スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングダム第389話感想

 遂にやってきた王賁のターン。
 彼が対峙するのは、おおよその予想通り「槍遣い」の紫伯。
「俺より早い槍などない。」
 扉絵でクールな表情は崩さぬままに槍を構える王賁。…しかしその内心は、表情ほど冷静ではないようで…。
 魏火龍・紫伯と戦う王賁の戦場は果たしてどうなるのか…!?
■感想御題:王賁、お前もか………。
 紫伯の背後を攻撃する王賁、そして先週から登場した、王翦が入らせたらしい関常さんの部隊。
 彼の力も玉鳳隊の躍進にかなりの貢献をしている…というその手腕は伊達ではなく。瞬殺されたらどうしようという私の心配とは裏腹に、冷静に現在の戦況を見て取り、部隊を停止させました。
 もっと奥にある筈と思っていた包囲網は、実はすぐ近くに迫っていたのです。
 紫伯達の奇襲は玉鳳隊を足止めする為のもので、このままでは敵の包囲網に捕まってしまうというヤバい状況です。今ならまだ包囲をかわせる、と離脱を進言する関常。しかし王賁は、「このまま突っ込む」とその進言を退けます。

 曰く。
 今は敵後方の守備を左右に押し分けた所だから、錐行で突入すれば敵陣まで辿り着ける。三突きで敵将の首を取って離脱すれば、それからでも十分間に合う、と。

 いやいやいやいやいやいやいやいや!!
 何ですかその無理ゲーは!? 君はいつからそんな作戦とも呼べない素敵な策を実行するようになったんだ!?

「…無茶です。敵と深くかみ合えば離脱は困難だ。それにそもそもそんな短時間で敵将を討てる保証もない。賭けに出すぎです。今すぐ離脱を」

 全くだよ!!!
 しかし、それでも王音は突撃を敢行しようとします。
 そんな彼に、関常は一言。

「父君王翦は、そんな危い手は打ちませぬぞ!」
 番陽副長もビビるその「禁句」。
 …しかし、王翦は表面上は冷静に「それがどうした?」と返します。
「戦に私情は持ち込まぬ」
 そう言った上で、残った時間の猶予、玉鳳隊の騎馬の突破力、そうしたものを計っての判断だと言い切りました。
 決して「捨て身」などではない、玉鳳隊の力を見くびるな、と………。

 もうこの台詞が、既に私情満載だよというのはさておき。
 関常は「右翼は付き合いません」と宣言。突撃する王賁の背中を見送りました。
 曰く「別にお守りをしろと殿から仰せつかったわけではない」と…。

 では一体、何の為にこの玉鳳隊に力を貸しているのか? そこはまた追々語られるのでしょうが、「若君」と、一応丁寧な態度を示してはいるものの、「"私情は持ち込まぬ"か…」と意味深に呟いた事と言い、少なくとも玉鳳隊にとって、彼の存在は非常に微妙なんだろうなぁ…というのは伺えますね。
 父が遣わしたこの関常の存在が、玉鳳隊躍進の要因の一つとなっている事が、心の何処かで気に入らない部分もあるのか。…関常の進言はどう考えても正しいと思うのですが、それを「玉鳳隊の力を見くびるな」と退けた王賁もまた、冷静さに欠けているのでは…? と思いました。(一見、もっともらしい理屈をこねてはいる辺りが、ある意味分かりやすい信とは違ったタチの悪さを感じます…^^;)

 王賁は、自分達が突っ込むその先にいる「魏火龍」が、槍使い「紫伯」かもしれないという辺りも分かった上で突撃していました。槍を極めんとする者で「紫伯」の名を知らない者はいない。
 そんな風に言う位ですから、いわゆる「中華十弓」的な奴なのでしょう。
 それだけ手ごわい奴を相手に果たして「三突き」で首を取れるのか? …そう思っていたら。

 紫伯があらわれた!!!

 見開きでいきなり王賁の横っ腹を突いて来たその男は、王賁の側近達の首を瞬く間に消し飛ばしました。…番陽副長もまさかと思いましたが、辛うじて突きを免れている辺り、流石の側近キャラ。
 耐久力の楚水さん、なんやかんやで生き残っている蒙恬にじィに続いて、このじじいも矢張り只者ではありません。

(ほ 本物っ…!!)

 戦慄する番陽副長。
 すぐさま応戦する王賁。無論繰り出すのは必殺技「龍指」!!
 しかし効果音が「ブヲッ」ではなく「ブオッ」ですね。…これではやれないぜと思っていたら、やっぱり。
 なんと相手も同じ技を…!
 まあ、きっと紫伯さんの方は「龍指」なんて名前は付けてないでしょうけど(^^;)それとも、もっとお洒落な名前を付けているのか。そこも気になる所…とか思っていたら!!

 王賁坊ちゃん、まだ必殺技考えてたんですね!!(笑)

 ならばと繰り出す神速の槍ラッシュ。その名も「龍巣」
 龍巣っていうより蜂の巣になりそうな感じですね…喰らったら(汗)

 その突きラッシュさえもかわす紫伯。しかし裁ききれなかった一突きが、その顔を霞めます…。
「私の顔に傷をォォ―――ッ!!」
 …とキレるタイプのキャラではないんだろうなぁとは思いつつ。

 もうとっくに「三突き」超えちゃってるんですが…。まだ仕留められてないんですが!!!
 どうするんだ、王賁!?

 そしてこの状況で、次号、休載!!!

 ………こんなんじゃ…満足出来ねぇぜ…ッ!!!

 ぶっちゃけ、ここから一体どうやって離脱するのか。どうやって紫伯を討ち取るのか?
 色々と玉鳳隊もヤバい状態になっていますが、そこらへんは「付き合わなかった」関常さんが何とかしてくれるという事なのでしょうか…。

 父・王翦と何かしら複雑な関係らしい王賁。
 そもそも王翦に援軍を頼まなかった今回の作戦からして、「私情も入っている」とうっすら認めている王賁です。
 それを考慮しても、作戦として実行する価値があると判断したのは総大将の騰ですので、ここまではちゃんと戦略としても問題無かった訳ですが…今回はどうでしょう。
 そして、ここまで来たら「龍○」シリーズはもっと増えて良いのよと思った私です(笑)
 槍の研鑽をしながら、あの真面目な表情で技名を一生懸命考えていると思うと、ちょっと微笑ましいものが…(^^;)

 飛信隊・玉鳳隊と厳しい戦況になる中、録嗚未さんにもカメラを当てて欲しい今日この頃…ですが。
 持ち込まぬと言いつつ恐らく確実に持ち込んでしまっている王賁の「私情」が、どう影響を与えていくのか…?

 再来週まで、待機じゃあ!!!
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前輪虎が龍指に似た技を使うのと戦ったと言ってたのって紫伯のことでしょうかね?ただ六将級の将軍の龍指を輪虎が躱せたのかが気になるところですね(初見だったら躱せたか怪しいって言ってたし)もしかして本当にその時輪虎絶体絶命で介子坊さんが割り込んでくれたとか姜燕さんの援護射撃か廉頗将軍が来てくれたりとか最悪輪虎兵が盾になってくれたのか、気になるところですね・・・
 
管理人さん、お忙しいとお見うけられますがどうか無理せず御自愛のほどをお祈り申し上げます。

No title

こんにちは、うえでんです☆

やはり、王賁坊ちゃんも一筋縄ではいきませんでしたね^^;

しかし、今号はやっぱり、新必殺技「龍巣」がツボでした。
寝る前に布団の中とかで一生懸命必殺技のネーミング考えてたりするのか?>王賁(笑)

龍巣を見て思い出したのが、やはり槍を極めんとする者で知らぬものはいない(と思う)「伊達 臣人」の「覇極流千峰塵」!?ということは、ひょっとして、槍転脚や渦流天樓嵐みたいな必殺技も出てくるのか??

この際、王賁坊ちゃんの必殺技シリーズを楽しみにしたいと思います^^

飛○御剣流!?

こんにちは!更新お疲れさまです<(__)>

> もうとっくに「三突き」超えちゃってるんですが…。
やはりこれは突っ込みどころでしたねw そもそも「槍使いで紫伯の名を知らぬ者はいない」と言いながら「三突で仕留めて離脱する」って、どんだけ自信家だよ!?

> 「龍○」シリーズはもっと増えて良いのよと思った私です(笑)
同感ですw もうどこかの陸の黒船のように
「防御も回避も不可能、『九頭龍』!!」とか、「龍槌」「飛龍」「土龍」etcetc、どんどん出して欲しいですね!惜しむべきは鞘がないことでしょうかw

しかし、登場からずっと思ってるんですが、関常さんの頭上に死兆星が見えるような気がしてなりません(--;)

龍龍龍

星野さま、こんばんは。急に暑くなりましたが、お変わりないでしょうか?

王親子の間にいったい何があったんでしょうね~?お母様がらみとか?お母様、きっと美しい方だろうなぁ。
超マジメな坊ちゃんだけに、お父さんを意識し過ぎて変な方向に自分を追い詰めないといいのですが…
必殺技の命名も、きっとマジメにやっているんでしょうね(笑)

暑い上にそろそろ梅雨入りみたいですね。待機中もお体に気をつけてください。

王翦・王賁親子の事情

管理人さま、こんにちは!
ジョジョもあるので忙しそうですね。
個人的には2部にも出ていたジョセフが好きです。
関常の言っている事がもっともだと思うのですが、蒙家と違い王親子には今までにいったい何があったのでしょうか?今回本編で語られる事になりそうですね!槍極めんとする者で知らない者はいないという、紫伯に楽勝できる自信はどこからきたのやら?まあ、王賁や蒙恬は信よりも先に将軍になりそうな気がします。個の武力はともかく総合力は信よりも上でしょうし。下手するとキョウカイにも先をこされる?このお方も大きな弱点がない…。主人公、もっと頑張れや…。蒙武は馬陽の時のような脆さもあれば、ハマれば天下の大将軍。信はどっちかと言えばそっち側でしょうか。バランス型でない事はたしかですね。

OPでは

輪虎と一騎討ちしてますが本編でもそうなんでしょうか?

アニメでついに紫夏さんが・・・・(TT)わかってても辛い
大原さんの声だからついつい侑子さんと重ねて
「次元の魔女の力使ってー」と思ってしまいます
侑子さんなら関所の1つや2つ・・・
そういや草尾さんはギアスでマオだし
2人いれば全部余裕で突破できますよね
(真面目なファンに怒られるかな)

森田さんは田慈と2役です   5月放送分では信の出番は
少ないから直訴したのかなと想像してます(^^;)
紫夏さんの話は感動的だし・・・出たがるの分かる
「秦に帰れるぞー」のせりふはやたら声が信に似てて
でもなんか違和感(^^;)

地上波はW杯がらみで7月12日まで待機じゃー状態です
向が負傷して陽が心配するという所で待つのは辛い(>___|<)

コメントありがとうございました。

 こんばんは、お気遣いの言葉もありがとうございました。。
 またいらっしゃる時は、HNの方も教えて頂ければと思います。

> 以前輪虎が龍指に似た技を使うのと戦ったと言ってたのって紫伯のことでしょうかね?

 嘗ては六将とも渡り合っていたという事なので、もしかしたら輪虎とも戦っていた可能性はあるでしょうし、その可能性はありそうです。
 もし嘗て輪虎と戦った事があれば、回想シーンで、輪虎を始めとして廉頗四天王達の活躍シーンも出て来るかも知れませんね…!

コメントありがとうございました>うえでんさま

 うえでんさま、こんばんは(^^)
 王賁も王賁で、色々ありそうですよね…(^^;)

> しかし、今号はやっぱり、新必殺技「龍巣」がツボでした。
> 寝る前に布団の中とかで一生懸命必殺技のネーミング考えてたりするのか?>王賁(笑)

 私もツボに入りました。…寝る前に布団の中で必殺技のネーミングを考える王賁…。こちらも胸が熱くなりますね…!(笑)

> ひょっとして、槍転脚や渦流天樓嵐みたいな必殺技も出てくるのか??

 出て来る…かも知れませんね、この分では…!
 王賁の必殺技シリーズは、私も楽しみにしています♪ 今後も「龍○」という名前で統一してくれると嬉しいなーと思います。

Re: 飛○御剣流!?

 ぎがほさま、こんにちは。
 はい、あそこはもう突っ込むしか…(笑)
  
> やはりこれは突っ込みどころでしたねw そもそも「槍使いで紫伯の名を知らぬ者はいない」と言いながら「三突で仕留めて離脱する」って、どんだけ自信家だよ!?
>
 
 本当ですよね…(^^;)
 三突きで云々発言の時点では、まだ相手がそこまでの強敵とは思っていなかった可能性はありますが、それにしても…と。

> 「防御も回避も不可能、『九頭龍』!!」とか、「龍槌」「飛龍」「土龍」etcetc、どんどん出して欲しいですね!惜しむべきは鞘がないことでしょうかw

 懐かしい…! そう言えば、あの流派も技の名前に「龍」が付いてましたね。
 王賁ぼっちゃんなら、鞘がなくても神速の槍裁きを見せてくれると信じましょう…!

 関常さん、私も正直言って若干心配です…。
 なんだかんだ言いつつ、若を守って…とかありそうですよね。今の所、まだどういうキャラなのかイマイチ分かりませんが、今後の動向に注目したいキャラです。

Re: 龍龍龍

 サンさま、こんばんは。暑かったと思ったら、今度は涼しくなりましたね。
 サンさまも、体調など崩さないよう、お身体に気を付けて下さいませ。

 王賁・王翦親子に何があったのか、描かれるのが楽しみです…!
 そう言えば、蒙恬もそうですが、お母様がどんな方なのかもちょっと気になる所ですね。私もお母様は美しい人だろうなー、と思います。  

 王賁は、あまりに生真面目すぎる所がありますからね…。
 時には肩の力を抜かないと…と思います。今回の件も、明らかに父親を意識して無茶している感じですし、いつもの冷静さを取り戻して欲しいですね…。

Re: 王翦・王賁親子の事情

 danさま、こんばんは。ジョセフ好きな人、私の周りにも多いです。
 私は、ジョセフは第三部の方を先に知ってしまっていたので、若い頃のはっちゃけぶりを見てびっくりしたのを思い出します。
 第四部では時の流れを感じてしまいましたが、キメる時はキメますし、老いてもちゃんと黄金の精神を失っていないのは流石ジョジョだな、と思います。

> 蒙家と違い王親子には今までにいったい何があったのでしょうか?

 王親子の過去は、今回のエピソードで語られると思いますので楽しみですね。しかし、今の王賁は父親を意識する余り、ちょっと無茶してしまってる感じがありますので、余計に心配です…。

>王賁や蒙恬は信よりも先に将軍になりそうな気がします。

 …正直、そうですよね…。今の状況では。
 将として必要なのは、必ずしも「武」だけではないですし。今の信は、王騎将軍が荒野での修行の時、何の為に剣を取り上げたのか、もう一度思い出して欲しいです…。
 信は、どちらかというと蒙武型…でしょうね(苦笑)
 ただ、蒙武将軍は決して兵法に対して「疎い」訳ではなく、きちんと兵法への勉強もしていますし、今のままでは蒙武将軍のような形にもなれないかなあ、と。
 バランス型ではないのは間違いないですが、それにしてももう少し改善しなければならない部分が多いですよね。

Re: OPでは

 鹿角さま、こんばんは。

> 輪虎と一騎討ちしてますが本編でもそうなんでしょうか?

 ここの所は、是非アニメ本編でお確かめ下さいませ(^^)

 アニメは紫夏さんの所までですか…。
 紫夏さん最後のエピソードは、ほんとに泣けますよね。アニメを観ていた当時は涙腺が大変でした。

 そして森田さんが兼役されていたキャラ、田慈とですか…! 見ていた当時、全然気付きませんでした(^^;)
 アニメ側も待期期間が長いようですが、W杯とは言え、気になる所で待期期間は辛いですね…! 頑張って乗り切りましょう。。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。