YJ46号テラフォーマーズ感想:全開でいきます!!

 こんばんは、星野です。
 蠍お姉さんが何とか紙一重で死亡フラグを回避し続けています……。が、何だこの絶望は!!
 今週は1コマだけ出て来たアドルフさんにも燃えました。
 そして、ラストの加奈子ちゃん&イワン君タッグにも燃えました…!! ブチ込んで!! 調節とかしなくていいから、もうありっっったけのアルカロイドをブチ込んで!!!
■第69話 SHIFT TO ANNEX 変化
 冒頭からナレーションが大活躍です。
 曰く、社会は変化することがある、と。
 ある時は必要にかられて。ある時は全く偶然に。また、ある所では意志をもって…。
 それは一概に「進化」や「発展」と呼ぶものではなく、ただ「変化」である、と。

 大多数のゴキ達は空から降りて来ず、何故か仔ゴキ達だけが降りて来たこの状況。劉将軍にも最初は理解出来ませんでした。
 しかしその一方、アレキサンダー先輩は恐ろしいものを目撃します。
 やけにのんびり動き出すミサイル砲台車。
 なんとそれには、仔ゴキが乗っていました。…ていうかお前ら、それを何処へ持ち去る気だ…!?(((( ;゜Д゜)))
 ゴーカートとかじゃねーからそれ!!!
 …と言うツッコミはさておき、イワンのアルカロイドから回復したらしい紅ちゃんは、男共二人とアネックスへ。どうやらこんな時にお着替えタイムらしいです。
「…じゃあ、入って来ないで下さいね」
 男達二人を締め出し、ゆっくりとスーツを脱ぎ出す紅ちゃん……。
 後ろ!! 紅ちゃん後ろ!! 後ろ―――ッ!!

 ――いつの間にか、気付かぬ内に何匹も。

 それは正にゴキそのもの!!!
 彼らが「15人分の」何を取りに行こうとしているのか(重量制限&監視の中でそんな大がかりなものはそうそう沢山は持ち込めない事と、15人分、と人数ごとに割り当てるものと考えれば、もしかしたら薬か、個人用の何らかの装備か…?)は謎ですが、それよりも先ずは紅ちゃんのその後について予想したいと思います。

1)惨殺される。
2)意外に強いM.O.能力で、襲ってきた仔ゴキを返り討ちに。


 流石に2)を選びたい所ですが…どっちにも転びそうです。
 …果たして…!?

 一方、蠍お姉さんは今週も絶賛ピンチ中でした。
 ナイフを持った仔ゴキ二名による圧倒的スピードの前に、ダメージを受けた身体では応戦もままなりません。アシモフ隊長が彼女を守ろうと立ち塞がりますが、毒が回っている上、左腕しか再生出来ていない状況では、鬼蜻蜒ゴキの突撃を防ぐのが精一杯です。
(ダメだ……ッ隊長が――)
 とか言ってますが、片腕を持ってかれてるアレキサンダー先輩もヤバいですよ…!! しかしこのゴキ共、ほんとに女性を優先的に狙ってやがる…ッ!!
 そしてこの状況。
 何故かその超スピードで一気にトドメを刺しに来ず、あくまでアシモフ隊長達をバラけさせる為のみの攻撃に留め、仔ゴキ達にばかりメインの戦闘させている鬼蜻蜒ゴキ。ジェットは「ナメやがって」と吐き捨てますが、アレキサンダー先輩はここでもデキる男ぶりを発揮。こいつらが実は「教育を受けさせている」のでは、と推測します。
 ――そして、本当にその通りだった!!
 そんな、当たらなくても良いトコばっかり当たりやがって!! ・゚・(ノД`)・゚・
 ダメージを受けた身体でも必死に応戦しようとする蠍お姉さん。…髪の毒針がいつのまにか再生している気がする(元々切られていなかった? 先週鬼蜻蜒ゴキが持ってったのは、中国班に切られた尻尾の方だったとか…?)というのはさておき。
 髪の毒針攻撃も、蠍お姉さん得意の関節技もかいくぐり、逆にベキボキ片足・片腕をへし折られました。
 …もうやめてー!!!
 蠍お姉さんの戦闘能力はもうゼロよ!! ・゚・(ノД`)・゚・
「イノサン」のダミアンパパに次いで、今週YJの痛そうな描写でした……。
 目の中に指を突っ込んだり、なんだかんだでそれでも応戦してる蠍お姉さんの精神力もパネェ!!

 しかし。
 …仔ゴキ達はダメージを受けているとはいえアシモフ隊長ですら翻弄し、その膝裏にナイフを突き立てるという恐るべき機動性を発揮します。…それも、教育の賜物なのか…!?
 最初、人間達が火星へ来た時、ゴキ達は一度は敗れかけました。
 圧倒的な物量と、一人の「天才」に頼り切った戦術は、人の「意志」に圧され、彼らはその指導者を失いました。
 …艦長と並び立つアドルフさんの「道(そこ)を……退け!!」の図が熱い…ッ(涙)
 ――しかし。
 優秀な指導者を失うというピンチを前にしても、彼らの中に新たに進化したゴキは生まれませんでした。生まれて来るのは普通のゴキばかり。
 …それもまた、ラハブの意思なのでしょうか。
 進化ではなく「変化」を彼らに齎す為の……。

 天才は死んでも、そいつは「文字」という形で「ヴィジョン」を後進へ遺していきました。
 であれば、それを学んで行けばよいと……。

 っていうかお前ら!!
 蠍お姉さんに群がるんじゃあねぇええええ!!!

 その時。闇を裂く一閃が、蠍お姉さんを死の淵から救い出しました。
 確かに鬼蜻蜒は、空中戦において「対昆虫」であれば無敵。しかしそんな彼らですら「天敵(てき)」と認める存在が、鳥類です。
 しかも、その鳥の最高速度は全生物中、最速。
 蠍お姉さんに群がるゴキ共をバラバラにし、そのまま空高く舞い上がり、鬼蜻蜒ゴキを引き付ける少女。
 その名はハリオアマツバメ、マーズ・ランキング15位、三条加奈子!!
「止まるなよ。三条さん」
 そして圧倒的スピードで飛ぶ鬼蜻蜒ゴキの背中に見事着地し、キメて見せたのは。
「全開でいきます!!」
 三条さん、というフレンドリーで微笑ましい呼び方がまだまだお年頃な少年だと思わせる、夢を盗む天使。 量を間違えて即死させまくり? そんなの知らないね!!
 マーズ・ランキング10位、イワン!!
 もう、ブチ込んで…ッ! 調節とかしなくていいから!! 全部ありったけブチ込んでいいからッ!!
 …何気に振り落とされたらイワン君大ピンチだよね…と思いつつ。速度を落としたら加奈子ちゃんもこの鬼蜻蜒ゴキの前では相当ヤバいよね…と思いつつ。
 それでも、彼らがいる限り、まだまだ試合終了ではないと思えます。
 頑張れ、加奈子&イワンタッグ!! 
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

絶望が止まらない…。

ハゲゴキ3号に率いられたゴキ軍団より、この仔ゴキたちの方が遥かに絶望感をもたらしてくれてますね…。゚(゚´Д`゚)゚。

「学びなさい、仔ゴキたちよ。率いる事の難しさと、『集』の強さを。」

などと、王騎将軍が仔ゴキ達に修行をつけている様子が浮かんでしまいましたが…まるで笑えません(号泣)

今までのテラフォだと、最後のページで登場する助っ人って、頼れるにも程があるって感じですが、今回のイワン&三条さんは、どう見てもいっぱいいっぱいだし…いつまで私の心臓がもつか、不安でなりません(°°;)

ダミアンパパの関節とか、陰で恍惚としてるマリーちゃんとか、今週のYJは色々きつかったですね(^_^;)

もう、祈るしかない…!

星野さまこんばんは♪
 最近いろいろバタバタで、書かせていただくのはお久しぶりです…が、毎週来てます(笑)。毎回楽しみに読ませていただいてます(^_^)ゝ。忙しくてもここが私の心のオアシス…いつもありがとうございます!!
羌カイちゃんも(あれだけ顔ぼこぼこにされてたのに、美しい笑顔でしたね…!)信達に支えられて最後の巫舞を無事終え、もうすぐ飛信隊帰ってきそうですし、テラフォも無事このピンチを凌いで欲しい…。

ここ数週間のロシアvs中国の攻防以来、めまぐるしい展開に心臓がばくばくしっぱなしです。アレキサンダー先輩が機転を利かせて優勢になったかと思えば、西さんのサービスシーン(違っ)、ゴキ大量襲来…。もう人間同士で協力し合っても厳しいのでは…と思わずにはいられないくらいのゴキ大群大攻勢に「誰か(アドルフさん)助けてっっっ(ノД`)。」と叫ばずにはいられません。
大勢で襲ってくるのも嫌ですが、仔ゴキに拉致~殺戮練習させてるのをみんなで見てるあの感じがじわじわと嫌ですね(((゜д゜;)))。でも仔ゴキがまだ実戦に慣れていないことが、人間側の反撃につながる糸口になると信じます。

アーロンさんが名前判明とともに逝ってしまいましたが(泣)、彼が守りきった蠍お姉さんむっちゃ頑張れ!(ノД`)!アシモフさんもアレキサンダー先輩も無事で頑張って!!劉さんとジェット君、ゴキ撃退後に日露を襲う余力を残さないように全力で頑張れ!(…紅ちゃんは中国娘さんの首シャワー事件再びと思わせておいて、慣れてない仔ゴキがミスってセーフな気が。)
イワン君と加奈子ちゃん乱入で鬼蜻蜒を止められれば、光明は見えてくる…はず…!日米1・2班も合流で、ゴキを撃退しますように…。燈&ミッシェルさん+ジョセフは間に合うかなぁ?…ジョセフの「残念なイケメン」度が高いと、見せ場を作ろうと登場→「あれ??終わっちゃった?」な感じもありそうですが(笑)。それでも構わん!頑張って(>д<)!!

No title

御無沙汰してます。
コメこそしていませんでしたが、更新はちょくちょく覗かせていただいてました。



今週のテラフォ。
あの作者、ホント女性に恨みでもあるんでしょうか?
スゲェ勢いで女性陣が死ぬわ痛めつけられるわで……。
ミッシェルちゃん?あの人はホラ、性別“アニキ”だからw
胸揉まれたり抱きつかれたり、頭突きされたり装甲ボロボロになったりはしてますけども、眼鏡も鼻も無事だし全部復讐完了してるし。

颯爽と登場したカナコも、最近推しに推されているだけに死兆星がうっすらと。
レーザーでやられた足の痛みで反応が一瞬遅れるとか、あの優しさで誰かを助けようとして予想を超えるゴキのナニカに粉砕されるとか……。

Re: 絶望が止まらない…。

 Seagreenさま、こんばんは。
 そうですね、ハゲゴキ3号の時は、指揮官がいなければ、一人一人は所詮は烏合の衆…という感じでしたが、この仔ゴキ達は、一人一人が自力で動ける戦士、という感じがしますので、単純に頭を潰せば…という訳ではないでしょう…。それが怖いです。

> 「学びなさい、仔ゴキたちよ。率いる事の難しさと、『集』の強さを。」

 そ、そんな…学ばなくて良いですそんなもの!!(涙)
 元々の戦闘能力自体が強いゴキ達なのに、これで集団戦法の強さまで本格的に身に付けたら、もう人間が太刀打ちできる相手じゃなくなってしまいますよね…。
 それなのに、人間側は内輪揉めで戦力と時間を消費し、只でさえ悪い状況を更に悪くしているとか、何とも言えない「業」を感じます。

> 今回のイワン&三条さんは、どう見てもいっぱいいっぱいだし…いつまで私の心臓がもつか、不安でなりません(°°;)

 どう考えても「勝算あり」で来ているというよりは、もうどうしても放って置けなくて、イチかバチかで来た! って感じですよね。それでも、イワン君ならきっと何とかしてくれる…!! と信じたいと思います。それにしても、大人達より、まだ10代の若い子達の方がよほど頼りになっているこの状況、大人達はもう少し頑張って欲しいものですね。

> ダミアンパパの関節とか、陰で恍惚としてるマリーちゃんとか、今週のYJは色々きつかったですね(^_^;)

 …きつかったです(汗)
 ダミアンパパは、もうそろそろ楽にさせてあげて欲しいのですが……!! そしてマリーちゃんの今後が何となく怖いです。この子は一体、どういう道を歩むのでしょうね。(一人だけ「その後」についての描写が消されているので、気になっています)

Re: もう、祈るしかない…!

 ぺこさま、こんばんは! いつも来て頂いて、楽しんで頂けるだけで嬉しいです…!
 お忙しいとの事ですので、風邪などひかないよう、体調に気を付けて下さいませ。

> 羌カイちゃんも(あれだけ顔ぼこぼこにされてたのに、美しい笑顔でしたね…!)信達に支えられて最後の巫舞を無事終え、もうすぐ飛信隊帰ってきそうですし、テラフォも無事このピンチを凌いで欲しい…。

 私も、あの美しい笑顔に魅せられました…!
 テラフォは何とか凌いで欲しいですよね! 今この場で頼りになるのは、加奈子ちゃん&イワンだけですし…。
 人間同士の攻防が二転三転し、ドキドキしていたと思ったら、今後はゴキ達の来襲。
 本当に心臓に悪い展開です…。こんな時こそ、アドルフさんの雷による広域攻撃が効果的なのに…ッ。
 ジョセフもまだ来ないみたいですし…。このままでは「戦って、生き残る(勝つ)」のは難しい展開ですよね…。

> 大勢で襲ってくるのも嫌ですが、仔ゴキに拉致~殺戮練習させてるのをみんなで見てるあの感じがじわじわと嫌ですね(((゜д゜;)))。

 そうなんです。…そこがまた恐ろしいなと…。
 しかもこいつらは基本的に感情とかは無いでしょうから、もし実戦の中で仔ゴキが死んでもきっと何とも思わず「じゃあ次行って来い」ってなるだけでしょう…。
 この無機質な恐怖感は、やっぱり対人戦では無いものですね。

 蠍お姉さん、何とか踏みとどまってますよね…! 頑張って欲しいんです!! 名前もベースもランキングもしっかり明かされて欲しいです…!! どんな名前かなぁとか色々考えてます。ベッタベタですがナターシャとか(笑)「○○ーシャ」とか「○○シア」みたいな感じの名前が合ってそうだな、と勝手にイメージしています。

> ジョセフの「残念なイケメン」度が高いと、見せ場を作ろうと登場→「あれ??終わっちゃった?」な感じもありそうですが(笑)。それでも構わん!頑張って(>д<)!!

 寧ろこれくらいな展開であって欲しいですね…!!
 ジョセフの残念なイケメン伝説に新たな一ページが加わりますし…!(笑)

コメントありがとうございました>ファルコンネンⅡさま

 こんばんは、お久しぶりです…!

> あの作者、ホント女性に恨みでもあるんでしょうか?
> スゲェ勢いで女性陣が死ぬわ痛めつけられるわで……。

 本当ですよね…何か恨みでもあるんですかって程の惨殺or痛められつけっぷり。
 ミッシェルさんは、そうですね、…あの人はちょっと特別ですよね(笑)レディという名の漢ですからね…。考えてみれば彼女も相当色々な目に遭っていますが悉く倍返し以上にして返していますし、色々な意味で別格だと思いました。

> 颯爽と登場したカナコも、最近推しに推されているだけに死兆星がうっすらと。
> レーザーでやられた足の痛みで反応が一瞬遅れるとか、あの優しさで誰かを助けようとして予想を超えるゴキのナニカに粉砕されるとか……。

 …そんな事はない!! と思いたいのですが、あっさり想像出来てしまう自分が哀しいです。
 ここまで死兆星が輝いているからこそ、そこを回避して欲しいのですが、容赦ない時は容赦ないですからね…。全開でいくイワン君に期待しましょう。

Re: イワン君頑張れ!

 ERさま、こんにちは!
 仔ゴキ達の「教育」の一環として戦わせている所からして、今までのような瞬殺ではなく、色々と痛め付けて殺す感じになりそうですね…。

> 一人一人の痛め付けられシーンを毎週見るのは耐えられません。

 痛めつけられシーンを毎週観るのは「イノサン」だけで十分な私です(汗)
 ですが、今後ゴキ達も戦い方がシフトしそうなので、更に色々やって来そうで怖いです……。
 あんなゴキ達に生きて捕まった日には、どんな目に遭わされるやら…。

> イワン君&三条さんペア突撃ですが、三条さんキツそうですし、希望はイワン君だけ
> ですね。

 そうですね、今のところ無傷なイワン君に期待しましょう!! もう捕獲とか言ってられませんし、全開のイワン君でどうにかする他無いと思います。…ただ、彼の毒は敵味方お構いなしに効いてしまうので、そこだけは気がかりなのですが、頑張って欲しいです。鬼蜻蜒ゴキは最低何とかしないと…!!
 後は、あまり期待したくはないのですが、爆達がアネックスから持って行こうとしている「15人分の何か」にも戦局を何とかする鍵があると思いたい所です。この際、持てる力は何でも動員しないと、この状況は覆せないですし。

紅ちゃん、ピンチ

こんにちは。

まさかのイワン&加奈子タッグで次回が楽しみですが、反面不安でもあります。
まず、加奈子、接近戦がまるでダメ。しかも、網という攻略法をゴキ達も知っている。
そして、イワン、ベースが植物だから、これまた接近戦が大丈夫か怪しい。ツノゼミブーストで多少強化されているでしょうが、不安が残ります。二人共捕まったら終わりという感じがします。今回見えなかったモグ男さんがきっとフォローしてくれると信じます。サソリ姉さんの回収にも行ったのかもですが・・・。
仮にヤンマゴキを倒しても、教育を覚えたゴキ達が烏合の衆化しそうにないですし、仮になったとしてもあの大群で突っ込んで来られたら、結局全滅するのは必至ですので、早い所日米合同班に戻ってきてもらって欲しい所です。ヘルプに来たロシア班としても、元は裏切っていたとはいえ、日米合同班の代わりに全滅するみたいで不憫ですから・・・。

紅ちゃんの死亡フラグが立ちまくりなのですが、服がボロボロに破れたわけでもないのに着替えというのはあまりにも不自然です。
西さんと同様にMOベースがスッポンポン系か、薬の摂取方法が座やk(自主規制)だと予想します。だとしたら、トイレとかでもいい気もしますので、
もっと別の理由なのかもしれません。
用意する15人分の何かがキーワードなのかもしれません。

天才という個に頼るのではなく、教育という集を覚え、
より一層人間に近づいたな・・・と思っていたのですが、
最後のヤンマゴキの「羽ばたく物を追いかける習性」通りに行動しているようでは、ゴキ達もまだまだ畜生だな・・・と思います。
眼までヤンマ化してしまってるので、ベースの影響を強く受け過ぎたのかもしれませんが・・・。

次回のイワン&加奈子、そして紅ちゃんの運命が気になります。

Re: 紅ちゃん、ピンチ

 ワイアルドさま、こんにちは。

> まさかのイワン&加奈子タッグで次回が楽しみですが、反面不安でもあります。
> まず、加奈子、接近戦がまるでダメ。しかも、網という攻略法をゴキ達も知っている。

 そうなんですよね…。あれだけ色々学んでいるゴキの事ですから、すぐに「網」を使って動きを封じる位の事はして来そうです。そしてふと思ったのですが、「網」の戦法は鬼蜻蜒ゴキにも通用するかも知れません。要はあの高速の動きさえ封じれば、クロカタゴキみたいな堅さは無い筈なので、何とか出来ると思うのですが…。
 イワンは、確かに強度という意味ではツノゼミによる強化しかないと思いますので、接近戦にはかなり不安はあるのですが、メダカハネカクシゴキを投げ飛ばしたりしていたので、意外と体術の方も得意&接近戦もそれなりにはいけるのかな…? と。
 ただ、相手がゴキである事を考えれば、本当なら避けた方が良いでしょうね。足場も無い空中で、それも空の戦いを得意とする鬼蜻蜒ゴキに、あんな至近距離で挑むのはちょっと不安ではありますね…。
 ロシア班も、このまま全滅…では流石に私も忍びないと思いますし、どうにか切り抜けて欲しいです。
 先ずは鬼蜻蜒ゴキを何とかしないことには仕方ないのですが…。

> 紅ちゃんの死亡フラグが立ちまくりなのですが、服がボロボロに破れたわけでもないのに着替えというのはあまりにも不自然です。

 確かにそうですよね。しかもあんな状況で着替えというのも、やや暢気過ぎる気もしますし。
 …薬の摂取方法については流石に違うと思いたい所ですが(笑)、ここは大穴(?)で「15人分の何か」に関わっているのかな…と予想してみたいと思います。
 その前に、あの仔ゴキの存在をどうにかしなければ…なのですが。

> 最後のヤンマゴキの「羽ばたく物を追いかける習性」通りに行動しているようでは、ゴキ達もまだまだ畜生だな・・・と思います。

 確かにそうですね(^^;)ある意味、ちょっと安心しました。
 仰るように、見た目的にもベース寄りになっているので、その分ベースの習性に影響されてしまっているかも知れませんが、それにしてもそのまま加奈子ちゃんを素直に追いかけてってくれた辺り、まだまだ…ですね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR