スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YJ24号テラフォーマーズ簡易感想&群青戦記感想

 こんばんは、星野です。
 ちょっと色々と時間が無いもので、テラフォ&今週も気になる存在「群青戦記」の簡易版感想でお送りします。
 今週号は表紙は「キングダム」でしたが、テラフォ祭り状態でしたね(笑)
 燈の「祭りじゃあぁぁ!」…が笑いを誘います。…そう言えば、暫く出番が無いような……。

 優しくて、強すぎる。
 それが、鬼塚慶次!!!


 燃えました………ッ!!!
■テラフォーマーズ 第95話 BOX IN THE BOX 翅と拳
 まずあの………。燈も熱い「祭りじゃああぁぁぁ!」状態のテラフォですが。
 …なんぞ、この「バグズ2号編OVA同梱」って。………。どっかで見たことがある気がします。…なんかあの…カリカリ梅の人の作品で、こんな事してませんでしたっけ………?
 き…ッ、汚ねー真似をしやがって…ッ。こんな手に…こんな手に断じて俺は…俺はッ………。

 それじゃあやっぱり、買うしかねーじゃあねーかあァァ―――ッ!!!

 …取り敢えず、「マリア・ビレン(CV:水樹奈々)」に、偽テニール船長に玄田さんを使い、オランウータンに山口勝平さんを使ったジョジョアニメのような魂を見ました(笑)

 それはともかく。
 扉絵の三馬鹿が素敵です(笑)…しかし、その内の2人が既にズダボロという(涙)
 マルコスはせめて無事でいて欲しい…ッ。そして、今度はアレックス達を助けて欲しいものです。

 そして、本編は圧倒的機動性を誇るオニヤンマゴキVS.神眼の拳闘士・鬼塚慶次。
 その勝敗は意外な事に、僅か10カウントの間に着きました。

 非戦闘員たちを逃がすべく閉まる防火扉。
 それが閉まるまでの、ほんの僅かの時間。そう、ほんの10秒かそこらの時間――。

 勝敗を分けたのは、オニヤンマゴキが痛覚も恐怖も持たなかった事。故に、「ジャブの受け方」を知らなかった事。
 そして、それが故に、ほんの僅か顎を掠った事による脳震盪を起こしている間、「ボクサー」の慶次の前で棒立ちになるという、致命的な状態となった事。
 敗因はたった一つ…たった一つのシンプルな理由だ………。

『てめーは慶次を相手にした』

 右腕を千切り飛ばされても。
 何千何万回と繰り返し繰り返し、地道に堅実に続けて来たその「動作」を、慶次の身体は忠実に実行しました。
 寸分違わず。「ボクサー」として。
 ギャラクティカ・ファントム炸裂!!!
 その圧倒的な破壊力は、通路の遥か彼方へオニヤンマゴキをブッ飛ばし!!!

(………良かった―――。相手が、人間(ヒト)じゃなくて)

 そのモノローグと共に、表情一つ変えず、先へと進まんとする慶次。
 優しくて、強すぎる。
 これが…ッ、俺達の慶次…ッ!!!

 しかし、正直な処。
 防火扉閉めちゃったから、慶次は先に進めるのか? とか。
 右腕は再生するのか?(甲殻類だから再生出来る…って訳じゃないですよね…)とか。
 何より、密封状態が思いっきり…(汗)とか。
 色々あるんですが。

 まだ、恐らくこの先には量産型爆とか色々いると思いますので、気を抜かずに、何とか電波塔を制圧して欲しいです。
 …しかし、次回予告は「次号、このまま…先に進めるか!?」と、疑問形なんですよね………。
 次回予告が疑問形の時は、まだまだ信じないぜ!!! (ノД`)・゜・。
 アドルフさんの例もありますので………。

 何とか…ッ、何とか慶次も生き残っている皆さんも前へ進める事を願いつつ。
 以下、次号ッ!!!

■群青戦記
 冒頭一コマ目が、ある意味今週の山場でした(笑)
 ―――座標成分をベクトル成分で考える…(中略)…ダメだ…余りにも変数が多くて暗算では解が導けない…。

 僅か一コマで考えるのをやめた萬次郎様!!!(笑)
 そんなにすぐ諦めるなよ!! 試合終了するなよ!!!

 そしてこの後の展開で、文鎮とタオルとか↑でしていた小難しい計算の数々が全く無駄に終わった処に、群青戦記の神髄を見ました(笑)

 最高です、萬次郎様。

 第3巻は戸田君の穢れ無き笑顔がありますし、…ぶっちゃけ3巻も買っちゃおうか考え中です…。
 4巻の表紙は萬次郎様ですかね。

 幼少時の「姫」との思い出はちょっとほろっと来たのですが…何故こうなった(笑)
 そんな謎の薬を輸入してたり、なんかこう…ちょっと方向性がアレな気がするのは俺の気のせいですか!?

 ともあれ、火薬庫を抑えた蒼達ですが、またなんか、凄いのが出て来ました。
 万極将軍も真っ青です。

 果たして、蒼達は遥を救出出来るのか!? 今井さんと戸田君はどうするのか!?
 次号も何となく目が離せません…!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり慶次は良いですね。慶次はテラフォーマーズでも小吉、ティン、アシモフ、先輩に並び五指に入る好きなキャラクターです!

一瞬で一話で終わる話も内容が凝縮されていて面白いですね。対パラポネラ戦はぐだぐだしていたんで、すっきりして良かったです。

慶次は甲殻型であることと、ジョーが爆に言ったことを考えれば、腕は生えてくるでしょう。
ただ、慶次のモノローグから中国班との戦いで人間を殺すことに躊躇ってしまうことを危惧しました。
戦闘職種だったりマルコスのような境遇でもないのだから、それは当然ではありますが、それは先輩の二の舞ですから、やめて欲しいですねぇ。

例えば、慶次が瞬時に覚悟を決めるというのもあり得ますが、軍人である非戦闘員が紅や油断した西を倒すとかもあり得ますかね?

世界チャンピオンのボクサーである慶次と、視力とパンチ力に優れているモンハナシャコの組み合わせは笑えるほど相性がいいですね。
小吉も四十路で六段は尋常じゃない実力だし、体力が不安になる年齢でもスズメバチの体力がカバーする。小吉と慶次はベースと本人の相性はずば抜けいると思います。
慶次はタイマンでなら他の船員やゴキブリにも敵なしな気もします。
シャコの視力とパンチ力をボクサーの技術で活かし、甲殻もクロカタゴキですら殺しきれない防御力で、意志で痛みに耐えて戦闘続行しますし、パンチ力は一撃必殺レベルなんですから。
彼に勝つには毒や電気といった特殊攻撃が使えないと厳しいでしょう。ちなみにシャコの甲殻は炭素複合素材と似た構造をしていて、その強度は航空機に用いられている複合素材よりも強いらしいですね。

ここ最近、慶次は主人公みたいですね。そしてそれに引っ張られるかのように一角ちゃんがヒロインのようになってるような気もします。
死亡率は高くなるけど、慶次共々生き残っていい感じになってもらいたいです!


素体の人間が小吉や慶次、ハゲ先輩やアシモフみたいな超人だったとして、白兵戦担当クワガタ、アシダカグモ。遠距離・白兵戦担当テッポウエビ。遊撃・撹乱役オニヤンマ。この組み合わせはかなり優秀そうですね。
少なくとも、クワガタのほうが酸を出すだけのマイマイカブリよりか優秀なハズ…マイマイカブリってそんなに強くないでしょ…

No title

はじめまして(だと思います)
ボクの眼が確かならば。
鬼やんまゴキ、最後に、薬飲もうとしてましたよね?
えっ、いままでゴキ(謎のバグズ型)は人間側で言う
変態した状態じゃなかったの?

鬼やんまゴキ、復活するの!?
どんな強さなの???

コメントありがとうございました! >零崎零識さま

 慶次には痺れましたね…!
 私も好きなキャラの中では上位に入ります。
 
> 一瞬で一話で終わる話も内容が凝縮されていて面白いですね。対パラポネラ戦はぐだぐだしていたんで、すっきりして良かったです。

 僅か10秒程度の間に決着が付く、というスピーディーさも良かったですよね。
 しかし、右腕が心配です…。ジョーのあのセリフ等を考慮すれば、きっと生えて来ると信じたいですが…、今週では、まだ再生している描写は無かったですよね。

> ただ、慶次のモノローグから中国班との戦いで人間を殺すことに躊躇ってしまうことを危惧しました。

 そうですね、若干心配です…。
 ただ、敢えて戦闘員がいるであろう区画に率先して行こうとする事から考えても、その覚悟も決めている…とは思いたいですが、相手が爆ならまだしも、紅ちゃんだと知った時、どうなるか…と考えると、ちょっと心配ですね。

> 軍人である非戦闘員が紅や油断した西を倒すとかもあり得ますかね?

 紅ちゃんはまだしも、他の人達は全員変態していなくてもあの強さなので、油断した所を不意討ちしても難しいかもですね。でも、時には非戦闘員達がそれぞれの特性や知恵を活かして、戦闘力では上回る相手を倒す、という展開も見てみたいと思います。

コメントありがとうございました!>あるるかんさま

 こんにちは! 慶次は、本当に素体と特性の相性がバッチリな好例ですよね。
 そして小吉もまたベストな相性ですね。オオスズメバチの無尽蔵の体力は、年齢的にどうしても体力面では衰えがちな小吉にはバッチリな能力ですし。
 仰る通り、慶次は少なくともタイマンではほぼ敵なしと思います。特に一撃必殺のパンチ力は凄まじいですよね。

> ちなみにシャコの甲殻は炭素複合素材と似た構造をしていて、その強度は航空機に用いられている複合素材よりも強いらしいですね。

 それは凄いですね…。
 甲殻類が防御力に秀でているのはアシモフ隊長を見れば分かりますが、シャコは更にその強靭な防御力にパンチ力まで加わるとか、無敵ですね…。これで蟹並の再生能力まであったら正に最強かも知れません。

> 少なくとも、クワガタのほうが酸を出すだけのマイマイカブリよりか優秀なハズ…マイマイカブリってそんなに強くないでしょ…

 マイマイカブリは、燈の「糸」には最悪な相性なので、それもあってあれだけ強キャラに見えたのかも知れません。ただ、あの酸も、あれはあれで相当脅威だと思うので、上手く使いこなせば相当強くなりそうだと思います。(もし、あの酸が甲殻類の強固な装甲をも容易く溶かしてしまったら…と思うと、ちょっとゾッとします)

コメントありがとうございました!>CRワレブさま

 こんにちは、初めまして!

> 鬼やんまゴキ、最後に、薬飲もうとしてましたよね?
 
 私も一瞬そう思ったのですが、どうやら、通信機を手にしていたようですね。
 …ただ、だとしても何か怖いものを感じましたが…。あのオニヤンマゴキ自体は、きっとあのままK.O.負け確定で再起不能だとは思いますが、防護服まで付けたゴキが現れた今、ますます厳しい状況になってきていますよね…。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。