YJ47号テラフォーマーズ感想:一日だって良い…っ生きて下さいっ…!!

 こんにちは、星野です。
 今週のテラフォがまた熱いです! ミッシェルさんが終始ヒロインだ……。
 燈、死闘!!!
■第115話 DIE ANOTHER DAY 生きるべき日
 人類最強の男・ジョセフは炎の中に消え。
 自分自身も、もうダメージ&脱水症状の為に闘えず。
 ………そういう諸々の事を理解したから、彼女は祈ることも止め、絶望に身を任せようとしていました。

 ――しかし。
 そこにまだ、立ち上がる男が!!!

 ミッシェルさんや八惠子達を守る為、脱出機の中に糸を張るなり注射を打つ燈。
「………な……何故……」
 囁くように背に投げられた疑問に、燈は「寂しい事言わないで下さい」と一言。
 そしてこの状況に震えながらも、八惠子は遠く見える狼煙を見て、このゴキ軍団の狙いが、まずは燈である事を悟ります。せめて頭上の九頭龍の方へ行ってくれよ。と思わずにはいられません…ッ。(ノД‘)・゜・。

 一方、その様子を遥か高みから見下ろす凱将軍達は、「マーカー」なるものを用意させています。
 マジで何匹か九頭龍に入っててくれないかな…。ゴキは何処からだって入るんじゃあないんですか!! 今こそお前達の嫌な特性を発揮する時じゃあないか…!!

 そして地上では、ゴキ軍団が四方八方から、脱出機の燈を目がけて突進。
 しかし燈は少しも怖くありませんでした。

 いつだって―――いつだって 死ぬ事なんか怖くなかった。
 たった一人で造られて、避けられ、疎まれて生きてきた。
 だから怖くなかった。
 相手が誰だって―――相手が何人だって、金網に囲まれて、人食い熊が相手だって、怖くなかった!
 死なれるのが怖かったから。


 自分が死ぬよりも、大切な誰かに死なれる事の方が遥かに怖いから、だから彼はこの状況でも戦い続けます。
 生きて欲しい、ただその願いの為に。
 あの時、アドルフさんが最期にエヴァに言ったのも、やっぱりこの手の台詞なんだろうなぁ…と改めて思います。しかしあの…結末までトレースしなくて良いんだからね…頼みますよ…!!!

 気丈なミッシェルさんが、何故諦めてしまったのか。
 燈はそれを、彼女の人生が「任務が全てだった」…そこにあると考えました。

 最初から親なんていなくて、でも周りには支障や百合子がいた燈。
 けれど、ミッシェルさんにはずっと誰も居なかったんだと。…確か母親は健在&母娘仲も悪くなかったってプロフィールじゃあ…と思ったのですが、多分、そういう事ではなく。
 自分の身体が他の人と違うという事を知った時から、少なくともアネックス計画に携わり、自分と同じような特性を持つ人と出会うまで、彼女はある意味ずっと独りだったのかも…と思います。
 しかも、彼女の場合手術してそうなった、というのではなく、「生まれつき」そうだった、というのが大きいのではないかと。
 だから、例え仲の良い母親がいても、同じような特性を持つ仲間がいると解っても、心のどこかで彼女はずっと孤独だったのかも知れません。

 しかし誕生日の今日、彼女は父の特性を盗んだゴキを倒し、自らが背負う因縁に一つの決着を着ける事が出来ました。そしてやっとこれから、新たに生き直せる。そう思った矢先がこの状況です。

 とても気丈で鋭くて、でも寂しい人。

 そんな彼女に、せめてあと一日でも、新しく始まった人生を生きて欲しい。…それがどんなに最悪な形であっても、こんな火星でゴキに囲まれているような状況でも、生きて欲しい。
 その願いが、燈の身体を只管突き動かします。

「生まれてその日に死ぬなんて……悲しすぎるじゃないですか……誰も愛さずに死ぬなんて、寂しすぎるじゃないですか……。せめて一日…一日だって良い…っ、生きて下さいっ…!! 俺…! 護りますから…!!

 ゴキの一万匹を相手にしようが、後ろに軍艦が控えていようが、手足を折られようが目を潰されようが、爆弾を落とされようが焼き尽くされようが――最後の肉の一片になろうが。
 魂だけは渡さない。
 その誇りと優しさを胸に、戦い続ける燈。その名の通り、この闇の中に光を灯せるのか…!?

 そして、変態し、火星の大地に立つ小町艦長もまた、ゴキの大群を前にしていました。
「…生きてくれよ。みんな…ミッシェル…そして…燈――…」
 …っていうかあの…車から降りてるのがすんごい気になるんですが…。それにこの台詞。
 アシモフ隊長は!? サインKはどうなったんですか!?
 まさか、よくあるあの「ここは俺に任せて先に行け!!」的なアレですか? 艦長ぉぉぉ!!!
 20年前のハゲゴキもこの場に来るのでしょうか…。小吉にもどうやら、クライマックスが………。

 その頃、九頭龍も何か動こうとしているようです。
 凱将軍曰く「劉将軍は最も重大な命令違反を犯した」…との事。
 それは、燈を殺そうとしたことだと。
 
 最悪、死体でも手には入ればそれで良かったのではないでしょうか…? 劉は、確かに生け捕りが望ましいけれど、最悪死体でも別に…みたいな事を言っていた気がします。しかし凱将軍のこの口ぶりからすると、「生け捕り」はかなり優先度が高い話で、劉将軍のスタンスと随分食い違う様な…。
 劉将軍がジョセフに最後に何を言おうとしていたのか、そして、何故燈にミサイルをぶっ放そうとまでしていたのか。
 その辺の話が、そろそろ明らかになりそうですが…もう正直、こいつらは撃墜されてしまえとしか!!
 一体何する気かって言ったら、やっぱりこのまま燈が力尽きる前に、きっと燈「だけ」上手い事捕獲して、後はもう…とかそんな感じ以外に考えられないっていうか。マーカーがどうたら言ってましたし、きっと燈は都合良く避けて爆撃する方法とかあるんですよね…きっと…。

 ミッシェルさんの25歳の誕生日。一日なんて言わずに、まだまだもっと生きて欲しいです…!! (ノД‘)・゜・。
 奇跡の選択肢4)「他の二隻の艦が間に合う。皆助かる」に期待して、以下次号…。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはです。
奇跡って程でもないと思いますけどね。わざわざ九頭竜が先について他がまだ来てないという物語のメタ的にですが…

PSテラポリ
雑誌廃刊(と言うか時期的にスピンオフ祭り終了なのか)で今月最終回。単行本は11月中旬発売だそうです
1本目はアドルフ
エヴァ&イザベラ先頭にドイツ班がクリスマス祝いに来ますが、いつもと違いニコニコ顔のアドルフさんに「又女に騙されてる!」と察するドイツ班。…そして出たのは多分原作でのアドルフさんの女房。(エヴァが毒舌披露してくれます)
案の定横領罪でウォルフに逮捕されアドルフさん鳥獣戯画風の4コマでショック&家の毛布に引きこもり
そんな全てを拒絶したアドルフさんをドイツ班が励まし・
「アドルフさんに近づく女は全て調べ上げます!」
「そして騙そうとする輩は全てムショにぶち込みます!」
「アドルフさんが人を信じて傷つかない世界は私達が作り上げます!」
ってオイw
そんな班員達になぜそこまでするの問いに
『だって私達は。隊長の家族(こじゅうと)ですから』
と声を合わせってオイww
因みに彼らの活躍により100人単位で女犯罪者が町から消えたとか
2本目は大晦日の飲み会
実は今までも出てたんですがこの漫画の小吉”ナナオ”と言う犬を飼ってて昔の仲間達の飲み会行くというのでミッシェルさんに預けます

・ミッシェルさんは他の出る杭班と合流。皆と散歩に出てナナオが元警察官で小吉の幼馴染の名前と知り
・小吉は昔の仲間と飲み会。この手の話では必ずネタにされるゴッドリーさんの話やどうみてもコミケ帰りの眼鏡がやってきますがそこに秋田の姿は無く…

まあ普通にその後普通に登場しますが(警察辞めてNYのアパレル企業に就職らしい)アシモフさんがわざとリード外したせいで愛犬が小吉に突進しその事で飼い犬に幼馴染の名前付けてる事が他の面子にばれ出る杭班の面子に逃げ道塞がれ小吉は
「一緒に紅白見て年越さないか」「…ナナオちゃんも一緒なら良いよ」と。ジョセフは「日本人って回りくどいですねえ」と言ってミッシェルさんにお前が直接過ぎるだけだと突っ込まれてましたが
…しかも出る杭班全員終電逃したと小吉の部屋にお邪魔虫してますし


~教えて
初の訓練で日本班に一撃で熊を倒した者表れるに各班の注目集まる(まあこの漫画なら熊殺し位普通だろと思いますが)
一方それに助けられた加奈子は
「助けてもらった事は礼を言うが…臭い!匂い落ちない」

はい八重子でしたw(なんかお休みの方も八重子スカンクネタだったし。)因みに初っ端の「お前はどんな能力が欲しい」「出来れば…お金儲けが出来る能力が良いです!」「よしそこまでずぶとければ成功するだろ、行って来い」も面白かったです。
こっちも次回最終回。

今回何より気になったのは小吉です。小吉は一人残ってるみたいですが、これってもしかしたら捨て奸ですよね? 関ヶ原の戦いの退却時に敵中突破の手段として島津義弘が島津の退き口で用いたことで知られているあれですよね……
この生還する可能性がほとんど無い、壮絶なトカゲの尻尾切り戦法を小吉だけやるんでしょうか。
彼には生きて生還して欲しいし、彼が死ねば多くのオオスズメバチのゴキブリどもが量産されてしまう危険性があるんですよ!

コメントありがとうございました>瓶さま

 瓶さま、こんばんは。
 テラフォポリスありがとうございます。…もう最終回なのですね…。単行本の情報もありがとうございます! ちょっとチェックしてみますね。
 …相変わらず、アドルフさんは女性ネタですか……。奥さんの件は正直もう勘弁してくれという感じですが(^^;)班員みんなに愛されていて何よりです(笑)

> ~教えて

 スカンクは本当に臭い落ちないって話ですからね…(^^;)
 情報ありがとうございました! テラフォポリスはちょっと単行本手に取ってみようかな~、と思います。

コメントありがとうございました>あるるかんさま

 あるるかんさま、こんばんは。
 …小吉、一人残りましたね………。正にドナテロ艦長と同じ路を往くのか、と。

> この生還する可能性がほとんど無い、壮絶なトカゲの尻尾切り戦法を小吉だけやるんでしょうか。
> 彼には生きて生還して欲しいし、彼が死ねば多くのオオスズメバチのゴキブリどもが量産されてしまう危険性があるんですよ!

 本当に、まだまだこれからも生きて欲しいです。。地球も火星も人間側が一枚岩ではない以上、まだまだ導く人は必要です。
 それに、あのオオスズメバチゴキの量産だけは勘弁して欲しいです…!(汗)
 そう言えば20年前に奪われた小吉のあの針もどうなったか、気になります…。
プロフィール

星野 海紀

Author:星野 海紀
徒然なるままに様々な事を書き綴っています。現在は「キングダム」&「ゴールデンカムイ」、「テラフォーマーズ」に熱いです。他に聖闘士星矢や遊戯王、旅行記等、話題の範囲は広いです(笑)

連絡先:natch.2002ina★gmail.com (★をアットマークに変えて頂ければと思います)

検索フォーム
記事を検索する際のお供に♪ お好きなキーワードを入れてクリック
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR