スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ドック行って来ました。

 こんばんは、星野です。久しぶりに、何と言う事のない日記を書いてみようかと。
 気が付けばそんな年齢になっていまして(笑)、先日、初の人間ドックへ行って来ました。健康保険の補助でかなり安く受けられるとなれば、やはり一度くらいはしっかり診て貰うのも良いかな…と。
 これから受診される方の参考になれば幸いです♪
 オプションで、胃のエックス線→胃カメラに替えてみました。…バリウムがどうしても嫌だったので…。
 流石に人間ドック。細かく見るだけあって、事前の準備もちょっと面倒です。

・検診当日一週間以内の二日間で採便
・検診当日朝一番の採尿
・問診表(胃カメラの人は、別途問診&同意書も持参の必要あり)

 問診表は、意外と時間を食うのでしっかり前日までには記載しておいた方が良いと思います。

 いよいよ検診当日。
 まずは受け付けを済ませて、その後検診着に着替えます。(各検査をする箇所には荷物を置くスペースもありますので、ちょっとした手荷物なら持っていて良いと思います。特に、混雑すると待ち時間もそれなりにありますので、本とか持ってると良いかも…)
 私が受診した検診センターでは、ガウンの貸出などもしていましたが、心配ならカーディガンとか、ちょっと上に羽織るものを持って行っても良いかも知れません。(空調がしっかり効いていたので、私は上着無しでも大丈夫でしたが、結構ガウンを着ている方もいました)

 後は、その日実施する検査の一覧表や問診表の入ったクリアファイルを持って、指示に従って各検査を行います。…検査が終わると、終わった検査にチェックが入ります。ちょっとしたスタンプラリー状態。
 大体、以下の流れでした。

1)簡単な問診&血圧測定(ここでアレルギーとかについても尋ねられるので、気になる事があったら話しておいた方が良いです)
2)身長&体重&体脂肪測定
3)採血(普通の健康診断の採血より多めに取られるので、ちょっと痛かったです…^^;)
4)聴力検査
5)腹部超音波検査
6)肺活量測定(初めての検査でした。全力で息を吐かないと正しい測定が出来ないので注意。私は一度やり直しになりました…^^;)
7)眼圧・眼底検査(眼圧測定は不思議でした。あんな、空気をふっと吹きかけるだけで出来るんだ…と)
8)心電図検査
9)視力検査
10)内科で診察&内視鏡の説明
11)胃カメラ(後で語りますが、結構キツいです…)
12)生活習慣に関する簡単なアドバイス

 朝8:30頃受け付けで、全部終わったのが大体10:45頃。約半日ですね。
 しかし、9)はキツかった……。他の検査は別に何て事ないんですけど……。

 胃カメラは、思ったより時間はかかりませんでした。一度検査室へ入ったら、後はもう流れ作業状態。
 まずは胃の中をきれいにする薬を飲んで、肩に注射(胃を落ち着かせる薬だそうです)をします。その後ゼリーで喉を麻酔。(ちょっと張りついたような違和感ががします)更にゼリーを口に含んで約5分待ちます。
 口に含んだゼリーを吐き出した後は、横になってカメラを入れます。
 …入れる瞬間が、吐きそうになります。ぐえっとなります。

 ここから先は、もうただじっとしているのみ。
 目の前にモニターがあって、自分の胃の中を観察出来ます。…が、正直観察どころじゃありませんでした。

 以下、当時の心の声です。
 うげえおえあああああううううがちょっちょちょちょちょちょちょこれはキツいメッチャキツい、ってか胃の中にこれは食べ物とか入ってたら吐く! 間違い無くリバースカードオープン!!
 …あー、胃の中ってこんな感じなんだー、っていうかこんなん見て病気があるかとか分かるのかなーっていうかそろそろ終わってくれませんかねほんとにキツいんですけど!?
 ていうか喉に麻酔をした意味はァァァ!? 違和感ありまくリングだぜ、俺ー!!

 実際の検査時間は、大体2~3分だったと思います。私は希望しませんでしたが、何か気になる所があって、組織を僅か採取する場合(生検)は、プラス2~3分位かかるそうです。
 正直もうちょっと長く感じました(^^;)
 検査が終わってカメラを抜く時も、少し吐きそうになりました。
 多分、麻酔をしていなかったら、もっと違和感あるんだろうなぁと思います。

 出来るだけ力を抜いて、腹式呼吸を心がけると楽に受けられるそうです。事前にその注意書きは見ていたので、私もそうしてみましたが、少し…は違ったと思います。
 それと、控室では、注意書きで「自分で管を掴んで抜く方がいらっしゃいますが、大変危険ですのでやめて下さい」の張り紙が。…そんな勇者がいるのか、と驚嘆しました。とても怖くて出来ません……。

 喉の麻酔は、大体1時間程度で抜けますが、それまではちょっと気持ち悪い感じが喉に残っています。
 バリウムと違い、後は特に何も無いのですが、何となくその日は食欲が出ず、朝から絶食だったのにあまり食べられませんでした…(^^;)

 次回人間ドック受診の機会では、どちらがより辛いか等々考え、納得して検査方法を選ぶ為にもバリウムの方に挑戦してみようとチラッと思う今日この頃です。出来れば、もっと進化して、後が面倒でないもっと無害なモノになってくれれば良いなぁ…と願わずにはいられませんが……。

 当日の結果は、概ね特に何も言われなかったのですが、一点だけ。
 …なんか腎臓に石があるとか…(汗)
 何かしら出るものですね(^^;)

 確定結果は約二週間後。ドキドキです。


 やっぱり、健康は何にも増して大事です…!!
 皆様も機会があれば、是非逃さずに受診する事をお勧めします。

 以上、人間ドックレポートでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

胃カメラは大変そうだ・・・

星野さん、こんばんは。

初の人間ドック、お疲れ様でした。
診断内容は細かく知らなかったので、レポート内容は参考になりました(眼圧検査とかあるんですね)。

胃カメラとは少し違いますが、今はカプセル型の内視鏡もあるそうですよ。口から飲んで体内を撮影し続け、最後は肛門から出るそうです。

チューブもバリウムも必要ない、使い捨てのタイプで負担が少なくて済むカメラです。ただ保険がきいても、1錠3万円するとか・・・。

胃のような広い個所には不向きで、もっぱら小腸向きだそうですが、人間ドックにもどんどん採用されたらいいですね~。

Re: 胃カメラは大変そうだ・・・

 シエルさま、こんばんは。
 人間ドックレポート、参考になって何よりでした。私も眼圧検査もあるんだなーと驚きました。オプションを付ければ更にもっと色々検査出来ます。正に「人間ドック」の名前通りだなあと改めて感じました。

> 胃カメラとは少し違いますが、今はカプセル型の内視鏡もあるそうですよ。口から飲んで体内を撮影し続け、最後は肛門から出るそうです。

 え、そんな内視鏡もあるのですか!? SFの世界ですね…。テラフォの世界でも普通にありそうな気がして来ました。
 しかし、本当に出てくればよいのですが、万一何処かでひっかかったりして出て来なかったら…と思うと、ちょっと怖いですね…。チューブもバリウムも要らない、と来れば患者に負担は少なそうですが、こちらはお財布の方に負担が…(^^;)
 検診センターによっては、その内オプションで付けられるようになるかも知れませんね。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。