キングダム&YJ感想色々と…

 こんばんは、星野です。
 アニメジャパン2014にふらっと行ってまいりました。…正直、あの人ごみで思った以上にLPを削っただけで、あまりこれといった戦果はありませんでした。(等身大ゴキとかいた? みたいなんですけど…なんかあの…広すぎる会場で結局小冊子を配ってるところ位しか見つけられず…)
 しかし、ふと見かけた聖闘士星矢のブースで、6月上映のLegend Of SunctuaryのPVを見られたのはめちゃくちゃ燃えました…!!
 星矢、沙織さん、それに黄金聖闘士のお兄さんたちのキャラデザ、そして展示されていた等身大のサジタリアスの聖衣、めちゃくちゃカッコよかったです!!! 正直、キャラデザもかなり変わっている&CGですし、どうしようかなあと思っていたのですが…実際に動く映像を見ると、思った以上に凄い美麗&ド迫力の映像だなあと!! 沙織さんを抱えながらサジタリアスの矢を番えるシーンがなんかすごく気になりました。…アレ…? 12宮編にこんなシーン無かったよね…? と。それと、我が師VS.氷河の、オーロラエクスキューションの撃ち合いに全小宇宙が燃えた…! なんと美しい描写。…っと、この辺にしておいて。

 …すみません、ちょっと多忙の為、色々と駆け足で感想を語りたいと思います。
「バルセロナの太陽」、最初は何となく読んでいたのですが、「銀河の世代」とかその他様々な素敵なネーミングが、ちょっと楽しみになって来ました(笑)
 以降、「キングダム」共々ちょっとずつ語りたいと思います。
■キングダム 第380話「私情と戦略」
 王賁と信、二人のライバルの関係、そして、とうとう王翦との親子関係もクローズアップされそうな今回の対魏戦線。
 魏国側にも新たなライバルが現れそうな気配がする中、騰に要請され、援軍として参戦した飛信隊と玉鳳隊。相変わらず仲の悪い二人を「乳繰り合うのは本番が終わってからだ」と素敵な台詞で軽くいなす騰。…既に王騎将軍の後継者として十分な、流石の貫録&器を感じます。
 …乳繰り合うのは本番前じゃ…ゲフゲフというのはともかく。
 今週号は、今まで今一つ活躍の機会に恵まれていない王賁のターンが巡って来ました!!
 そして、何だかいつも以上に羌姐が美人&唇が色っぽかった気がします。

 しかし…。
 魏国側にも強敵が現れ、攻めあぐねているが故に、現在対趙戦線の「拡陽」に布陣している王翦軍への援軍を要請しようとする騰に対し、「絶対にやめろ」と敬語もへったくれもなく進言する王賁。
 …王騎将軍の事も良く思っていなかっただけに、やっぱりその軍を継いだ騰に対しても、どこか複雑な感情を抱いているのでしょうか…。

 それを「私情だ」と断じる隆国。
 …そして、信…。「しじょー」はさすがにやめようぜ!!(笑)
 最近、大分色々と大人びた振舞や考え方をするようになて来たなぁと思いきや…こういうのを見ると、安心するような、いやでもそろそろ卒業して欲しいような、複雑な心境になります(苦笑)

 それはともかく。
 王賁は、王翦軍への援軍をやめるようにいったのは「私情」ではなく、あくまで「戦略」と言います。
 しかも流石に王賁。それには無論、ちゃんとした「理」がありました。

 現在、秦軍が攻めようとしている著雍は、秦が中華へ出る為の要となる地です。
 しかし、王翦が守る拡陽も又、趙が密かに秦東部攻略への楔として狙っている地でもありました。
 王翦が援軍に来る事で手薄になった拡陽が万が一陥落するような事になれば、そこから趙は次第に南下。やがては秦が現在狙っている著雍どころか、あれ程の苦闘の末に奪取した山陽に至るまで、一気に強奪することが可能となります。
 軍師の貂や騰軍参謀の隆国にさえ、思いつかなかったこの構図。
 そんなに都合よく行く筈は無い。まして、著雍・山陽は、趙にとっては飛び地となる領地。そんな場所を必死に強奪した所で一体何の利がある…というもっともな反論をする二人に対し、「取った領土を魏に売る」という選択肢は十分にありうる、と王賁は言います。
 元々合従軍を興したのだって、秦の中華への「王手」を防ぐ為のもの。
 そうした経緯があれば、それなりの対価で魏が趙からその2つの領土を買う、というシナリオは十分に考えられます。

 …但し。
「呼ぶなと言った言葉の中には、多少 私情も入っている」
 ぽつりとそう呟いた王賁の胸の内。そして、そういう事を認められるようになった所を見るに、昔程のとげとげしさが大分無くなって、彼も大人になっているのだなぁ…と感じました。

 ――騰は、そうした私情がある事を考えても、十分に考慮するに足る事態だと判断。
 それでも、著雍が取れなければ、中華への道が開けない…となれば、やはり援軍を呼ぶしか? となったその時。
 王賁は「取れる」と言い切りました。

 魏軍の布陣は、周辺の地形も含めて「要塞」とも呼べる程の一部の隙も無い守りを誇ります。
 しかし、王賁曰く、うっすらとでも「弱点」があると。
 南西・北西の一端と、川の先にある一点。…そこは遮蔽物がある関係で、どうしても他の場所より伝達・援軍に遅れが出ます。
 むろん、それはほんの僅かの差。
 それぞれ「一点だけ」を撃破した所で、大した効果は生まれません。しかし、「三点同時に」撃破したならば。
 
 王賁が作戦は、なんと自軍も複数に分け、その僅かな弱点である三点を「同時に撃破する」という非常にリスクの高い作戦でした。
 無論、そこには飛信隊も参加するのでしょう。
 羌姐が今週、特に台詞も無いのにちょこちょこアップになっていたのは、彼女も何かしら活躍するという事なのか、そこも気になりますが………。

 なんだかんだで嫌いあってても、王賁を心配してみたりする信はいい奴です。
 そろそろ、王賁にも普通に「信」と名前で呼んで欲しいと思います(山陽戦では、一瞬だけ「し…」って呼びかけた時があったのに…!)

 そして、あくまで援軍を要請して来ない騰軍の動きに対し、「珍しく王翦様の読みが外れた」と評する部下達。
 王翦は相変わらずノーコメントでしたが、息子もその著雍攻略戦に参戦していると知った時、その心中はどんな気持ちなのでしょう。
 今回の戦いは、王翦、王賁親子の関係や、王賁本人の活躍も楽しみに見つめていきたいと思います…!!

■バルセロナの太陽
 すみません。
「銀河の世代」を見た時、某バスケ漫画の事がチラッと脳裏をよぎったのですが、もう何か色々と、ここまで来るといっそ清々しいぜと思いました(苦笑)
 この上は、このグレイテスト・エクリップスをかましたくなるような素敵なネーミングの数々と、出てきた人達のうち、何人と戦えるかという所を楽しみに、見守っていきたいと思います。

<ここまで出てきた素敵なネーミングまとめ>
・銀河の世代(ギャラクシーエイジ)
・太陽神(アポロン)のパス
・波乗り流れ星(ライドオンシューティングスター)

<正直、ちょっとイラッとする太陽君語録>
・メラッと燃えるぜ…!
・アハハのハ

 今後も増えていく事を楽しみにしたいと思います(笑)

 …サッカー漫画と言えば、やっぱりジャンプでは「キャプテン翼」。マガジンでは「Jドリーム」が好きだった(途中までで力尽きましたが「シュート!」も好きでした。「トシ…サッカー好きか?」は忘れられない名台詞。それと、闘将・神谷主将がめっちゃ好きでした…)私です。

 どうしても、一部の天才的キャラばかりが…となりがちなんですけど。
 この手のスポーツものって、そこまで才能がなくっても、努力して、自分に出来る事でチームに貢献する、割と地味めな人も好きだったりします。なので、たまにはそういう地味系のキャラ視点の作品って無いものだろうか…と思わずにはいられません。漫画としては華がありませんし、難しいとは思いますが(^^;)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもご苦労様です。
サッカー漫画ですが、週刊少年チャンピオンで連載中のAngel Voiceがおススメですよ。
系統的にはサッカー版スクールウォーズですけど非常に丁寧にサッカーを描いています。

更新お疲れ様です!

 こんばんは。更新お疲れ様です!
 乳繰り合うのは本番の前では?の突っ込みに、意味が解った後吹きました(笑)。うまいことを言う!
 王翦を絶対に呼ぶな、は印象的でした。僕は、『親父は呼ぶな』か『黒野望100%の男を呼んだら大変なことになるぞ』かなと思ったのですが、軍略的な話でおぉっと驚きました。
 王翦父さんも王噴が陣に入って援軍は呼ばないと聞いて『え?』『ん?』という顔をしていたので展開が楽しみです。多分息子のピンチに王翦が颯爽と現れるのかも。
 

コメントありがとうございました>ペーターさま

 こんばんは、コメントありがとうございました!
 サッカー漫画お勧め、ありがとうございます! サッカー版スクールウォーズ…なんか凄く熱いです…。
 最近はあまりチャンピオンも読んでいないのですが、手に取る時があったらチェックしてみます!

Re: 更新お疲れ様です!

 キートン様、こんばんは!
 絶対に呼ぶな、という言葉の後、冷静に軍略について語った後で、最後にぽつりと「私情も入っている」と語る表情が印象的でしたね。父との関係が改めて気になります。
 そして、軍師顔負けの軍略家ぶりを見せる王賁、まさに万能型だと改めて思います。

>  王翦父さんも王噴が陣に入って援軍は呼ばないと聞いて『え?』『ん?』という顔をしていたので展開が楽しみです。多分息子のピンチに王翦が颯爽と現れるのかも。

 そうなんですよね、王翦もちょっとばかり意外に思っているようですが…息子が参戦と聞いて、何を思うのかも知りたい所です。父子の会話シーンも、近々見られるかも知れませんね(^^)

漢字の国の人なのに

星野さま、こんばんは。お忙しい中、連休に少しは充電なさったでしょうか?

スッゴくできる人なのに、いい感じに力が抜けてて、お茶目な謄さん。私の「一緒に仕事したいキャラ」第1位です。星野さまが謄さんのどんな小さなボケも拾ってくださるので、楽しさ倍増なのです♪

王騎将軍を尊敬しつつ、時々うっすらおちょくってて、それを王騎将軍も楽しんでいたような。あのコントみたいなやり取り、懐かしいなぁ。あれほどの「相方」には巡り会えないかもですが、これからも謄さんの活躍&ボケに期待です!

信って、いつも心の中が「ひらがな」ですね(笑)。そういうところもツボです。
しかし、父と息子って難しいですね。

Re: 漢字の国の人なのに

 サンさま、こんばんは!
 連休は、たまった家事の片づけや色々と予定を入れてしまい、あまりゆっくりは休めませんでした…。。
 もう少し、一日のんびり身体を休めたいのですが(^^;)
 
> スッゴくできる人なのに、いい感じに力が抜けてて、お茶目な謄さん。私の「一緒に仕事したいキャラ」第1位です。

 分かります! 下手に上司になたりすると苦労はしそうですが、やりがいはありそうですよね。
 今回、王翦将軍の援軍なしで、見事著雍を攻略出来ると良いなぁと思います。王賁の策を生かすかどうかは、騰の手腕にかかっています!
 王騎将軍とのやり取り、ほんとに好きでした…。
 あの掛け合いが見られないのは、ほんとに寂しいですね。

> 信って、いつも心の中が「ひらがな」ですね(笑)。そういうところもツボです。
> しかし、父と息子って難しいですね。

 確かに、いつも心にひらがなを(笑)
 私も、「私情」を「しじょー」と言う信がやっぱり好きです(笑)
 父と息子、ほんとに難しいなぁと私も思います。蒙家も色々ありそうですが、王翦と王賁の父子の関係はどうなのか、見てみたいと思います。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR