YJ48号テラフォーマーズ感想:許してくれ。義父(オヤジ)…。

 こんばんは、星野です。
 やはりというか、紅ちゃん…かなり凶悪なベースのようですね……。
 そしてまさかのマーズ・ランキング7位。今週はアレキサンダー先輩が持って行きました…!!(涙)
■第71話 BIO HAZARD 研究対象
 アネックスに群がるゴキの大群が、突如バタバタ落下を始めるという異常事態。
 それを起こしていたのは、アネックスの頂上に佇む紅ちゃんでした。

 ――アネックスの研究施設を使いたいアシモフにしてみれば、第4班であれゴキであれ、それを奪われてしまうのは痛恨でしょう。しかし、かと言って今のチャンスを逃せば全滅は必至。悔しくても何でも、ここは早い決断が必要です。
 しかし、事態はほんの僅かの迷う時間さえ、アシモフに与えてくれませんでした。
 ふとその目に映ったのは、第4班の装備――全危険区域及び戦闘用防御甲冑「マン・イン・ザ・シェル」
 何故そんなモノを着ているのか? その理由に気付いた瞬間、アシモフさんが決断を決めるまでの時間は0.2秒→瞬時に縮まりました。
「総員撤退!!! ”細菌型”だッッ!!!」
 全員に撤退指令を出したアシモフ。
 嘗て、最初に「M.O.手術」を成功させたのは、ドイツでした。見覚えのある薬のケース。…こんな所でもアドルフさんの面影が(涙)
 そしてその少し後、その技術はドイツから世界各国に盗まれます。…ていうかドイツ…意外と抜けてるなぁと…(^^;)
 そして、中国がその技術を開発しました。即ち、「改良された兵器」とM.O.手術の技術を掛け合わせ、――紅ちゃんのような最終兵器を作りだす事に成功したのです。
 それは、本来使用を禁止されている「NBC兵器」の内の一つ。
 N…核。B…生物。C…科学。
 その内の「B兵器」に属するモノでした。

 農村で貧しい暮らしをしていた純朴そうな少女に、彼らは語りかけました。
 君でなければならない、と。
 検査でたまたま適性が合った彼女に対し、世界中から輸入された美味しい食べ物や流行りの服、楽しい買い物。…そして勿論、母親や兄弟達の暮らしも楽に出来る事。
 そんなとびきり甘い誘惑で誘いをかけ、何も知らない少女を、恐ろしい兵器へと改造したのです。

 これで、アシモフさんの中で、妙な違和感が全て解決しました。
 見た感じ、タコ&エビ以外に変態していそうな人もいなかったのに、何故かイワンのガスが気付かれ、更に変態していなさそうな連中さえ妙に強かった事。
 それは恐らく、最初っから防護服を着る事を前提に考え、M.O.手術とはまた別に、何らかの強化をされていた…という事でしょう。
 そして一人だけ、どう見ても軍人には見えない少女がいた事……。
 確かに紅ちゃんは、ただ一人のドジッ子でした。ですが、文明の利器をやられようと、第3班に寝返られようと、それでも劉将軍が「勝てる」と断言した集団。
 そんな中にいる子が、只の癒し要員……な訳は無かった!!!

 しかし。
 その全てをアシモフ隊長と同様に悟ったらしいアレキサンダー先輩は、隊長の命令通り踵を返そうとしつつも、その顔は憤怒の形相です。…この時点で、何か嫌な予感が……。

 一方、第3班は、例のモグラお兄さんの坑道へ入り、撤退を開始します。
 蠍お姉さんも何とかモグラお兄さんの手で無事に回収されたようです。しかし、穴を使って撤退するであろう事は、劉将軍には読まれていました。
「読んでたけどな」
 例によって無表情でランチャーを構える爆。
 このままでは撤退どころか一網打尽だよ!!! (汗)
 が、しかし!!

「サーシャ!!!」

 ここでまさかの新キャラ!! 指から糸を駆使した彼女は、岩壁とそれを組み合わせ、なんと打ちだされた弾を見事防ぎ切りました。
 全然目立たない感じのモブだったのに、蠍お姉さんより先に名前が判明してしまった!! しかも結構可愛い!!
 どうやら劉将軍達の見立てでは、それは「戸立蜘蛛」という種類のベースのようです。
 マルコスのアシダカグモと言い、なんか蜘蛛系メッチャ優遇されてます!!

 しかし、流石のアシモフ隊長。
 只の特攻作戦などでは断じて無く、イザという時の撤退プランもしっかり用意していたのですね…。戦い方はマッチョなパワー型ですが、こういうしたたかさも併せ持ってるとは、ナイスな隊長です。
 その間に、ゴキ達も撤退を開始しました。
 鬼蜻蜒ゴキが仔ゴキを回収していましたが、もしかしたら毒物を解析して、耐性を付けるのが狙いとか…!?
 脱出機を失い、犠牲者も出ている上に満身創痍とは言え、第3班は一筋縄ではいかない集団です。
 厄介な奴らに背後を取られた…とは思ったものの、第4班はまだまだ余裕でした。
 ゴキの大群も、第3班も退けたのですから、ある意味当然かも知れません。…しかも、彼らも防護服無しではいられなくなったという事は、恐らくアネックスの周辺は暫くの間、近付く事も出来ないような状態になってしまっているのでしょう。
 どの道、アネックスを独占した…そう思い、先ずは隊を組み直そうとしたその時。
 突如メンバーの一人が、必殺仕事人みたいな感じで天井に一本釣りされました。
 マスクを付けているせいか、バーキさんの鼻もいつもより効かないようで、背後から迫る何者かの気配に気付くのが遅れます。
 そうこうする内に、誰かの足が、今度は糸に引っ掛かりました。
 お約束のごと如く起きる爆発。――壁に叩きつけられる第4班メンバーの一人。
 僅か2ページで、犠牲者が二人。

 しかしその一方で、坑道を逃げるイワンが、ある事に気付きました。
「…待て! 待て、待って…!! 先輩は…!?
 デキる子ではありますが、やっぱりこの「待って…!」という言い方に年相応な所を感じました…。
 そう。
 一人、足りていません。

「…まだ艦内(なか)にいる」
 劉将軍は、「3位」と「10位」が穴に入って行くのを確認しています。
 そしてこの、どこか抜け目ない手口。…彼らの中で最も怒りを燃やしているのは、どうやら「3位」ではない、と彼は判断します。
 では、誰がこれだけ鮮やかな手口で、武装した中国班二名を倒したのか?
「"7位"って事か」 
 劉将軍が呟いたその男は、鬼蜻蜒ゴキの奇襲で片腕を失いつつ、どうやってか紅ちゃんの猛毒地獄も潜り抜け、アネックスへの潜入に成功していました。
 紅ちゃんがいたのはアネックス頂上だったので、恐らく上空から飛んで来ていたゴキ達よりは毒の影響も少なかったのでしょう。…どの道、何の装備もしていない彼は、遅かれ早かれアウトっぽいですが……。
「許してくれ。義父(オヤジ)…」
 サングラスの下の目には、既に覚悟の光。
 男は択んだ。残り、戦うことを。

 その男の名は。

 アレクサンドル・アシモフ。
 ロシア。28歳、男性。
 180cm 89kg、「マーズ・ランキング」は7位………。


 ダメだろォォォォォォォォ!!!
 先輩、アンタはダメだろォォォォォォ!!!

 義父(オヤジ)という呼び方。そして姓。ロシアにも入り婿的な事があるのかは不明ですが、とにかく、そこから想像出来るのは、どう考えても、アレでしょう。
 アシモフさんが溺愛する娘さんの、……アレでしょう。
 今もまだ無事なのかどうかは不明ですが、本来なら「もうすぐ産まれる」筈だった……お孫さんの……つまりは、父親という事でしょう。

 うわああああああああ!! ・゚・(ノД`)・゚・
 ある意味、おじいちゃん以上に生きて帰らなきゃならない人じゃないんですか、あなたは!!!
 アレキサンダー先輩!!

 この状況。
 もう、どう考えてもお別れが近いと見て間違いないでしょう……。
 仕事がデキる男として、丸々一ページ使って特集記事まで組まれて、この時点で想像くらいするべきだったのかも知れません……(涙)


<追伸>
 正直、先輩のこの行動は、軍人としては褒められたモンじゃないのだろうな…とは思います。
 しかもこれで、先輩を気遣って一旦は撤退しようとした仲間が戻って来て…なんて事になったら目も当てられません。
 帰りを待ってる人もいるのに、どうなの? とは思うのですが、それでも。
 それでも、紅ちゃんに関する事を薄々悟った時、彼が怒りに駆られたのも、残って戦う事を選んでしまったのも、人としては間違っていないと思うのです……。
 ゴキでさえほぼ即死するようなレベルの毒なので、比較的その汚染も少ないであろう艦内とは言え、先輩もどの道そう長くはないと思います。残り時間で、彼はどれだけ戦えるのか…?
 こうなった以上、先輩の最後の激闘をしっかり焼きつけるしかありません。
 …先輩…馬鹿野郎、………無茶しやがって…!!(AA略)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。いつも楽しみにさせていただいています。
今週の驚きと悲しみはテラフォ屈指だったのではないでしょうか。

 言われてみたら不思議じゃないんですよ。娘さんが身籠っているということは旦那さんがいるわけで。娘さんを支えるために地球にいるというよりも、義父と共に火星に飛び立ったと考えるのが普通でしょう。あのアシモフ隊長が娘さんを嫁にやることを了承したほどの男であるなら!(娘さんがごり押しした可能性もありますが、、)

 任務のためなら機械のようになることが軍人としてあるべき姿なんでしょう。それこそ可奈子を倒すために肉壁になったゴキブリ達のように。

 でも彼は奥さんを救う為に義父と共に成功率4割以下の手術を受け危険きわまりない火星に来たわけです。そんな彼が機械になろうとすることは矛盾しているし不可能だったんでしょう。自分の奥さんがウイルスに感染しているのに名目上は仲間である他班に対して細菌兵器を使用する、、、それも何もしらない少女を使って。(おそらく紅ちゃんは手術の成功率なんて聞かされていないでしょう)

 部下全員を救おうとしたアドルフ。外道な所業を許せなかったアレキサンダー先輩。任務の達成という意味では間違っている彼らの行動はまさしく彼らが人間であることの証であり、この魔の星において生還するための力であると自分は感じました。

 自分も次回の話を覚悟を持ってみようと思います。
最後にひとつ。機械は絶対に覚悟をきめた人間には勝てないです。外道は絶対に最終的に敗北します。

MOベース

こんにちは。いつも楽しみにさせていただいています。

朽ちた枯葉の中などで生活しているカブトムシの仲間の体液には優れた抗体が含まれ、病原体に対して非常に強いというのを聞いたことがあります。

アレキサンダー先輩のMOベースは不明ですが、もしかしたら、毒に強い性質なのかもしれませんね。

先輩...

更新お疲れ様です!

アレキサンダー先輩の取った行動は、きっと義父のアシモフ隊長が本来取りたかった行動なのかもしれませんね。

第四班のワクチンの事など考えてもいないような所業は、娘さんを何としても助けたいアシモフ隊長にとってみれば、まさに怒髪天をつく怒りでしょう。本来なら単騎突っ込んで行きたいところをグッと堪えて、隊長としての責務を果たそうとしているのでしょうね。

それに対してアレキサンダー先輩は、夫としての自身の気持ちに正直に従ったのだと思います。例えその先に死しかなかったとしても...(涙)

単騎アネックスに乗り込んだアレキサンダー先輩の目的は第四班の殲滅か、それとも紅ちゃんただ一人か...どちらにしても厳しい戦局には違いありませんが、7位の生き様を見せ付けて欲しいと願いつつ、次号を待ちたいと思います。

でも、まだ先輩には死なないで欲しい(涙)

まさかの7位

7位がどこかにいるのは気になっていましたが、既に登場していたキャラとは!( ゚ω゚ )
今まで目立っていなかったですからね・・・

一体どのような能力なのか、角からはカブトムシやクワガタをイメージしますが、何気にアリジゴクも角が良く似ているんですよ(*´ω`*)
いずれにせよ、恐らくここが最期の見せ場・・・(´・ω・`)
7位に相応しい実力をたっぷり中国班に見せ付けてもらいたいものです(´;ω;`)


しかし、中国班を見て気になるのは、ジョセフも同じように変態してるように見えなかった点、ですね(´・ω・`)
ローマ代表の会議での反応を見る限り、中国とは繋がってなさそうですが、ちょっと気になりました。
ローマが単に中国と似たような技術を開発しただけなら良いのですが(´・ω・)

更新お疲れさまです!

 こんばんは。更新お疲れさまです!
 今週の前半はアシモフさんに燃えました。総員撤退!から、『合点がいったぜ、見たところタコとエビしか変態してないのに...』の読者の疑問に答えるキレ者の台詞、待ってました!そしてトタテグモ!
 後半はアレキサンダー先輩のワイヤーを使ったゲリラ戦に燃えました。劉さんが、この手口は7位か、と言うあたり、アレキサンダー先輩はゲリラ戦が特に強いんでしょうね。介子坊さんを悩ませた某お頭みたいでこの戦い方大好きです(笑)。
 『やっぱ守りはつまんねーっつー話だ』(桓騎)
 『つー訳でお前のベースはバレバルだけどヒョウモンダコな』
 『何でお前らがたった500年で二足歩行のソフトマッチョな原人みてーのになったのかっつー話だ』
 キレ者の話し方!

アレクサンダー先輩・・・;;

こんばんは。

毎週、誰かの死亡フラグが立っている気がします。
今回ばかりはどうにも回避できそうにないです。

紅ちゃんの「非人道的」の意味が「NBC兵器」の一つという意味で少しほっとしました。とりあえず、紅ちゃんの死亡フラグは回避です。細菌兵器なら持ち込めるんじゃ・・・とも思いましたが、火星に来る為には重量制限あるし、持ち運びが簡単な薬を摂取すれば使えるという点では対テラフォーマーだけでなく、対人の戦争でも十二分に"兵器"として使えます。

ドイツ班ってMO手術の技術を開発し、対ゴキ用の網も開発してるのに、
盗まれたり、真っ先に策にかかって全滅させられたりと、
技術はあるのに実にもったいない・・・。
盗まれた経験があるから、爆弾を仕込んだのでしょう。

アレクサンダー先輩がまさかの7位、オフィサーに匹敵する戦闘力を持っているようです。MOベースは形状からするとクワガタのようですが、
わざわざ能力を説明するような種類がいるのか、
実はMOベースの能力以上に本人との相性の方が重要かなど興味があります。ニジイロクワガタの人がゴキに真っ二つにされたのに対して、ツノゼミブーストがあるとはいえアレクサンダー先輩は顔面殴られても平気でしたから、何かあるのかもしれません。
対4班相手に人数的には一人では不利ですが、相手は防護服着てまともに動けない状態なので、傷さえつければ勝てそうです。

ところで、劉将軍が名前を呼ばずに「3位」とか「10位」とか「7位」とかいう呼び方はいかにもモノ扱いしている感じがします。

西さんが能力のせいか全く姿を見せないのも気になります。
戦闘続行可能ならアレキサンダー先輩を攻撃してるはず。
動けないままなら・・・、細菌の巻き添えになっている事でしょう。
次回辺りに安否が出ると嬉しいです。

細菌兵器ってことは、仔ゴキを回収されると次回には抗体作られてそうでヤバイッスね。
紅ちゃん今回を生き残っても「奴ら抗体まで開発してやがったか!!」とかで細菌が通じなくなっててやられちゃいそう(ー_ー;)

No title

こんばんは、今週のこの展開は衝撃でしたね。

7位ってことは、ランキング偽装している中国と燈を除けば幹部以外の人間で最強ではないでしょうか?
アレキサンダー先輩はもう助かる余地はないのでしょうか・・・そうならば、せめて誰かを道連れに散って行ってほしいところです。

コメントありがとうございました>ムジナさま

 こんばんは! コメントありがとうございます。

>  言われてみたら不思議じゃないんですよ。娘さんが身籠っているということは旦那さんがいるわけで。娘さんを支えるために地球にいるというよりも、義父と共に火星に飛び立ったと考えるのが普通でしょう。あのアシモフ隊長が娘さんを嫁にやることを了承したほどの男であるなら!(娘さんがごり押しした可能性もありますが、、)

 …確かにそう考えればその通りですよね。
 しかし、まさか先週のラストを見るまで全く想像もつかず……。あのアシモフさんの娘をお嫁にする程の人なら、確かに自ら危険な手術を受け、火星へ飛ぶ位しても不思議ではないかも知れませんが、しかし、まさかと…!!!
 明日のYJを読むのが、何か怖いです………。

>  でも彼は奥さんを救う為に義父と共に成功率4割以下の手術を受け危険きわまりない火星に来たわけです。そんな彼が機械になろうとすることは矛盾しているし不可能だったんでしょう。

 私もそう思います。紅ちゃんの件に関して怒るのも、彼が火星へ来た理由を考えれば納得するのですが…。しかし、でも、やっぱり生きて帰らなきゃ…!! ・゚・(ノД`)・゚・  という気持ちがもう……。

>  部下全員を救おうとしたアドルフ。外道な所業を許せなかったアレキサンダー先輩。任務の達成という意味では間違っている彼らの行動はまさしく彼らが人間であることの証であり、この魔の星において生還するための力であると自分は感じました。

 そうですよね。…こういう気持ちが無駄に終わる、という展開だけは止めて欲しいです。
 第4班にも、恐らく色々と事情はあるのでしょうし、複雑な心境なのは分かるのですが、少なくとも自国の利益だけを考えているような人達の思うままに事が進む、というのだけはあってはならないでしょう。
 アドルフさんが人間の意地を見せてくれたように、アレキサンダー先輩も、人の情の強さというものをしっかり見せて欲しいです。…願わくは、それで少しでも第4班の人達にも何かしら心境の変化の一つもあればよいですが、彼らは彼らで引き返せないでしょうから、難しいのでしょうね…。

Re: MOベース

 じん様、こんばんは! コメントありがとうございます。

> 朽ちた枯葉の中などで生活しているカブトムシの仲間の体液には優れた抗体が含まれ、病原体に対して非常に強いというのを聞いたことがあります。

 そうですか…! もしや、アレキサンダー先輩のベースがそういう耐性のある生き物だから、即死せずに済んでいる、とか…!?
 それにしてもテラフォを読んでいると、ほんとに色んな生き物がいるんだなと改めて思います。
 流石、125万種の生命の炎の燃え盛る星、地球…!! ですね。

Re: 先輩...

 アドバンスさま、こんばんは!
 アシモフ隊長だって、きっと本当は同じ行動を取りたかったでしょう…。だからこそ、俺が…! という気持ちもあったのかも知れませんね。でも、アシモフ隊長には班員皆の生命を預かるという責任もあって、そこを必死に堪えたのでしょう。
 そんな義父の気持ちも汲んで、義父が取れなかった行動を敢えて…だとしても、やっぱり哀しいですね…。

> 単騎アネックスに乗り込んだアレキサンダー先輩の目的は第四班の殲滅か、それとも紅ちゃんただ一人か...どちらにしても厳しい戦局には違いありませんが、7位の生き様を見せ付けて欲しいと願いつつ、次号を待ちたいと思います。

 7位の生き様、次回の巻頭カラーでもしっかり見せてくれそうですね。厳しい戦いであっても、とにかく、次へ繋げる戦いであって欲しい…そう願っています。。

Re: まさかの7位

 螢一さま、こんばんは!
 アレキサンダー先輩、まさかの7位…! 私も気になっていましたが、まさか、でしたね。
 第3班は基本的に戦闘要員で固めた班ですし、7位がいても不思議ではないとは言え…!!
 10位以内も、大分埋まって来ましたね…。

> 一体どのような能力なのか、角からはカブトムシやクワガタをイメージしますが、何気にアリジゴクも角が良く似ているんですよ(*´ω`*)

 てっきり、クワガタかな? と思っていましたが、そうですか…アリジゴク。言われてみればそうかも知れません。
 しかし、アレキサンダー先輩あんなに良いキャラなのに…! 生き残って欲しいです。

> 中国班を見て気になるのは、ジョセフも同じように変態してるように見えなかった点、ですね(´・ω・`)

 そうなんですよね。私も気になっています。
 ルーク大統領のあのうろたえっぷりからして、繋がっている感じはしないんですけど…何かあるかも知れませんね。そして、なんだかんだでまだまだ出番のないジョセフ。まだあの場所で、ゴキの山を積み上げているのでしょうか…(^^;)

Re: 更新お疲れさまです!

 キートンさま、こんばんは。
 アシモフさんの頭のキレはほんとに痺れますね。トタテグモ等、撤退要員までキッチリ用意してある辺りも流石だな…! と。
 
>  後半はアレキサンダー先輩のワイヤーを使ったゲリラ戦に燃えました。劉さんが、この手口は7位か、と言うあたり、アレキサンダー先輩はゲリラ戦が特に強いんでしょうね。

 今週も、その場にあるモノで罠を張って戦ってましたね。
 軍人としても超一流、仕事のデキるアレキサンダー先輩のトリッキーな戦い方は、正に桓騎将軍を彷彿させますね。まだまだ、あの軽快で小気味よい台詞の数々を見たいものです…(涙)

Re: アレクサンダー先輩・・・;;

 ワイアルドさま、こんばんは。
 アレキサンダー先輩の死亡フラグは、もう回避出来そうもありませんね…(涙)紅ちゃんもちょっと怪しいですが。。

> ドイツ班ってMO手術の技術を開発し、対ゴキ用の網も開発してるのに、
> 盗まれたり、真っ先に策にかかって全滅させられたりと、
> 技術はあるのに実にもったいない・・・。

 どうも、ドイツは技術には秀でているのに、こういう所で詰めが甘いな…と感じますね。上層部も明らかにナメてかかってた感じですし…。その犠牲になった第五班を想うと、本当にいたたまれない気持ちになります…。

> 実はMOベースの能力以上に本人との相性の方が重要かなど興味があります。ニジイロクワガタの人がゴキに真っ二つにされたのに対して、ツノゼミブーストがあるとはいえアレクサンダー先輩は顔面殴られても平気でしたから、何かあるのかもしれません。

 単純に特性だけが強くても、要はそれを本人が上手く使いこなせないと宝の持ち腐れ…になっておしまいなのでしょうね。アレキサンダー先輩のベースはまだ不明ですが、少なくとも本人の高い能力と、ベースの特性との相性が良かった、というのは間違いないと思います。
 少なくとも、上位ランカーの人は皆、大体その特性をしっかり使いこなしてますよね。

> ところで、劉将軍が名前を呼ばずに「3位」とか「10位」とか「7位」とかいう呼び方はいかにもモノ扱いしている感じがします。

 私も同様です…。敢えて情を殺してこういう言い方をしているのかも知れませんが、どうにもこういう言い方は嫌な気持ちになります。ミッシェルさんを「ファースト」と呼んだり、燈を「セカンド」と呼んだり。…ちゃんと名前で呼べと言いたくなりますね…。
 西さん、取り敢えず今週号で名前だけ呼ばれていたみたいなので、まだ無事…のようですね。ただ、彼女も防護服を着ている以上、透明になる特性は使えなくなります。防護服を脱げないという状況が、少しでもアレキサンダー先輩に有利に働いて欲しいと思います。

コメントありがとうございました>桃源☆郷 さま

 こんばんは! コメントありがとうございます。
 もしかしたら、紅ちゃんの毒だけではなく、イワンの毒に対しても耐性が付けられそうな気がします。
 紅ちゃんは少なくとも軍人ではなく、戦闘能力という点では限りなく無きに等しい感じなので、毒が効かなくなってしまうと、ちょっと危ないですよね…。

コメントありがとうございました>nma さま

 nmaさま、こんばんは。…本当に生姜きでしたね…。
 まさかの7位。確かに、オフィサー&燈達、それに明らかに偽装している人達を除けば、一般人枠では最強だと思います。
 非常に惜しいですが、この状況ではもう助かるのは難しいでしょう…。
 せめて、次に繋がる戦いになってくれれば良いと願っています。このまま裏切り者の思惑通りに事が運んでしまうという展開にはならないで欲しいものです。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR