YJ20号テラフォーマーズ感想:ホラ慶次くんも。恥ずかしくないのよ?

 こんばんは。星野です。
 …地球側は…正直、やっぱりなぁ………という感じで、テンション下がったのですが………。
 ハリモグラのお姉さんんんんんんんん!!!
 の台詞があまりにも秀逸でしたので(笑)、思わずこちらの台詞を選んでしまいました。
 何のエロゲだよ…と思いました…ドキドキ………。
■第92話 THE FRONT 0F ARMAMENT 軍事境界線の遥か上
 えー…まずは、冒頭。
 ジョセフが飛ばしまくってます。…しかもなんとあの唐突なプロポーズ、出会って4日目にして早くも言っていたらしく…(苦笑)
(前にも…!?)
 慌ててる燈が可愛いです。
 ですが………。
 今回ばかりは、「ミッシェルさん」ではなく「ミッシェルちゃん」と呼びたい!!!(力説)

「おれの発言は1からZまで本気(マジ)で真実(マジ)です」といきなり騎士よろしく跪いてその手を取り。
「ひっ………」とか思いっきり引いてるミッシェルちゃんがかわいすぎです。…そこまで嫌がらなくても(笑)
 そしてナレーション!!!

 言うまでもなくミッシェルも一人の女である。
 →当たり前だろいい加減にしろ!!! お前までミッシェルさんを兄貴とか呼んだら許さんぞ。絶対にだ!!!

 人間としてのミッシェルはとても義理堅く、筋の通った清い精神を持ち合わせていた。
 →勿論ですとも!!

 ………そんな彼女が、自分と自分の大切な仲間を救ってくれた男に対し、「死ねよナルシスト。空気読め」なんて言えないのはごくごく当然のこと。
 ただ、ジョセフがこういう所まできちんと「計算ずく」でまたプロポーズしたのだとしたら…。何かどうも、単純なギャグとして笑えないものがあります(--;)

 さて。
 しかしそんなミッシェルさんは、自らの持てる国語力を総動員し、なるべくジョセフを傷つけないよう、それなりに妥当な回答を返す事を強いられてしまった訳ですが―――。

「し…いや……う……」
 …あの、冒頭の「し」は、まさか「死ね」のしですか…?

 と思いつつページを捲ると。

「えっ……と、その…ぁ…そうだ……数いる候補の中の上の方に加えておこう…」

 国語力を総動員した結果がこれだよ!!!(笑)

 そりゃ、ミッシェルさん程の漢…じゃなかったレディなら、この程度の台詞、行っても全然違和感ありませんけども!! 燈が…! 燈が息してません、先生!!

 しかしそんな彼女に対し、よっしゃー!! と喜びつつ、いきなり「地球に帰ったらホテルに!!」とは流石に言わず、「二人きりでディナー」というソフト(?)な表現に留めた辺り、そこまで空気読めない人でもないんだなぁ…と変な所で思いました(この後のローマ首相の言葉を見るに、ついついそんな思いが^^;)
 それに対しミッシェルさんは、「皆を誘ってランチから」のお返事。
 …ミッシェルさん…(^^;)
 学生同士の恋愛じゃあないんですから………(笑)

「バーで」
「カフェで…」


 …弱弱しいこの応答が、可愛すぎますミッシェルさん…。
 こんなにもミッシェルさんをレディだと思った回もなかなか…(ゴホゴホッ)


 そして一方、地球では。
 やっぱりというか…。ローマの首相も、一筋縄ではいかない人でした。
 何故、一郎の護衛二人がここにいるかと言えば。

 この会談、例によって日・独・アメリカで中国を包囲しようという作戦の中、ドイツがローマ連邦を仲間に引き入れる…という趣旨で開かれたもの。護衛兼監視役として、この日向さんたちは来ていた訳です。
 しかし。
 部屋は完全防音で、外にいる二人に中での会話を知る事は出来ません。
 何かおかしい。
 それは、現在火星にいる乗組員達が、A.E.ウィルスの感染への備えをしていない事と何か関係があるのか?
 それはあながち、無関係ではない…かも知れないのですが。

 結果として、ルーク大統領の答えは「だが断る」でした。
 その理由は、「本多博士のデータは完全ではない」からとの事。
 …そしてそれは、本多博士本人も認めていました。「私一人で完成させたものではない」と…。
 ここへ来て、まさかの思わぬ事態。本多博士曰く、「データは"彼"が持っていた」。勿論その「彼」とは、あの曲者のおじいちゃん。「アレクサンドル・グスタフ・ニュートン」です。
 しかし彼は流石にもう「死んでいる」との事。
 となれば、如何に本多博士のデータを手に入れても、「ザ・セカンド」は簡単には作れない…という事を意味するのでしょう。

 それでもペトラ首相は、「本多博士が今の所セカンドを造る道に一番近い」と言いますが、ルーク大統領もまた譲りません。
 彼が来た目的のは、ドイツを下に付けること。
 例のババアがめっちゃ存在感醸し出してるのですが(笑)、ドイツが進めていた「もう一つの研究」とういのは、「ウィルスのサンプルを使い、M.O.手術の成功率を上げる」というもの。
 ドイツの科学力は世界一ィィィ!!! …なのか、この研究に関しては各国も同様に進めてはいるものの、ドイツが一番進んでいるとのこと。ローマは、この技術を欲していました。
「アレクサンドル・グスタフ・ニュートン」の玄孫という血縁者だったジョセフが、何故ローマにいるかという点も含めて「ベッドで回答してやろう」などと極めて直接的な表現を用いたルーク大統領。…やっぱり曲者です…。
 ペトラ首相は「教えないってコトね…」なんて言ってましたが。
 あそこで彼女が「イイわ…じゃあ、続きはベッドで」とか言ったらどうする気だったんだ、ルーク大統領(笑)
 まぁ、彼女の性格的にまずそんな事は言わないって事を見越した上での下品なお断り文句だったのでしょうが…。

 結局。
 ペトラ首相は、今の所通信手段が遮断され、第5班以外の状況が分からない事をいいことに「ウチの下に付け」とあからさまに足元を見てきたルーク大統領を苦々しく思いつつも………。
 結局、そちらの方を選んでしまいました。
 一郎や七星達の努力は、このままムダになってしまうのでしょうか…。
 ドイツがローマに付く事を選んだ以上、地球側の包囲網は極めて危うい事になっています。
 一郎がこの結果をも見通した上で、次の手を打ってくれることを願いたいものですが………。

 結局の所、各国の「M.O.技術」だの「ザ・セカンド量産」だのを巡る争いは、火星の面々に託される形となりました。
 なんだかなぁって思います…。
 そんなに代理戦争したけりゃ、お前らが火星へ行って来いよと………。
 冒頭の特集ページで、「変態したアドルフやアシモフが沢山いる部隊を考えてみよう」なんていうのがありましたけど。そんな「ぼくが考えたさいきょうのぐんたい」なんかを完成させるより、普通に医療関係とかに活かした方が、絶対先々大きな利権を産むんじゃ…と思わずにはいられません…。
 ああ、でもあの武器&胸ガード部分の模様を披露したアドルフさんは最高にカッコいい…!

 というのはともかく。
 この状況を覆せる可能性を握っている、マルコス達電波塔制圧隊メンバーへと、カメラは移ります。

 もうそろそろ、燈達を追跡する為に第4班が動く頃か…、とスタンバイするマルコス達。
 そんな彼らに、ハリモグラのお姉さんが、なんと!!
「お腹空いてるでしょ…飲んでいって」
 と、ハリモグラのお乳を勧めています!!!
「ちなみにハリモグラに乳首は無くってお腹から滲み出すの」
 …わざわざそんな解説しなくても(笑)
 なんの躊躇いも無く「じゃあ頂きます」と行くマルコスは流石だと思いました(笑)
「ホラ慶次くんも。恥ずかしくないのよ?」
 いやいやいやいやいやいやいやいやいや。
 慶次くん純朴だから!! 乳首じゃなければいいじゃない。って問題じゃあないから!!
 …っていうかマルコス…。
「じゃあ、オレはもうちょっと上にズレた方がいいかな」
 良くない!!!(笑)
 いやいやいや、お腹でも、乳首とそう変わらないヤバさだよ!!

 ………ともかく。
 そんな掛け合いをしている間にも、第4班に動きが…!! 例のシュモクザメのお兄さんが、第4班の動きをキャッチ。どうやら回復したらしいジェット達は、連絡が途絶えた爆の応援へ向かうようです。
「オレらが裏をかこうとしているのも知らずにな…!」
 とほくそ笑むマルコス。
 しかし。

 突如彼らの後ろに響き渡る轟音。
「あれれれれ。こんな所に!」

 なんで爆(オマエ)が、そこにいる。

 よく見たら劉将軍とも一緒にいるし、紅ちゃんとも一緒にいるじゃあないですか………。

 ちょちょちょちょちょちょちょちょちょちょ!!!

 もう、何でもアリか第4班!? なんなの…爆。
「大丈夫。僕は、三人目だから」
 とか、そんなアレか!? アネックスのどこかに、爆を養殖している水槽があるとでも言うのですか!?
 爆の養殖場とか…吐き気を催す邪悪そのものじゃあないですか!!!

 …あまりにもアッサリ過ぎたとは思いましたが…。
 一体どういう事なのか??
 …これがありなら、第5班だって…(涙)

 燈達を追跡する劉将軍は「代理戦争……か」と、複雑そうな顔をしています。色々と、地球側の事情は察していそうですが……。その彼らにも、あのゴキの大群は来ないのか!? っていうか来てくれ!!!

 果たして、電波塔制圧戦の行方は!?
 お乳をくれたハリモグラのお姉さんの為にも!!! マルコス…今こそ、漢を見せるんだ!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

軍事境界線の遥か上…じゃなくて、読者予想の遥か上…。

星野さま、更新ありがとうございます。

1位(ジョセフ)と合流して、爆もやっつけて、「まぁいろいろ展開あるんだろうけど、とりあえず今回はミッシェルさん&ペギーさんネタの回かぁー…」と思ってました。

最後のページをめくるまでは。

いやホント、「なんで爆(オマエ)が、そこにいる。」ですよ…!!!!

しかもシュモクザメさんのページを見返してみると、コマ割りのタイミング的に、アネックスから飛び立ったのはジェット達じゃなくて爆隊じゃね…?とか思えてきたんですが…どうでしょうか…。

どこにいたんだ・・・・

更新お疲れさまです!キングダムに続いてこちらでも失礼します。

地球側のドイツとローマのやり取りは必ずしも予想外というわけではないですが(むしろ何でユーロじゃないの?)、こうなるとロシアのカードがますます謎めいてますね。
米:アネックス計画の中心 & M. O. 手術の基盤技術
日:本多博士の技術
独:M. O. 手術の応用技術
中:紅式手術
伊:人類の到達点
露:ピラミッドで手に入れた何か(?)
一カ国だけ作中でもカードが具体的に示されていないので、正直読みづらいです。

火星では爆がやってくれてますね。。。いっその事量産型の宿命でマルコスあたりに瞬殺されてほしいのですが、マルコスや慶次の変態時間をかせぐためにモグラ姉さんが犠牲になりそうで怖い(((--;))) ここは慶次さんに元世界王者の実力を見せて欲しい!!

Re: 軍事境界線の遥か上…じゃなくて、読者予想の遥か上…。

 RUNさま、こんばんは(^^)
 …最後のページは衝撃でしたよね………。正に、軍事境界線というより、読者の予想の遥か上を行く展開です………。(汗)

> しかもシュモクザメさんのページを見返してみると、コマ割りのタイミング的に、アネックスから飛び立ったのはジェット達じゃなくて爆隊じゃね…?とか思えてきたんですが…どうでしょうか…。

 謎ですよね…どうでしょう………。
「先に言った爆から連絡が途絶えた」というジェットの台詞もあるので、アネックスから飛び立ったのはやはりジェットのようにも思えるのですが…。
 何しろ、爆があちこちにいるので、もうさっぱり分かりません(汗)
 どうやら次号、戦闘に突入するみたいですね。…ペギーさんやシュモクザメの人が無事である事を祈りたいです…ッ!!

Re: どこにいたんだ・・・・

 ぎがほさま、こんばんは! こちらの記事にもコメントありがとうございます(^^)

>こうなるとロシアのカードがますます謎めいてますね。

> 露:ピラミッドで手に入れた何か(?)

 …私も、正直ロシアが見つけた「何か」が何なのかが分からないので、こちらのカードだけは読めません…。
 ドイツやローマに関しては、もうだいぶ手の内を見せたのかな? と思っているのですが…。
 アシモフ隊長達が見つけたのは、あの「剣」だけではないですよね…。

 そして、爆!!!
 何故、お前が…!? ですよね。シュモクザメの人もペギーさんも、何とか…何とか犠牲にならずにいて欲しいです。何よりエンジニアがいないと、マルコス達だけでは電波塔を制圧しても通信手段が確立出来ないですし。……爆が一体何なのかはともかく、ぎがほ様が仰るように「量産型の宿命」で、マルコスか慶次に瞬殺されて欲しいですね…。

憤慨

もうーーー!!なぜ爆がっーーー!!!
一番恐れていたことですよ!!これって!!あの外道、ジョセフに成敗されたのにーーー!!

現実味ありすぎなのがテラフォのいいところかもしれませんが、この展開だけは(泣)。正直、作者が憎くて憎くてたまりません!!もう声を大にして言いたい!もうちょっと読者がスカっとする、そんな展開にしてくださいよ~。爆がいっぱい作れるのなら、アドルフさんもお願いしますよーー!!と・・・。

どんどん話の続きを知るのがつらくなってきました・・・。(泣)

Re: 憤慨

 Biromiさま、こんにちは。
 本当に、何故爆が!? ですよね。…なんであんなに、何人もに増殖しているのでしょう……ッ(汗)

> 爆がいっぱい作れるのなら、アドルフさんもお願いしますよーー!!と・・・。

 本当ですよね。…科学力世界一ィ! の筈のドイツはこんな時何をしているのか…!!
 爆がどこか無機質な所があるのは、どういう特性かは不明ですが、ああいう量産型な存在だから…というのもあるかも知れませんね。
 本当に絶望的な展開で…。折角1位のジョセフがカッコ良くキメてくれたと思ったら、この展開。
> どんどん話の続きを知るのがつらくなってきました・・・。(泣)私も、次回を読むのが辛くなってきました。
 いっそのこと、あのゴキの大群は、まず第4班の方を襲って欲しいです…。
 何しろ、沢山「武器を持って」いますから、優先順位的に上の方に扱われても不自然ではありませんし…!!
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR