スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YJ新年6・7合併号テラフォーマーズ感想:戦士だもの…。

 こんばんは、星野です。ちょっと間が空いてしまいましたが…そして、その間にキングダムだけではなく、こちらも大きな動きがあったようですね…(涙)
 ミッシェル&燈のタッグマッチ、まずは燈VS.マイマイカブリゴキとの戦いは、次元も真っ青な早撃ちを披露したマイマイカブリゴキの至近距離からの射撃でピンチ!? と思いきや。
 燈はどうやら、服の下にヤンジャンを巻き…自分の糸を張り巡らせていて、致命傷を免れたようです。
 冒頭の武器紹介で再びあの人の姿を見れた事をひっそり嬉しく思いつつ、続きから語ります。
■第80話 FATHER つながり
 まずは冒頭の特集ページから。
 それは、マーズ・ランキング15位以内の者が持てる武器の紹介でした。
 あくまで「一部の」紹介のようですので、アレックスのボールやイワンのガス噴射器に関しては含まれていませんが…いやしかし、皆さんかっこいい!!
 …というか、折角の燈の武器初お披露目回を見逃すとは…(涙)
 どうも「アレクサンドルの計算によって」…という事ですが、どういう経緯で届いたのがますます気になります。
 そしてやっぱり、2位の武器のかっこよさは異常です!!!(いや、かっこいいのは武器だけじゃありませんが…!!)

 さて、勿論6位・燈の武器も素敵です。
 その名も、対テラフォーマー振動式忍者刀
 若干ジョージソードを思わせる刀身の不思議な模様(?)。…そして形は日本刀に似ていますね。何だこの日本風+SFテイストが絶妙にミックスされた素敵武器は! …こういうの大好きです。
 いかにも日本的な武器ですが…どちらかというと糸使い又は徒手空拳のイメージが強い燈だったので、ここで剣か! と意外に思いました。
 燈の使う格闘技は古流柔術、という話だったので、実際は武器全般も使える…という事なのでしょうか。
 戦士よ。汝の名は。「膝丸」!
 左鎖骨に肋骨に三ケ所の骨折。更に内臓もダメージ。
 …まさか、薬を分解できなくて…なんて事にならない事を祈ります。
 しかし、そんなボロボロな状況でも、燈は何故か落ち着いていました。
 一瞬で間合いを取り、構えたその剣術は「膝丸神眼流」
 …それは、燈が捨てられていた道場の名でした。

 燈曰く。
 彼は、その道場の軒下に捨てられていたそうです。英語、日本語、フランス語、中国語、タイ語…そんなあらゆる言葉で書かれた手紙と共に。
 どの言葉でも書かれている内容は同じでした。
「どうかこの子を頼む。この子の名は――」
 そして、その名もまた、どの言葉で書かれても同じもの。
「燈し火」
 それが、彼の名の由来でした。
 彼をその場所に置いた人は、どんな想いをその名に託したのか。…どんな暗闇でも照らす燈火となって、人類の未来を拓く存在になって欲しいという意味なのか。それとも。
 なぜ、ゴキにこんな話をしているのか。…そして何故か、燈の話が終わるまで待っていてくれた(火星のゴキは「待たない」筈なのに…!)ゴキですが、やっぱり話せば解るような生き物ではありませんでした。
 彼もまた、何か変な形に削ったニュータイプの棍棒を手に、燈に石礫攻撃を開始。
 下手に間合いを詰めるより、遠距離攻撃で一気に…という事でしょうか。その攻撃を前に、何故か燈は反応出来ません。下手すればアドルフさんの二の舞に…と冷や冷やしながら見ていますが、そうならないのは、流石に投石よりはスピードが遅いからなのか、それともやっぱり燈の防御力も相当なものなのか。
 それはともかく、カメラは現在、第4班追跡中の日・ロシア連合へと移ります。
 殺す。動かなくなるまで殺す。子も逃がさず殺す。絶対に殺す。
 …嘗て、ここまで殺意に満ちたモノローグはなかなかありません(汗)
 そんな、人間に対する壮絶な敵意。そして異常な進化。
 ゴキ達の持つこの異常な特性は、ある古代のテクノロジーによって、人為的に起こされたものだ。
 アシモフ隊長によると、そんな説が、どうやらあるようです。

 その文明の名は「ラハブ」。地球の文献では「悪魔の本拠地」として名前だけが残っているようです。
 さらに、火星と木星の間に「星」があったのでは…なんていう仮説もあるようです。…確かこの説については、アレクサンドル・グスタフ・ニュートン博士も言ってましたね。
 …そしてそんなオカルト説自体は、割と昔からあったものでした。
 やれ、惑星間を移動する手段を持っているだの。火星の他に金星や月、エウロパなどにも進出しているだの。文明初期の地球にも飛来してその痕跡を残しただの。…よくある「神」が「空から」降りて来る、といったイメージはそうしたものがモデルである、だの。
 そんんあ、よくあるオカルト説で済まされていた…と思いきや、どうもその説が信憑性を帯びてきました。
 何故なら、火星に例のヤツらがいたから…。

 火星には「進化を操る装置」のような遺産(もの)があり、そんなものを造れるとしたら、かつて神と呼ばれたラハブの者くらいしかいない。
 アレクサンドル・グスタフ・ニュートンはそんな仮説を立てました。
 その「仮説1」に関しては、ロシアの大統領も密かに指示しており、密かに支援をしていました。
 その「遺産」を止めてこの争いを終わらせるか。
 遺産を奪って人間が更なる力を手に入れるか。

 無論、映画みたいな正義の味方チックな前者ではなく、後者を大統領は狙っていたようです。(…ただ、ピラミッド探索を開始した単行本4巻では強調文「ラハブの遺産を停止させる」とアシモフ隊長は言っているので…この辺はちょっと気になります。娘&孫を救う為に世界中を敵に回すと言っても、大統領とは密かに違う思惑で動いているとか…?)
 …ここで、アシモフ隊長は「後者が第一希望」と言いました。
 若干、何か引っかかりますね…。
 小吉の目も、アシモフ隊長の口許アップも。
「結論から言うと、仮説1(それ)は外れた。そんな便利な遺産(もの)はなかった」
 そしてこの言葉も。…「何もなかった」ではなく「遺産はなかった」と言っているので、嘘は言ってないよ、という事なのでしょうか…それとも、やはり「そんな便利なもの」を見つけているけど隠しているという事なのか…。
 アネックス1号の研究施設も使いたがっていましたし。「何か」を手に入れたのは間違いないでしょう。
 それはともかく。
 アシモフ隊長は、人類は今まで数多くの他文明を滅ぼし奪って来たけれど、今回ばかりは滅ぼせないし奪えない、と言いました。
 何故ならそれは、既に滅んでいるから。
 この火星(ほし)は、たった一つの大きな"誤算"と、何も持たずに置き去りにされた彼らの悲哀で出来ている…と。
 誤算とは何なのか。
 …そして、進化した一部のゴキを除き、何の感情もないゴキ達に「悲哀」という言葉が使われたのが印象的でした。

 ……それは今、石攻撃を絶賛喰らいまくり中の燈も感じていることなのでしょうか…。
 彼は、何故、いきなりゴキに色々と自分語りをしたくなったのか。その理由を唐突に理解しました。

 僅か20年かそこらで、これだけの進化を遂げ、これだけの力を付け。
 こいつら、戦士だもの。
 20年に一度やってくる謎の強敵を倒す為だけに、休まず磨き続けたのは、外的からこの火星(ほし)を勝ち取る為。
 それは戦士として尊敬すら感じるものでした。

 燈はそのまま、折角構えた忍者刀を杖のようにして、身体を支えながら一歩、また一歩とゴキに近づいていきます。…一体何をするつもりなのか…? ここで入るナレーション。

 いわゆる「スポーツマンシップ」という言葉が舶来する遥か前のこと。
 古流剣術には、些かかっこわるい技も多数存在していました。
 それは「疲れの太刀」とか「爺婆の剣」なんて燈の流派では呼ばれています。
 
 …っていうかなんかもう絶命的な顔してるんですが…大丈夫か、燈!!

 彼は、最初は苗字を名乗るのが苦手でした。
 燈という名前はともかく、「膝丸」という苗字は親から貰ったものではないからです。
 
 ――しかし。

 見開きで描かれた刹那の間。
 トドメの一撃を与えようとしたゴキの攻撃を受け、そして斬ったその鮮やかな太刀筋は、今はそうではないと示しています。
 この見開きはカッコイイ!!!
 また、つまらぬゴキを斬ってしまった…。
 刀を杖にして息も絶え絶えな様を装い、すれ違いざま全身のバネを使い、敵の攻撃を「受けて」「斬る」。それだけと言えば、それだけの技。
 スポーツマンシップ? 何それ美味しいの?
 そんな言葉が聞こえそうな技ですが、そうした技を一つ教わる度、彼にとって「膝丸」という苗字は誇りになっていきました。
 それは、何処で産まれたかも分からない燈にとって、「つながり」だったから。

「かっこいい名前だね」

 化け物、妖怪野郎と苛められていた燈に、おにぎりをくれた百合子。
 百合子の人形を直してくれた桜人。

 燈が大切に想うその二人が揃ってかっこいいと言ってくれたのは「ヒザマル」というその苗字。
 それを素直に誇らしいと思える事が、彼にとってどんなに尊い事か。

「………済まんな。ゴキブリ(おまえ)に、俺を殺してでも勝ち取りたいものがある様に―――。俺も これ以上失う訳にはいかない。……だから、恨みっこ無しだぜ

 振り向いたその先のマイマイカブリゴキは、綺麗に一刀両断されていました。
 …完勝…と言うにはちょっとボロボロな状態ではありますが、戦士・膝丸燈、鮮やかに勝利!!!

 次回はいよいよ、もうキレてるミッシェルさんの出番です。
 爆殺も圧倒的筋力で解決してしまうパラポネラゴキ…。果たして、どう戦うのか!?
 圧倒的大勝利を信じつつ、次号!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めてコメントさせて頂きます。

毎回ヤンジャンのあと更新をチェックしながら楽しく読ませて頂いてます!(テラフォのみですが。)

ヤンジャンは移動中に、さらーっと読んでしまうので、こちらの解説で、なるほど!と思いながらコミックで再確認するサイクルが出来上がってイマス。
お忙しいことと思いますが、今後も熱っっーい解説とディープな分析をよろしくお願いします。

最後に一つ質問があります。
もしテラフォの実写化があれば、希望する俳優は誰でしょう。
ワールドワイドにお願いします!

あれこれ失礼シマシタm(_ _)m

前回の年越し号のテラフォは熱かったですよ!アレキサンダー先輩がヤバすぎる回でした!

ゴキ…

星野さま。お忙しい中、更新ありがとうございます。

何も持たずに置き去りにされ、20年に1度強力な武器を持ってやって来る異生物に対抗するため、子供に読み書きを教えるなど必死で強くなろうとする…。


ゴキ達、めっちゃ主人公属性ですやん。

No title

こんばんは。

マイマイカブリゴキの袴といい、構えといい、
完全に武道なのですが、どこで習得したのか気になります。
打撃系はティンや小吉と戦った進化したゴキから習う事も可能でしょうが、
それとは別物の動きに見えます。
独自に編み出したのか、
中国班が武道に関する情報も教えていたのか、
バグズ2号の乗務員が持ってきていた本の中に武道関連の本があったのか・・・(容疑者、小吉)。

あと燈の専用武器の件で、専用武器が必ずしも携帯可能なもので無い事が判明しました。という事は、例えば、アシモフの武器の大物だったら、対劉将軍戦で武器を使わなかったのも、使わなかったのではなく手元になかったら使えなかったという事であれば、納得できます。
想像ですが、巨大な鉄球とかそんな気がします。

さて、次はミッシェルさんの番です。
ミッシェルさんの専用武器が出るのか期待。

星野さん、キングダムの感想を見てファンになりました!

唐突ですがっ!質問いいっすか!

YJのグラビアがはずかしくて買えません!男ですがどうしたらいいですか!?!

コメントありがとうございます>ogawaさま

 ogawaさま、こんばんは、初めまして(^^)

 テラフォ感想、いつもお楽しみ頂けてうれしいです。
 はい、今後も熱く語っていきたいと思います♪
 テラフォに限らず…なんですが、基本的に漫画の実写化は考えられません(反対派です…)
 なので、ご質問にはお答えできないです。。すみません。

 しかし実写化するとなると、ゴキがどうなるか、は気になりますね……(汗)

コメントありがとうございました>くろねこさま

 くろねこさま、こんばんは。
 …え、アレキサンダー先輩が…!? 燈の武器キャッチは、彼が何か仕込んでいた、という事でしょうか?
 それは熱いですね…! 重ね重ね、惜しい事したな! と思います…。。

Re: ゴキ…

 でそうざさま、こんばんは。

> 何も持たずに置き去りにされ、20年に1度強力な武器を持ってやって来る異生物に対抗するため、子供に読み
書きを教えるなど必死で強くなろうとする…。

 この文章だけ見ると、ほんとにすごい主役属性ですよね……ゴキ達って。
 でも話し合えない、理解しあえない、とにかく「敵」。
 それがまた、更に悲哀を感じますね。それでも、やっぱり敵は敵。ミッシェルさんには是非、爆殺をお願いしたい私がいます…(^^;)

No title

お久しぶりです。コメント2回目です。でも毎回チェックするの超楽しみにしてます。

さて、今回も熱かったですが、前回が(くろねこ様もおっしゃってましたが)冗談抜きでヤバかったです!!
正直年越し号のたった一話だけで、昨年アドルフさんの活躍丸々一個分読み終えたときと同じくらいのテンションでした。
いまネット上でテラフォのキャラ人気投票やったら、アレキサンダー先輩ガチで2位くらいに入ってもおかしくないと思います。(一位のアドルフさんは不動)
ちなみに読み逃した場合はAmazonという最終手段がありますが、4・5合併号は取り寄せる価値は十分すぎるくらいあると思います。

コメントありがとうございます>モフモフさま

 モフモフさま、こんばんは。コメントありがとうございました!
 本当に熱かったようですね…! アレキサンダー先輩の活躍が早く見てみたいです。
 
> ちなみに読み逃した場合はAmazonという最終手段がありますが、4・5合併号は取り寄せる価値は十分すぎるくらいあると思います。

 そうですね、あとちょっと大きいマンガ喫茶とかだとちょっと前までのバックナンバーなら取ってあったりするんですよね…。
 一応、春には読めそうな目途がついておりますので、それまでちょっと待とうかと思っています。。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。