スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列車戦隊トッキュウジャー&仮面ライダー鎧武の劇場版観て来ました!!

 こんばんは、星野です。
 …行っちゃいました…(笑)しかも、トッキュウジャーの皆さんの舞台挨拶つき。
 ネタバレになりますので、以下、続きから語ります。
 まずは上映前の舞台挨拶。
 普通に小さいお子さんを連れて、家族連れの皆さんが多かった印象です。…ある意味、ホッとしました…(^^;)
 トッキュウ1号・ライト役の子の挨拶が凄くしっかりしていてそつがなく、おおっと思いました。…どうも、他の舞台挨拶も行った事のある友人によると、ぐだぐだになる時は結構ぐだぐだになるみたいなので………。

 入場者全員のプレゼントに貰えるトッキュウジャー&仮面ライダー鎧武のメガホンは、取り敢えずそっとカバンにしまって(家には飾ってありますが…^^;)、それぞれきちんとキャラに合ったアピールをしてくれた皆さんには力いっぱい拍手を送って来ました。特に6号の人…。ハーモニカちゃんと持ってきてくれた…(笑)
 子供たちも凄く喜んでいてノリもよく、まだまだ今時の子達だって、イマジネーションは大丈夫だ!! と思えました。
 最後はしっかり「変身致しまーす! 白線の内側に…」からトッキュウジャー6人のポーズまでキメてくれて、最高に盛り上がりました。うおおおお、これはハートがふるえます。

 …この挨拶が終わった後、結構席を立つ方が多かったのが、ちょっと気にかかりました…。
 どうも、また次の劇場へ行って、再び挨拶を聞く、といった事をする人もいるようです。
 そんな、ビックリマンチョコのシールだけ取って中身を捨てるような事せんでも…とチラッと思います。舞台挨拶付きのチケットを買うという事はそれだけ熱心なファンなのでしょうし、本編だってどこかで一度は見ているからもういいや、というのもあるかも知れないのですが。
 チケットを買ったお金をどういう形で使おうが(例え、挨拶のみ目当てで買おうが)それは個人の勝手です。
 ただ、個人的には、ちょっと切ないなぁ…と思います。挨拶でも、是非楽しんで下さい! と言ってくれた出演者の皆さんの気持ちを思うとなぁ…と。挨拶は何度でも行く。そして本編も何度でも見る。これをやってこその、熱烈なファンって奴なんじゃあないでしょうか…。

 ――というのはさておき。

 仮面ライダー鎧武との二本立てだったのですが、何故か最初の30分がトッキュウジャー、残り1時間30分位が仮面ライダー、という、ちょっと切ない時間配分でした(^^;)
 …が、しかし!!
 いや、濃い30分でした!! めっちゃ面白かったです!!!

 冒頭から、いきなりシャドウラインの攻撃を受け、仲間の列車達と切り離されて地球へ落下してしまうサファリレッシャー。…それはレインボーラインの宇宙版、ギャラクシーラインを走る列車でした。女車掌・レディさんめっちゃ可愛いです。
 そんな中、いつものように美味しそうに駅弁にありつこうとするライト達。その後ろでお掃除してるトカッチがシュールです(笑)一方、ミオとカグラの2人はこれまたおいしそうなケーキを持って来る訳ですが…。
 そこへ凄まじい衝撃が!!! そして電光掲示板に表示されたのは救難信号。
 舞台挨拶でも言っていたのですが、見どころ其の一・トカッチくんの強烈な顔面ケーキ!!!(笑)

 なんだなんだと外へ出てみるライト達。そこには、ライオンの列車が。
 動く事が出来ず、立ち往生してしまったライオンの列車を容赦なく狙うシャドウラインのナイル伯爵。…まるで某999の機械伯爵みたいだぜコイツ、と思ったのは秘密です。
 その時、颯爽と現れるトッキュウジャー!!!
 変身シーンからオープニング、という流れが燃えます。
 さて、何とか謎のライオン列車を助けようとするライト達ですが、周囲のザコはともかく、ナイル伯爵&その側近は結構強くて複数人がかりでもなかなか倒せません。そうこうしている内に、なんといきなりライオン列車が動き出し、ライトを連れ去って走り出してしまいました。
 一体何が!? と茫然とする仲間達。
 一方、ナイル伯爵はと言えば闇の皇帝陛下に「俺んとこに挨拶に来いよ」と凄まれ、側近と一緒にしぶしぶ退散。
 取りあえず戦いは一段落したのですが、肝心のライトが戻って来ません。

 ライトはと言えば、謎のライオン列車、即ちサファリレッシャーの中で、なんかエネルギー源にされてました(笑)
 ひでえ…。思いっきり恩を仇で返してるよレディさん(笑)
 が、どうもエネルギーが足りないらしく、結局サファリレッシャーは再び地球への着陸を余儀なくされました。その最中、もう用は無いぜとばかりにぽいっとレインボー列車に突っ返されるライト。…主人公なのにこの扱い。あぁんまりだァァー!!

 心配して駆け寄る仲間達ですが、当人は至って無事。どうも朝ごはんを食べ損ねたのでお腹が空いただけらしく…。
 取り敢えず急いで腹ごしらえをするライトを後目に、現れたサファリレッシャーの女車掌・レディさんから事情が説明されます。
 そんな彼女は、どうやら車掌さんとも知己のようです。さらっと「正確には、25年と何日ぶり」的な事を言っていたので、あんな可愛い見た目ですが、意外と年を…ゴホゴホッ。
 彼女の話によると、サファリレッシャーは、宇宙を走るギャラクシーラインの列車で、25年周期で地球へやってくるとの事。人が宇宙へとその目を向けるようになった頃、そのイマジネーションで出来たラインのようです。
 夢溢れる列車ですが、彼女の列車はシャドウラインに攻撃され、仲間の列車とも離れ離れにって、現在自力では宇宙へ還れないとのこと。早くしないと運行スケジュールが遅れてしまう…! と焦る彼女に、まずは協力を約束するライト達。
「誰だって、帰りたい所へ帰りたいもんな」
 …この台詞は、自分達の帰る町を探しているライト達の心情も滲んでいて、温かくも切ないです。

 しかし…。

 道行く人々はやれスマホだ、やれ仕事だ、空を見上げる人なんて誰もいやしません。
「人は皆、下ばかり向いている。ギャラクシーラインが通った頃は、もっと上を見上げていたのに…」
 サファリレッシャーが宇宙へ帰れない一番の理由は、地上の人達のイマジネーションが不足している事に起因する、と街を歩くレディは語ります。それは地上を走るレインボーラインにも責任がある、と詰る彼女ですが、ライトは「そうは思わない」と口にします。
 その手には、ギャラクシーラインを宇宙へ返す為のレールの絵を描きながら…。
 しかし、そんなの無駄だと嘆く彼女は、こんな事ではとても宇宙へ帰るエネルギーは得られない、また時間を無駄にした…と時計を手にしながら歩き去ってしまいました。
 あともう少し、彼女がその場にいれば。
「そのレールで、宇宙まで列車が行くの?」
 とイマジネーションを広げる子供たちの姿を見られたのですが………。

 1人焦る彼女の元へ、車掌さんが訪れます。
 実は彼女が焦っていた一番の理由は、このまま宇宙へ帰れない状態が続くと、なんと「ギャラクシーライン」自体の存在が消えてしまうからでした。
 もっと素直に最初からそう言えばよいのに、と苦笑する車掌さんは、ライト達にも帰りたい場所がある、と告げました。
 彼らも、自分達の町へ帰りたいのだと…。
「誰だって、帰りたい所へ帰りたいもんな」
 あの言葉を思い出したレディさん。しかしそこへ、皇帝陛下への挨拶を済ませたナイル伯爵が!!!
「かかって来なさーい!」
 とか言ってる車掌さんですが、多分無理ですよね…これ無理ですよね…(^^;)
 てっきり、車掌さんにも何かしら特殊能力的なものがあるとか思っていたのですが、そんなものは無いっぽいですし!!

 しかしそこへ、再び現れるライト達。
 彼らは、サファリレッシャーを宇宙へ返す策を考えて来ていました。仲間達に後を任せ、レディさんを連れてサファリレッシャーへ乗り込むライト。仲間達を置いていくんですか、と思わず問う彼女に、ライトは「あいつらが任せろって言ったんだから、信じる」と力強く答え、サファリレッシャーを自分達の列車で引っ張り、空へのレールをイマジネーションで作って宇宙へ返そうとします。
 しかしその時、シャドウ怪人の一人が、レールのポイントを変えてしまいました!!
 このままでは普通の列車と激突、ピンチ!!! と思ったその時!!!

 六人目のあの男が、タイミング良く登場。レールのポイントを再び切り替え、サファリレッシャーを宇宙へ向かわせる渋いアシストを決めます。
 そのまま加速する列車。
 しかしレディさんは、このままではイマジネーションが足りない…と呟くのですが……!!!

 車掌さんが更にナイスアシスト。
 放水し、その水で空へ虹を掛けたのです。
 人は自然と空を見上げ、そしてイマジネーションに溢れる子供たちの目には、はっきりと空を走る列車の姿が見えていました。
「足りないのは地上の人達のイマジネーションじゃない。あんたのだ」
 悪戯っぽく笑ってそんな風に告げるライト。
 この台詞も印象に残りました。
 人のイマジネーションが足りない足りないと彼女は言っていたけれど、自分の方こそ、人のイマジネーションを信じる心を失いかけ、何より「このままじゃ帰れない」というイメージに囚われていたのです。
 …周囲ばかりを見て嘆くより、まず自分がどうなのか、をしっかり見つめるのって大事ですね。
 人はやっぱり、地に足を付けて生きる生き物ですから、足元を粗末にして空ばかり見上げるのは、ちょっと違うとは思います。でも、自分が今、ここにいるという確かな足場をしっかり見つめた上で、時には空を見上げ、星の煌めきに、雲の動きに、空の色に思いを馳せる。そんな心を持ち続けるのも、大事なんだなぁと。…そんな風に思えました。

 今やすっかり「宇宙へ帰れる」イメージを思い描けた彼女は、もう大丈夫とサファリレッシャーで宇宙へと帰って行きました。さて、残るはシャドウラインの連中のみ、とライトは彼女から別れ際に預かった小さなトランクを持って、仲間達の元へと戻ります。
 
 ライト達を行かせる為にその場に残った仲間達。見どころ其の二で、彼らの生身でのアクションも凄い迫力ありました!
 舞台挨拶で、ヒカリ君役の人が力説してただけあって、皆ド迫力です!!
 しかしその彼らも強大なナイル伯爵&その側近の力の前に危機一髪…と思った、その時!!

 ライトが持ってきた小さなトランクには、宇宙を走るサファリレッシャーが。
 変身バンドにそれを付けて変身したライト達には、新たなサファリレッシャー達のパワーが加わります。
 ……カグラの着ぐるみパンダだけは、劇場でも爆笑が起きていました。…うん、お約束だね…さすが、なりきりリーダーだよね…(笑)可愛かったですが、これにやられるのはものっそい屈辱な気がします(苦笑)

 さて、サファリレッシャーの力を借りて、無事ナイル伯爵&その側近を倒すライト達。しかし、例によって奴らは合体&巨大化しました。
 こちらも合体だ、とトッキュウオー&6号専用のビルドダイオーも加わって決戦に入るライト達ですが、圧倒的な伯爵のパワーに押され気味です。
 しかしそこへ、仲間の列車と合体を果たしたサファリレッシャーが、加勢に戻って来てくれました!
「何で戻って来たんだ!」
「仲間の列車と合体したから、大丈夫です。それに、私にも、もう見えています。この列車の力を使って、あなた達が勝利する未来が!」
 ライト達に沢山のイマジネーションを貰った彼女が、今度は勝利のイマジネーションをお返し。
 いや、燃えます。普通に燃えました。

 かくして、サファリレッシャーの力を借りて、無事に巨大化したナイル伯爵を倒すライト達。
 別れ際、レディさんは自分のミニチュア版のような小さなお人形を片手ににっこり笑ってみせました。
「まだ、上手く出来ないんです…」
 レインボーラインとかギャラクシーラインの車掌さんは、あの人形を使うのが規則なんですか!?(笑)
 かくして、また25年後に、と再会を約束して宇宙へと帰っていくサファリレッシャー。
 見送るライト達もまた、次の停車駅へと向かいます。

 30分という時間の中でも笑いどころあり、かっこいいアクションシーンあり、温かいシーンあり、と見どころ満載でした!
 いや、ほんとに楽しかったです…。行って良かった!!

 因みにちゃんと、「次の停車駅は、『仮面ライダー鎧武』」と電光掲示板に出るところも、流石の細かさですね。
 …ところでトッキュウジャーの構成担当の小林靖子さん、ふと見るとスターダストクルセイダースの方でも同様に構成やってるじゃないですか…。何か、妙なご縁を感じました(笑)

 仮面ライダー鎧武も面白かったです!
 …いきなりサッカー始めた時はどうしようかと思いましたが…(^^;)ちょっと前にテレビ版でもサッカーやってたのはこれだったのか…! と。
 ゴン中山選手まで出ていたのは驚きです(笑)
 何となくトッキュウジャーからの流れでこちらも日曜の朝は見ていますが、個人的にバナナの人が割と気になります(笑)

 普段の忙しさの中、ふと忘れそうになるイマジネーションを思い出させてくれる、そんな作品です。
 毎週日曜の朝も、ドキドキ経由の列車に乗って、自分のワクワクを確かめに行こうと思います♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

更新お疲れ様です。いつも楽しく拝見してます。
いつもは文章を考えるのが苦手で読み専なのですが、今回の記事を読ませて頂いていてもたってもいられずコメントさせて頂きました!
僕もキャプテン翼からヤンジャンを読み始めて、キングダムにはまり、テラフォにはまり、そしてこちらのサイトにたどり着きました。昔から聖矢やジョジョも大好きで、失礼ながら「随分趣味が同じ方がいるなー」なんて思っていたのですが、最近子供の影響で戦隊物にはまりだし、つい先日トッキュウジャーの映画を見てきて感動してしまった!事まで同じだと言うことでコメントせずにはいられませんでした。

これからも楽しみにしています。拙い長文失礼致しました。

Re: はじめまして!

 ソラジマさま、こんばんは! 初めまして(^^)
 キングダムにハマる経緯が同じでびっくりでした…! テラフォやジョジョ、星矢、そしてトッキュウジャーもお好きとの事で、嬉しく思います。
 トッキュウジャーの映画良かったですよね!
 お子さんと一緒に、是非是非イマジネーションを高めて、ライト達の旅を見守りましょう!

 嬉しくて暖かいコメントありがとうございます!
 今後とも色々と語っていきますので、お楽しみ頂けたら幸いです。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。