スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターダストクルセイダース第10話 自分の周りで死なれるのはスゲー迷惑だぜッ! このオレはッ!

 こんにちは、星野です。
 毎週金曜日の深夜はテンションが最高にハイになり過ぎて、なかなか寝られません…(^^;)
 今週はいよいよ山場の一つ、ホル・ホース&J・ガイル戦だけあって、楽しみにしていましたが…想像以上の気合いの入り方でした。
 先の展開を知っているのに泣けました…。今週の展開は…ッ。
 ちょこちょこ、色々と改変は入っていましたが、まずはアレをしっかりやってくれたのは最高でした。
 はい、すなわち「用途不明の木の棒」を持って入る、例のトイレです。

 ポルナレフのギニャー!!! から始まり、店員の謎の笑い「ケケケケケケ」まで、再現度がメッチャ高かったです。…何度見ても笑える…(^^;)これから始まる、ポルナレフの輝かしいトイレでの受難伝説の幕開けです。

 しかしそれともう一つ。
 今回挟まれたオリジナルのシーンですが…。
 花京院は、ほんとにポルナレフに容赦ないなぁと…(苦笑)

 適当に注文しといてくれと席を立つポルナレフ。
「フランス人のオレの口に合う、とびっきりのヤツをな」
 とかキザにキメていく後ろ姿を後目に。
「何でも良いって事ですよ。…彼の口に合うという事は」

 何故そんなに容赦ないんですか花京院くんんんんん!!!(笑)

 何というか、先週のレロレロで大分打ち解けて来た感じはあるものの、この段階ではまだまだ承太郎やジョセフ、アヴドゥルに対してもどこか遠慮がちに接している部分もある彼ですが、ポルナレフには割と最初の方から容赦ないなぁと(^^;)
 つまりそれだけ、心を許しやすい人という事なのかなぁ…とも思いました。
 何だかんだ、気持ちの切り替えはかなり早いですし、いつまでも根に持つタイプでもなく、誰にでも割と気さくに接するタイプの人ですからね…。
 だから、ある意味同年代の承太郎以上に早く打ち解けられたのかも…と思います。
 いや、改めて第三部を見直してみると、ポルナレフはナイスガイですね…。いや、第三部のスターダストの皆さんは皆ナイスガイですが、彼の存在ってこのパーティでは重要だわーと改めて。
 ムードメーカーもギャグもシリアスも纏めてこなせるとか、何てイイ男なんだ…ッ。

 と、それはともかく。 
 ここから、J・ガイルが姿を現す→単独行動に至る流れは鮮やかですね。
 咄嗟に「銀の戦車」を出す時のポルナレフのポーズも結構好きだったので、あのポーズをきっちり再現してくれたのも嬉しかったです。
 最初のギャグ満載なほんわかした展開から一転。
 皆の制止を振り切り、独り敵討ちに行ってしまうポルナレフ。安宿に一人で泊まって単独でJ・ガイルを探す姿とか、対照的にかなり高級ホテルっぽい所に泊まりながら、ちゃんとポルナレフの分の席も用意してて、「戻って来なかったな…」とポツリと呟くジョセフ達の姿とか、今回もオリジナルシーンは良いなぁと思います。

 それと、ホル・ホース。
 メギャン! のシーンは勿論、ネーナとの夕日をバックにした西部劇的な(BGMもそんな感じでした)ロマンスシーンに始まり、「銃は剣よりも強し」な名言と言い、声優さんの演技も最高でした。
 …ヤバイです…。9話のレロレロで笑ったと思ったらこれだ…!!!

「オレのスタンドは拳銃(ハジキ)だ」
「あぁん? おハジキだぁ~~~?」


 このやり取りから、周囲の人もドン引きする大爆笑→「てめーっ、ブッ殺す!」とハモりつつスタンドをバーン! と出すシーンは鳥肌モノでした。
 …そしてここから。

 弾丸自体もスタンドだから、軌道も変幻自在→ピンチ! という所に庇って入るアヴドゥル。
 そして、皆で手分けしてポルナレフとアヴドゥルを探すジョセフ達。
「一人で探しに行きおって…!」
 ジョセフのこの台詞を聞くと、もう先の展開が解ってるだけに余計にグッと来るというか。
 あれだけのケンカ別れをして、しかも「一人で行動するな」と言っていたその張本人が、皆に内緒で真っ先に一人で探しに行くとか………。(ノД`)・゜・。
 おめーが言った癖に…。一人で行動するなって………(涙)

 例によって言い合いになる二人ですが、ホル・ホースの弾丸はいつまでも言い争いをする時間を与えてはくれず、空中で起動を変更して再び戻って来ます。
 それに対し、「魔術師の赤」で応戦するアヴドゥル。ここの「魔術師の赤」を出現させるシーンも流石のカッコ良さでした。
 一方その時、嫌な予感を感じて二人を探していた花京院は、妙な喧嘩の話を耳にしてそこへと向かいます……。

 その彼の目に映ったのは、雨上がりの水溜り。そこに潜む謎のスタンド。そして。
「!」
 突如背中を刺されるアヴドゥル。その眉間に、弾丸が…ッ!!!

 茫然とそれを見つめるポルナレフと花京院。「けがをしているだけにきまってるさ…ほら…今にしゃべりだすぞ…」あのモノローグは、原作だとポルナレフの涙の後でしたが、アニメだとちょっと前倒しになっていますね。(こちらの方が、流れとしては自然な感じがすると思いました)
 そんなアヴドゥルを見て、「おせっかい好きのシャシャリ出のくせに、ウスノロだからやられるんだ…」吐き捨てるように憎まれ口を叩き、くるりと背を向けるポルナレフ。怒りに震える花京院ですが、足元にぽたりと落ちる水滴を見て、八ッとします。
「迷惑なんだよ。自分の周りで死なれるのは、スゲー迷惑だぜッ! このオレはッ!」
 …ここの涙のシーンは、もう何度も第三部を読み返しているのに泣けました…。
 何ぞこの凄まじく気合の入った作画は…ッ。
 そしてこの台詞を聞くと、単独行動を取ったのは、単に仇を前にしてカッとなっていたというだけではなく、やっぱり他の連中は巻き込みたくないというのもあったのかなぁ…と思いました。
 それとよく見ると、花京院が駆け付けるシーンに、ちゃんとあのトラックも映ってるんですね…。細かいなぁと改めて。

 その1、とサブタイトルについていたので、もしかして3週以上かける…? と思いましたが、次回予告を聞く限り、来週で一気に決着は付きそうですね。
 このエピソードと来れば忘れちゃいけない「仲直りの握手」に始まり、正しい仇討ちの時の台詞講座×2まで、来週一気に見られそうです。
 …金曜日の夜が楽しみ過ぎて大変です。

 それにしても。
 レストランでのやり取りとか、今回みたいな「チャーイ」の説明とか。
 第三部は、これだけ緊迫した中でも、ちゃんと皆「旅」を楽しんでる所も描かれているのがいいなぁと改めて思います。それだけに、ラストが…(涙)
 エンディングまで泣くんじゃないと言い聞かせつつ、来週を楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

やはり男がかっこいいアニメは視福

ジョジョは良いです!

ポルナレフ名シーンに間違いなく入る今回は原作既読でも泣けますね。 次回が待ち遠しいです。 夏からのアニメは良いもの無さそうだし、ジョジョとそれでも世界はの二択だなぁ。

Re: やはり男がかっこいいアニメは視福

 うしつぎさま、こんばんは!(^^)
 ジョジョもお好きなのですね、嬉しいです…!
 今回はポルナレフの名エピソードの中でも屈指ですよね。私も次回が待ち遠しいです。

 色々と規制はどうしても入るものの、クオリティ高いですよね。
 これからも楽しみです♪
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。