スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー蟹座タイム!!!

 こんばんは、星野です。
 最近、蟹鍋が美味しい季節のせいか、私の中では蟹ブームが…(笑)いやもう、デストール姐さんが良い味出し過ぎてて(笑)
 オレ…星矢大好きだし、原作も全巻文庫本だけど持ってます! OVAもハーデス12宮編は全巻持ってます!!
 カノンの名台詞「だぜ!!」とか、老師や蟹座の黄金聖闘士がのりピー語を使ってた事とか、氷河のマーマの船を沈めた黄金聖闘士が、雑誌掲載時は蠍座だったのに単行本収録時には水瓶座に直ってたりした話も知ってます!!
 …でも…実家に文庫本置いて来ちゃって…!
 原作の蟹座の姿がほとんど拝めなくて…。NDやLCは、単行本数少ないから(※LCは8、12、13巻、外伝は2~4巻のみ所持)持って来てるんですけど…!!

 …という状況ではありますが。
 今回は蟹座についてちょっと色々語ってみたいと思います。
■原作聖闘士星矢の蟹座・デスマスクについて
 何かとネタにされることの多い彼ですが…。
 どこか愛すべきキャラで、憎めません。実家に置いて来ちゃったと言いつつ、やっぱり蟹座を語るなら、まずはデスマスクから語ってみたいと思います。
 思いっきり悪役全開な彼でしたが、中途半端に改心したりせず、あくまで自分の持論を貫き通したまま散ったのが好きです。…例え聖衣に見放されても「すみませんでした改心します」となる訳でも、自分の道を悔いるでもなく。ある意味、わが師が言った「男なら、一度決めた立場を貫き通せ」を地で行った人だなぁ…と。
 そこが魅力です。
 あじゃぱーを始めとして、マンモス哀れな扱いの数々をされていた彼ですが…。
 最後、嘆きの壁に集結したその時は、まぎれもなくアテナの聖闘士だったのでは、と思います。
 正義の人かと言われると、正直どうしても疑問符は付くのですが………(^^;)
 少なくとも、彼なりの信条の下に戦っていた人なのではないでしょうか。紫龍と戦った時は、あまりのド外道っぷりにとうとう聖衣にまで見放されてしまった訳ですが、少なくとも見放されるまでは普通に黄金聖衣を装着して戦っていた事を考えれば、彼の中は決して悪一色ではなかったのではないか、と。
 …なので、OVAではアフロディーテ共々、ちょっとフォローが入っていて嬉しかったです。
 シオンが黄金聖闘士達を集めて「裏切り者になってでも、アテナの聖衣の事を伝えるぞー!」と演説しているシーンで、「へっ…こういうのは俺がお似合いだぜ」みたいな表情で軽く鼻の頭をさすってるシーンが好きだったりします。
 それと、必殺技。
 …原作の彼は「積尸気冥界波」オンリーでしたが、何気にこの技名は、私の知っている車田作品の中でも屈指のカッコ良さだと思ってたりします。
 何気に、蟹星座の星に因んだ名前ですし。そのせいもあってか、蟹座と言えば、やっぱり積尸気冥界波…! なイメージの私です。
 ちなみに、小説版の「ギガントマキア」では、彼の弟子が主人公として活躍しています。チョイ悪で色々無茶フリはしつつも、良い師匠としての一面も持っていたのかな…? とチラッと思います。

■NDの蟹座・デストール姐さんについて
 お別れか…と思ったら。
 なんかすごい元気なんですが!! ボヨヨ~~~ンて(笑)
 一輝兄さんが「不自由だろう」とか微妙な突っ込みを入れていますね。いや、もう不自由なんてモンじゃない気がしますが…(^^;)相変わらず、一輝兄さんらしからぬレアな表情を見せてくれてます。こんな表情をさせるなんて、デストール姐さん、マジ只者じゃありません。
 しかし、まさかあの状態のままハロのように跳ねて一輝兄さんと獅子宮を目指すとは……。せめてウィッグは付けても良いのにと思いますが、もうすっかりあの状態が気に入ってしまったようで…(^^;)
 正に底知れぬ実力!!!(笑)
 積尸気冥界波は勿論の事、ピーチアタックや桃爆等、素敵な必殺技の数々を披露し、漢気もしっかり魅せてくれた御姐さん。こちらもまた、素敵な蟹座です。
 でも、蛇は苦手。…そんな新たな可愛さを見せてくれました。
 でも兄さん…。ブチッといっちゃいましたが、大丈夫でしょうか……。
 何か、かなり尊い御使いみたいですが………。
「この聖域で、アテナ以上に高貴な存在などいない」
 何となく、兄さんがこんな聖闘士の鑑みたいな台詞を言うと、新鮮な感じです。
 一方、シオンの前にも例の蛇が。
 ……いよいよ、蛇遣い星座の黄金聖闘士が復活するみたいですね…。ここで次シーズンまで待機とか、結構キツいです(^^;)出来るだけ早めに再開して欲しいなぁと思います。
 そして、聖域激震! という状況の中で、デストール姐さんが一体いつまであの状態なのかも気になります。
 まさか、今後は桃爆だけで戦っていくのか…!?(笑)
 でも、今回見事にこの上無い散り際を回避しましたので、少しでも長く生きて欲しいと思います。

■LCの蟹座・教皇セージ&マニゴルド師弟について
 こちらのLC特集記事でも語ったのですが…。
 やっぱり、この二人は熱い!!!
 元々、教皇セージ&兄のハクレイのスーパーじじいコンビが大好きな私です。
 ハクレイの豪快な壮健っぷりも大好きですし、セージの厳しい中にもある静かな慈しみの心もまた素敵。
 特に「神の一手先を読んでこその教皇!!」は、最っっっ高にアツくてカッコイイ台詞の一つです。

 …しかし、あの綺麗なサラサラのロン毛に蟹座聖衣のマスクは、若干似合ってない気はしましたが…(^^;)
 アニメでも原作でも、めちゃくちゃかっこ良かったです。美形蟹座。

 そして、そんなスーパーお爺ちゃんズの片割れ・セージの唯一の愛弟子マニゴルドさん。
 惚れました。…改めて単行本読み返して、泣けました。兄貴と呼ばせてくれ!!!
 オカマさんをブチのめした後、テンマ達と再会する事なく…というのが残念だったのですが、アニメだと少しだけ補完されていて、テンマの処にお別れを言いに来るシーンあったのが嬉しかったです。(アニメでは、LCの前の時代の聖戦であるセージやハクレイが現役の聖闘士だった時代も描かれていたり、嬉しい補完がちょこちょこありました。セージ&マニゴルドの修業時代も少しだけ追加されていて嬉しかったです)
 あのままチョイ悪な良き兄貴分として、もう少しテンマ達と一緒に戦うシーンも見たかった気がします。
 
 そしてタナトスとのバトルのシーンは、何度見ても泣けます…。
 散々書いたのですが、やっぱりあの、神を相手にしても不遜な態度を崩さないマニゴルドが、セージに対しては本当に心を許して慕ってる感じがツボです。「俺の師匠ぶっ飛ばしてんじゃねぇよ」と一発入れるシーンとか、最高にハイでした。…どんだけお師匠にデレてるんですか!!
 セージの方も、「お前がやられたのはお前の実力よ」とか手厳しいことを言っておきながら、その直後に「もっとも、お前だからその程度ですんだのかもしれんがな」とすかさずフォローを入れてる辺りから、信頼しているさまが伝わって来ます。
 テンマの護衛はタナトスをおびき出す為の囮みたいな形となった訳ですが、師も弟子も、お互いそのリスクも何もかも納得づくでやってる感じがまたイイです。
 師匠の悲願の為に、どんな危険な任務だろうが飄々とこなしてみせる弟子と、そんな弟子の腕を信頼して任せる師匠。何という強固な絆…!
 タナトスの攻撃からセージを守り、黄金聖衣が半壊する程のダメージを受ける中、走馬灯のようにその脳裏をよぎる過去。廃墟と化した村の中、セージに見出されて聖域へついていくシーンはほんの数ページでしたがLCの中でも屈指の名シーンだったと思います。
 自分の命さえも「塵芥(ゴミ)」と言い切り、殺すならサクッとやってくれ、と絶望を滲ませた笑みで呟く少年に、自分も屈んで目線を合わせるセージ。
「…以前、同胞が多く斃れた。その様は、見ようによっては塵芥のようであったかもしれん。だが 私は彼らの極限の…必死の生を知っている。私にとっての命とは、塵芥などでは決してない。もちろん、お前の命もな」
 静かにそう語る姿に、深海のように深く、宇宙の如く広い慈愛を見た…!!
「じゃあ なんだ…? 塵芥(ゴミ)じゃなかったらなんだよ!!」
「宇宙よ。我々一人一人の命はちっぽけでも、それぞれが宇宙の一部なのだ。それを理解し 感じ、燃焼させれば、命は輝くことができる。誰でもな」

 そっと頭を撫でる優しい手と、それを振り払いながらも涙を流す少年マニゴルドの横顔に、彼が好きで「命は塵芥」などという考えに至った訳ではないというのがよく伝わって来ます。
 アニメでもこのシーンは凄く再現度高くてツボでした。また、アニメで追加されたシーンにもあったのですが、そっと弟子の頭を撫でるセージの図が凄く好きです。
 何故か、青年に成長して黄金聖衣を受け継いだ後になっても、時々こうやって頭を撫でられてはテレッとなってる姿が目に浮かびます。…いやもう、二百数十年生きている人からしたら、二十代前半の青年なんて、もはや子供も同然なんだろうとは思いますが(^^;)
 外伝4巻でも、「命は宇宙だってな!」と言い切ってみたり、しっかり師匠の教えを受け継いでる感じが素敵です。(4巻の中表紙、巨蟹宮で月を眺める師弟の姿も好きです。時々ああやって語らったりしてたのかなぁ、と…)
 タナトス相手でも基本冷静なセージが、弟子の事となると凄く熱くなる処もいいですね。
 最後の最後。
「あんたについてって良かった…!!」
 最高にイイ笑顔(この笑顔は、LC全シーン通してベスト3には入るイイ笑顔でした…)からの、師弟によるW積尸気冥界波。そして。
「これで、あんたも塵芥だな」
 遺された蟹座の黄金聖衣を見たセージが、声にならない叫びをあげるあの表情がまた凄まじい。
 二百数十年も生きていて、唯一の弟子だった…という話なので、それこそ息子みたいに大事に思ってたんだろうと思うと、もう。
 ここで、「聖衣よ!! 元の主の所へ帰りな!!!」と、自分の意思で聖衣を外してるのがまた泣けます。
 結局、セージはこの蟹座の黄金聖衣を装着はしませんでした(代わりに祭壇星座の聖衣を着ていました)が、これはこれで良かったのだろうと思います。
 確かにセージは前の蟹座の黄金聖闘士でしたが、元の持ち主もへったくれも、もうこの時代の蟹座の黄金聖闘士は、紛れもなくマニゴルドだったのだろうな…と思うので。
 それでも、せめて蟹座の聖衣だけは消さずに遺す為に外す所とか、最後の最後まで、師匠と一緒に燃やし尽くした命だったなぁ…と(涙)
 タナトスを封じるシーンでも、最後に口に出して言った台詞は、二百数十年の悲願を果たした事への満足ではなく、「マニゴルド…お前を死なせてしまった…!!!」そんな台詞になるというのが泣けます。
 いつもは黒い法衣を着ていたセージが、この時は白い法衣で来たので、死に装束的な意味合い=自身は刺し違える位の覚悟で来ていたのでしょう。でも、弟子には生きて欲しかったのだな…と思いました。
 ただ、師が望んだ形とは違ったかも知れませんが、少なくとも彼は確かに命を燃焼させ、輝かせて生き抜いたのでしょう。
 8巻の表紙はめっちゃ好きです。
 背中合わせに不敵な笑みで戦う蟹師弟。また、セージは銀髪&緑の瞳という素敵なカラーがツボでした。
 
 それと、LCでも積尸気冥界波の他、いくつかかっこいい技がありましたが。
 何気に私はアクベンスが大好きだったりします(笑)…ええ、まんま、蟹爪ですが。かなりエゲつない技ですが。
 あの技も、やっぱりお師匠から教わったのだろうか…とか思うと、何か妙にドキドキします。

 セージ様は御年二百数十歳というご高齢にも関わらず、妙に色気がある綺麗なお爺ちゃんなので…。(^^;)あの法衣姿でアクベンスを教える姿とか想像すると変な小宇宙が燃え上がりそうです。

 師匠は師匠で豪奢で露出度ゼロな法衣にも関わらず、妙に身体の線が出ている所に、999のメーテルのような色気を感じますし。
 弟子は弟子で、後ろ姿を見るとうなじが丸見えな黄金聖衣姿が妙に色気があったり。
 揃って熱い漢気と色気を漂わせてる所も、素敵な師弟だと思います(笑)

 って、最後に何か変なこと言いましたが、トドのつまり、この師弟、大好きです。
スポンサーサイト

テーマ : 聖闘士星矢
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

更新お疲れさまです、ジャレッd、、、もとい、星野さんw


こうやって3代4人をまとめて見てみると、色々な意味で個性的な星座ですね〜。技の特性も相まって、牡羊座や乙女座と同じく他の黄金聖闘士とは毛色が違う気がします。

教皇セージを除けば、現役の蟹座で技以外に共通しているのは心の強さでしょうかね。星野さんも仰られているように、デスマスクの主義といい、姐さんのこだわりといい、マニゴルドの行動力といい、誰一人として自分の行動に疑念を挟まず、徹頭徹尾やりきっているイメージですね!あのシャカでさえ迷いが生じたと言っているのに。。。もっと蟹座の活躍が見たいです。特に姐さんのww

再開が待ち遠しいですね!!

コメントありがとうございました>ぎがほさま

 ぎがほさま、こんばんは!
 …確かに、ちょっと毛色が違う星座だなぁ、と思いますね。何より、冥界に飛ばす技、という、聖闘士でありながらちょっと冥界側に近い技を使う…というのがまた、なんともいえない危うさも感じさせるというか。

> 教皇セージを除けば、現役の蟹座で技以外に共通しているのは心の強さでしょうかね。

 私もそう思います。
 技の質が質ですし、そういう技を使いながら、心を「あちら側」へ持って行かれず、聖闘士として戦うって、何気に相当強い精神力が必要では…なんて思います。勿論、他の黄金聖闘士達も、心技体、全てにおいてトップクラスの強さが必要すが…。

>もっと蟹座の活躍が見たいです。特に姐さんのww

 同感です(笑)
 しかし、黄金聖衣は何処へ行ってしまったのでしょうね…。桃爆やピーチアタックも素敵ですが、姐さんの放つ積尸気冥界波も拝みたいなぁと思います。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。