YJ28号テラフォーマーズ感想:……やっぱりな…。変態(でき)ないんじゃないかと思ったんだよ…。

 こんばんは、星野です。
 テラフォーマーズも、気が付けばもう99話…! 99話の時に99位の人がラストで見せ場を飾るとか、洒落た事をしてくれます!
 …まだまだ混迷を極めるアネックス通信コントロール室前の攻防。
 果たして、勝者は…!?
■第99話 SECRET OBJECT 要衝の番
 コントロール室前に突如乱入して来たのは、なんと、防護服を装着したゴキでした。
 しかし、紅ちゃんの必殺の毒が通じない状態になっているのは想定外だったものの、所詮はまだ若いテラフォーマー二匹。例の「紅式手術」で、変態しなくても並の昆虫型程度の身体強度を確保している爆からすれば、さほど問題のある相手ではない…筈でした。
 因みに彼のマスクの下には、ちゃんと変態用の薬(ドロップ型)が仕込まれています。
 が、元々チャツボボヤの特性はお世辞にも戦闘向きとは言えません。…分裂するのは脅威ですが…。主に、変態に伴う傷の治癒を目的としているようです。…しかし…爆のくせにドロップとか…何か、薬の型が妙に可愛い…。

 というのはさておき。
 脅威の棒術を駆使するゴキ達を相手に、それでも最初は爆は優勢でした。
 …が…。
 倒した! と思ったゴキが、後ろから突如伸ばして来た謎の触手。それには、強力な神経毒が………。

 また、何かM.O.が奪われてるううう!!!(悲鳴)
 これ、結構前に「何この貝…」とか思っていたら、コメントで皆さまに教えて頂いた、あのイモガイとかいう奴じゃあないですか!! …しかし、何気に恐いんですね…あんな小さな貝なのに。ちょっとチクッとやられただけで命に関わるなんて。
 爆の場合はそんな毒をドスッと強烈に差し込まれた訳で、すぐに身体が言う事をきかなくなりました。即死しないだけ、流石というべきなのか…!?
 トドメと飛んでくる二撃目の触手。しかしそれをブチッと切ったのは、ナイフを持った紅ちゃんでした。…紅ちゃんすげええええ!!
 彼女はアネックスを守る為のキーとなる存在です。こんな所で危険に晒す訳にはいきません。何とか防護服を破壊するから、今の内に中で変態しろ、と告げる爆。
 しかし、目の前のゴキに怯えつつも、今は少しだけ戦士の顔になった紅ちゃんは、「できません」と断言します。
「あなたの防護服には穴が開いています。私が変態したら…あなたも死んでしまう」
 爆さんが何人にいるか知らない。でも。
「私は…あなたにも、死んで欲しくないんです」
 後戻りのできない任務に就いていると、頭ではちゃんと分かっていても。
 こちらの爆が語った「小説家」の夢を「素敵だと思います」と口にし、通用しないのは明白のナイフで立ち向かおうとする紅ちゃんに「この子は兵器には向かない」とモノローグする爆。
 小説家の夢にしても、本心で言ってるのかどうか不明ですが…、少なくとも、このモノローグの時に見せた表情は、少し位はこの紅ちゃんの心に何か感じてのものなのだろう…と思いたいです。
 単に「チッ、使えねえ兵器だ! このままじゃ計画が!」的な意味ではなく。

 しかし、このままではどの道にっちもさっちもいかない状況です。
 爆さんは最早動けず戦闘不能。紅ちゃんはナイフだけでゴキ二匹を倒せる程の身体能力は無さそうです。
 ここまでか、と思った、その時!!!

 轟音と共に張り裂けるアネックスの床。…紅ちゃんに襲いかかろうとしたゴキその1がまっさかさまに墜落し、いきなりリタイアです。
 現れたのは、口元を辛うじて覆っただけの、もはや防護とも呼べない簡易的な装備しかしていない、マーズ・ランキング8位。優し過ぎる男。強過ぎる男が今、両の拳に必殺のパンチ力を込めて、颯爽と登場だァ――ッ!!!
 そして、尚も襲い来るもう一匹のゴキは。
「……やっぱりな…変態(でき)ないんじゃないかと思ったんだよ…」
 ゴキの動きを封じる見えない手。
 しかしその一方で、空いた手は紅ちゃんの頭をそっと優しく撫でました。
「西さん…!!」
 …なんだこれ。
 第4班が、なんかいきなり主人公チームっぽい感じになってます…。
 ちょ、こういうのやめてくれ…。ちょっと思い入れ出来ちゃうから!! 色々辛いから!!

 無論、この特性を使っているという事は…。
「着いた…! 通信コントロール室…!!」
 辿り着いた慶次が見たものは、ゴキその2を発頸らしき技で殴り飛ばしたマーズ・ランキング99位。
 ありのままの姿見せるのよ! 寒くないわ!! …な、西さんでした。

 もはや、日米合同第1、第2班の生命線とも言える電波塔。…しかし、先行突入した慶次に、果たしてこの人達を殴り飛ばす事が出来るのか…ッ。
 この、「相手が人間じゃなくて良かった」…そんな風に言ってしまう、優し過ぎる男に………。
 
 紅ちゃんは、なんだかんだ第4班の皆に愛されてるなぁ、と改めて思います。
 それはもしかしたら、皆が皆、もう後戻りできない、同じ人間だろうと殺すしかないと覚悟をキメている中、一人だけ。
 …ゴキだろうが人間だろうが、防護服等の装備が無ければあっという間に皆殺しに出来る程の恐ろしい特性を持ちながら、殺す覚悟が全く出来ていないからなのかも知れません。
 紅ちゃん自身も言っていますが、彼女の特性は、地球に戻ったとしても、普通に人と接する事は出来ないでしょう。普通の人間として人並みの幸せはもう無理だと分かっているでしょうが、そういう覚悟はある程度出来ていても、だからと言って殺す覚悟まで出来ている訳ではなく。
 例え自分達の立場から見れば敵であっても、同じ人間は殺したくないし、でも仲間にも死んで欲しくない。
 この殺伐とした状況の中で尚、そんな風に虫の良い甘ったれた事を言ってしまう子だからこそ。
 …皆にとっては眩しい存在なのかなぁと…。

 次号、100回記念巻頭カラー!!
 8位VS.99位、互いに猛者同士の激突ですが………。慶次が圧倒的に不利に思えるのは私だけでしょうか…(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
>慶次が圧倒的に不利に思えるのは私だけでしょうか…(涙)
慶次の性格、西の強さ、いざと言う時の最終兵器。客観的に見ても…
>なんだかんだ第4班の皆に愛されてるなぁ、
ここじゃ言えませんけど新刊に西さんと紅ちゃんのプロフィール載ってますし

テラフォポリス2話目出てました
大の大人が大勢で体操着着て騒いでる…ではなく体育祭編。いろんなキャラがモブで出てました(バグス2号の人たちも…ドナテロ艦長はこっちでも死んでる設定だけどギャグだから出るかもな)
3馬鹿漸く登場。と、思ったら何故か大人に戻ったミッシェルさんにボコられて良いように使われてるw

No title

慶次は最近かなり死亡フラグ建ってる気がするのでなんとしてもそれを払拭して欲しいですね。
西さんとの闘いはもう以前お母様が言ってらした「噛まれただけでO卵しそうな」お父様譲りの野獣のようなスター性を発揮して逆転勝利して欲しい所ですねww
そして最大の不安要素が下に落ちていったもう一匹のゴキ、
イモガイがMOな以上コイツも何かのMO持ちで這い上がってきた時何かやらかしそうで怖いですね。

KOじゃなくて良いから…(涙)

お久しぶりです♪

なんかもう…慶次を見るのが辛くなる今日この頃ですよ(T-T)
KO勝ちじゃなくても判定勝ち…いや、判定負けでいいから死なないでくれー(>_<;

そして願わくばユニコーンのお姉さんとくっついて欲しいなぁ…。

あ、関係ないですが、今日チラッと「車田正美 原画展」なるものを観てきました♪

西さん、慶次より年下なんですよね…アラサーだと思ってました(笑)

慶次と西が相対したとして、実力は慶次が上手だと思います。透明化を見破れるだろうし、白兵戦も慶次は強大極まりない実力ですからね。
西も劉と同じく浸透勁を使えるため、甲殻への対抗も可能ですが、それが劉と同じく決定打になるのかは疑問です。あとは、西は先輩を追い詰めましたが、先輩は瀕死の重症で腕を無くし精神状態も万全とは言い難いところを奇襲したことを考えると慶次にどこまで通用するか気になるところです。

爆がマルコスに言ってたことは、むしろ紅に起きてましたねー

イモゴキはやっぱりローマ班からパクったんでしょうねぇ…。イモ貝は美しいかあるいは可愛い女の子の能力だったらいいなと思います。美女の口からキモい舌が出てくるって、ゾクゾクしますね!
強そうな能力ですが、小吉や燈みたく能力を活かすセンスやスキルがなかったんでしょうね。バグズ2号の人たちもそんな人が多かったですから。

イモゴキ、リーゴキ、デシャスゴキなど、外見的特徴のない能力持ちは奇襲しやすいのが怖いですね。
お願いですから落ちたゴキブリが、慶次のヒロイン・一角ちゃんを殺さないで欲しいです!

「相手が人間じゃなくて良かった」と思う慶次ですが、せっかくマルコスが爆に啖呵を切ったんですし、あそこまでたどり着く間か、戦闘の刹那に覚悟を決めて、慶次には生き残って欲しいです。

「俺はもう迷わない…迷ってるうちに人が死ぬなら…戦うことが罪なら…俺が背負ってやる!」

と仮面ライダーのような決意がお願いします!

コメントありがとうございました>瓶さま

 瓶さま、こんばんは!
 …慶次、やっぱり何かヤバそうですね…。幾ら惚れて頂いても、死んでしまってはどうにも(涙)
 新刊、実はまだ買えていないんです…西さん&紅ちゃんのプロフィールも載ってるのですね! もう少し落ち着きましたら本屋へGOしたいと思います♪
 今回のお話でも、少しだけ語られていましたね…。教育係だったのですね、西さん…。

> テラフォポリス2話目出てました

 テラフォポリスも、先週号で載ってましたね!
 …アドルフさんやっぱりいいなぁと改めて(笑)本当にギャグなんですね…。子供ミッシェルさんも大人ミッシェルさんもこちらのミッシェルさんは可愛いです。
 単行本出たらちょっと手が出てしまいそうです…(^^)

コメントありがとうございました>am56さま

 こんばんは! こちらにもコメント頂きありがとうございます(^^)
 慶次、更に死亡フラグを濃厚にしてしまった気がしますが…何とか!! 何とか回避して欲しいですね。

> 西さんとの闘いはもう以前お母様が言ってらした「噛まれただけでO卵しそうな」お父様譲りの野獣のようなスター性を発揮して逆転勝利して欲しい所ですねww

 本当ですね…。寧ろもう、拳を交えてる間に惚れてしまったくらいの雄っぷりを魅せて欲しいです。

> そして最大の不安要素が下に落ちていったもう一匹のゴキ、
>
 そうなんですよね…。流石にこれでおしまいと思いたいのですが…、こいつらがこの程度で死ぬ筈も無いと思えますし…。西さんにもキッツイ一撃を貰っていましたが、何かこう油断出来ないんですよね……。

Re: KOじゃなくて良いから…(涙)

 Seagreenさま、こんばんは! お久しぶりです!
 …慶次…更に辛くなってきましたね…。「女は殴らない」とか言ってないで!!! …と思わずにはいられません…。
 火星での戦いはまだまだ長いのですし、仲間を護る為にも、ここで死んではダメでしょう、と思います…。

> そして願わくばユニコーンのお姉さんとくっついて欲しいなぁ…。

 そうですね、ペギーさんが…(涙)残念な事になってしまいましたし…。
 お母さんも嫁の一人も探せと言っていましたし、嫁さんと二人でお墓参りでもして安心させてやってくれー…!!! と思います。

> あ、関係ないですが、今日チラッと「車田正美 原画展」なるものを観てきました♪

 羨ましいです…! 如何でしたか?
 まだ開催していたら私も行ってみたいです。

コメントありがとうございました>あるるかんさま

 あるるかんさま、こんばんは!
 西さん、慶次より年下でした?? YJで見ると同い年だった気がしますが…。

 そしてやっぱり、透明化していてもばっちり見えるんですね…(^^;)しかし、それが何のアドバンテージにもならない圧倒的な西さんの武力。
 女は殴らない主義の慶次は、ますます不利ですよね…。
 幾らフェミニストでも、場合が場合ですから…正直、申し訳ないですが西さんを一撃KO位の気合いで戦って欲しいなぁ…とは思います。

コメントありがとうございました>零崎零識さま

 零崎零識さま、こんばんは!
 イモガイゴキ、ローマ班から…かもしれませんね。
 どなたの能力だったのか、せめて明らかになってくれると良いですが…美女の口からキモい舌(それも猛毒)とか、確かにちょっとしたホラーですね(^^;)

> イモゴキ、リーゴキ、デシャスゴキなど、外見的特徴のない能力持ちは奇襲しやすいのが怖いですね。

 そうなんです! せめて見た目だけでも普通と違えば、多少は警戒も出来るのですが…。只のノーマルゴキと油断していたら、とんでもない隠し玉を持っていた…というタイプのゴキは、上位ランカーでも危ないかも知れませんね。
 
 慶次も、まだまだ護るべき仲間がいる事も考えて、どうかよく考えて欲しいですね。…女は殴らないなんて主義が通用する相手ではないですし…。
 それこそ、覚悟をキメて必殺の蝦蛄パンチを容赦なくブチ込む位してもらわないと、今後の展開が更に絶望的になってしまいます……。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR