YJ49号テラフォーマーズ感想:ずっと……ずっと、幻影の中みたいだったからよ……。

 こんばんは、星野です。今週は「キングダム」でもじわっと来て、テラフォでもじわっと来ました……。
 ……嗚呼……。また一人、漢が……(涙)
 アレキサンダー先輩……ッ。
■第72話 MAN ON A MISSION 兵士と父親
 紅ちゃんの恐るべき特性の前に、撤退を余儀なくされた第3班。
 しかしその撤退したメンバーの中に、一人足りない人がいました。…アレキサンダー先輩です。
 
 そのフルネームは、アレクサンドル・アシモフ
 今週も特集ページを飾ってます。…酸性雨が心配だぜ、という当意即妙のギャグもバッチリ取り上げられて。

 本来なら、アシモフ隊長達が陽動している間にミサイルを盗んでコードを聞き出し、彼らを制圧。
 …そういう作戦だった筈が。俊からコードを聞き出せず、交渉は失敗。…挙句にゴキからの奇襲で自分も片腕を失い、部隊は撤退を余儀なくされました。

 もうコレ、映画だったら観客総立ちで「金返せ!」コールよ?
 2時間付き合わされた挙句 クライマックスで主役が「やっぱ失敗しました!」だからね。
 でもコレ 映画じゃねーから…。
 失敗する可能性くらい、当然計算に入ってるから。むしろ全部うまくいく方が珍しいから。


 …まるで「銀魂」の銀さんみたいなノリの台詞を呟くアレキサンダー先輩ですが、表情にはそれ程余裕はありません。否、この状況でまだ笑みを浮かべられるだけ、凄まじい精神力と言うべきでしょうか。
 失った片腕には血止めの応急処置。
 防護服を着ていない以上、幾ら比較的影響の薄いであろうアネックス艦内にいるとは言え、彼のリミットはそう長くはないでしょう。
「逃げれば良かった」
 自分でそう言いつつ、何故かそれが出来なかった自分に「いつからそうなっちまったんだろう…」と自問する彼。
 撤退する坑道の中では、アシモフ隊長がそんな彼に「バカ野郎が…ッ」と、痛恨の表情で呟いています。

 一方。
 爆薬でやられたのか、とうろたえる中国班モブAさんに、劉将軍は「爆音は、コレ消火器を弾いたからだね」と、これまたどこか銀魂チックな言い方で説明。片手でブービートラップを仕掛けられる程器用とは言ったって相手は一人だけ、ましてそんなに長くは生きられない状態。
 …だったらそんな慌てる事ないじゃん、とばかりに、彼は落ち着き払って指示を出します。
 彼の狙いは唯一つ、「もう一つのミサイル」にあると。
 彼は爆、バーキ、西、ジェットの四人を「7位」を倒すべく連れて行き、他の者達には紅ちゃん&荷物の回収を指示します。
 そんな状況の中、アレキサンダー先輩は尚、自らへの問いを繰り返していました。
 いつから、こうなったのだろうと。

 以前の彼なら、今からでもダッシュで逃げていたというのに。
 片腕を失い、長くは生きられない身体で、何故。

 彼は、親の顔を知らない孤児でした。
 学校では成績優秀&スポーツ抜群。しかも顔も結構イケメン、と三拍子揃っていましたが、これと言って褒められた事もないので本人はピンと来ないようです。
 オールAという超優秀イケメンな彼。しかし彼はその能力を他の何に使うことも無いまま、中卒で軍隊に志願してしまいました。
 人の温もりも知らず、ただ「銃と金」が好きだった彼にとって、その職業は天職だったのか。…いずれにせよ、彼は「軍」というものへの抵抗感など微塵も無く、殺伐とした日々を送っていました。
 敵を捕えるのも拷問も平気。
 何故なら敵(あいて)の家族の顔なんて、微塵も見えないから。…殺す相手にどんな背景があろうが知ったこっちゃなく、ただ淡々と「仕事だしね」と言いきれた。そんな日々が。
 敵国から来たたった一人の留学生の女性によって、大きく変わる事となりました。

「遺伝子レベルで一目惚れです。結婚して下さい」
「5000%(パー)、無理です」


 …凄いプロポーズ&お断りの文句です(笑)
 グラサン外して本気モードの彼の告白をバッサリお断りしたその女性こそ、アシモフ隊長が溺愛して止まぬ愛娘にして、彼の妻となった女性でした。
 撃沈したアレキサンダー青年の姿がこの上なく悲哀を醸し出してる所が何とも言えません…(^^;)

 友達に対し「うちのパパはロシア軍人なんて8000%無理よ」と語る彼女。
 男というだけで既に200%無理という途轍もないハードルなのに、更にパパの敵国・ロシア軍人となれば、その絶望感たるや正に嘆きの壁。…とても突破なんて無理無理無理、です。
 しかし彼は、諦めませんでした。
 なんと彼女に頼みこみ、越えられぬ壁へと挑んだのです…!!
 
 イメージと全然違ったお父さん。…彼にとっては、どうやら宿敵とも言える軍人だったようです。
 まさかあのシルヴェスター・アシモフが彼女の「お父さん」だとは。そんな考えさえも吹き飛ぶ鉄拳が、その顔面を情け容赦無く叩きのめします。それでも彼は諦めませんでした。

 手土産を持っていってうっかり「お父さ」と言いかけては殴られ。
 彼女には「見た目がチャラいからよ」と坊主頭にしても殴られ。
 挙句に「ボーズ似合わないから剃っちゃお」と情け容赦無く残りの毛髪まで剃りあげられ、それでもやっぱり殴られ。


 …ここまで真正面から思い切り殴られまくっても尚、イケメンの造形を保てたのはもはや奇跡。
 相手が相手だったからか? いつからか支給される負傷手当がバンバン増え、上官からも一目置かれるようになった頃。
 越えられない筈の嘆きの壁に、大きな揺らぎが生じました。

 なんと、連邦軍が倒せなかった軍神・アシモフが、自らの陣地内で四面楚歌状態になったのです!!
 ボコられる彼を庇う娘さん。肝っ玉かあちゃんをそのまま体現したかのような妻。
 二人の怒りの一撃は、凄まじい顔芸を見せる彼の前で、遂に軍神・アシモフをも倒したのです。

 かくして彼は、目出度く「家族」を得ました。
 それなのに、彼は「そこから先はよく覚えてない」と語ります。

 …だってよ……あまりにも―――。
 緊張でカッチカッチになっている白いタキシード姿の彼。
 あまりにも―――――。
 漢らしい、そして美しい笑顔で、彼の妻として寄り添うウェディングドレスの彼女。
 あまりにも……。
 ずっと……。

 ずっと幻影の中みたいだったからよ……。
 やがて新しい命が彼女の中に宿り。
 彼は父親と、母親と、妻を得て、更に血のつながった子供を授かろうとしていました。

 ……おいやめろ。
 ……もうやめてー!!! ・゚・(ノД‘)・゚・

 アレキサンダー先輩!! それは幻影なんかじゃありません!! 現実です!!!
 あなたが毛根の女神と不屈の根性と弛まぬ努力と、彼女への海より深い愛情を捧げて勝ち得た、現実です!!!

 なのに、こんな所で、死にそうになって、修羅の道を往ってるなんて…!! ・゚・(ノД‘)・゚・
 彼女があんな病気にさえならなければ…!

(もう少し……もう少しなんだよ…ッ!!)

 何が「もう少し」なのか!?
 消火器を使った罠で目くらましをして、その間に一人始末し。
 その間にカンの良いバーキさん達は、どうやらアレキサンダー先輩の居場所&その本当の狙いに気付いたようです。

 彼の狙いは、初めからミサイルなんかではありませんでした。
 前列にいた連中&劉将軍が彼の罠に引っ掛からなかったのは、単に彼が彼らのすぐ後ろから罠を仕掛けていたから。
 自らの狙いを「もう一つのミサイル」と見せ掛け、劉将軍達を遠ざけてまで、彼は何を狙っていたのか――。
 乱暴に扉を開けるジェット&バーキさん。
 …しかしこじ開けた扉の向こうの第4班メンバーは、全滅していました。
 ぱっと確認しただけで、その人数は7人。さっきも一人。そして冒頭のトラップでも一人(消火器にブッ飛ばされただけ、と言っていますが、防護服は破れていたので恐らくコイツも死亡でしょう)。
 …つまり、もうこの時点で、第4班は最低9人のメンバーを失っています。(アネックス外での戦いでも何人かはやられていた筈なので、ほぼモブは全滅している筈…)
 そしてコイツらは恐らく、「紅ちゃんと荷物」を回収にいった連中でしょう。
 そう、アレキサンダー先輩の狙いは一つでした。

 アレキサンダー先輩の命のリミットは、あとどれだけなのか。
 ジェット&バーキが呆然とする中、彼の人生の回顧は続きます。

 幸せだった日々は唐突に終わりを告げ、今や辛うじて命を繋ぎ止めているだけの彼女。
 …扉越しに聞く義父とロシアの大統領の会話は、彼の心にも重く、重くのしかかります…。

「…保たないそうだな。お孫さんはおろか、お嬢さん自身も、2年はとても…」

 ここで大統領は、「こちらの計画を実行に移すなら、出発は半年以内に縮まる」…とある取引を持ちかけます。
 他国の仲間を裏切る事になる。
 リスクもある。
 …だが、今はロシア国民であるお嬢さんの命は助かる可能性が生まれる。

 その言葉に、アレキサンダー先輩は義父がこの話を断る事を覚悟しました。
 こんな事は間違ってる、と。
 しかし、彼の父は言い切りました。
「綺麗事を言うつもりは無い。悪怯れるつもりも無い。俺は 自分の娘と孫を守るためだけに他の世界の住人全てを売る!! そして…俺の息子に二度も家族を失わせはしない!
 ――と。

 愛とエゴはコインの表裏の如く切り離せないもの。
 何と言う愛にして、何と言う身勝手さ。…それでも、この言葉を躊躇い無く言い切ったアシモフ隊長も、その言葉に涙したアレキサンダー先輩も、責める気にはなれない…ッ。・゚・(ノД‘)・゚・
 自分の父になってくれた人。
 そして、自分に家族を、あらゆる幸せをくれた女性。
 その為に、彼は今、修羅となって彼の戦いを続けています。

 これだけの人数が、ごく短い時間で全滅。
 こんな馬鹿なと驚愕するジェット&バーキさん。
 室内に充満する煙幕は、どうも只の消火器によるものではないようです。…何かを「燻って」いるようで……。それが何かも気になりますが。
 彼らの切り札・紅ちゃんは、そこにはいません。
 彼女は今、アレキサンダー先輩の目の前にいました。

 防護服を着ていない事から、彼女がその特性の主だと断定したアレキサンダー先輩。
 ここで特性を使われ続ける限り、第3班がアネックスの研究設備を遣うチャンスが失われたままになる…。彼が標的として狙いを定めたのはミサイルではなく、ある意味それ以上に厄介な、彼女でした。
「…綺麗事を言うつもりはない……! 悪怯れるつもりも……無い…っ!!」
 既に吐血し、その命が残り僅かでも。
「死んでもロシアで最初にワクチンを造る!! オレが、只オレの家族を…守る為だ…!!!」
 彼が「もう少し」と言っていたのは、恐らくワクチンの件かも知れません。
 ピラミッドで見付けた「何か」と、アネックスの研究設備があれば、もしかしたらロシアがワクチンを一番乗りで造れるかも知れない。…そういう事なのでしょう。
 その為ならば、どんな事でもしてみせる。その覚悟を見せた彼。

 映画のようにカッコよくも、大団円! とはならなくても。
 不死身のヒーローになどなれなくても。
 男には、男の仕事がある!!

 仕事のデキる男・アレキサンダー先輩の生き様、こうなったら見届けましょう…!!

 ……でも、先輩。

 本当に、紅ちゃんをやれるのでしょうか。
 今はもう「敵の家族」の姿が見えてしまっているのに。…昔は拷問だって平気だった人が、とうとうコードを聞き出す事が出来なかったのに。
 紅ちゃんの向こうにいる「家族」の顔が見えてしまった時、彼はそれでもその手を振り下ろせるのでしょうか。
 でも、例えどんな結果になったとしても、このまま何もかも裏切り者の思惑通りになる展開だけは、避けて欲しいものです。
 せめて次に繋がる戦いになってくれれば…と願い、祈ります…(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アシモフさんってロシア国籍じゃないんでしたっけ?
どうして「敵国・ロシア軍人はなおさら無理」だったのかが、私には分かりませんでした(ロシア軍人だったら味方なんじゃないかと。。。)

ちょっと単行本読み返してきます!

No title

人類が自分たちの陣営、仲間、同胞、家族のために命を懸けるのが寺フォーマーズの見どころの一つですよね。

でも

この覚悟をすべて台無しにしてしまうのが火星のGクオリティ。
G怖いG怖いG怖い

潰しあう人類

星野さん、こんにちは!
更新、お疲れ様です。

各国、各人の都合・思惑が交錯し、火星で潰しあう人類…。
バクス2号のとき本多博士の意向を受けたウッド&一郎が裏切り、任務が失敗したことを思い出しました。

強大なゴキという敵がいるのに…。

合従軍に攻めこまれた時の秦のように、一致団結して闘え!と言いたいです。。

でも、人間の我欲や感情(「金が要る!」※一郎、「悔しい!!」※アドルフさん)が絶望的な状況下で希望となり得たのも事実。。

生き残ったアネックス乗務員がどうなるのか…、今後の展開に注目です。

はじめまして

はじめまして!初めてコメントさせていただきます。
実は私、アメリカに住んでいるのですが、同僚の旦那さんからこの漫画を借りてはまってしまいました。日本にいないので、単行本が出てもすぐには買えないし、もちろんヤングジャンプも買うこともできないので、星野さんのサイトを見つけたときはものすごくうれしかったです!星野さんの説明を読むと、マンガを読んでいなくてもばっちり内容がわかるので本当にありがたいです。もう、マンガ買う必要ないです。

このマンガ、主要人物がバンバン死んでしまうので、気が抜けませんよね。。実は今、アメリカではやっているウォーキングデッドという、ゾンビのドラマがあるんですが、これもテラフォのように主要人物がバンバン死んでいくのです。テラフォもウォーキングデッドも大好きなんですけど、おかげで精神的にやられてます。

アレクサンダー先輩もきっと。。。(泣) 感情移入し始めたところで、殺しちゃうのはいかがなものかと思います。単なるハゲじゃなかったんすね、ってわかったところで、さようならとは・・・。(大泣)でも私も星野さんのようにアドルフさんは、きっときっと、生きているんではないかと・・・。だって、死体を見たわけではないし。キン肉マンのように(古っ)、簡単に生き返っちゃったりするのはあり得ませんが、でも、でも、アドルフさんに限ってはぜひぜひ、「なんちゃって~、死んでなかったよ」みたいな展開を本当に切に希望します。

長くなってしまってすみません!更新、異国の地から楽しみにしています!

お久しぶりです

お久しぶりにコメントします。

カニモフさんの出自については、単行本4巻のプロフィールで語られていましたが、それがここまで重要な設定になってくるとは思いませんでした。

アレキサンダー先輩が禿げた理由がまさかあんなことだったとは…最早死亡が確定したも同然の先輩ですが、最期に何かを遺して行ってくれると信じています。…信じていいんですよね、貴家先生…?

紅ちゃんについては、そのまま殺害することも十分あり得ますが、アネックス突入前の先輩の凄まじい激昂の表情のことを考えると、どうにかして助け出しそうな気もします。…細菌の散布を止めつつ紅ちゃんを助ける方法は浮かびませんが。でも、それでも、アレキサンダー先輩なら何とかしてくれる…!

うーん・・

こんばんは。
私はロシア班にはあんまり肩入れできないですね。
そもそもロシアだって他班裏切るつもりだったんですよね?そういう意味では中国と大差ない気がします。たまたま中国が先にアネックスを独占してしまっただけで、ロシアが先についてたらどうだったか。
中国は事情が語られてないだけで悪者扱いでかわいそうです。
やっぱり人間対人間はイヤですね。
早く対ゴキブリ戦に戻ってほしい。。

気になる点

更新お疲れ様です!

今週はいろいろと気になる点がありました。

アシモフ隊長の「バカ野郎が」は果たしてアレキサンダー先輩に対してだけの言葉なのか...もしかしたらアレキサンダー先輩がこういう行動に出る事は分かっていたのに止められなかった自分自身に対しても言っているように感じました。

それにしても先輩の回想でのアシモフ隊長の娘さんは、なかなかの男前でしたね(笑)彼女もレディという名の漢に相応しい言動で、この父にしてこの娘ありって感じでした(笑)

回想の中で気になった事と言えば、子供を授かった先輩たちにアシモフ隊長が満面の笑みで見せていた雑誌に書いてある日本語の「柔」の文字です。柔道経験者だけあって、孫にヤワラ(ロシア語で何て言うか分かりませんが)って名付けるつもりなんですかね(笑)

あと、劉将軍の「もうひとつのミサイル」で思ったのですが、仔ゴキが奪っていった方はどうなっているのでしょうか。もしあのままゴキの手に渡っていたら、後々厄介な事になるような気がします。奴等は燃料爆弾を飛ばす装置を持っているので、発射コードが解らなくてもミサイルを移し替えて発射可能にするくらいの事はやりかねないので...(汗)

劉将軍の言葉でもうひとつ気になった事は、「荷物」とは何かです。恐らくは銃器類だと思いますが、今後の戦局にどう絡んでくるのか。

でも一番気になる事は、先輩のベースと異名ですね(笑)ここまで見せ場を作っておいて最期まで明かされなかったら先輩が可哀想すぎます(涙)

No title

こんにちは。

ついに細菌兵器の根源である紅ちゃんを追い詰めたアレキサンダー先輩ですが、いざ殺そうという時に紅ちゃんと奥さんの姿が重なるとかで結局できなさそう・・・。昔なら平気で殺せたのでしょうが、「いつからオレ・・・こうなっちまったんだろう・・・」と呟きながら事切れる姿が目に浮かびます。
すまんが、紅ちゃん、アレキサンダー先輩の男気と覚悟に免じて死んでくれ!!
そういえば、持ち手付近がクワガタの顎みたいな武器を使用していましたが、あれが専用武器かな?

先輩の回想シーンで、坊主にする時点で娘さんといい関係だったみたいなので、父親(アシモフ隊長)に反対されてただけで、告白は成功して付き合っていたみたいですね。そして、母親の体型と夫、父親でもグーで殴る母娘の基質・・・、将来、間違いなく体型、性格ともに母親みたいになりますね・・・^^; 
そして、先輩は若ハゲではなかったという驚愕の事実。そりゃ、酸性雨も気になるわけです。毛根直撃だし・・・。

西さんは劉将軍のセリフだけでしたが、生存確認。
ともに行動しているらしいので、手足は再生している模様。

気になるのが、防具服を来た彼らのこれらの生活。これから防護服を来たまま1ヶ月も暮らせるのか?食事やトイレとか色々あるでしょうに・・・。
思えばアネックス1号自体は元は宇宙船なので気密性は高いでしょうから、ゴキに破壊されていない区画を利用すれば、その区画内でだけは普通に生活できると思います。対空シールドとかも復旧できれば、ゴキが特攻してきても何とかなりそうです。

ジェセフと合同した日米合同班が戻ってくるはずですが、このまま来たらそのまま全滅しそう・・・。そもそもすでに包囲にならないという悲しい現実。
加奈子と合流すれば、ロシア班不利の状況を知るでしょうが、細菌兵器については無理だろうし、ここは先輩次第といった所でしょうか。

コメントありがとうございました>okoge さま

 okogeさま、こんばんは。
 アシモフさんは、元はロシア国籍ではありません。単行本のプロフィールにその辺は載っていますので、是非確認してみて下さいませ(^^;)
 もう確認されていたらすみません。。

コメントありがとうございました>ペーターさま

 ペーターさま、こんばんは!

> 人類が自分たちの陣営、仲間、同胞、家族のために命を懸けるのが寺フォーマーズの見どころの一つですよね。

 はい、まさにここがテラフォの最大の見どころでは…と思います。
 しかし、仰るようにそれをあざ笑うように、脅威的な速さで強くなっていくゴキ達。
 人類は仲間割れしている場合じゃないと、いい加減気付いて欲しいものですね…。

Re: 潰しあう人類

 ERさま、こんばんは!
 結局、こうなってしまったなぁ…という感じですね。>第4班の裏切りやプランδに至った事など…。

> 合従軍に攻めこまれた時の秦のように、一致団結して闘え!と言いたいです。。

 全くその通りです。…そろそろ、いい加減奴らがそんなに侮れる存在ではないと、気付いて欲しいですよね…。あいつらは、多分次に攻めて来る時は、色々対策立てて来そうですし。

> でも、人間の我欲や感情(「金が要る!」※一郎、「悔しい!!」※アドルフさん)が絶望的な状況下で希望となり得たのも事実。。

 そうですね。…土壇場の状況で、それでも諦めない人の強い意思こそ、テラフォの見どころだと思います。ミッシェルさん達も、何とか「生き残れる」よう、頑張って欲しいですね…!!

Re: はじめまして

 びろみさま、こんばんは、初めまして!
 最近テラフォにハマられたのですね。嬉しいです。
 色々と私の主観も入っておりますので(苦笑)、どこまで参考になるか分かりませんが…、単行本を購入できるまでの繋ぎになれれば幸いです。

> このマンガ、主要人物がバンバン死んでしまうので、気が抜けませんよね。。実は今、アメリカではやっているウォーキングデッドという、ゾンビのドラマがあるんですが、これもテラフォのように主要人物がバンバン死んでいくのです。

 そうですね…。基本的に、スポットライトが当たったらそろそろ心の準備をしておかないといけませんから、気が抜けません。好きになって来た所で死なれると、本当に辛いですよね…。

 アドルフさんは、何しろドイツの方ですから…! 科学力は世界一の国の人ですから!!
 …実は未だにまだ完全に諦めきれていない自分がいます。共に信じましょう!!
 基本的に、あまりにご都合主義的だったり、死んだキャラが実は…な展開はあまり好きではない私ですが、こればかりは歓迎します。
 更新、楽しみにして頂けて嬉しいです。テラフォを楽しむ一助になれれば幸いです!

Re: お久しぶりです

 ゲッベルスさま、こんばんは。お久しぶりです(^^)
 アシモフさんのプロフィールが、まさかここまで生きて来るとは私も思いませんでした。しかも、アレキサンダー先輩の頭髪にまで影響するなんて……。

> アレキサンダー先輩が禿げた理由がまさかあんなことだったとは…最早死亡が確定したも同然の先輩ですが、最期に何かを遺して行ってくれると信じています。…信じていいんですよね、貴家先生…?

 流石に信じていいと…思いたいです……。
 少なくとも、このまま紅ちゃんを殺せず躊躇→後ろから…みたいな展開は、出来れば…出来れば勘弁して欲しいですね…。今週号の展開を見るに、そういう展開も十分有り得そうではあるのですが。

> アネックス突入前の先輩の凄まじい激昂の表情のことを考えると、どうにかして助け出しそうな気もします。…細菌の散布を止めつつ紅ちゃんを助ける方法は浮かびませんが。でも、それでも、アレキサンダー先輩なら何とかしてくれる…!

 仕事のデキる男・アレキサンダー先輩なら、これ位やって欲しいですね。しかも、紅ちゃんの特性が無くなれば、第4班だってこれ以上の切り札は無い筈。ミサイルはあと一発残っていますけど、きっと…きっと何とか出来る筈…!! アレキサンダー先輩の戦い、しっかり見届けましょう!

Re: うーん・・

 ひろとん様、こんばんは。
 確かに、ロシア班側も思惑があって、プランδに協力し、他国を裏切っていますね。
 …だから、あまり肩入れ出来ない、というお気持ちもお察しします。

> 中国は事情が語られてないだけで悪者扱いでかわいそうです。

 劉将軍の回想シーンでもちょこっとミンミン副艦長が出て来たり、相当ゴキに対して憎しみを抱いているのは間違いないので、何かしら事情については今後語られるのでは、と思います。
 彼らにも、色々と事情はありそうですしね…。

> やっぱり人間対人間はイヤですね。
> 早く対ゴキブリ戦に戻ってほしい。。

 同感です。元々、人間同士結束していても分が悪そうな戦いだというのに、ここでいつまでも人間同士戦って消耗しあって…というのは、やめて欲しいものです。

Re: 気になる点

 アドバンス様、こんばんは。

> アレキサンダー先輩がこういう行動に出る事は分かっていたのに止められなかった自分自身に対しても言っているように感じました。

 その発想はありませんでした…!! なるほど、確かにそういう意味で言った言葉だったかも知れませんね。

> それにしても先輩の回想でのアシモフ隊長の娘さんは、なかなかの男前でしたね(笑)彼女もレディという名の漢に相応しい言動で、この父にしてこの娘ありって感じでした(笑)

 はい、私も思いました!! かなりの女傑です(笑)
 凄く好きなタイプの女性です…。。「5000%、無理です」いきなりイケメンにナンパされて言える台詞じゃないですね…(^^;)
 遺伝子レベルで一目惚れ、と併せて、テラフォ史上でも屈指の名台詞だと思います。

> 柔道経験者だけあって、孫にヤワラ(ロシア語で何て言うか分かりませんが)って名付けるつもりなんですかね(笑)
 
 …もしかしてそういう事なんですかね…?(苦笑)
 先輩は何か困った顔をしていますが。。このシーンを見ていると、とにかく、お孫さんも無事に産まれている事を願ってやみません…。

> あと、劉将軍の「もうひとつのミサイル」で思ったのですが、仔ゴキが奪っていった方はどうなっているのでしょうか。

 はい、私も凄く気になっています…。仔ゴキがさりげなく奪っていきましたが…アレをもし、アネックス目がけてどーん!!! とやられたら……。
 研究設備も大破し、残り一カ月は脱出機で過ごさねばなりません。…厳しいですよね…。
 彼らもアネックスは欲しがっているようなので、最終手段になると思いますが、どうしても手に入らなそうだとなったら、それ位はやって来そうな気がします。
 劉将軍の「荷物」も気になりますね。

> でも一番気になる事は、先輩のベースと異名ですね(笑)ここまで見せ場を作っておいて最期まで明かされなかったら先輩が可哀想すぎます(涙)

 はい、ここは是非明かして欲しい&7位ですし、かっこいい異名も欲しいですね。
 次回は巻頭カラーですし、ここで明らかになると期待して待ちましょう。

コメントありがとうございました>ワイアルドさま

 ワイアルド様、こんばんは!

> ついに細菌兵器の根源である紅ちゃんを追い詰めたアレキサンダー先輩ですが、いざ殺そうという時に紅ちゃんと奥さんの姿が重なるとかで結局できなさそう・・・。

 なんとなくその展開が目に浮かんで困ります…。
 今はもう敵の後ろにいる家族が見えてしまっている先輩ですから、まして軍人でもない紅ちゃんの後ろにあるその姿を見て、手を振りおろせるのか…。
 モブは殆ど始末しているので、第4班だってノーダメージという訳ではないにせよ、このまま何も出来ず先輩がやられてしまう展開は、避けて欲しいですね。

> 先輩の回想シーンで、坊主にする時点で娘さんといい関係だったみたいなので、父親(アシモフ隊長)に反対されてただけで、告白は成功して付き合っていたみたいですね。

 そうですね。…又は、最初は父親にグーパンされた時点で諦めるだろうと思っていたら、その後も何回でも来て、髪を坊主にされても更に剃られてもメゲない姿に、次第に娘さんも惚れていった…という展開もあるかも知れません。
 先輩の場合、考えてみたら毛根はまだ残っているでしょうから…確かに、気になるのは頷けますね(^^;)

> 気になるのが、防具服を来た彼らのこれらの生活。これから防護服を来たまま1ヶ月も暮らせるのか?食事やトイレとか色々あるでしょうに・・・。

 私も正直気になります…。このまま一カ月暮らせるの? と。
 それなりに性能の高いものだとは思いますが、流石に着たまま一カ月過ごせる程ではないと思いますし…。紅ちゃんの特性は、どの道諸刃ですね。

 加奈子ちゃんは、一応去り際にゴキ達がバタバタ死んでいるシーン自体は見ているので、そこから、取り敢えず迂闊に近付いたらヤバい、という所を知らせる事は出来ると思います。
 後は、どこまでその情報を元に、相手の「切り札」を特定できるか、ですね…。ミッシェルさんの鋭さなら、きっと…! と期待したい所です。
 ジョセフとも、そろそろ合流出来ていると良いですね。それと、まだ洞窟にいるであろう、第六班の皆さんも……。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR