最も最も最も(以下略)恐ろしい…!! マギィ―――ッ!!!

 こんばんは、星野です。
 本日、上野へ「古代エジプト展 女王と女神」を観に行って来ました! 一人暮らしを始めてもうすぐ8か月目。休日には好きな美術展へ行ったり、お気に入りの近所のイタリアンで一杯やりつつリッチに食事してみたり。そういう休日の楽しみ方が、やっと出来るようになって来たなぁ…としみじみ。
 毎週毎週ジョジョのお陰で金曜日の夜は最高にハイ! な私ですが、流石にそのテンションのままジョースターエジプトツアー御一行様の旅路を再現するエジプト旅行…とかは行けないので、タイミング良く開催していたエジプト展へ、時の砂を越えるJourneyへ行って参りました(笑)
 バステト女神もちょっと出て来るかなぁと思ったのですが、残念ながらバステト女神は扱われていませんでした。
 ただ、展示物の説明に、ちょこちょこ「ゲブ神」とか「トト神」などの名前が…! ちょっとテンション上がりました(笑)
 古代エジプトを統治した女王(主にハトシェプスト女王が多かったです)や、信仰されていた女神についてなど、内容も凄く見応えありました。まだの方は是非♪
 …と、それはともかく。
 遂に一週間待ったおしおきターイム。しかし何気に、件名の「最も最も最も…」の所も楽しみにしていたので、どうなるかと見ていたら…寧ろこっちが予想以上に凄かった(笑)
 何すかあの肩組んでメチャ楽しそうに踊ってる「恋人」のダミー達は!!!
 …まさかコイツを可愛いと思う日が来るなんて(笑)!! エンヤ婆もそうですが、ほんと声優さんやアニメスタッフさんには御礼の言葉しか見つからないです…! GJッ!! 

 さて、上記の「最も最も…」のシーンから少し時は遡ります。
 先週、橋にされた承太郎の姿は、ファンとしてはもう本当に「おのれダン…!!」な心境だった訳です。
 原作で知っていても、これ程の屈辱を承太郎先輩に味わわせるなんて、もうコイツの頭上には死兆星しか見えねぇっ…!! いやもう、全力で輝けこの野郎!! ってな感じだった訳です。

 いやしかし。
 矢張り正義は勝つ(笑)
 ダンの声優さんの演技も、ものっそい光ってました! 輝いてました!!
 ここに承太郎先輩のツケの数々をリスト・アップ。


・ハラを殴られた
・石で殴られた
・サイフを盗られた
・時計を盗られた
・ドブ川の橋にされさんざ足で踏まれた
・背中をかかされた
・クツみがきをさせられ蹴りを入れられた


 …ご丁寧にルビ付きで書かれたツケの数々。こんなとこまで原作再現で思わずニヤリでした。…花京院の初登場時もそうですが、何故イチイチルビを振るんだ………なんだかんだ几帳面なガクセー二人に乾杯。(いや、単に少年漫画だから読者に配慮したとかそういうツッコミはこの際ナシで/笑)
 それはともかく、「さんざ足で踏まれた」という表現に、特にこの行為は相当アタマに来てるというのが滲み出ています。
 この後更に「宝石店で腕輪をギらされ、店員たちにさんざボコられた」というのも加わる訳ですが………。
 ダンさんが一体何を持ってここまで調子こけたのかがさっぱりわからない…。(^^;)
 否、どんな事をさせられても、大事な身内の命がかかっていれば耐えられる人だという所だけは、このダンさんはちゃあんと解っていたという事なのでしょうか…。問題は、それ以外の色んな事を見落としていたという事ですが(^^;)

 さて、その頃のジョセフ達ですが、色々と苦戦していますね。
 背中をくすぐられる感覚に思わずジョセフが声を上げる→通行人がわらわら集まって来るシーン、ここはジョセフ達にとっても地味にキツいシーンだなぁと思いました。
 気の毒に、とお金を恵まれて「なんてことだ」と困惑する花京院達の姿がもう何とも(^^;)
 ポルナレフが「そのテレビ買え!」と言うシーンの何とも言えないポーズもしっかり原作再現なのが嬉しかったです♪
 しかしその後「二人とも急げ!」とか言いつつ花京院が買ったテレビを運ぶのを全く手伝ってないのが地味に笑えました。…いや、君も手伝おうよ…(笑)

 さて、やっと人ごみを避け、再び「隠者の紫」で念写を再開するジョセフ。
 肉の芽をせっせと育てている「恋人」を見て、花京院が「粘土のよーにこねて…」っていう辺りとか、イチイチ原作の何とも言えない絶妙な例え方も完全再現で嬉しかったです♪「ダイコンおろすよーになぁ!」とか、最高でした(笑)二人のスタンドも、持ち主の感情を反映しているのか、怒ってる感じが伝わって来る仕草がそここに見られるのが素敵です。
 しかし、ジョセフの脳細胞等で巧妙にそっくりなダミーを造り、バンバン増殖していく「ラバーズ」の群れに惑わされ、苦戦するポルナレフ&花京院。「エメラルド・スプラッシュ!」の叫びが、若干いつもよりゴツい? 感じがして、花京院も地味に相当頭に来ている&時間が無いのもあって焦っているのかなぁ…と感じました。
 アニメのオリジナルの台詞もちょこちょこありましたね。
「わしの頭の中の為に、それ以上お前が傷つくのを見ておれん。…それに…もう時間が…」
「最後まで諦めるな! ジョースターさん!」
 …この辺のやり取りも、刻一刻と状況が悪化していく中、それでも残された可能性をとことん獲りに行く熱さが出ていて良かったなぁと。「ジョースターさん」が、ちょっと後に続いて言われた辺りも、もしかしたら、普段はジョセフには敬語で話しているのに、今回はその敬語も忘れてしまってた事をはっと思い出し、慌てて付け加えたのかなぁとか、色々妄想が膨らみます。

 そんなこんなでやりたい放題のダンですが…。
 ヤツの輝いた時間もここまで。

 宝石店で腕輪をギらされ、挙句店員たちにそれをチクられ、キレた店員達にフルボッコにされる承太郎。
 しかし彼は「これでてめーへのおしおきターイムが楽しみになった」とニヤリと笑います。
 もうすぐジョースターは死ぬ、とこれまたすぐに余裕がなくなる小物っぷりを露にするダンに対し、承太郎は
「お前は俺達の事を知らねえ。花京院のやつの事を知らねえ
 と、不敵に宣言しました。
 そしてその、言葉通り!(ポルナレフの事も忘れないであげて…と思ったのは秘密です/苦笑)

「いい教訓だ…だが、お前は敵を知らな過ぎたようだな。勉強不足だ!
 指さしポーズでキメる花京院、彼は既に「法皇」の触脚を細く地面に張り巡らし、無数に増殖した「恋人」のダミーを一体一体調べていました。
 …ついさっきまでの、「一体どいつが!?」と焦ってたアレは何だったんだ…というこの策士っぷり。
 恐ろしい…この子恐ろしい…ッ!!

 こうして、「ギニャー!!」と特徴的な悲鳴を上げてものっそいド派手に頭から出血するダン。…あれでまだ普通に生きてるのが凄い(笑)いや、ジョジョじゃあの程度の傷はカスリ傷程度なのかも知れないですが(^^;)
 ポルナレフが「これでジョースターさんも『ニクメない奴』になったな」と笑い掛けるオリジナルも凄くグッジョブです♪
 やっぱりいいなぁ…何かこう、こういう人必要だわ、としみじみ思います。
 アニメで観て、改めてその魅力を再認識したキャラの代表格がポルナレフです。ハイ。

 さて、ジョセフの脳内から脱出し、今度は承太郎の脳に侵入を試みるダン。
 しかし!!
「おらあ―――!!」
 …っとものっそい怒った表情のスタープラチナにとっ捕まり、腕と脚をへし折られるというかなりイタい目に遭う事に。
「スタープラチナの精密性と目の良さを知らねえのか? お前本当に、俺達の事ちゃんと予習して来たのか?
 …今回、何気に花京院の「勉強不足だ」や承太郎の「予習してきたのか?」とか。この辺、ガクセーコンビならではでGJだと思います。…考えてみたらこの二人、まだまだ普通に「ガクセー」なんですよねぇ…。
 
 何というか、花京院も承太郎も、その年にしては相当に大人びているのですが、本当に良くも悪くも規格外で少年らしくないのは承太郎で、花京院からはまだ十分すぎる位に少年の面影を感じる、この差がまた良い味出してると思います。
 ジャンプ連載当時は、花京院も承太郎も同じ位大人びて見えたものなのですが…。
 花京院は、今読み返すと、ちょっと背伸びしてるような印象を受けます。そこが逆に少年らしいというか。…不思議と、花京院はまだ「少年」と呼べるのですが、承太郎は「少年」というより「青年」って呼びたい感じなんです。
 同じガクセーコンビでも随分受ける印象は異なる二人ですが、言葉のチョイスはまだまだ二人とも「ガクセー」さんだなぁと…妙な所でホッとしました。

 さあ。
 待ちに待ったおしおきターイムだァ!!!

 一度は、腕と脚を折っただけで見逃して貰えたのに。
 原作より無駄に可愛く描かれているモブの女の子を人質に、尚も悪あがきをするダン。「やれやれだぜ」と呟く少し前に深くため息を吐く姿に、既に承太郎の怒りが振り切れちゃってる感が伝わって来ます。
 あと、許しを請う時の「ペロペロペロ…」と実際に台詞で呟きながら靴をなめてるシーンが妙に笑えます。エンヤ婆の「しくしく…」に通じる面白さが(笑)
 二度目の許しを請うシーンで「DIOから前金を貰ってる」…この台詞に、ダンのDIOへの気持ちを如実に物語ってますね。最初はちゃんと「様」付けで呼んでましたが、彼の忠誠はこんなもんだという感じが良く出てます。

 しかし、元々最初っから「許す気ゼロ」だった承太郎。(と、その仲間達)
 さあ、遂に来たぜオラオラタイム!!

 花京院の「レロレロ」みたいに、声優さんもこの日の為にオラオラを鍛えて来たのかなぁ…と(笑)
 もうちょい長くやっても良かったかなぁとも思ったのですが。
 途中で一回「オラオラオ」で止めてるとこまでしっかり再現、ハンパないです。

 もうやめて!! ダンのライフはとっくにゼロよ!!(笑)

 かくして、カッコ良過ぎる「つけの領収証だぜ」の台詞と共に宙を舞う「空条承太郎」の署名。そのまま振り向かずに去る男の背中。
 珍しくアバンもCパートも無い「恋人 その2」でしたが、ここはしっかりスカッと爽やかな気分になった所で〆てくれた所にGJ! と感じます。

 いや、原作で約4ページに渡るオラオラ。ありがとうございました(笑)
 スタープラチナもかなり怒った顔してたのがたまりません。

 次回の「太陽」もメッチャ期待しております♪ 続き! 楽しみにせずにはいられないッ!!
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

真意

星野さま、更新ありがとうございます。

・承太郎以外のメンバーを追い払う
(やっと二人きりになれた)

・お金と高級時計を融通してもらう
(経済力あるのね…)

・危険なドブ川を身を挺して渡してくれる
(胸キュンポイント)

・背中がかゆかったので丁度いい所を掻いてもらう
(スキンシップは大事)

・二人でジュエリーショップに行く
(お買いものの定番)


み、見方によっては完璧なデートですよね。

彼のスタンドは「恋人」…。


今まで第3部のベストカップルはエンヤ婆とポルナレフだと思っていたが、どうやら間違っていたようです。

Re: 真意

 でそうざさま、こんばんは!
 …な、なるほど…! 仰るように読めば、これは承太郎との完璧なデート計画!(笑)
 デートのラストにもれなくいつもより長いオラオララッシュが待っているのがちょっとばかり(?)難点ですが……、ここまで見事に承太郎とのデートコースを満喫したので、これ位の代価は当然と思わなければ…ですね(笑)

> 今まで第3部のベストカップルはエンヤ婆とポルナレフだと思っていたが、どうやら間違っていたようです。

 エンヤ婆とポルナレフも、確かにナイスカップルでしたね(笑)
 今後、この凄まじいデートを越えるカップルは……なかなか、無いかも知れないですね(笑)
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR