太陽戦がこんなに面白いなんて…!!(笑)ノォホホホ……。

 こんにちは、星野です。
 …今週、とうとうバテてダウンしました…(汗)一人暮らしだと、自力でなかなか動けなくなるとかなりキツいと言う事を改めて思い知りました。健康管理要注意ですね。皆さまは熱中症など大丈夫でしょうか? 夏のこの時期、自分で思っている以上に疲れって溜まってるんだなぁ…と思いますので、お気を付け下さいませ。
 さて。
 今週の「太陽」戦、実はAパート位でサラッと終わって後半から「死神」戦へ行くのかなぁ…なんて以前は思っていたのですが、私はこのアニメスタッフをナメていたようです。…凄ぇ…!! まさか原作でも2話で片付いた戦いを、こうも盛り上げるとは…。
 真夏のこの時期、ぜひエアコンを切って見たいものです。今週はちょっと挑戦出来ませんでしたが、「くそったれの気温が30度に上がったぞ!」とか言いながら観たい…(笑)
 冒頭、高級車をサラッと買ってるジョセフと、店員の女性を口説いてるポルナレフの対比が素晴らしいです。
 そして、あの髪がまさかジョセフのツッコミ一つであんなグシャグシャになるなんて…(その割にすぐに直ってますが)形状記憶機能でも付いてるのか、あの銀髪は(^^;)
 特にオリジナルシーンでは、ジョセフの海千山千超えて来た年長者っぷりと、年を経ても変わらぬお茶目っぷりが遺憾なく発揮されていて微笑ましいものがありました。
 しかし原作でも何気に好きだった、らくだのシーンをバッチリやってくれたのが本当に嬉しい…!!
 それと、ポルナレフの演技がホントに良いなぁと改めて思います。息を吹きかけられた時の「くさ~~~」の言い方とか。…女性を口説いてる時のほんとに軽っちい感じとか。ありがとう…! 今は他に、言葉が浮かばない…。
 ジョセフがらくだに乗った後の若者三人の目線の矢印が無かったのはちと個人的に残念でした。それと、原作では「出発進行!」の後、四人揃っててんでバラバラな方向へ行ってましたが、三人揃ってジョセフと正反対…って感じになっていたのもちょびっと残念。あのバランバランな感じが良かったので。。でも、下手すりゃカットされるシーンだよなぁなんて思ってただけに、あんなに時間を掛けてあれだけの高い再現度でやってくれて、本当に本当に嬉しい………ッ!!!

 そして、このお話の中でのもう一つの見どころと言えば。
 気温がぐんぐん上がり、本体の場所も見出せないまま暑さで徐々に体力を削られていくなか、花京院をスタートに突如始まる若者三人の謎の大爆笑シーン
 スタンドの「太陽」に照らされ、高温でジリジリやられる暑さの演出も素晴らしかったです。承太郎達が太陽とともにぐるぐる回り、最後ぐにゃあってなる所とか。…見てるだけで体感温度が5度位上がりそうでした…! 何だこの無駄な力の入れようは!(いいぞもっとやれ)
 …そして、花京院の声優さんの力を改めて思い知ったシーンでした(笑)
 黄の節制戦でのレロレロレロ…もそうでしたが、あの狂気に満ちた笑い声、ジョセフでなくてもあれはゾッとすると思います(笑)…半端ねェ…!!! そしてその後に続く承太郎の爆笑も見どころたっぷりでした。作中通して、承太郎がこれだけ大口開けて大笑いするのは、後にも先にもこのエピソードだけだったと思います。それだけに、こういう貴重なエピソードをしっかり作ってくれて…もう嬉しいことこの上無い!
 かくして、「運命の車輪」戦以来の承太郎のイイ笑顔も拝んだ所で、タネ明かし。
 花京院が本当に笑いを引き摺った状態のヒーヒー言ってる声で「まだ分かりませんか?」と優しくジョセフにタネ明かししてる所の演技も秀逸でした。花京院の中の人…恐るべし…!!
 しかしジョセフ、若い頃は色々やらせていただきましたァん! …なトリッキーな戦い方をしていた筈なんですが…。このトリックに最後まで気付かなかった、というのがちょっと切ないものがありました。元々ジョセフは力押し云々というよりは、頭を使って戦うイメージが強いのですが、今回の一件は、逆に考え過ぎてハマッてしまったのかなぁ…と思っています。
 難しく考えずにシンプルに考えればパッと気付けるようなケースって、意外と色々考えるタイプの人にはなかなか解けなかったりするものですし。
 詳しく説明されてもまだ分からない様子のジョセフに、承太郎がまたイラッとした様子でため息をつきつつ、スタープラチナで石をブン投げるシーンもGJでした。
 どうでもいいですが、今回スタープラチナの動きもメッチャいい…(笑)
 何と言う素敵な投球フォーム。そしてあれだけド派手に動いても全然あのフンドシみたいな布が捲れない謎仕様。「ダイの大冒険」のマァムなんてあんなに動いたら間違いなくパンモロなのに…!!
 ゴホゴホ。すみません。どうでも良い所が妙に気になりました。

 かくして「ドギャス!」の台詞一つのみで再起不能(リタイア)になってしまった「太陽」の本体。わざわざこの「ドギャス!」の為にちゃんと声優さんがいる所に、拘りを感じました(笑)
 それと、倒れているポーズから姿から、原作を完全再現!! これは嬉しかったです…。
 どうでも良いですがポルナレフ、このオッサンの飲みかけのドリンクを飲んじゃってるみたいですが……。ラクダに向かって消臭スプレーかけたりトイレの綺麗なホテルが良いとか言ったりする割に、顔も見た事のないオッサンとの関節キスはOKなのか…!?(苦笑)幾ら喉が渇いていると言っても(^^;)
 名前はアラビア・ファッツっていうんですね。アニメで初めて知りました。「ズィー・ズィー」と言い、偽テニール船長以外は、今のところ原作で本名不明だったキャラにもちゃんと名前が付いていて、何だか嬉しいです。家出少女にも名前付いてましたしね…(笑)

 かくして、アラビアのロレンスならぬアラビアのデブの物語は、僅か30分で終了。これなら途中で寝てしまう事も無し!(笑)そして鏡が割れた後に広がるのは全天にスターダストが輝く夜空。…この夜空の描写が凄く美しくて、見ていて一気に体感温度が下がりました。
 相変わらず「今夜は野営を…」なんて言うジョセフがまた…(^^;)
 そこへ「敵も撃退したし、良い夢が見れそうだ」とこれまた次回に繋がるナイスなオリジナル台詞を言うポルナレフがイイ味出してますね。
 その後で原作通りにクシャミ→皆の笑い声に、最後は「To be Continued…」の矢印に重なる大川さんの「チャンチャン」と、完璧なシメ! こういう和やかな一コマに、ホントに旅してる感じが伝わって来ました。それも、楽しんで…。
 刺客に襲われるわトイレで災難に遭うわ、色々キッツイ事もある訳ですが、本当に「楽しい旅」でもあったんだなぁ…と、思ってしまいます…。いや、まだエンディングまでは遠いんですが。ちょっと泣けます。グス…。

 そして次回予告。
 どこからか響く赤子の泣き声。そして響く絶叫。まだまだ花京院の中の人の名演技は続きますね。あの悲鳴はマジでびっくりでした…何このホラー…!!
 普段キッチリ前を止めた長ラン姿の花京院ですが、この回は貴重なパジャマ姿も拝めるんですよねぇ。原作でも思いましたが、胸元が割と色っぽいと思いました。


<追伸>
 ネットでチラっと見たんですが…あの…分割ってマジですか……ッ!?

 あああああああああああうわ!!!

 え…あの…じゃあ、あの…イギーは…? イギーの出番はあの…あの…最悪あの…来年の4月辺りからって事ですか…?
 あぁあんまりだァァァ―――ッ!!
 秋頃にはイギーに会えると思ってこの猛暑&残業の嵐を突っ切ってる私の希望は何処に!?(涙)
 CMでは「テラフォーマーズ」が秋から放映開始! となっていたので、それでテンションを上げるしか無ぇ…ッ!!!

 一応、ここからの話数をちょっと予想してみると…。

19話&20話→死神戦
21話&22話→審判戦
23話→女教皇戦(確か原作では3~4話だったので、1話に収まるかと…)
24話→???

 …正直、ンドゥール戦は原作でも6話と長かったですし1話では収まりきらないと思いますので、ここら辺でそろそろ「エジプトへの旅路を振り返ってみよう!」と総集編的な感じになるのかなぁ…と予想しています。
 無理に詰め込んでクオリティ下げられたりカットされたりとかも嫌ですし。

 24話は総集編兼、イギーの顔見せ、って感じでどうだろうとかぼんやり考えてます。
 いいじゃないですか…ヘリが降りて来る→ポルナレフとイギーのナイスな出会いのシーンから、例の第5部で承太郎が持ってた写真撮影→ここで「これから先彼らはどんな旅を続けていくのであろうか!」みたいな大川さんのハイテンションなナレーション→ンドゥールの影をチラ見せで、後半戦へ続く!
 …とかにすれば…何とか…何とか…ッ。ダメですか…やっぱり「女教皇戦」にバッチリ二話&エジプト上陸で締め、ですかねぇ…(話の区切りとしてはやっぱりそこが一番だとは思います)
 この絶望感を緩和するべく久々にOVAを借りて、ンドゥール戦を観返しましたが、OVAのンドゥール戦は割と原作に忠実ではありましたが、所々に改変が入っていますね。
 ただ、ポルナレフが髪を毟られている時の花京院のドン引きな表情とか、アヴドゥルが字幕で「飛べ! いいから飛べ!」と身振り手振りで言ってるシーンとか、微笑ましいオリジナルシーンは割と好きです。そしてこちらのOVAでも、ポルナレフが可愛いキャラになってるなぁと…(^^;)
 しかし何より、イギーです。あのブサ犬っぷりの何と言う再現度…! …屁がなんかこう…思った以上に派手にしてるなぁと思いましたが(苦笑)キン肉マンの必殺技を思い出しました。
 それと、スタープラチナにブン投げられる時の表情とか、たまらんです。
 最後、吹っ飛ばされた承太郎の帽子を拾って来る→「ありがとよ」と被ってみたら帽子の鍔の所にガムが…! のシーンも最高でした。
 絶妙に指が付く所にひっつけてる所に、イギーの性格の良さ(笑)と知性の高さが伺えます。人の「これやられたら困るんだけど」をものっそい分かってるというか。
 OVAはペット・ショップ戦はガオンされるわ、ヴァニラ・アイス戦はメチャ許せんわで、ちょっと微妙ではあるのですが…ンドゥール戦、最後のDIO戦はアリだと思います。
 早く今のアニメシリーズでもイギーの姿を見たい…ッ。
 休憩期間は恐らく半年なんだろうなぁと思いますが、その間はラジオとかで成分を補充しつつ、原作を読み返してイギー分を摂取するしかないですねぇ…。
スポンサーサイト

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはです。
JOJOの名称不明の敵は何年か前に荒木先生が書いた総集編で殆ど名前判明しています。

最強?

星野さま、体調は大丈夫でしょうか?
夏バテ対策には、トマト・麦茶・二倍に薄めたポカリ等が有効ですよー。
よしずと打ち水も想像以上の効果があります。


エアコンを切っての「太陽」戦視聴…い、いいですね(汗)
さしずめンドゥール戦は水をたらふく飲んでお腹たぽんたぽんにして視たほうがよいでしょうか?

自分も最近、「お腹をすかせた状態で」「コーヒーを飲みながら」東京喰種を視ている毎週です(胃に悪い…)


それにしても「太陽」のスタンド…ザコに描かれてますけど、吸血鬼のDIOに対しては最強なんじゃないですかね? 隠れて近づけば多少時を止めてもどうにもならないし。
子供の頃読んでた時は太陽のスタンド使いはきっと仲間になる予感がしてたので、この描かれ方にガッカリしたような記憶があります。

本文読んでません!

こんにちは!更新お疲れ様です<(__)>

こちらの地域ではジョジョの放映が週遅れで火曜の深夜なので未だ太陽戦は見てません。ゆえに、上の本文も読んでません(爆)しかし!このタイトルだけで期待感が高まる!!ジョジョアニメは他のアニメでは想像できないことを平気でやる!!!そこにシビレる憧れるぅ!!!!

というわけで、おかげさまで水曜の朝が待ち遠しくなりましたw

コメントありがとうございました>瓶さま

 瓶さま、こんにちは。
 そうですか…実は殆ど判明していたのですね! 今回も「死神13」の赤ちゃん、「マニッシュ・ボーイ」って名前が判明していたりしますし、その辺りも同様に総集編で判明している感じでしょうか。
 太陽の時にジョセフが言っていましたが「こいつの名前も知らないのに?」やられていく敵が意外と多いのも、それはそれでジョジョの味かなあと思っていますが、やっぱり名前が判明するとちょっと敵にも愛着が湧いて来ますね。

Re: 最強?

 でそうざさま、こんにちは! お気遣いありがとうございます。
 相変わらずあまり良くないのですが、教えて頂いた夏バテ対策で何とか乗り切ります!!

> さしずめンドゥール戦は水をたらふく飲んでお腹たぽんたぽんにして視たほうがよいでしょうか?

 水が襲ってくるぅぅぅー!! とか言いながら見るのもまた、良いですね…! 若干ハードルが高そうなのでコーヒーガムを箱ごとクチャクチャやりながら…と思ったのですが、箱ごとになると、こちらもハードルが高そうです(苦笑)
 …なので、間を取って承太郎の学帽にコーヒーガムをくっつけながら見る事にしてみます(笑)

> 自分も最近、「お腹をすかせた状態で」「コーヒーを飲みながら」東京喰種を視ている毎週です(胃に悪い…)

 こ、これは凄い…!! 私がやったら間違いなく一日胃痛で苦しみそうです。
 胃に優しくなりますよう、ちゃんと「謎の角砂糖風の何か」を入れてお飲み下さいませ。

> それにしても「太陽」のスタンド…ザコに描かれてますけど、吸血鬼のDIOに対しては最強なんじゃないですかね?

 確かにそうですよね。ただ、あの「太陽」の光が、文字通り紫外線を含んだ太陽光そのものかどうかにもよるかと思います。紫外線だったらDIOには無敵…と思いますが、あの至近距離&エネルギーの紫外線だったら、本体も無事ではすまなさそうなので、DIO相手に必ずしも有効ではないかも知れません。
 ただ、仲間になってくれたら面白そうな敵でしたよね! 他にも、ちらほら「実は仲間になるんじゃ…」って予想をしていた方がいて、「そっか、そういう見方もあったのか!」と思っています。
 …私は何より、台詞すら「ドギャス!」しか無くたんこぶ作って再起不能になってしまった敵が、ちょっとだけ不憫だなぁ…位にしか感じなかったもので…(^^;)

Re: 本文読んでません!

 ぎがほさま、こんにちは!
 
 本当に、こんなにハイクオリティでアニメ化してくれるなんて、他になかなか例を知りません。…正直、原作付でも色々と改変等体験したせいで、今では素直にアニメ化と聞いても喜べない自分がいましたが…本当に嬉しいです。正に! そこにシビれる憧れるぅ!!!! です。

 太陽戦、無事ご覧頂けましたでしょうか…? ご期待通りだった事を祈っております。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR