしてユニティの手から、無事ポセイドンの遺産である「オリハルコン」がアテナの手へと渡りました。

 泣いた。
 ………全俺が泣いた……!!

 ていうかさ…。
 これ、いわゆる「フリージング・コフィン」みたいなモノですよね…。
 解凍したら何とかなりませんかね……とか思ってしまってすみませんでした。
 それでも、天秤座の剣を貸してくれ、と思わずにはいられない……!!

 ちょっと、長くなり過ぎましたので、記事を二つに分けます(^^;)
スポンサーサイト

テーマ : 聖闘士星矢
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

ロストキャンバス

…実はワタシも結構、いや、かな〜り好きだったりします(^_^;

黄金聖闘士がなんと言ってもいいキャラですしね。しかも車田オリジナルでは被差別階級だった、牛、蟹、魚がちゃんとカッコいいし(嬉泣)

牡牛座のワタシとしてはハスガードも好きですが、ツボに嵌まったのは蟹座のマニゴルドでした♪ なんと言っても漢っぷりが素晴らしい!セージとの師弟関係もなかなか熱いですし。ちょっと偽悪っぽいと言うか、テラフォのマルコスが大人になったらあんな感じかなとも思います(笑)

語り出すと色々と出てきそうなので、とりあえず失礼します(^_^;

Re: ロストキャンバス

 Seagreenさま、こんばんは!
 ロストキャンバスの記事にまさかのコメントが…! 嬉しいです♪
 蟹座さん、ほんとにカッコ良いのですね。実はかなり本格的に、一度全巻読んでみようかと思っております。

> セージとの師弟関係もなかなか熱いですし。ちょっと偽悪っぽいと言うか、テラフォのマルコスが大人になったらあんな感じかなとも思います(笑)

 セージさんは、ええと…教皇の方でしょうか? 確か、兄弟がジャミールにいた気がするのですが、どちらがどちらやら…。
 どうぞ、こちらも宜しければ語って下さいませ(と言いましても、私が覚えているのはアスミタさんが数珠を作って散る辺りまでと、12、13巻位しか本格的に読んでないのですが…^^;)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。