スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YJ17号キングダム第381話「古い人間」

 こんばんは、星野です。
 先週のキングダム感想はこちらの記事にて「バルセロナの太陽」と一緒に記載しました。
 今週も「アポロンパス」に「一式」「幻影(ファンタズム)」とかいう新たな技が登場してドキドキです。こうなったら108つくらい出して欲しいです(笑)

 …と、それはともかく。
 難攻不落の要塞と化した著雍。果たして王賁の用兵で攻略出来るのか…!?
 今回も新キャラ登場です。
■感想御題:…で、男ですか? 女ですか…!?
 要塞のような魏軍の布陣に対し、ほんの僅かの弱点を三点同時に突く事で突破を試みる秦軍。
 その三軍を担うのは、録嗚未隊、玉鳳隊、そして飛信隊。
 一方、そんな秦軍の動きを見ている魏軍陣営では、新たなキャラが。
 その名も霊鳳。……顔は女性に見えなくもありませんが、胸はぺったんこ。…分かりません。
 何より、この人の性別が気になって気になって…(^^;)

 今や魏軍大将軍である鳳明に対しても、やたらエラそうな態度のこの人。秦軍の今の動きに対し、「騰という男をどう見る?」と、不思議な問い掛けをします。
 この辺、まだまだ信達や王賁達は、このクラスの人達に注目して貰える程の存在ではないのだろうか…と改めて感じました。

 それはさておき。
 鳳明は、考えが読み辛く、頭が切れて武勇もある、そんな風に評価しながらも、一番厄介なのはそこじゃないと言います。では、どこが厄介かというと。

 これまた月並みな表現と思いつつも頷ける「経験」
 王騎将軍達の時代から数多の戦場を駆け抜け、しかも今この時代、秦軍の顔となるべき大将軍の一人として尚、活躍している武将。若い鳳明にとっても、「経験」ばかりは不足しているといって良い要素です。
 桓騎・蒙武・王翦。
 いずれも才覚に溢れた大将軍ですが、その誰にも何かしらの弱点や欠陥がある中で、唯一地に足の着いた将軍。…かつて、王騎将軍と漫才していた頃が嘘みたいです…。この人が、一番地に足の着いた将軍て(^^;)
 ともあれ、そういう将軍こそ「早めに始末しておきたい」将軍。
 それを聞いた霊鳳は満足した表情で、「お前は私の最強の教え子だ」と評価します。その才覚は「私以上」だとも。
 どうやら、鳳明の先生みたいですね。……しかし、合従軍編とかでは何をしていたのやら…(^^;)

 そして、イチイチ盤上のコマをじゃららら…っと倒す姿が妙に気になります。

 さて、その霊鳳先生ですが、どうやら出撃するようです。何故先生が自ら、と不思議そうにする鳳明に対し、霊鳳は「私は古い人間だ」…と、今週のサブタイトルになった台詞を口にします。
 その意味を完全には汲みとれない様子の鳳明。
「戦争とは土地の奪(と)り合いではなく、武将の殺(と)り合いだと見る」
 …その考え方は、王騎将軍が嘗て信達に「有能な武将を殺していく事」が戦争を有利に向ける手段として語ったのと同様だと思いました。
 そしてそんな霊鳳は、「私は著雍を守りに来たのではない。騰を殺しに来た」…そう呟いて出撃します。
 今の秦軍の真意を――王賁の作戦を読めているのかいないのか。
 まるで、騰本人に対して何らかの因縁じみたものさえ感じる行動なのですが…「古い人間」この言葉が、何かしら関わっているのでしょうか。
 自分も含め、ある意味その「経験」豊富な騰もまた、「古い人間」という事で、自分と道連れにしようとでもしているのか。
 いずれにせよ、その出撃が、王賁の作戦にどう影響してくるのかが注目です…。

 そして一方。
 作戦実行が間近に迫った秦軍・玉鳳隊では、王賁の回想で昨夜の作戦会議の様子が。
 信が「何っ」要員になってる…(笑)

 同時攻撃する三隊はどうするのか?
 最初、録嗚未は「騰と俺と隆国」と発言。…貂もそれを「妥当だな」と告げます。
 飛信隊のひの字もありません。…しかも、自分のところの軍師からさえそんなん言われたら、信も「何っ」って言いたくなるのは分かるのですが、王賁が「違う」と答えた時の「何っ」は一体何なんだ…(^^;)
 もう君、「何っ」って言っとけばいいって思ってんだろ!!!(苦笑)
 ていうか、番陽副長ですら、流石にこの発言には肝を冷やしているのか、冷や汗だらだらじゃないですか。
 そんな中、王賁が指名した三隊は「録嗚未隊・玉鳳隊・飛信隊」の三隊。
 王賁は、騰を主攻にすれば敵の目をひいてしまう事から、突破力のある三隊を選んだ、と告げます。
「今 外してる干央の方がお前らより突破力はあるぞ」
 騰がどう思っているかは不明ですが、何せ「王一族本家」の跡取りである王賁。…録嗚未達としては王賁をどう思っているかはちょっと気になる所です。
 ただ、イラッとした顔は見せつつも、ちゃんと根拠を立てて反論する辺り、軍長達の中では最も血の気の多い印象のある録嗚未ですが、王騎軍軍長を務めるその能力は伊達じゃないと思いました。
 この反論は身内の贔屓目という訳ではないのでしょう。
 王賁もそこの所は否定していないようですし。…しかし王賁は、干央は融通がきかない、として却下しています。
 …ここまでずけずけものを言うというのもまた…(^^;)番陽副長がまた、冷や汗だらだらかいてますよ。

 更に一言。
「そういう意味では、飛信隊こそバカの極地だったが、今は人間が増え、それも解消されつつある」
 これだけ色々言われてるのに、相変わらずもしゃもしゃおいしそうにごはん食べてる羌姐が可愛い…。
「ようやくお前も俺らの実力を認めやがったってことだな」
 なんて笑う信ですが、王賁はこれもぴしゃっと跳ね除けました。
「図に乗るな。ここに楽華隊がいれば 貴様らなどただの後方支援だ」
 …と。

 そう言えば、蒙恬は今どうしているのでしょうね。また別の戦線にいるのか、今回の戦いにもまた暫くしたら出て来るのか。
 そして、なんだかんだ、王賁は蒙恬の実力に関してはちゃんと認めてるんだなぁと。
 …尤も、信への辛辣な物言いに関しては、ツンデレも入っているのかも知れませんが(^^;)

 ともあれ、隆国さんがここで一言。
 これだけ広域に軍を散らし、しかも三軍が主攻となると連携を取るのは至難の業。
 それに対し、王賁は「連携は取らぬ」と一言。
 最初からそれを前提としていたからこそ、突破力だけではなく、いざという時に独立して動ける、という所も加味して部隊を三つ選んだ…という事なのでしょう。
 その作戦は至ってシンプル。
 あくまで三軍それぞれが独自に戦い、決め事は一つだけ。
 それは、三日目の昼、日が天の真上に上る刻、三軍それぞれが目前の敵・予備軍を撃破し、魏軍本陣に突入するというもの。…一刻のずれも許さぬぞ、と、完全に指揮官みたいに仕切っている王賁ですが、この状況を特に何も言わずにしらっと許している騰も只者ではありません。(^^;)
 録嗚未は、何しろ騰ですら未だに「騰」と呼び捨てにしていて「殿」とか「騰様」とか呼んでいないのを見ると、特に王騎将軍への思いは強いのでしょう。…それだけに、余計に王賁がこれだけ仕切っているのは面白くないのかも知れません。
 しかし、エラそうに…と思いつつもそれに従っているのは、それだけこの作戦に妥当性もちゃんと見出しているからなのでしょうね…。
 しかし信は「偉そうに」なんて言いつつも、どこか楽しげに笑ってます。
 何というか、それだけ、時代が自分達若手のターンになりつつある事を楽しんでいるようにも見えます。

 もう、「古い人間」の出番はなくなりつつあるのか…?
 兎も角、この王賁の作戦は、見事にハマりました。

 見事に三軍の開戦の息は合い、騰は難なく魏軍中央へと突入出来ました。
 しかし、そこに待ち構えるは鳳明の師である霊鳳。
「………あの旗は…」
 その旗に、何か見覚えがあるのでしょうか…。
 もしかしたら、矢張り何かしらの因縁があるのか!?
 次号、霊鳳のヴェールが取れるようです。…性別もはっきりして頂けると助かります(^^;)
 まさかの、騰の昔の恋人的な人だったりして…いやいや、無い無い(笑)


<追伸>
 今回の王賁の作戦は、飛信隊が千人隊になったばかりの時、楚水さんが信に提案した作戦にもちょっと似ているな…と思いました。
 始めから連携が難しいなら、いっそ連携を取らずにシンプルな決め事だけを決めて、後はそれぞれ独自に戦う。
 千人隊になったばかりの頃、王賁は生え抜きの隊員達と新しく補充された隊員との連携に苦しんでいましたから、その辺りの経験から学んで、こういう戦い方も身に着けたのかも知れません。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

合従軍のエース

星野さま、年度末でお仕事お忙しい中、更新ありがとうございます。

函谷関であれだけしてやられておいて、桓騎には弱点、欠陥があると言ってのける呉鳳明さんのメンタルの強さがハンパない!

そこにシビれる!憧れるゥ!




ジョジョ第3部のアニメもいよいよ始まりますねぇ。

Re: 合従軍のエース

 でそうざさま、こんばんは!
 …言われてみれば、桓騎には井蘭車を燃やされるわ韓将は討ち取られるわ、散々やられてる筈ですよね………。それでいてあのコメント。私も痺れる憧れうゥ! です(笑)
 あれくらいの面の皮は持たねば、武将はやってられないかも知れませんね。

> ジョジョ第3部のアニメもいよいよ始まりますねぇ。

 はい、絵も凄く綺麗ですし、PV見るだけで震えるぜハート! …なのですが…。
 どうも、公式HPの何処を見ても、大好きなイギーの姿が見えないので、少し不安です。(^^;)
 まさか、イギ―のエピソードが全部省かれてしまう…なんてしないと信じているのですが…。

兵力分散

敵が兵力を分散させているなら、こっちは集中運用して各戸撃破すればいいのに。と思った私は凡将。
きっと地形的に大兵力は展開できないんでしょう。

声を聞かせて

星野さま、こんばんは。お忙しい中、更新ありがとうございます。また毎日フィギュアで泣いている間にあっと言う間に年度末。桜も咲き始めましたね。

漫画や小説を読む時、頭の中ではいつも登場人物の声が聞こえているので、性別のわからない場合って結構困るんですよね…自分だけかな?
今のところ、中性的な低めの声で話してもらってますが、これから「男です」って言われたら、脳内の声のイメージ修正に困るかも。
今までの性別不明キャラの場合、初登場時は子供だったり、仮面着用だったりしたので、この問題は発生しなかったのですけどね。
早めに生着替えシーン?などあると助かるかなぁ?

星野さま、新年度もお忙しいのですね。お身体にはくれぐれも気をつけてくださいね!

Re: 兵力分散

 もーさま、こんばんは。
 兵力分散している相手に対し、各個撃破…は、ついつい考えたくなりますよね。
 地形的に大兵力は展開出来そうもないのだろうな…と思いますが、それを補って余りある配置なのでしょうね…。王賁の用兵で突破出来るか、楽しみですね。

Re: 声を聞かせて

 サンさま、こんばんは。
 フィギュアも熱かったですね…!! 真央ちゃんの優勝は嬉しかった…!!
 桜は、今満開ですね。お花見は行けそうもありませんが、電車の窓から桜を眺めるだけでも、春になったな…と気持ちが和みます。

> 漫画や小説を読む時、頭の中ではいつも登場人物の声が聞こえているので、性別のわからない場合って結構困るんですよね…自分だけかな?

 私も、漫画や小説を読むとき、自分でイメージしている声、というのがありますので、中性的かつ性別不明のキャラの場合はちょっと戸惑うかも知れません。
 私の場合、不思議な感じですが、性別がはっきりわかると、また脳内で勝手に声のイメージが変わるというか…。

> 早めに生着替えシーン?などあると助かるかなぁ?

 確かに、これがあれば間違いありませんね!(笑)
 又は、信のように股間に…(ゴホゴホッ)

 新年度からも忙しくなりそうですが、せめて5月のSuperComicCityまでは、ある程度落ち着いていて欲しい…と願っています。
 お気遣いありがとうございます。春は意外と環境が変わる事も多く、体調を崩しやすい時期だと思いますので、サンさまもお身体に気を付けてお過ごし下さいませ。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。